五等分の花嫁 風太郎 過去。 五等分の花嫁 第8話 感想・ネタバレ ミッシングリンク

【五等分の花嫁ネタバレ】四葉(よつば)が深い【闇】を抱えている理由は過去にあった!?【画像あり】

五等分の花嫁 風太郎 過去

【ネタバレ】五等分の花嫁。 結局風太郎は自分に都合のいい女を選んだってことででしょうか? あの理由だと、最初から態度が風太郎を肯定していた四葉一択で、 特に最初態度悪かった二乃とかどれだけ努力しようが、尽くそうが、勝ち目はなかったということになりますが。 四葉、思い出の子だということを利用しなかったりするところは良いのですが、 他に比べて「風太郎が好き」というのが一番主張してないのに 恋を叶えるというのが釈然としないのですが。 (選んだのは風太郎と言えばそれまでですが) だからと言って選ばれるべきとは言いませんが、 自分の恋を叶えるため汚い手を使った一花の方がマシに見えます 恋愛漫画のヒロインとしては。 恐らく、質問主さまは【恋愛面での努力が正当に評価されていない】という部分に納得出来ていないのかな?と思います。 風太郎に対して積極的なアクションを起こしていた一花、二乃、三玖は良いが、なぜ「一番主張してない」四葉なのか?という文からそう推測しました。 確かに、努力が報われないというのは、悲しいですよね。 私は、風太郎がもう少し不真面目だったら、たぶん二乃か三玖を選んでいただろうなと思います。 だって、自分に好意的な美少女がいたら、嬉しいでしょう?それに、二乃も三玖も自分のために頑張ってくれてるのに、なんだか断るのも悪いし。 でも、それは風太郎が好きなのとは違いますよね。 ただ、【都合が良い】だけです。 自分に好意を寄せている相手の気持ちに応えるのは簡単です。 その方が誰も傷付けないですから。 風太郎が当初、「誰も選ばない」と言っていたのも、四葉が保健室から逃げたのも、それが理由でしょう。 自分が選ぶことで、二乃や三玖の努力を否定することになりはしないか。 それに向き合うことが、一番難しい。 それでも四葉を選んだ風太郎は、誠実だったと思いますよ。 二乃や三玖の努力を知ってるからこそ、妥協はしなかった。 -------------------- では、なぜ風太郎が四葉を選んだか?ですが。 これは、2人が似た者同士だからだと思います。 風太郎が勉強するようになったのも、四葉が他人に過剰に親切なのも、『他人に必要とされる人間になりたい』からでしたね。 これは逆に言えば、根底に『自分は必要とされない人間なんだ』という劣等感があるということです。 四葉の在り方は、とても危ういものです。 覚悟を決めて臨んだはずの告白の現場から逃げ出したのが、何よりの証拠です。 「自分は他人より幸せであってはいけない」という呪縛。 そのせいで、自分のことを蔑ろにして、奔走してしまう。 風太郎にとっては、家庭教師就任の日はもちろん、日常的にずっと支えてきてくれたから、というのも大きいと思いますが、四葉には自分が必要だ、とも感じていたのかも知れません。 だから、『支えて欲しいし、支えたい』と告げたのですね。 ----------------------- 恋愛で最終的に一番大事なのは、ドキドキ感ではなく、安心感…ということだと思います。 読んでいて、一花、二乃、三玖の気持ちを考えると、とてもツラいですけどね…。 その分、四葉には劣等感から抜け出して、風太郎と幸せになって欲しいですね。 普通に読めば四葉エンドで決まりそうなので、他の姉妹にはそもそも勝ち目は無かったという所、かなり同意です。 ただ、いわゆるヒロイン物のど定番展開は、幼馴染とか、妹ポジ、姉ポジは負けるってのが定番だったりするので、ここまでやっておいて四葉以外っていう可能性は、わずかにあるとは思いますよ。 二乃、五月あたりは親友ポジなので、まだごくごくわずかに可能性があると思います(極めて小さいですが…)。 例えば、過去でも冴えない彼女の育て方は、幼馴染のエリリがまけて親友ポジの恵が勝ちましたし、ジャストビコーズでも後輩の恵那が負けて、親友ポジの美緒が勝ちました。 まだ結論は全然でていませんが、僕たちは勉強ができないでも(テレビアニメしかみてませんが)親友ポジの文乃が結局かつんじゃないの?とか思ってたりします。 なので、あとはねぎ先生が王道ヒロインものを結局書くのか、全く違うこれまでの常識を打ち破ったヒロイン物を書くのか、そういう事なのかなーっておもっています。

次の

五等分の花嫁

五等分の花嫁 風太郎 過去

