御霊前 お返し。 弔事 仏式 ご贈答マナー|タカシマヤのご贈答マナー ギフトのマナーガイド|高島屋

御霊前と御仏前のお返し/香典返し・法事のお返し・49日引き出物専門店[ギフトニシバ]

御霊前 お返し

四十九日法要は「御霊前」と「御仏前」のどちらを使う? 四十九日法要では「御仏前」を使う 仏教の教えでは霊として存在している間は7日ごとに7回、成仏できるかどうかのお裁きがあるとされており、遺族は故人が成仏できるように7日ごとに追善法要を営みます。 7回目の追善法要である四十九日法要は最後のお裁きの日であり、このときに成仏が許されると霊から仏になります。 四十九日法要で成仏するとされていますから、 四十九日法要での、香典の表書きは原則として「御仏前」を使います。 ただし、どのタイミングで成仏するかについては、「法要のあと、自宅の仏壇に本位牌を納めたときに仏になる」とする考え方もあります。 仏教の御霊前と御仏前の使い分け 通夜・葬儀・初七日 四十九日・初盆・一周忌・三回忌 仏教の場合 御霊前 御仏前 四十九日法要が繰り上げられた場合 四十九日法要は亡くなって49日目に営むのが本来のしきたりですが、法要に招く方の都合を考慮し、49日以前の土日に営むこともありまです。 また、49日ではなく35日に忌明け法要を営むこともあります。 このように亡くなって49日が経っていないときは「御霊前」か「御仏前」か迷うこともあります。 大体の場合は、法要の日に成仏したとされますので、49日以前であっても「御仏前」を使うのがよいでしょう。 宗派による「御霊前」と「御仏前」の使い分け 浄土真宗、真宗、曹洞宗、日蓮宗などは葬儀・通夜から「御仏前」 仏教にはさまざまな宗派があり、宗派によって死生観も異なります。 例えば、浄土真宗や真宗では「霊」の観念がなく、人は臨終と同時に成仏すると考えられています。 そのため、四十九日法要はもちろん通夜や葬儀の際も、香典の表書きは「御仏前」とするのが正式な書き方とされています。 また、浄土真宗とは考え方が異なりますが、曹洞宗や日蓮宗などでも葬儀や四十九日法要の香典の表書きは、「御仏前」を使う場合が多いようです。 仏教 浄土真宗・真宗の場合 通夜・葬儀・初七日 四十九日・初盆・一周忌・三回忌 仏教 浄土真宗・真宗の場合 御仏前 仏式で宗派がわからないときは「御香典」も使える 四十九日までは御霊前が一般的といっても、御仏前を使う宗派もあります。 宗派が確認できる場合はよいのですが、そうでない場合は「御香典」を使う方法もあります。 御香典は「お香やお花の代わりに供えるもの」という意味ですので、仏式の葬儀であれば宗派に関係なく使えます。 ただし、仏式以外の神式やキリスト教式では使えませんので注意しましょう。

