愛し てるよ マイヤー。 愛してるよ、カズ

タイ人が実際に使うタイ語で「愛してる」の表現

愛し てるよ マイヤー

あと武田先生が参加したらな~、こんな感じかな~という。 捏造バレー部員がいますのでご注意くださいませ~。 [newpage] [chapter:愛してるよゲーム] 誠凛高校の、一年生のある教室ではバスケ部の五人組が集まって何やら真剣な表情で昼ご飯を食べながら話し込んでいた。 あまりにも真剣な表情だったため、周りで同じように昼ご飯を食べているクラスメイト達はどうしたものかとちょっと思った。 「バスケ部はどうかしたん?」 「水谷君」 「オレもいるぜ!」 「木村君」 そんな五人組に声を掛けたのは、バレー部の一年で黒子と火神のクラスメイトでもある水谷と木村だった。 ガタガタと椅子と弁当を移動させつつ、気軽に聞きに行った二人に残りのクラスメイト達はGJと送る。 「僕達があだ名で呼ぶようになったのは知ってますよね」 「うん。 それが今や、このクラスだけじゃなく一年生にも広まってるけど」 「それは正直言って、何故そうなった、だったよなー」 「そうそう! ビックリした」 「うん、、ガミ、ちゃんと飲み込んでから話そうな。 で、それで?」 「それが先輩達にバレてしまいました」 「それ、照れながらいうことか」 「あとテッちゃんは他のクラスメイトはあだ名っぽいのに俺らは中学のままなの、ちくしょう」 「あ、いや済みません。 水谷君と木村君でインプットされちゃいまして」 黒子はいつもの無表情に、少しだけ照れたような笑みを浮かべた。 水谷と木村は中学からの付き合いでもあるので、その違いがはっきりと分かるが、高校から一緒になった火神、降旗、福田、河原は分からなかったようだ。 ついでにクラスメイト達もこの黒子のちょっとした表情が分からなかった。 分からなかったメンバーから一斉に視線を投げ掛けられてビビる水谷と木村。 クラスのいたるところから「悔しい」「絶対に表情読めるようになっちゃる!」といった声が聞こえてきた。 まぁ頑張れ、とエールを送る。 「なんか悔しい」 「何でフリは俺を睨むの。 これからこれから!」 「そうそうオレらは中学時代の積み重ねだし。 中学んときはテッちゃん放って置くと食わねーし体力無いし、そこらでへばっちゃうのを隣のクラスで見てたらこんなふうになっただけだし」 「良くお二人には助けていただきました」 「クロはどんだけひ弱だったのさ」 「……黙秘します」 むすっとしてしまった黒子だが、河原と福田のフォローにより、話を続けた。 それはバスケ部の二年生達にあだ名呼びがバレて、なんやかんやと二年生達にもあだ名で呼んでもらえるようになったという。 ここで数名のクラスメイト達は「バスケ部マジ羨ましい」という呟きを漏らす。 誠凛は新設校で先輩しかいないためか、先輩厨が多いことは、もうかなりの他校に知れ渡っている。 同時にその二年生達も後輩厨であるのも、知れ渡っている。 話は続き、二年生達も名前で呼び合おう!ということになって、黒子達も呼んでいいということになったらしい。 数日前の五人組のテンションがおかしかったのはそのせいとのこと。 あぁ、とクラスメイト達は合点がいったのか頷いた。 「でも、それで何でそんなに真剣な顔してんの」 「先輩達が名前を呼べないんだよ」 「お、ガミ参加」 「あー……この間本橋先輩んとこに言ったらバスケ部の先輩達がすっげーぎこちなく名前で呼び合ってたなぁ」 「あ、それか」 「そうなんだ。 先輩達はなんか恥ずかしいらしくって」 「へぇ」 「普通に呼び合ってくれたらいいなぁって思って」 「それだったら愛してるよゲームでもすれば?」 ひょっこりと入って来たのは、クラスメイトのひとりである。 ちなみに女子で演劇部員だ。 「愛してるよゲーム?」 「そう。 順番決めて、愛してるよって言って相手が照れたら勝ち」 「あぁ、それならやったことがあります」 「いつ?」 「中学のときに。 赤司君による「暇つぶし」と称したバスケ部全員を巻き込んだ愛してるよゲーム」 「なにそれ鬼畜」 「えぇ鬼畜でしたね」 「ちなみに勝者は?」 