一花、二乃、三玖とそれぞれの文化祭の模様を振り返っているわけですが、今度は実行委員として奔走していた四葉の様子が描かれました。 四葉は代役として出演した演劇部や呼び込みの手伝いなど一日目から様々な人から感謝されていましたが、そんな四葉に嬉しい出来事がありました。 それは風太郎からの「お前がいてくれてよかった」との言葉。 そして(全てが報われる気がする)そんな思いで高揚する四葉から、(もし私を選んでくれたら)と風太郎への想いも垣間見えたところ。 そんな時にクラスで起きた火事にも責任を感じた四葉は、さらに誰かの役に立とうと二日目も朝早くからひたすらに駆け回りました。 しかし四葉は倒れ、目覚めた時すでに二日目が終了してしまっていたというところです。 前回の扉絵にて四葉は後夜祭終了時にキャンプファイヤーの場にいた様子が描かれていましたが、この最終日へどう繋がっていくのか気になりますね。 今回は倒れる前に出会った竹林の目的から始まる四葉の歩みに注目です。 スポンサーリンク 竹林の目的 春場ねぎ『五等分の花嫁』108話より引用 場面は四葉が倒れる前、竹林が四葉に声を掛けたところから。 竹林は四葉の顔をジーっと見て、五つ子を見るのは初めてなのでと謝ります。 すると竹林はこんなことを言います。 あの修学旅行の時、竹林は五つ子の誰かとぶつかっていましたが、その時には四葉はすでにはぐれていたんですよね。 春場ねぎ『五等分の花嫁』108話より引用 「風太郎と会ったのはあなたですか?」 竹林は余計な情報は入れず、シンプルに核心を突いた質問をしました。 あの日の零奈本人ですから思わず「なんで…」と狼狽える四葉。 どうやら風太郎はあの日2人で撮った写真を竹林に嫌というほど見せていたようです。 それだけで風太郎にとってあの日のあの出会いが特別だったと感じますね。 竹林は、風太郎を変えた人物に会いにこの学園祭に来ていたのです。 そこでまず初めに出会った二乃と五月に話を聞いたところ、あの日一人だけはぐれていた=五つ子だったことを知ったようです。 ようやく会えた噂の人物に、竹林は感慨深く言いました。 「あなたにお会いできてよかった」 しかし当の四葉は風太郎本人に秘密にするように伝えます。 何故なら「がっかりされたくない」から。 「上杉さんはずっと正しく努力してきたのに、私は無駄なことに執着した意味のない5年間でした」と四葉は言います。 「それだけですか?」と竹林。 スポンサーリンク 回復するも終了しており… 春場ねぎ『五等分の花嫁』108話より引用 場面は病院で回復した様子の四葉。 ただそれだけ…竹林の問いに改めて心の中で答える四葉。 四葉は「誰の役にも立てず迷惑ばかりかけて。 私のいる意味ってなんだろう」と考えます。 この文化祭でも、結局倒れて演劇部などに迷惑を掛けてしまいました。 当然自分を追い詰めてしまいますよね。 廊下には風太郎が立っていました。 「起きたか」と声を掛ける風太郎に、「通してください。 行かないと」と先を急ぐ様子を見せる四葉。 しかし学園祭2人目はすでに終わり、皆帰宅した頃です。 それでも「それならそこへ頭を下げて回ります!」と四葉は言います。 演劇部だけでなくその後もたくさんのことを引き受け、そしてこうして迷惑をかけたことに責任を感じている四葉。 「私のせいで…なんて言えば…」と俯き涙を浮かべました。 春場ねぎ『五等分の花嫁』108話より引用 一通り話を聞いた風太郎の答えは 「…だが通せない」 四葉について明日まで絶対安静と言われているそうで、「ここを動くつもりは無い」との意思を示し立ち塞がります。 四葉の性格を理解している風太郎ですから、四葉のこんな気持ちを聞いたら何かしらアクションを起こしそうな気がしますが、断固として通さない風太郎にはある理由がありました。 それは四葉が倒れた後の学園祭の様子です。 「話してやるよ。 お前が居なくなった学園祭での出来事を」 スポンサーリンク たまには持たれてもいい 春場ねぎ『五等分の花嫁』108話より引用 風太郎は四葉が倒れた後、代わりに演劇部に謝罪に来ていました。 演劇部のメンバーは、助けてもらっていたのは自分たちだということと、四葉がそれほど溜め込んでいたのを気づけなかった自分たちも悪いと伝えます。 しかし元々人が足りないから四葉に頼んでいたわけで、代わりの役者を探すのも不可能だし衣装もすでに四葉に合わせて作っていました。 「無理だろ…」 その場に公演中止の空気が立ち込めます。 話を聞いていた四葉が「やっぱり公演は中止に…」と言いかけますが、しかし風太郎はサラッと今日の舞台の映像を見せてきました。 なんと代役としてその舞台に立っていたのは陸上部部長! どうやら初日の公演から観覧していたらしく、四葉の代役を買って出てくれたそうです。 四葉に合わせていた衣装に関しては、被服部の2人が縫い合わせてくれたとのこと。 他にも映像には、四葉が引き受けていた仕事を有志の生徒たちが代わりにやってくれている姿が映し出されました。 彼らは皆以前四葉の世話になった生徒たち。 「お前のせいでじゃない。 