神谷浩史 キャラ一覧。 神谷浩史 (かみやひろし)とは【ピクシブ百科事典】

神谷浩史 (かみやひろし)とは【ピクシブ百科事典】

神谷浩史 キャラ一覧

好きなところに飛べるよ!• 神谷浩史の年収ギャラはいくら? 神谷浩史さんは1975年1月28日生まれの41歳の血液型A型で、青二プロダクションに所属しており、 今年でデビュー22年目のベテラン声優さんです。 代表作は数々ありますが、よく知られているものとすれば夏目友人帳の「夏目貴志」や物語シリーズの「阿良々木暦」役でしょうか? 神谷さんは2015年の人気男性声優ランキング一位 を獲得、 人気一位の声優になるといったいどのくらいの収入があるのでしょうか? 神谷さんほどの売れっ子になると、TVアニメ以外に多くのメディアに引っ張りだこになるので、 本業のアニメ、ゲームのほか、ラジオやCD,ライブなどを網羅して収入を計算してみたいと思います。 アニメのギャラ Sponsored Link 神谷さんは日俳連に所属していますので、アニメ1話について15,000円~45,000円のランキング規定ですが、 声優暦21年を考えると、 1話について3,8750円がギャラ になると考えられます。 監獄学園(全12話)• 終物語(全12話)• 電波教師(全24話) 13シリーズに出演して、 705万円 をたたき出しています。 ゲームの場合は、• ヒーロー 約20万• サブ 約10万• 脇キャラ 大体5-8万く らいが相場だそうです。 神谷さんのCDは• ハレロク• I miss youの3メートル 愛のプリズン、などなどで、昨年だと86万くらいと計算されます。 あと、バカにならないのがイベントの出演料です。。 声優アニメイベントのギャラ。。。 これが人気声優の力なのか。。。 最近の声優さんで欠かせないといえばなんといってもイベント。 Kiramune Music Festuival 2015• MASOCHISTIC ONO BAND LIVE TOYR 2015 の2つのツアーを催行したので、257万を稼いでいると思われます。 ) また洋画に関しては。。。 神谷浩史さんの年収やギャラのまとめ これらTVアニメ、劇場版アニメ、ゲーム、ラジオ、CD,ライブのギャラを合計すると、1527万円となります。 しかし、これに「ラジオドラマ」「ナレーション」「パチンコ」などを加え、パーセンテージの誤差を考えると、 2000万ほどになると思われます。 役員クラス待遇の年収ですね。