「桃井さんです」 「あ」 「あ」 「え?」 黒子の口から出た名前は桐皇にいるマネージャーの名前だった。 バスケ部である五人、元同じ中学だったメンバーが何かに思い当たった。 「あれか」 「はい」 「え、なに? なに? その桃井さんって凄いの?」 「凄かった、んですよねぇ。 あれ」 「三日間くらいバスケ部がな」 「大会無い時期で良かったな」 遠い目をしたメンバーを放置して、残ったメンバーとクラスメイトは話を進める。 「照れたらいいの?」 「うん。 愛してるよ的なニュアンスだったら、なんて言ってもいいの。 大好きだよ!とかI LOVE YOU!でもね」 「小芝居とかも良いのか?」 「うん。 ようは相手を照れさせることが出来たらいいわけだから」 「なるほどー」 「演劇部もこれやったの?」 「そー、やっぱり初めての子も多いよね、まずは私達に遠慮なくこういうふうに言えるようになれれば!って先輩達が。 しかもね、先輩達が私達の名前の書いた紙をくじみたいに引くのね。 つかクロ達はいつまでそうしてんだよ」 ようやく食べるのに一段落した火神が黒子と木村と水谷に声を掛けた。 * * * * * * * * * * そうして部活のお時間です。 「と、いうことで愛してるよゲームしたいです」 「ぶっこんできたな!?」 「照れた回数により一人ひとりのトレーニングというか基礎セットが変わるわよ」 「ちょ、カントクそっち側? ずるくない?」 「慎二先輩、俺達も参加ですよ」 「一年生も間に入ります!」 「あ、リコ先輩ももちろん」 「当たり前じゃない、入るわよ」 リコの横を陣取る一年生達に、対面した二年生達は一瞬何事かと思う。 真顔の黒子から放たれた理由に日向が突っ込んだ。 小金井もずるい!と言い出すが、フォローする一年生。 「あ、あの。 それでバスケ部特別ルール追加でお願いします」 「特別ルール?」 「はい。 苗字厳禁です。 呼ぶのは名前でお願いします」 「「「「「「「え」」」」」」」 二年生達の声が揃った。 「あれ、フリ君、言ってなかったんですか?」 「これ言っちゃうと許可してくれそうになかったから」 「フリ君グッジョブです」 「いい仕事したろ」 「おいこらテメェ等」 「まーまー日向そう怒るなよ」 「あ、俊先輩アウトー、です」 「え」 「愛してるよゲームが終わるまで苗字厳禁です」 「言ってなかったじゃん!」 「今思い付きました」 「クロォォォォォ」 しれっという黒子に珍しく声を荒らげた伊月である。 ガラガラとホワイトボードを持ってきて、決まった順番に名前を書いていく。 バレー部がその様子を見て、茶化し始めた。 「おー、バスケ部相変わらずだな」 「うっせぇよ、本橋」 「楽しそうだな。 バレー部もやるか?」 バレー部の主将の本橋は属性木吉である。 さらりと日向の睨みをいなして、そばにいたバレー部副主将に話しかける。 話し掛けられた副主将は楽しいこと大好きだったので即オッケーと返している。 そしてバスケ部に気付かれないように、こっそりとバスケ部の愛してるよゲームを撮影しようとセッティングした。 バレー部のフォームを撮っているようにしか見えない。 そして彼は今度は自身のスマホを手にし、操作を始めた。 [newpage] [chapter:【誠凛高校】某月某日 某 【今日の出来事】] 新設校である誠凛高校の知名度を上げようと、校長先生自らがくろちゃんねるにスレ立てをした結果。 一日一スレを校長先生が毎日律儀に立てる。 今日のちょっとした面白い出来事やほんわかする話題を書き込む。 生徒達には立てたその日にバレてしまっているので、生徒達が書き込むことが結構ある。 むしろ生徒達が校長先生に話題を提供している。 十日ほどで二年生は一年生を赤面させるくらい、動じなくなりました。 [newpage] [chapter:【後書き】] どうしてこうなった。 私はフラッシュモブの話を書いていたはずなのに! 武田先生に言わせたかったんです「わたし、死んでもいいわ」を。