お前のために集まったんだ」 春場ねぎ『五等分の花嫁』108話より引用 学園祭では明日も仕事が盛りだくさんで、当然四葉の抜けた穴は大きいです。 そのおかげもあり、四葉が持ちきれなかった分をこうして持ってくれる人はたくさんいるのです。 「たまにはお前が持たれたっていいんだ」と風太郎は諭します。 自分も四葉に世話になった一人だと風太郎は言いました。 「託してくれ」 その言葉に四葉は迷惑を掛けたことを謝罪し「最終日…私の分の仕事をどうかお願いします」と頭を下げたのでした。 「ああ、任せろ」 風太郎は力強く答えました。 スポンサーリンク 四葉の一歩 春場ねぎ『五等分の花嫁』108話より引用 翌日、四葉は各方面に謝罪に回ります。 当然不服な顔をする人はいませんし、陸上部部長に至っては嬉しそうに抱擁してきました。 四葉大好きですねこの人。 そして四葉は一通り落ち着いた後、風太郎の元へ。 風太郎は外の階段で居眠りをしていました。 風太郎の背中を見ながら、四葉は竹林が言っていた言葉を思い出します。 「自分は無意味で必要のない人間だと、同じようなことを言っていた人を知っています。 そしてその人は今、前を向いて歩き始めています」 風太郎のことですね。 そして竹林はこう言いました。 「あなたも過去から踏み出せますように」 春場ねぎ『五等分の花嫁』108話より引用 四葉は踏み出します。 「風太郎君」 四葉はあえて「上杉さん」ではなく、あの時のように「風太郎君」と呼びました。 寝ぼけ眼の風太郎が声のする方に目を向けますが、相手は階段上にいて逆光で顔が見えません。 「なんだ零奈か。 今日も色々あって疲れてるんだ。 また後にしてくれ」 風太郎は声と呼び方から零奈と勘違いした様子。 四葉はそのまま続けます。 「ずっと約束を覚えててくれてありがとう。 私は守れなかったよ。 ごめんね」 ずっと隠して逃げていた本心をついに風太郎に伝えました。 すると風太郎は「そんなこと気にすんな」と言います。 そして風太郎君は気にしていないのかという四葉の言葉に彼はこう答えました。 「昔のことより大切なのは今だろ」 その言葉を聞いた四葉は「もう君との思い出に頼らない。 自分で自分の価値を探していくよ」と伝えました。 スポンサーリンク 四葉のキスと涙 春場ねぎ『五等分の花嫁』108話より引用 四葉は階段を下りて風太郎の元へ行きます。 「だからこれが最後」 四葉は風太郎にキスをしました。 直後、驚いて転倒する風太郎。 しかしすでに四葉の姿はありませんでした。 そのせいで風太郎は今あった出来事が夢だと勘違いしているようです。 柱の陰に隠れている四葉は「思いきったなー」と改めて自分のした行動を恥ずかしがっていました。 「許してくれるよね、最後の思い出作りだもん」 いつまでも昔のこと引きずってる場合じゃないと自分に言い聞かせるように呟く四葉は、「これで私も前に進める気がする」と心を落ち着けました。 春場ねぎ『五等分の花嫁』108話より引用 その後、皆のもとにやってきた四葉は風太郎と顔を合わせます。 四葉の体調を心配する皆とともに「四葉、平気か?」と声を掛ける風太郎に 「もう心配いりません!」 と四葉は笑顔で答えるのでした。 スポンサーリンク 『五等分の花嫁』ネタバレ108-109話のまとめ 春場ねぎ『五等分の花嫁』108話より引用 てっきり四葉回は四葉=零奈ということが風太郎に発覚する回かと思っていましたが、四葉はそのまま仕舞い込みましたね。 四葉にとって風太郎との約束は「ずっと正しく努力してきた風太郎」に対し「無駄なことに執着し意味のない過ごし方をしてきてしまった自分」を責め続けるしがらみだったので決別できたのは良いことだと思います。 しかし2人のあの思い出が特別であり拠りどころであったことも事実です。 「昔のことより大切なのは今」 それは四葉を解き放つ言葉でもありますが、あの思い出が思い出として仕舞われてしまう言葉でもあります。 ひとり泣き崩れる四葉にもらい泣きしてしまいましたね。 春場ねぎ『五等分の花嫁』108話より引用 唯一キスが正体バレずに終わっていることも切なすぎますね。 風太郎は夢と勘違いしているようですが、零奈として接している以上彼の頭には五月が頭を過っているかもしれません。 そして次回から五月回へ!? ということで四葉の話は終了しました。 ここで風太郎に零奈バレせずに過去と決別してしまったことで四葉エンド絶望かと不安になりますが、しかしだからこそまだ逆転の目があるのではないかとも感じる絶妙な話だったかと思います。 それに四葉自身が「風太郎の中にいる零奈」ではなく今の自分とどう向き合い風太郎と接していくのか気になりますね。 学園祭編も佳境で次回も楽しみです!.

次の

『五等分の花嫁』13巻の感想。風太郎が選んだのは誰?学園祭編、クライマックス!

