和歌山 県 コロナ ウイルス 速報。 和歌山県内の最新感染動向

院内感染対策 担当医師「基本の徹底」を 和歌山 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

和歌山 県 コロナ ウイルス 速報

新型コロナウイルスの感染拡大で課題の一つになったのが、全国各地で確認された院内感染だった。 感染症指定医療機関として、25人の患者を受け入れた日本赤十字社和歌山医療センター(和歌山市)では、二重三重の対策により院内感染が発生しなかった。 対応にあたった医師は「基本の徹底」を強調する。 同センターには5人の感染症専門医や、感染管理認定看護師ら専門家から作る感染対策チームがある。 新型コロナ対策では、陽性患者の受け入れだけでなく、地域医療機関の指導的役割を担った。 対策チームの中心が、感染症内科部長の古宮(こみや)伸洋医師だ。 2012年から同センターで勤務。 国立感染症研究所での勤務経験があるうえ海外での感染症対策経験も豊富で、14年には西アフリカでエボラ出血熱、17年にはソマリアでコレラの感染拡大防止活動に従事した。 院内で新型コロナ対策を始めたのは、1月の上旬から。 中国・武漢で感染が広がり始めたころに、古宮医師は、これまで共に仕事をしてきた世界各地の感染症専門医らから、感染の流行状況やウイルスの性質などの情報を集めた。 院内で情報を共有するだけでなく、1月下旬には県内の医療機関を招いた勉強会を実施。 消毒や隔離の方法など、感染防止対策に必要な知識を伝えた。 同センターでは2月中旬から県内の陽性患者63人のうち、25人を受け入れた。 空調や排水が独立しているため、感染症病室から外へウイルスが漏れない構造になっている。 陽性患者や感染した疑いのある人に接する時は、使い捨てガウンやゴム手袋、ゴーグルなどを装着する。 感染症病室に入るために何度も脱ぎ着する必要があり、ウイルスに汚染された場所を触ってしまう可能性もある。 感染を防ぐため、2人1組になって手順を確認するなどの対策をとった。 また、来院者には検温を実施し、院内で少しでも疑わしい患者がいた場合は、すぐに感染症内科へと連絡するようにした。 古宮医師は「新型コロナの対策も、(他の感染症と比べて)特別なわけではない。 基本の周知、徹底が重要だった」と振り返る。 新型コロナについては、感染者に対する偏見も問題になった。 患者が退院後の生活に不安を感じないよう、メンタルケアを専門にするスタッフが支えた。 西アフリカでエボラ出血熱の対応にあたった時も、感染者に対する差別に直面した古宮医師。 現地では、回復した人と共に元の居住地に付きそうスタッフがいて、近隣住民に正しい知識を伝えたという。 「人はよくわからないことに不安になる。 正しい知識を得ることが大事」 緊急事態宣言は解除されたが、感染の第2波、第3波の懸念はなくならない。 古宮医師は「このウイルスとは年単位で向き合う必要がある。 医療機関だけでなく社会全体が、ウイルスの存在を意識した生活や態勢を維持する必要がある」と語った。 (藤野隆晃).

次の

和歌山県和歌山市でコロナウイルス発生!感染者は誰?【和歌山県63人目】

和歌山 県 コロナ ウイルス 速報

新型コロナウイルス感染拡大により影響を受けた和歌山県内の企業に対し、県は独自の経済対策を打ち出している。 目玉は最大100万円を支給する「事業継続支援金」。 すでに募集を開始しているが、風俗業など一部が対象外で、識者からは「偏見だ」と批判の声も上がる。 従業員数に応じ、20万~100万円が支給される。 県は、支援金の対象を原則、「国の持続化給付金」を受けた事業者としている。 経済産業省が示している規定によると、同給付金について、風俗業や宗教法人などは給付対象外とされている。 県によると、国の給付金の対象外の風俗業は、支援金も対象外。 一方、旅館業法の許可を得て、宿坊などを営む宗教法人については、「県内観光の大きな要素」であるとして、対象になるとした。 支援金を含む県の支援策の考え方について、仁坂吉伸知事は、「全業種、困っている人を助ける」(12日、全国知事会のウェブ会議)と発言。 一方、「風俗業は特別に営業が認められている業種のため、国がこれまで支援の対象にしなかった。 県もその考え方にのっとった」(14日、記者会見)とする。 新型コロナ感染拡大防止のための臨時休校に伴う保護者への助成金について、政府は当初、風俗業などで働く人は対象外とした。 しかし、「職業差別」との批判が起こったため、風俗業で働く人も対象とするように方針を変えた。 風俗業で働く人向けに法律相談事業などを手がける「一般社団法人ホワイトハンズ」(新潟市)の坂爪真吾代表は、風俗業が国の給付金や県の支援金の対象外になったことについて、「偏見が表に出ている」と話す。 働く人からは、新型コロナによる営業自粛などに伴い、売り上げや収入が大幅に減少し、生活に困っているという相談などが寄せられているという。 坂爪代表は「風俗業を支給の対象から外すことに合理性はなく、理解できない」と批判した。 (藤野隆晃).