次の

神谷浩史

神谷浩史 キャラ一覧

その活動領域がもはやアニメやゲーム、外画の吹き替えやナレーションというジャンルにとらわれないことは、2019年1月にNHKのドキュメンタリー番組「プロフェッショナル 仕事の流儀」で約5か月にわたる密着取材が行われたり、同年9月にジャニーズ事務所の国民的アイドル「嵐」(大野智・櫻井翔・相葉雅紀・二宮和也・松本潤)のバラエティ番組「VS嵐」に「チームいい声」の一員として出演したりしていることからもすでに周知の事実であろう。 そんな神谷さんが本日1月28日にお誕生日を迎えられたということで、アキバ総研では1月1日~25日にかけて、「新春特別企画!神谷浩史ハマり役人気投票」を開催。 異例の約1か月に及ぶ投票期間を設け、そんな大人気の神谷さんが演じてきたキャラクターたちの中で、一番ハマっていたと思うキャラクターへの投票を募った。 25日間で、33,730票が投じられた、熱き戦いの結果をお届けする。 1位: クラウス・キーマン(「」)…7027票 2位: リヴァイ(「」)…5394票 3位: 夏目貴志(「」)…3771票 4位: 折原臨也(「」)…3272票 5位: 阿良々木暦(「」ほか、「〈物語〉」シリーズ)…2310票 6位: 夜ト(「」)…2046票 7位: 相馬博臣(「」)…1175票 8位: 赤司征十郎(「」)…1124票 9位: 斉木楠雄(「」)…968票 10位: 糸色望(「」)…671票 数多ある神谷さんが演じてきた人気キャラクターたちの中から、堂々の1位に輝いたのは、なんと「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」の クラウス・キーマン、その人であった。 この結果は、投票が開始された1日から20日を過ぎるあたりまで、編集部の誰も予想していなかった結果だった。 当初1位を走っていたのは夏目やリヴァイといった安定の人気を誇るキャラクターたちであり、編集部内でもそのあたりのキャラクターが1位を獲るだろうと予想していた。 しかし、22日以降、突然の追い上げが起こり、投票締め切りまであと2日と迫った23日に入ると、ついにクラウスの獲得票は5,000票を超え、あっという間に1位へと躍り出た。 その事態に、その時2位につけていたリヴァイへの投票もさらに伸び、こちらも5,000票を超えたのではあるが、リヴァイが票を伸ばせばさらにクラウスが差を広げるという熾烈な投票合戦が繰り広げられ、ついに投票締め切り前日頃には6,000を超える票を集め、最終的には7,000票まで票を伸ばして1位を獲得したのであった。 物語のキーマンであるクラウス・キーマンというダジャレのようなネーミングながら、自分の果たさなければならない使命とヤマトの運命のどちらを選ぶのか、その狭間で揺れ、人間味あふれる葛藤で視聴者を魅了し、本作のもうひとりの主人公といっても過言ではないキャラクターとなったクラウスは、シャレなどではなく、その名の通り、物語のキーとなり、ファンの心をつかみ、1位を獲得することとなった。 これはひとえに、神谷さんのファン、そして「宇宙戦艦ヤマト」のファンの人々の熱き思いが集まった結果だろう。 ヤマトファンの皆さん、そして神谷さんファンの皆さん、熱き投票ありがとうございました。 そして、1位獲得おめでとうございます。 惜しくも2位となったのは、1位のクラウス・キーマンと熱戦を繰り広げた「進撃の巨人」の「兵長」こと リヴァイだ。 鋭いまなざしと口の悪さに他人を威圧する雰囲気、そして「人類最強の兵士」と讃えられられる圧倒的な戦力を持つリヴァイだが、みずから大掃除するほどの潔癖症な一面や、言葉にはなかなかしないが随所に垣間見える部下思いの一面など、ギャップの宝庫とでもいうべきキャラクターで大人気。 惜しくも1位は逃したが、5,000を超える票を獲得し、堂々の2位となった。 そして3位に入賞したのは、「夏目友人帳」主人公の 夏目貴志だ。 歯に衣着せぬところのある上記の2キャラクターとは違い、繊細で心やさしいキャラクターで、人ならぬ妖に対しても対等にふるまい、困っている姿を見ると放っておけないところのあるキャラクター。 キーマンやリヴァイなどのクールなキャラクターとは対極の、繊細でやわらかく、どこかはかない声が印象的だ。 アニメは2008年から2017年の第6期まで、不定期ながらも長期にわたってシリーズが放送されているほか、2018年には劇場版も制作されており、10年以上にわたって演じ続けられているキャラクターだけに、納得の入賞となった。 4位には「デュラララ!! 」の 折原臨也がランクイン。 新宿を拠点に活動する情報屋で、体型は細見で腕っぷしは弱そうに見せかけて、ナイフがお得意だったりパルクールを体得していたりする、頭脳明晰で運動神経も抜群の黒髪のイケメンだ。 そしてそんなイケメンが、物語中に起こるさまざまな事件の黒幕であったり、突然自販機を投げつけてきたりする犬猿の仲の平和島静雄とのやりとりを繰り広げるなど、見どころは枚挙にいとまがない。 頭がよくて運動もできる、口が悪くて腹も黒いし性格も歪んでいるイケメンキャラクターなど、イケメンであることを抜きにしても、これぞ「THE・神谷浩史」と思わせてくれるキャラクター。 3272票もの票を獲得したのは至極当然の結果だった。 続く5位となったのは、新房昭之監督に、「この役は神谷さんしかいない」と起用されたという〈物語〉シリーズの主人公・ 阿良々木暦(あららぎこよみ)。 同クールにて「【懺・】さよなら絶望先生」の放送が決まっていたため、その起用を悩んでいたという新房監督が、最後にこの役を託したのはやはり神谷さんだった。 そんなドラマを背景に抱えた選出に誰もが納得し、「続・終物語」に至るまでの約10年、見事に演じきったキャラクターだ。 キレのいいツッコミに、独特のセリフのテンポ、そしてセリフ量が多いため、神谷さんの声をずっと聞いていたいファンにとってはまさに垂涎のキャラクターといえるのではないだろうか。 そして同じく新房昭之さんが監督を務めた上述の「さよなら絶望先生」の 糸色望(いとしきのぞむ)も10位にランクイン。 こちらは神谷さん自身、いち読者として原作を読んでいた時から「もしこれがアニメ化やドラマCDになったら、大変そうだなあ」と思っていたというキャラクターだっただけに、演じるにあたっても相当の苦労があった様子。 しかしその苦労の甲斐あって、口は達者だが自他ともに認めるチキンな性格、しかしそのチキンさゆえに繰り出されるセリフの数々が、ファンの、そして新房監督の心もつかんだのだろう。 6位の「ノラガミ」主人公の 夜ト(ヤト)は、今回の投票結果において異色のキャラクターではないだろうか。 「住所不定無職、ジャージ姿のマイナーで貧乏な神。 」という公式サイトの紹介からすると、これまでの5人のキャラクターたちとは重なる面があまりないように見える。 しかし自分の社を持ち、多くの信者に崇められることを夢見て、賽銭五円で人々の悩みを解決しているその人柄(神柄?)は、ごく普通に見える日常のワンシーンであるのに、観ている人の心に自然となじんでくる、神谷さんが演じるからこその魅力を持ったキャラクターであり、その魅力が6位へと入った所以だろう。 さらに7位の「WORKING!! 」 相馬博臣は、物腰のやわらかい笑顔をたたえながら、その笑顔をいっさい崩さないままばっさりと人を斬る、もとい「説得」するのが得意のドSキャラクター。 笑顔、うさんくささ、そしてそのおしゃべりさと腹黒さといった神谷さんの真骨頂というべきセリフ回しと、まひるや佐藤に殴られて痛い目に遭うシーンまでも見られるこの相馬博臣というキャラクターは、神谷さんの多種多様な声を一度に堪能できるオイシイキャラクターである。 8位の「黒子のバスケ」の 赤司征十郎は、勝利至上主義者の面を硬質なトーンで表現している点などがリヴァイと通じるところのあるキャラクターといえよう。 キャラクターそのものは、口の悪いリヴァイに対し、赤司はていねいな口調であったり、言葉にはしないが団員を思う気持ちの強いリヴァイと、逆らうものに容赦はしない赤司といった違いはもちろん見られるのだが、信念を貫く姿勢がにじみ出たその声質は、どこか通じるものがある。 団員でもないのについ「兵長!」と呼んでしまうリヴァイ同様に、頭脳明晰、容姿端麗、カリスマ性にあふれた赤司を思わず「赤司様」と「様」づけで呼んでしまう人も多いのではないだろうか。 「頭が高いぞ」「すべてに勝つ僕は、すべて正しい」など、有無を言わせないその絶対王者的発言に、ひれ伏した民も多かったことだろう。 「髪はピンク色で頭部に不思議な装置をつけ、緑色のレンズのメガネという特徴的な容姿の高校生。 」もうそのキャラクター紹介だけで頭がパンクしそうになるというのに、その極めつけが「CV:神谷浩史」なのである。 楠雄の感情を差し挟まない均一的なモノローグで淡々と語られ、しかし壊滅的におバカで愉快なクラスメイトたちよって盛大に進行するギャグストーリーが、あの神谷さんの声で読み上げられるとわかったあのキャスト発表の時、心の中に大きなガッツポーズを作ったのは筆者だけではないだろう。 ないはずだ。 TOP10圏内への入賞は、その結果の順位と言えよう。 ありがとう同志たち。 11位以下についても触れておきたいキャラクターばかりだ。 「SDガンダムフォース」のキャプテンガンダムや、「GUNDAM EVOLVE.. まだまだ魅力的なキャラクターばかりの「新春特別企画!神谷浩史ハマり役人気投票」、ぜひ10位以下についてもチェックしていただきたい。