五等分の花嫁 風太郎 過去

『』()2017年8号に読み切りとして掲載。 後に読者アンケートの結果を受け、『週刊少年マガジン』にて2017年36・37合併号から2020年12号まで連載された。 1人の男子高校生が五つ子ののを務めるというで 、五つ子のうちの1人との結婚を控えた主人公が高校時代を回想する形で描かれる。 2019年5月にの少年部門を受賞。 単行本の累計発行部数は2020年4月時点で1200万部を突破している。 あらすじ 結婚式当日、式場の部屋で微睡んでいた新郎の は妻と初めて出会ったときを思い出す。 当時、高校2年生の風太郎は、成績優秀だが生家が借金を抱えており、貧乏生活を送っていた。 ある日、風太郎は という転校生と知り合い、勉強を教えるよう乞われる。 しかし風太郎はこれを断り、さらに放った一言が彼女の怒りを買ってしまう。 その直後、風太郎は妹から「富豪の娘の家庭教師」というアルバイトの話を聞かされ、借金返済のためにその仕事を引き受ける。 風太郎の仕事は、五月を含む五つ子姉妹に勉強を教え、全員を高校卒業まで導くというものだった。 落第寸前の成績であるにもかかわらず勉強する意欲すら見せない5人に頭を抱える風太郎だったが、夏祭りなどを通して五つ子と交流する中で、はじめから比較的協力的だった四女・ に加え、三女・ と長女・ の信頼を勝ち取ることに成功する。 だが、次女・ と五女・五月の協力は得られないまま、風太郎が家庭教師に就いて初となる中間試験を迎える。 テストの結果は前回より上昇していたものの、赤点は避けられなかったため、家庭教師を続ける条件として5人全員が赤点を回避することを課されていた風太郎は、5人にアドバイスを残し去ろうとする。 しかし、それまでは非協力的だった二乃が風太郎を庇って嘘の報告を父親にしたことで、ひとまず家庭教師を続けられることになる。 登場人物 担当はテレビアニメ版のもの。 上杉家 上杉 風太郎(うえすぎ ふうたろう) 声 - 本作の。 高校2年生(後に3年生)の男子高校生。 誕生日は。 常にテストで満点を取る学年主席の優等生。 鋭いと頭頂部から生えた枝分かれ状のアホ毛が特徴的。 真面目な勤勉家であるものの、独りよがりで社交性は皆無に等しい。 他者に対して高圧的な態度を取ることが多く、思ったことを口走っては反感を買うことがしばしば。 中野姉妹と向き合っていくうちに真摯な面を見せていき、人間として大きく成長していく。 頭脳面で優秀な反面、身体能力の方はかなり低く、五姉妹で最も運動音痴な三玖と同レベルという有り様。 また、洞察力も鋭く、姉妹の悩みや個人の問題などにも気付いており、その度に解決に導いている。 信頼を得るために努力を重ねたり、ひたむきに相手と向き合うなど実際の性格は相手に寄り添える思いやりのある性格。 クラスでは友人らしき人物はおらず、なるべく人と関わらないようにしている(中野姉妹に対しても同様)。 当初は中野姉妹との間に溝があったものの上述の一面もあって現在は強い信頼と好意を向けられている。 ただし本人はあくまで家庭教師としての情しか姉妹に無いため、彼女達からの信頼や好意には戸惑い気味である。 今までに恋愛経験も無いため非常にその手の話に疎いが、初恋の相手が姉妹の中にいることは薄々気付いていた。 実は小学生のころは不良少年だった過去があり、当時は髪も金髪に染めていた。 このころはヤンチャなガキ大将といった感じの性格で、普通に友人もいた。 現在は更生しているが、金髪時代の写真は高校の生徒手帳に挟んで保管している。 なお、少年時代には中野姉妹と知らずに面識を持っている。 3年に進級時、中野姉妹の父親の思惑で姉妹と同じクラスになり、四葉の推薦で学級長に任命される。 上杉 らいは(うえすぎ らいは) 声 - 風太郎の妹。 兄とは対照的に明るく素直で社交的な性格。 ただし、稀に風太郎に毒を吐くことがある。 上杉家の家事担当で風太郎の散髪までこなしている。 その健気さ故に風太郎から溺愛され、五姉妹(特に四葉と五月)からも気に入られている。 上杉 勇也(うえすぎ いさなり) 声 - 風太郎とらいはの父親。 と額にかけたが特徴的。 妻に先立たれて以降、男手ひとつで子供2人を育て上げてきた苦労人。 かつ砕けた性格。 中野家 五姉妹 本作のである。 誕生日は(14巻の登場人物紹介によると、五月だけ日を跨いだ瞬間に産まれた。 以前はお嬢様学校である黒薔薇女子に通っていたが、落第しかけたため風太郎のいる学校に転校してきた。 高級タワーマンションの最上階に住んでいたが、後に小さなアパートに引っ越している。 3年の新学期からは全員風太郎と同じクラスになる。 小学生の時までは外見・内面共に傍目にも見分けが付かなかったが、母親との死別を機にそれぞれの個性が強くなっていった。 当時の髪型は額を出したロングヘアーで、当初の二乃の髪型は当時の名残である。 コミックス第1巻の発売を記念して制作されたとPVでは、五つ子の声を全てが担当していたが 、テレビアニメ版ではそれぞれ別個にキャスティングがされている。 中野 一花(なかの いちか) 声 - 五姉妹の長女。 調のショートヘアと右耳に填めた が特徴的。 イメージカラーは。 からかい上手の小悪魔的な性格だが、面倒見のよいお姉さん気質。 