次の

香典に添える心に残る手紙や香典礼状と香典返しの手紙の書き方例文procedure

御霊前 お返し

………このページの内容……… 1. 香典返しは辞退してもいい?香典返しの辞退のしかたは? 2. 香典返しの辞退 一筆箋の書き方・文例 3. 香典返しの辞退 香典袋・のし袋の書き方・文例 4. 香典返しを辞退したい 手紙の書き方・文例 5. 香典返しを辞退した方へ 遺族からのお礼状 文例・例文 6. もともと香典には、故人を悼む供養の気持ちのほかに、遺族に対して「家族の急逝に伴い通夜・葬儀で必要となった急な出費に対する相互扶助の意味合い」があるとされます。 本来はお返しを望むものではないのですが、実際にはお礼の気持を込めて香典返しが送られています。 こうしたことから、香典返しは辞退しても構いません。 例えば以下のようなケースが考えられます。 【香典返しを辞退するケース】 ・ 故人が一家の大黒柱で、未成年の子供と妻だけが残されるような場合には少しでも生活費、養育費、学費の足しにして欲しいとの思いから辞退する ・ 会社・職場などで少額ずつ出し合って連名で香典を包んだため、各自が出した金額はわざわざお返しを用意して頂くほどの金額ではない などです。 こうした場合には香典返しを辞退したい旨を遺族に伝えます。 辞退のしかたは以下のとおりです。 香典返しを辞退する一筆箋の書き方 一筆箋の書き方例です。 一筆箋には、 ・宛名 ・本文 ・差出人 の順で書きます。 一筆箋は6行のタイプと5行のタイプが市販されています。 見本画像は6行のタイプです。 もし5行の一筆箋をお使いになる場合には差出人までが5行におさまるように短文の例文を参考になさってください。 [文例] 「心よりお悔やみを申し上げます。 勝手ながらお返しのご配慮は不要でございます。 故人のご冥福を心よりお祈り申し上げます」 「心よりお悔やみを申し上げます。 お香典返しは辞退させて頂きます。 故人のご冥福を心よりお祈り申し上げます」 「心よりお悔やみを申し上げます。 なお、お香典返しにつきましては辞退させて頂きます。 何卒ご了承の程お願い申し上げます」など。 [短文の場合の文例] 「心よりお悔やみを申し上げます。 なお、勝手ながらお返しのご配慮は不要でございます」 「心よりお悔やみを申し上げます。 なお、勝手ながらお香典返しは辞退させて頂きます」など。 【濃墨?薄墨?】 できれば、香典袋の表書きと同じように薄墨を使います。 小さな文字を毛筆で書くのが苦手な場合には万年筆やボールペンで書きます。 ちなみに、最近では万年筆のインク色にも薄墨を彷彿とさせるインク色や、ボールペンにもグレーが市販されています。 新しく買うのならボールペングレー(ジェルインク)が価格的に手頃でオススメです。 手元にグレーがない場合には黒インク(できれば細字)の万年筆またはボールペンを使います。 四十九日までは涙で文字が滲むという意味で薄墨を使います。 香典返しを辞退する 香典袋の裏面の書き方 香典袋に直接、香典返しを辞退しますと書く場合の書き方例です。 書く位置は住所氏名を書いた場所の左脇です。 見本画像では、住所氏名を中央に書いた場合と左面に書いた場合の書き方例です。 香典返しを辞退をしたいという文章は短くて構いません。 [短文の場合の文例] 「お香典返しはご辞退申し上げます」 「お返しのご配慮は不要でございます」 など。 【濃墨?薄墨?】 できれば、香典返しを辞退したいという一文も香典袋の表書きと同じように薄墨を使います。 小さい文字を毛筆で書くのが苦手な場合には万年筆やボールペンで書きます。 ちなみに、最近では万年筆のインク色にも薄墨を彷彿とさせるインク色や、ボールペンにもグレーが市販されています。 新しく買うのならボールペングレー(ジェルインク)が価格的に手頃でオススメです。 手元にグレーがない場合には黒インク(できれば細字)の万年筆またはボールペンを使います。 四十九日までは涙で文字が滲むという意味で薄墨を使います。 上記の文中に出てくる「ご母堂様」は、おかあさんという意味の敬語です。 お悔やみの手紙で使われる代表的な敬語(尊称)は以下の通りです。 A.「皆さんでお召し上がり下さい」という形で、小分けできる菓子折りを用意します。 できれば葬儀通夜が終わり落ち着いた頃に会社職場などに持参してお礼の挨拶をします。 B.少額の香典返しを(赤字になる形ですが)頂いた人数分お返しします。 何卒ご了承賜ります様お願い申し上げます」などと書き添えます。 お茶、お菓子、石鹸など少額でも使えるもの消費できるものを。