次の

和歌山の新型コロナウイルス感染者がパチンコ店に来店していた事が判明│新型コロナウイルス速報

和歌山 県 コロナ ウイルス 速報

・ ・ ・• 新型コロナウイルス感染症について 令和元年12月以降、中華人民共和国湖北省武漢市において、新型コロナウイルスによる患者が複数報告されており、 発熱やのどの痛み、咳が長引くこと(1週間前後)が多く、強いだるさ(倦怠感)を訴える方が多いことが特徴です。 入院患者では肺炎の人が多くなっています。 そうした中、令和2年1月15日に日本国内において初めて新型コロナウイルスによる患者の発生が確認され、以後、発生がみられています。 和歌山県では県内の新型コロナウイルスによる患者発生に対して、体制を整え対応しているところです。 コロナウイルスとは 人や動物の間で広く感染症を引き起こすウイルスです。 人に感染症を引き起こすものはこれまで6種類が知られていますが、深刻な呼吸器疾患を引き起こすことがあるSARS-CoV(重症急性呼吸器症候群コロナウイルス)とMERS-CoV(中東呼吸器症候群コロナウイルス)以外は、感染しても通常の風邪などの重度でない症状にとどまります。 コロナウイルス 県民の皆様へ 新型コロナウイルスは飛沫感染と接触感染によりうつるといわれています。 新型コロナウイルス感染症の現状からは、人から人への感染は認められるものの、我が国では爆発的な広がりは認められていません。 このため、県民の皆様におかれましては、過剰に心配することなく、 風邪やインフルエンザが多い時期であることを踏まえて、咳エチケットや手洗い等、通常の感染対策を行うことが重要です。 日常生活で気を付けること ~予防のポイント~• 流水と石鹸による手洗いを頻回に行いましょう。 特に外出先から帰宅した後や咳をした後、口や鼻、目などに触る前には手洗いを徹底しましょう。 ・(外部リンク) ・(外部リンク)• マスクを正しく着用しましょう。 咳やくしゃみをする場合には、ティッシュやハンカチなどで口と鼻を覆い、周りの人から顔をそむけましょう。 その後、使用後のティッシュはフタ付きのゴミ箱に捨て、流水と石鹸で手を洗いましょう。 (外部リンク)• 換気が悪く 、人が密に集まって過ごすような空間に集団で集まることを避けましょう。 症状が出たときは• )、パキスタン、 フィリピン、ブルネイ、 ベトナム、 マレーシア、モルディブ 〈大洋州〉 オーストラリア、ニュージーランド 〈北米〉 カナダ、米国 〈中南米〉 アルゼンチン、アンティグア・バーブーダ、ウルグアイ、エクアドル、エルサルバドル、コロンビア、 セントクリストファー・ネービス、 チリ、ドミニカ共和国、ドミニカ国、パナマ、バハマ、バルバドス、 ブラジル、ペルー、ボリビア、ホンジュラス、メキシコ 〈欧州〉 アイスランド、アイルランド、アゼルバイジャン、アルバニア、アルメニア、アンドラ、イタリア、ウクライナ、英国、 エストニア、 オーストリア、オランダ、 カザフスタン、 北マケドニア、キプロス、ギリシャ、キルギス、クロアチア、 コソボ、 サンマリノ、 スイス、 スウェーデン、スペイン、 スロバキア、スロベニア、 セルビア、タジキスタン、 チェコ、 デンマーク、 ドイツ、 ノルウェー、バチカン、 ハンガリー、フィンランド、フランス、 ブルガリア、ベラルーシ、ベルギー、 ボスニア・ヘルツェゴビナ、 ポルトガル、ポーランド、 マルタ、モナコ、モルドバ、モンテネグロ、 ラトビア、リトアニア、 リヒテンシュタイン 、 ルクセンブルク、ルーマニア、ロシア 〈中東〉 アフガニスタン、アラブ首長国連邦、イスラエル、イラン、オマーン、カタール、クウェート、サウジアラビア、トルコ、 バーレーン 〈アフリカ〉 エジプト、ガボン、ガーナ、 カーボベルデ、ギニア、ギニアビサウ、コンゴ民主共和国、コートジボワール、 サントメ・プリンシペ、ジブチ、 赤道ギニア、南アフリカ、 モロッコ、モーリシャス 上記の地域より帰国・入国される方あるいはこれらの方と接触された方で、咳や発熱等の症状がある場合には、マスクを着用するなどし、医療機関を受診する前に、速やかに帰国者・接触者相談センターに連絡してください。 