長姉として日頃から妹達のことを気にかけており 、同じ歳であるはずの風太郎にもお姉さんぶっては時折アドバイスを送っているものの、気遣いが行き過ぎてしまい、自分自身の気持ちを押し殺してしまいがち。 また、そんな性分に反して私生活はかなりズボラで、自室は汚部屋と化しており、寝ている間にショーツ以外脱ぐ癖がある。 駆け出しの女優であり、学業の傍ら家族にも秘密にして細々と活動していた。 そんな折、自分の夢を知った上で応援してくれた風太郎に対し、好意を抱くようになる。 風太郎と自分達の現在の関係に居心地の良さを感じると同時に自身の恋心とのジレンマを感じていたが、四葉の言葉によって自分の気持ちに素直になる(その関係を壊したくないとも考えており、二乃とは対照的な考えである)。 3年への進級後は風太郎に積極的にアプローチしようと試みており、時に他の姉妹を蹴落としてでも風太郎に想いを伝えようとする。 中野 二乃(なかの にの) 声 - 五姉妹の次女。 に切り揃えたスーパーロングヘア(後にボブカットにしている )を、黒いリボンで結ったが特徴的。 勝気でヒステリックな毒舌家 だが、姉妹で最も繊細であり、姉妹を守るために風太郎を敵視したり、姉妹全員で花火大会を見ようと奮闘するなど姉妹思い。 料理好きでオシャレに気を遣うなど女子力が高く 、社交的で友人も多い。 三玖曰く面食いであるとのこと。 イメージカラーは。 当初は時折荒っぽい言動が目立ったが、次第に女子高生らしい口調に統一された。 五つ子の自宅に踏み込んできた風太郎を最も煙たがり、赤点を取れば家庭教師はクビということを知った後はチャンスと思うほどだったが、月日が経つにつれ態度は軟化し、彼を徐々に強く意識するようになる。 金髪に染めた風太郎の顔が好みらしいが、当初は同一人物であることを知らないまま告白までしている。 金髪のカツラを被った風太郎(通称「キンタロー」)に林間学校のときより好意を寄せていたが、後に風太郎であることを知り、動揺するも自身の気持ちを整理し、風太郎に告白する。 告白した後は風太郎に自身を生徒ではなく異性と認識させようとする。 3年進級を機に家賃を姉妹で5等分することになってからは、風太郎と一緒にいたいがためにケーキ屋「REVIVAL」でバイトを始める。 風太郎に対して積極的にアプローチしており、一花同様に他の姉妹に遠慮していないが、正々堂々とした方法で風太郎を振り向かせようと考えている。 また、当初は「上杉」と呼び捨てであった風太郎のことを「フーくん」と呼ぶようになった。 中野 三玖(なかの みく) 声 - 五姉妹の三女。 右目が隠れる斜め分けのセミロングとが特徴的。 イメージカラーは。 口数の少ないクールな性格だが、信頼した人物にはとても素直で風太郎への好意も認めている。 そのため積極的に風太郎にアプローチしようとしているが、恋愛に関して奥手なためにあまり進展していない。 大の運動音痴で料理下手だが、他の姉妹への変装が一番得意。 成績は姉妹の中では良い方。 ゲームがきっかけで大の戦国マニアになっただが、変わった趣味であることを自覚していたため他の姉妹にもずっと隠し続けてきた。 しかし、そんな自分の趣味と向き合ってくれた上、激励してくれた風太郎に好意を抱くようになる。 また、当初は感情表現に乏しくドライな面が目立ったものの、次第に口数が増え表情も豊かになっている。 五つ子の中で一番最初に風太郎に心を開いており、早い段階で好意も抱いている。 3年への進級後は、風太郎が好みだと言う「料理が上手い女性」を目指し、パン屋でバイトを始める。 中野 四葉(なかの よつば) 声 - 五姉妹の四女。 とウサギ調のリボンが特徴的。 イメージカラーは。 明るく前向きな性格で 、人の役に立つことを好む反面、頼み事を断りきれないお人好しでもある。 非常に無邪気で思考や趣味趣向も子供っぽい。 しかし、自分の本心を明かさなかったり、自分に自信がないなど無邪気なだけではない面もある。 身内以外には丁寧語で話す。 自他ともに認めるほど姉妹の中ではもっとも成績が悪く、風太郎からは「やる気があって頼りになるが一番の問題児」と評される。 未だに小学生のころの下着を着用している。 運動能力が非常に高く、女子バスケ部や陸上部から助っ人を頼まれ本格的な入部を請われるほどの活躍を見せる。 姉妹の中では最初から風太郎に友好的な態度を取り続けて反発したことがないが、辛口な発言もする。 しかし時間を共にしていくことで自分の中で風太郎の存在は大きくなっていき、彼に勉強を教わりたいと想いを抱くようになる。 黒薔薇女子在籍時に落第の懸かった追試で姉妹の中で一人だけ落ちてしまい、現在の学校に転入することとなったため、他の姉妹に罪悪感を抱いていたが、風太郎から四葉にもできることがあり、他の姉妹達の力になれることを教えられてからは自分に自信を持てるようになる。 3年への進級後は清掃のアルバイトを始める。 中野 五月(なかの いつき) 声 - 五姉妹の五女。 若干クセのあるロングヘアーに、頭頂部から生えたと星柄のが特徴的。 イメージカラーは。 真面目だが要領の悪い性格で、勉強もやる気があるがうまくいかない。 誰にでも丁寧語を徹底している。 かなりの食いしん坊であり 、作中でも食事シーンが多い。 大の怖がりでオバケやホラー映画が苦手。 母親の月命日である14日には欠かさず墓参りをしている。 