次の

香典の御仏前と御霊前の違いは?|渡し方・置き方・マナー|終活ねっと

御霊前 お返し

「御霊前」と「御仏前」の違いは? 仏教では一般的に、亡くなったあと49日間は「霊」として存在し、49日目に「仏」になるといわれています。 そのため、 49日までに香典をお贈りする場合の不祝儀袋の表書きは「御霊前」、それ以後の場合は「御仏前」とするのが正しいマナーとされています。 霊が仏に成仏する49日目に営まれるのが四十九日法要ですが、実際には49日前の土日に繰り上げて営まれることも多いようです。 また、地域によっては四十九日ではなく三十五日に忌明け法要を営むこともあります。 これらの場合は、おおむね忌明け法要をもって成仏したとされますので、それ以後は49日以内であっても御仏前を使うほうがよいでしょう。 御霊前と御仏前のお返しの時期 御霊前のお返しは四十九日法要のあとにお返しをする 御霊前のお返しは、 四十九日法要を終えてから、郵送や宅配便などでお返しの品物をお送りするのが一般的です。 最近は葬儀当日に香典返しをするケースもありますが、もともと香典返しは四十九日法要のあとにするものとされています。 当日返しをしていた場合、葬儀後に香典をいただいたら「すぐにお返ししたほうがよいのでは」と思うこともあります。 でも、本来は四十九日法要後にお返しするものなので、すぐにお返ししなくても問題ありません。 なお、浄土真宗や真宗など仏教の一部の宗派によっては、御霊前を使わずに御仏前とする場合があります。 この場合はいつ香典をいただいたかを考えて、忌明け法要のあとに香典返しをします。 >> 御仏前は法事の引き出物として、あるいはなるべくすみやかにお返しをする 御仏前は、浄土真宗や真宗など御霊前を使わない宗派を除けば、四十九日後の初盆や一周忌、三回忌などの年忌法要や法事の参列者からいただくことになります。 法事・法要に参列いただいた方へのお返しは当日、 引き出物としてお返しをします。 法事・法要に参列していない方からの御仏前には、1カ月以内を目安にできるだけすみやかに、直接または 郵送・宅配便などでお返しの品物をお送りします。 故人が以前勤めていた会社の同僚や遠方に住む幼なじみなど、故人の旧知の方から、遅れて御仏前をいただくことがあります。 喪主本人は面識のない場合が多いのですが、「喪中はがきで訃報を知った」「知人から訃報を聞いたので」と、法要後に御仏前を送ってくださる方も少なくありません。 故人がお世話になった方なので、お礼状を添えてお返しの品を送ります。 御霊前と御仏前のお返しの金額の目安 御霊前のお返しの目安 通夜や葬儀の際に御霊前(香典)をいただいた場合、 お返しの金額の目安は 半返し(半分返し)が一般的です。 四十九日が明けてから、半額程度の返礼品をお贈りします。 葬儀や告別式に参列されていない方から御霊前をいただいた場合は、会葬御礼品や当日返し分などを差し引くことがないようにします。 御仏前のお返しの目安 四十九日後の法事・法要の際にいただいた御仏前に対するお返しも、半返しが基本となります。 法事・法要に参列された方には、お返しとして半額程度の品物を引き出物としてお持ちかえりいただきます。 ただ、 御仏前の額は事前に分からないため、3000円~5000円くらいの品物を用意しておき、多額の御仏前をいただいた方には 後日、半返しとなるよう差額分の品物をお贈りします。 のし(熨斗)の表書きや挨拶状は? 御霊前の返礼品ののしと挨拶状について 御霊前の返礼品(香典返し)に付けるのし(熨斗)の表書きは、 宗教を問わず広く使われるのが 「志」で、黒白の水引をかけます。 西日本では表書きに 「満中陰志」、水引は黄白が使われます。 挨拶状には、葬儀に参列いただいたお礼や香典のお礼、無事四十九日法要を終えたことのご報告などを含めます。 御仏前の返礼品ののしと挨拶状について 御仏前の返礼品ののしは、 宗教を問わず広く使われるのが 「志」で、黒白の水引をかけます。 西日本では表書きに 「粗供養」、水引は黄白が使われます。 法事・法要の際に 引き出物をお持ち帰りいただく場合は、直接ご挨拶ができますので挨拶状は不要ですが、法事に出席してくださったお礼を記載した挨拶状を品物に添えても失礼にあたることはありません。 法事・法要に出席されていない方から御仏前をいただいた場合は、品物に挨拶状を添えてお贈りすると丁寧です。

次の