次の

#31 【黒バス】愛してるよゲーム【誠凛一年組】

愛し てるよ マイヤー

見出し• {ラック}は「愛」ですね。 {クン}や{ター}は二人称「あなた」です。 つまり、英語で言う I love you の語順と同じく 「私はあなたを愛している」 という表現になります。 外国人が使う分には、これでも十分に愛を伝えられるでしょう。 しかし、日本人同士が日本語で「私はあなたを愛しています」 となかなか言わないように、タイ語でも若干不自然ですね。 一人称を取ってしまう表現 「愛しているよ」と伝える瞬間は、 恐らく一人称も二人称も明確な場合が多いはずです。 仕事をしていていきなり{ラック}と言っても、 こいついきなり何言い出してるんだ気持ち悪い、となりますが、 2人きりのロマンチックな雰囲気の中で{ラック}といったら、 言った人がもう一人の人のことを「愛している」ということになりますよね。 そのため、「愛する」という動詞である{ラック}一言でも シチュエーションによっては「愛している」という意味になってしまうんですね。 しかし、{ラック}の後に愛する相手の名前を言った方が、 よりその意味が強まる感じがします。 (女性が年上のケースは嫌がることもあります) 反対に、年下の恋人の場合は、そのまま名前のみで呼ぶか{ノーン}を付けます。 年下の女性の場合は{ヌー}を付けることも多いです。 参照 また、名前を付けずに{ピー}や{ヌー}だけでも大丈夫です。 しかし、意訳すると「好きだよ」という感じでいいと思います。 つまり、日本語の「好きだよ」に一番近い表現といえるのではないでしょうか。 一人称を付けて強調する表現 2人きりの愛の告白に一人称も二人称も不要かもしれませんが、 一人称を付けることによって、より愛を強調することができます。 じゃあ{ポム ラック クン}でもいいじゃないかと思われるかもですが、 これだと完全に表現が硬いんですね。 相手との距離感によって一人称、二人称は使い分ける必要があるのですが、 愛の告白をするくらい仲の良い間柄で{クン}は使いません。 もちろん絶対に使わないというわけではありませんが、一般的にはあまり使いません。 タイ人は相手のことをニックネームで呼びます。 年上の場合はニックネームの前に{ピー}を付ける、 年下の場合は{ノーン}をつける、または呼び捨てとなります。 そのため、愛を伝える相手に対して{クン}はちょっとおかしい感じがするのです。 (訳は適当です) ラックケーナイに対する回答 {ラック}と言うと、{ラックケーナイ}と言われることがあります。 「とても」を表す{マーク}をたくさんつければ、 「めっちゃめっちゃめっちゃめっちゃ好き」みたいなニュアンスになります。 日本語にしてしまうとどうしてもサムい感じがするので、 タイ語でそのまま覚えましょう。 日本語に訳すのはちょっと難しいのですが、 要するに どこまでも続く空と同じくらいあなたを深く愛している 的な感じですかね。 こうなる可能性もゼロではないので気を付けましょう。

次の

星野源 折り合い 歌詞

愛し てるよ マイヤー

カテゴリー• 111• 2 私の感想… これって、夫婦でやる意味ある?! これに近しいジョークなら、昔男友達とやったことありますが…ゲーム性を問うなら、旦那より、男友達が面白いですよね!(笑) とりあえず、絶対、ニヤけない!笑わないを意識して参加しながら観てみました(笑) ただ、子どもに「やって」と言われてやるには…かなり、ハードル高いゲームだなぁ〜と…(汗) 早速やってみたよ!「愛してるよ、ゲーム」(笑) まぁ、動画を観てから、やってと言われていたので、約束は…果たさなきゃダメですよね〜! と、言う事で… 〜iris vs ナタール先生の巻〜 はい! もう一度おさらいしましょう!! 子どもの前で、2人で「愛してるよ」と言うゲームです。 子どもの前で!!! 2人きりで「愛してるよ」ゲームではなくです。 難易度高いゲームです。 (笑) さてさて… みなさんは、普段「愛してるよ」という言葉を使いますか? なかなか、難関な言葉として捉える方もいらっしゃるかと思います。 私は、余裕があれば、子どもの興味のあることを知ろうと努力する派です。 大きく、調べたりまではしませんが、一緒に動画を見てみる時間を作ってみたり、私が発見した動画を勧めてみたり(笑) 最近は、忙しいのであまり上の子たちを構ってあげられていませんが、それでも、 会話を大切に心掛けたり、忙しさにかまけて、話をちゃんと聞けてなかったことに気づけば謝ります。 子どもの声って、よく聞いてると… やっぱり、 いくつになっても、スキンシップを求めていると思うんです。 もちろん、年齢と共に、スキンシップの質は変わりますよ。 でも、大きくなったから、親が必要ないというものでは、ないと思います。 距離感は、年齢と共に変わっていきます。 親も子も、距離感は変わっていかなくてはいけないかもしれませんね。 いつまでも、添い寝をしたり、抱っこをするのは…少々問題がありそうですよね(汗) でも、大人だって、誰かにハグされたい!!!! そんなことを想うほど、心が疲れる日だってあると思います。 それは、子どもだって同じ。 子どもは、誰にハグされたらいいのでしょうか? そんなことも合わせて考えて頂けたら、嬉しいです。 最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

次の