風太郎と高校で最初に出会った姉妹であり、クラスメイトになる。 当初は自分から勉強を教えて欲しいと頼むも断られた挙げ句デリカシーのない一言を言われ、風太郎とは最悪な出会いを引きずり不仲が続いたが、次第に気を許すようになり喧嘩も少なくなっている。 後に、母と同じ教師になる夢を抱くようになる。 男性に対しては潔癖な面がある。 お菓子業界では知る人ぞ知るレビュワー「M・A・Y」としての顔も持っている。 3年への進級後は塾講師の手伝いのアルバイトを始める。 写真の少女(零奈) 本作の。 回想シーンでたびたび登場する。 五姉妹のうちの誰か。 小学生時代の風太郎に京都の修学旅行で出会い、彼が勉強に取り組む契機を作った人物。 当時の写真を、風太郎は生徒手帳に挟んで所持していた。 それ以降1度も会うことはなかったが、後に自信喪失していた風太郎の前に再び現れる。 風太郎に励ましの言葉をかけたが、その真意を語らず別れを告げて姿を消した。 実は京都で出会った写真の少女と零奈は全くの別人である。 未来の花嫁 本作のもう1人のキーパーソン。 風太郎の結婚相手。 五姉妹のうちの誰か。 高校2年生時の林間学校のキャンプファイアーの日から2,000日後、風太郎と結婚式を挙げる。 祖父が経営する旅館に赴いた際、縁結びの鐘を事故とはいえ鳴らしてキスをしている。 アニメでは声は付かず、台詞は字幕になっている。 親族 中野家の父 声 - 五姉妹の。 大病院を営んでいる。 勇也とは学生時代からの付き合いであり、「 マルオ」と呼ばれている。 本編開始の数年前、零奈と再婚した。 常にポーカーフェイスを崩さない現実主義者だが、挑発に乗りやすいなど感情的な面もある。 五姉妹の学業不振を気にかけているものの、多忙を理由にあまり顔を合わせようとしない。 義娘たちには「〜君」付けで呼ぶなど、他人行儀に接している。 中野 零奈(なかの れな) 五姉妹の実母。 本編開始時から5年前に亡くなっている。 は8月14日。 生前はであった。 元々はであり、再婚までは上杉家と変わらぬ極貧生活を強いられていた。 不愛想で生徒に媚びない鉄仮面であったが、その美貌ゆえにファンクラブができるほど人気があった。 五月同様、常に敬語口調で喋る。 おじいちゃん 五姉妹の祖父であり、零奈の父親。 老舗旅館「熊虎」の経営者。 余命幾ばくもない白髪の老人。 姉妹の顔を見極めることができる数少ない人物(本人曰く「愛があればできる」とのこと)。 風太郎と花嫁の結婚式から数年前に亡くなっている。 無堂(むどう) 五姉妹の実父。 白髭を蓄えたスキンヘッドの壮年男性。 零奈と同じく元教師。 零奈のお腹の中にいる子供が五つ子だと分かった途端姿を消し、消息不明になったとされていたが、講師として全国を回りながら五つ子を想っていた。 が、今まで父親としての責任から逃避して来たのが原因で、五姉妹 特に五月 やマルオから罵られ撃退される。 学校関係者 前田(まえだ) 声 - 一花の2学年次のクラスメイトの男子生徒で、人相の悪い目つきと逆立った茶髪が特徴的。 3年次に風太郎や姉妹と同じクラスになる。 同じクラスの一花に気があり、林間学校の際に「手をつないだカップルは結ばれる」という縁結びの伝説があるキャンプファイヤーに誘おうとするが、替え玉として一花に変装していた三玖に声をかけてしまう。 そのフォローに入った風太郎に何かと突っかかっていたが、在学中はそれなりに親交を深めていた。 身重の彼女と共に風太郎の結婚式に出席している。 武田 祐輔(たけだ ゆうすけ) 学園理事長の息子。 風太郎達の同級生で、3年次にクラスメイトになる。 父親は学校の理事長を務めており、母親は医師。 親の教育に縛られ、将来は母と同じく医師を目指すよう言われているが、本人は宇宙飛行士を夢見て努力している。 自らの成績を鼻にかけることはあるが、不正を嫌い正々堂々戦うことを信条としている。 高校のテスト成績は風太郎が1位をキープし続けていたためずっと2位で、在学中ずっと彼をライバル視していたが、他人に関心を持たない彼には長らく存在すら認識されていなかった。 そんな中、3年になって風太郎が成績を落とした原因が五姉妹の面倒を見ていたことであると知り、対等な条件で競うべく、親同士の密約を利用する形で家庭教師交代を賭け全国統一模試の順位を争うことになる。 結果は健闘したものの敗北し、風太郎のことを永遠のライバルとして尊敬にも似た感情で認める。 これ以降は風太郎とはある程度交流を持つようになった。 江場(えば) 陸上部の部長。 浅黒い肌とが特徴的。 思い込みの激しい性格で少々エゴイストな面がある。 助っ人として仮入部した四葉の才能に惚れ込み、彼女を入部させようと期末試験の勉強そっちのけで合宿実施等を画策するが、四葉に変装した二乃に強引な勧誘を咎められる。 その後、流されるままで二乃や風太郎らにまで迷惑をかけたことを反省した四葉が改めて江場と話し合い、大会まで協力という条件で勧誘は諦める。 その他 江端(えばた) 五姉妹の義父に仕える秘書。 白髪の壮年男性。 学校で教師をしていた過去がある。 風太郎を家庭教師として連れ戻そうとする五姉妹の頼みごとを聞き、「阿多部 丸男(あたべ まるお)」という架空の家庭教師として変装した。 下田(しもだ) 五姉妹の母親の元教え子。 月命日の墓参りの際に五月と出会い、そのそっくりさに姉妹の母と見間違えてしまう。 