田中 マネ の 食堂。 田中マネの食堂♪福井市の愛情まかない食堂!背番号87【人生の楽園】

田中マネの食堂(人生の楽園の福井市の愛情まかない食堂)の場所・メニュー、価格や評判は?

田中 マネ の 食堂

舞台は福井県の県庁所在地、福井市。 ソフトボールチームのマネージャーである田中美千代さん 62歳 と監督の笠原一之さん 59歳 が主人公です。 福井市に生まれた田中美千代さんは、高校卒業後、学校の事務職員として働き、20歳で結婚。 3人の子どもが生まれました。 スポーツが大好きな美千代さんは40代の時、PTA役員をしていた笠原さんと出会い、ソフトボールチームのマネージャーを引き受けることに。 やがて「マネージャー、お店開けばいいのに」と、チームメイトからかけられた一言が定年退職後の夢となります。 いつまでもチームメイトが集える場所を作りたい、という美千代さんの思いを聞き、一緒にやろうと言ってくれたのが監督の笠原さんでした。 そして、定年退職を迎えた翌日から美千代さんは調理師専門学校に通い、今年7月、笠原さんと共同経営の『田中マネの食堂』をオープンしました。 『田中マネの食堂』の営業は月曜日から金曜日。 美千代さんは朝8時から日替わりランチの準備に取り掛かります。 福井県の伝統的な保存食「打ち豆」を使ったお味噌汁や、ズイキを酢漬けにした郷土料理「すこ」など、数種類の小鉢を手間暇惜しまずに準備します。 おかずはもちろん、お米も自慢。 夜はカウンターに美千代さん手作りのおばんざいが並びます。 ソフトボールのチームメイトも食堂の開店を喜んでくれています。 仲間がいつまでも集える場所を作ろうと、マネージャーと監督の二人三脚で始めた『田中マネの食堂』。 愛情たっぷりの料理でみんなを笑顔にするお2人の暮らしをご紹介します。

次の

「材料があれば作るよ」。マンガみたいな店!|田中マネの食堂

田中 マネ の 食堂

田中マネの食堂 片町にひっそりと佇む『 田中マネの食堂 』 ちょっと変わった名前のお店。 スポーツをやっていたら「マネ」と聞いて最初に浮かぶのは「マネージャー」。 そしてこの「マネ」もその通り。 福井市順化エリアで発足された「順化体協ソフトボール部」でマネージャーをしている田中さんが作ったお店は、なんとまぁ直球ドストレートなネーミング。 でもわかりやすいのが一番ですね。 田中さんが作るのは福井の食卓に並ぶおばんざい。 だから、出張や観光で「福井の家庭の味を食べたいなぁ」という人がいたらおススメしてみてください。 ランチも1日15食限定で提供しているので、早い者勝ち! おばんざいがカウンターの上にあって、好きなのをチョイスしてちょっと一杯、なんてことも で、おばんざいだけなのか、といえば違うのも田中マネのポテンシャルの高さ。 メニューを見ればあるある、普通の食堂にはないような料理が。 普通の食堂にガパオライスなんてないけれど、ちょっと気分を変えたいときにはこういうのも食べたくなる。 ただ、マンガのように真夜中に営業はしていないので、やっぱり夜ごはんなどで毎日使いたくなるお店です。 独身貴族や単身赴任族にはとても助かるかもしれませんね。 ランチ800円は日替わりで1日15食限定。

次の

「材料があれば作るよ」。マンガみたいな店!|田中マネの食堂

田中 マネ の 食堂

「日本一のマネジャー」自慢の手料理、お店で 福井「田中マネの食堂」 — 毎日新聞ニュース mainichijpnews 人生の楽園、今回は福井県福井市が舞台となります。 田中美千代さんはPTAがご縁で、笠原さんと出会いソフトボールのマネージャーを引き受けます。 試合の朝ごはんにと作り始めた賄いでしたが、部員からお店を開いたらという一言で美千代さんの退職後の夢となります。 そして監督だった笠原一之と共同で『田中マネの食堂』をオープンしました。 そんなお二人が、今回の人生の楽園の主人公です。 『田中マネの食堂』営業日 『田中マネの食堂』は、カウンターとテーブル席合わせて9席の小さなお店です。 『田中マネの食堂』の名前の由来は、美千代さんが地域のソフトボールチームのマネージャーさん。 そして名字が「田中」さんなので、『田中マネの食堂』と言う判りやすい店名になったそうです。 営業日は月曜から金曜まで、定休日は土曜日曜それに祝日です。 営業時間はランチが11:30から14:00まで、夜の部が17:30から22:30までになっています。 以上のように月曜日から金曜日まで 日替わり限定20食のランチで、食後のコーヒーにデザートまでついて800円です。 ディナーは美千代さんが腕によりをかけた、福井の家庭料理がならびます。 メニューの豊富さは伝えきれないほどです。 中から料理の一端を紹介すると、 すぐ出てくるものでは おばんざい各種 たくあんの炊いたもの 厚揚げ煮物 タケノコとニシンの煮物 やおでんなど手の込んだものも出てきます。 またちょっと待てば から揚げ ぎんなん焼き 魚フライ 焼き魚 ステーキ それにお刺身などの出てきます。 ディナーではもちろんお酒も飲めます。 ドリンクメニューも料理同様豊富で閉店までいてしまいそうですね。 ソフトボールチームのマネージャーである田中美千代さん 62歳 と監督の笠原一之さん 59歳 が主人公です。 福井市に生まれた田中美千代さんは、高校卒業後、学校の事務職員として働き、20歳で結婚。 3人の子どもが生まれました。 スポーツが大好きな美千代さんは40代の時、PTA役員をしていた笠原さんと出会い、ソフトボールチームのマネージャーを引き受けます。 選手のリクエストに応える内に徐々にその量と種類が増えていきました。 やがて「マネージャー、お店開けばいいのに」と、チームメイトからかけられた一言が定年退職後の夢となります。 「いつまでもチームメイトが集える場所を作りたい」という美千代さんの思いを聞き、一緒にやろうと言ってくれたのが監督の笠原さんでした。 そして、美千代さんは定年退職を迎えた翌日から調理師専門学校に通い、今年7月、笠原さんと共同経営の『田中マネの食堂』をオープンしました。 『田中マネの食堂』の営業は月曜日から金曜日。 美千代さんは朝8時から日替わりランチの準備に取り掛かります。 福井県の伝統的な保存食「打ち豆」を使ったお味噌汁や、ズイキを酢漬けにした郷土料理「すこ」など、数種類の小鉢を手間暇惜しまずに準備します。 おかずはもちろん、お米も自慢。 美千代さんの夫・正人さんが育てたコシヒカリのおにぎりは、試合の時のまかないとは違い、ふんわり優しく握るのが美千代さんのこだわりです。 夜はカウンターに美千代さん手作りのおばんざいが並びます。 ソフトボールのチームメイトも食堂の開店を喜んでくれています。 仲間がいつまでも集える場所を作ろうと、マネージャーと監督の二人三脚で始めた『田中マネの食堂』。 愛情たっぷりの料理でみんなを笑顔にするお2人の暮らしをご紹介します。

次の