なお、連絡時は、上記の地域の滞在歴があること、または上記の地域の 滞在歴がある方と接触したことを申告してください。 帰国者・接触者相談センター 新型コロナウイルスの感染を疑う方からの相談に対応するため、各保健所に「帰国者・接触者相談センター」を開設しました。 以下のいずれかに該当する方は、最寄りの保健所の相談センターにご相談ください。 () ご注意ください 県内で患者が発生した場合、で県民の皆様にお知らせしますので、インターネットやSNS等での噂やデマに惑わされることのないよう、お願いします。 相談窓口について これまで各県立保健所・支所の専用相談窓口で実施してきました健康相談などの一般相談については、 6月18日から下記のとおり集約して実施します。 【新型コロナウイルス感染症専用相談窓口(健康相談)】 名 称 住 所 受付時間 連 絡 先 県庁健康推進課 和歌山市小松原通1-1 9:00~21:00 (土・日・祝含む) TEL 073-441-2170(専用ダイヤル) FAX 073-431-1800 和歌山市保健所 和歌山市吹上5-2-15 9:00~17:45 (平日のみ) TEL 073-488-5112 FAX 073-431-9980 なお、熱や咳が続くなどの症状のある方については、専門の医療機関の外来に繋ぐこともあるため、 最寄りの帰国者・接触者相談センター(保健所)にご相談ください。 (ただし、FAXを除きます) 聴覚に障害のある方、失語症の方、音声機能障害の方など、電話での相談が難しい方に対して、Faxによる相談も受け付けています。 なお、Fax送信はいつでも可能ですが、対応に数日要することもありますので、あらかじめご了承ください。 医療機関の皆様へ 現時点では不確定な部分が多いことから、新型コロナウイルス感染症の疑いがある方や新型コロナウイルス感染症患者を診察する場合には、院内での感染対策の徹底をお願いします。 院内感染対策等の最新情報は (外部リンク)をご覧ください。 また、 下記の表に該当する患者を診察したときは、最寄りの保健所へ速やかに情報提供(・)をお願いします。 (ただし、他の感染症又は他の要因によることが明らかな場合は除きます) (注)暫定的な症例定義とし、国から連絡があれば随時更新します。 各種様式について(和歌山県)• 医療機関向け 新型コロナウイルス感染症疑い患者問診票(日本語・中国語併記)• (医療機関向け)肺炎患者・疑い患者連絡票 新型コロナウイルス(2019-nCoV)関連情報について(国立感染症研究所) 要領・マニュアル等につきましては、下記をご参照ください。 (随時更新)• 新型コロナウイルス感染症患者に対する積極的疫学調査実施要領(2020年3月12日暫定版) ・(外部リンク) ・• 2019-nCoV 新型コロナウイルス 感染を疑う患者の検体採取・輸送マニュアル 2020年3月16日更新 ・(外部リンク)• 新型コロナウイルス感染症患者の退院及び就業制限の取扱いについて(一部改正)(令和2年2月18日) ・(外部リンク) (外部リンク)• 新型コロナウイルス感染症に対する感染管理(2020年3月19日改訂版) ・(外部リンク) 新型コロナウイルスに関するQ&A• (外部リンク)• (外部リンク)• (外部リンク)• (外部リンク)• (外部リンク)• (外部リンク)• (外部リンク)• (外部リンク)• (外部リンク) 啓発リーフレット(和歌山県) 啓発リーフレットを作成しましたので、ご活用ください。 県民の皆様へ• (個人向け)(新型コロナウイルス感染症に対する啓発リーフレットPDF形式 220キロバイト) 事業所管理者の皆様へ• (PDF形式75キロバイト) 新型コロナウイルス接触確認アプリ COCOAについて 6月19日より、新型コロナウイルス接触確認アプリCOCOA(COVID-19 Contact-Confirming Application)の運用が開始されました。 利用者が増えることで、感染拡大の防止につながることが期待されます。 (外部リンク) 関連リンク• 外部リンク• 外部リンク 関連ファイル•

次の