元ヤンであり、口調が荒い。 五月に母親の教師としての顔を話し、自分自身は高2の時に姉妹の母親から薫陶を受け、そのまま教師に憧れ塾講師の道に進んだことを語った。 五月に対して母親に憧れることと教師を目指すことの違いを語った上で進路をよく考えるように諭している。 社長 声 - 一花が所属する芸能プロダクションの代表者。 一花の才能に惚れ込んでおり、一見向いてなさそうな仕事だろうと演じられると信じて取ってくる。 風太郎に対しても興味を持っているらしい。 菊(きく) 社長の一人娘。 ジト目とが特徴的。 妙に大人びた幼稚園児。 横柄な性格で、上から目線の発言が目立つ。 母親の浮気で父親が苦労してきたのを知ってるため、ままごとでは「ママはいらない」と言うが、一方で母親がいないことを寂しく思っていることを風太郎に見抜かれ、子供らしく素直になるよう諭される。 店長 風太郎と二乃のバイト先の店長。 人相は悪いが人当たりが良く、穏やかな人柄。 店を繁盛させるために常に試行錯誤しており、風太郎からは見習いたいハングリー精神と称される程。 中野姉妹に対しても好意的だが、中野姉妹に食べ放題をさせる代わりに風太郎の給料から引くと言うなどのブラックなジョークを言うことがある。 また、ライバル店である向かいのパン屋を「糞パン屋」と呼び、敵視している。 書誌情報 コミックス• 『五等分の花嫁』 〈〉、全14巻• 2017年10月17日第1刷発行(同日発売 )、• 2017年12月15日第1刷発行(同日発売 )、• 2018年 03月16日第1刷発行(同日発売 )、• 2018年 05月17日第1刷発行(同日発売 )、• 2018年 07月17日第1刷発行(同日発売 )、• 2018年 09月14日第1刷発行(同日発売 )、• 2018年12月17日第1刷発行(同日発売 )、• 2019年 02月15日第1刷発行(同日発売 )、• 2019年 04月17日第1刷発行(同日発売 )、• 2019年 06月17日第1刷発行(同日発売 )、• 2019年 09月17日第1刷発行(同日発売 )、• 2019年11月15日第1刷発行(同日発売 )、• 2020年 01月17日第1刷発行(同日発売 )、• 週刊少年マガジン2017年8号に掲載された読み切りを収録。 フルカラー版• 春場ねぎ 『五等分の花嫁 フルカラー版』 講談社〈〉、既刊3巻(2020年6月17日現在)• 2020年4月17日第1刷発行(同日発売 )、• 2020年5月15日第1刷発行(同日発売 )、• 2020年6月17日第1刷発行(同日発売 )、 キャラクターブック 各ヒロインのイラストや作者インタビューなどを収録したファンブック。 春場ねぎ、週刊少年マガジン編集部(監修) 『五等分の花嫁 キャラクターブック』 講談社〈KCデラックス〉• 『五等分の花嫁 キャラクターブック 一花』 2019年11月15日第1刷発行(同日発売 )、• 『五等分の花嫁 キャラクターブック ニ乃』 2019年12月17日第1刷発行(同日発売 )、• 『五等分の花嫁 キャラクターブック 三玖』 2020年 01月17日第1刷発行(同日発売 )、• 『五等分の花嫁 キャラクターブック 四葉』 2020年 02月17日第1刷発行(同日発売 )、• 『五等分の花嫁 キャラクターブック 五月』 2020年 03月17日第1刷発行(同日発売 )、 テレビアニメ この節には放送開始前の番組に関する記述があるため、方針に従い 、正確な記述を心がけてください。 ( 2019年5月) 2018年8月8日にテレビアニメ化が発表され 、『』枠ほかにて第1期が2019年1月から3月まで放送された。 その後、同年5月5日に第2期の制作決定が発表された。 当初は2020年10月からの放送が予定されていたが、の感染拡大の影響により放送延期となった。 スタッフ 第1期 第2期 原作 監督 シリーズ構成 大知慶一郎 キャラクターデザイン 中村路之将 美術監督 斉藤雅己 プロップデザイン 荻野美希、川石テツヤ 色彩設計 油谷ゆみ 撮影監督 染谷和正 編集 内田渉 音響監督 音楽 、、櫻井美希 音楽制作 音楽プロデューサー 水田大介、中目孝昭 プロデューサー 田中潤一朗、中村伸一、古川慎、 相島豪太、高野泰博 アニメーションプロデューサー 宇田川純男、大澤宏志 アニメーション制作 製作協力 、、 、、日音 製作 「五等分の花嫁」製作委員会、TBS 主題歌 「五等分の気持ち」 、、、、からなる「中野家の五つ子」による第1期オープニングテーマ。 作詞・作曲・編曲は斉藤信治。 「Sign」 による第1期エンディングテーマ。 作詞は、作曲・編曲は松坂康司。 「ごぶんのいち」 中野家の五つ子による第1期第12話の特別エンディングテーマ。 作詞・作曲・編曲は新田目駿。 各話リスト 話数 サブタイトル シナリオ 絵コンテ 演出 作画監督 総作画監督 第1期 01 五等分の花嫁 大知慶一郎 いわもとやすお• 中村路之将• 氏家章雄• 斉藤圭太• 齊藤格• 大塚八愛• 高野晃久• 2019年4月に本作とのコラボイベントが開催され、中野家五姉妹が登場した。 2019年11月にはコラボ第2弾が開催され、第1弾にはなかったボイスも実装された。 2019年5月に本作とのコラボイベントが開催され、中野家五姉妹が登場した。 2019年12月にはコラボ第2弾 、2020年1月にはコラボ第3弾が開催されている。 2019年9月に本作とのコラボイベントが開催され、中野家五姉妹が登場した。 2020年1月に本作とのコラボイベントが開催され、中野家五姉妹が登場した。 コラボイベントには風太郎も登場する。 2020年2月に本作とのコラボイベントが開催され、中野家五姉妹が登場した。 2020年6月に本作とのコラボイベントが開催され、中野家五姉妹が登場した。 脚注 [] 注釈• ダ・ヴィンチニュース 2017年8月19日. 2018年1月24日時点のよりアーカイブ。 2018年1月24日閲覧。 株式会社ナターシャ 2017年8月9日. 2017年9月11日時点のよりアーカイブ。 2018年1月24日閲覧。 2020年2月19日. 2020年2月19日閲覧。 2017年10月20日. 2018年1月24日時点のよりアーカイブ。 2018年1月24日閲覧。 講談社 2019年5月10日. 2019年5月10日閲覧。 MANTAN 2020年4月17日. 2020年4月17日閲覧。 PONYCANYON NEWS. 2019年1月11日. 2019年1月15日閲覧。 MANTAN 2019年5月5日. 2019年5月10日閲覧。 2019年8月2日. 2019年8月5日閲覧。 川俣綾加 2019年9月17日. インタビュー. 2019年9月18日閲覧。 五等分の花嫁【公式】 [ 5Hanayome] 2020年1月30日. ツイート. より 2020年1月30日閲覧。 株式会社ナターシャ 2018年10月20日. 2018年10月20日閲覧。 TVアニメ「五等分の花嫁」公式ホームページ. TBSテレビ. 2018年10月20日閲覧。 , p. 122. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ 2018年11月25日. 2018年11月25日閲覧。 , p. 26, 第1話 五等分の花嫁. , p. 94, 第2話 お宅訪問. , p. 183, 第5話 問題は山積み. ツイート. より 2019年10月25日閲覧。 02・03 2018年1月8日号』第60巻第2号、、2017年12月13日、 169-170頁。 , pp. 119-120, 第47話 七つのさよなら 9. , p. , p. , 第68話 スクランブルエッグ 8. ツイート. , 第53話 今日はお疲れ 2. , 第38話 リビングルームの告白. TVアニメ「五等分の花嫁」公式ホームページ. 2019年1月11日閲覧。 MANTANWEB. MANTAN 2018年8月8日. 2018年8月8日時点のよりアーカイブ。 2018年8月8日閲覧。 コミックナタリー. 株式会社ナターシャ 2018年9月14日. 2018年9月14日時点のよりアーカイブ。 2018年9月14日閲覧。 コミックナタリー. 株式会社ナターシャ 2019年5月5日. 2019年5月5日閲覧。 2020年5月7日. 2020年5月7日閲覧。 TVアニメ「五等分の花嫁」公式ホームページ. TBSテレビ. 2018年11月26日閲覧。 TVアニメ「五等分の花嫁」公式ホームページ. TBSテレビ. 2020年4月26日閲覧。 テレビ放送対象地域の出典:• 2009年10月9日. 2018年10月24日閲覧。 告示第六百六十号. 1988年10月1日. 2018年10月24日閲覧。 2018年10月24日閲覧。 アニメ・特撮. TBS CS[TBSチャンネル]. 2018年12月13日閲覧。 2019年3月22日. 2020年1月18日閲覧。 2019年11月5日. 2020年1月18日閲覧。 電撃オンライン 2019年5月15日. 2020年1月14日閲覧。 2019年12月19日. 2020年1月18日閲覧。 2019年12月30日. 2020年1月18日閲覧。 2019年9月13日. 2020年6月28日閲覧。 2020年1月10日. 2020年1月18日閲覧。 2020年2月14日. 2020年6月28日閲覧。 講談社コミックプラス 以下の出典は『』(講談社)内のページ。 書誌情報の発売日の出典としている。 2018年5月19日閲覧。 2018年5月19日閲覧。 2018年5月19日閲覧。 2018年5月19日閲覧。 2018年7月17日閲覧。 2018年9月14日閲覧。 2018年12月17日閲覧。 2019年2月15日閲覧。 2019年4月17日閲覧。 2019年6月17日閲覧。 2019年9月17日閲覧。 2019年11月15日閲覧。 2020年1月20日閲覧。 2020年4月17日閲覧。 2020年4月17日閲覧。 2020年4月17日閲覧。 2020年5月15日閲覧。 2020年6月17日閲覧。 2019年11月15日閲覧。 2020年1月22日閲覧。 2020年1月22日閲覧。 2020年2月17日閲覧。 2020年3月17日閲覧。 2020年4月17日閲覧。 外部リンク ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - マガジンポケット• 5hanayome -•

次の