次の

神谷浩史

神谷浩史 キャラ一覧

その活動領域がもはやアニメやゲーム、外画の吹き替えやナレーションというジャンルにとらわれないことは、2019年1月にNHKのドキュメンタリー番組「プロフェッショナル 仕事の流儀」で約5か月にわたる密着取材が行われたり、同年9月にジャニーズ事務所の国民的アイドル「嵐」(大野智・櫻井翔・相葉雅紀・二宮和也・松本潤)のバラエティ番組「VS嵐」に「チームいい声」の一員として出演したりしていることからもすでに周知の事実であろう。 そんな神谷さんが本日1月28日にお誕生日を迎えられたということで、アキバ総研では1月1日~25日にかけて、「新春特別企画!神谷浩史ハマり役人気投票」を開催。 異例の約1か月に及ぶ投票期間を設け、そんな大人気の神谷さんが演じてきたキャラクターたちの中で、一番ハマっていたと思うキャラクターへの投票を募った。 25日間で、33,730票が投じられた、熱き戦いの結果をお届けする。 1位: クラウス・キーマン(「」)…7027票 2位: リヴァイ(「」)…5394票 3位: 夏目貴志(「」)…3771票 4位: 折原臨也(「」)…3272票 5位: 阿良々木暦(「」ほか、「〈物語〉」シリーズ)…2310票 6位: 夜ト(「」)…2046票 7位: 相馬博臣(「」)…1175票 8位: 赤司征十郎(「」)…1124票 9位: 斉木楠雄(「」)…968票 10位: 糸色望(「」)…671票 数多ある神谷さんが演じてきた人気キャラクターたちの中から、堂々の1位に輝いたのは、なんと「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」の クラウス・キーマン、その人であった。 この結果は、投票が開始された1日から20日を過ぎるあたりまで、編集部の誰も予想していなかった結果だった。 当初1位を走っていたのは夏目やリヴァイといった安定の人気を誇るキャラクターたちであり、編集部内でもそのあたりのキャラクターが1位を獲るだろうと予想していた。 しかし、22日以降、突然の追い上げが起こり、投票締め切りまであと2日と迫った23日に入ると、ついにクラウスの獲得票は5,000票を超え、あっという間に1位へと躍り出た。 その事態に、その時2位につけていたリヴァイへの投票もさらに伸び、こちらも5,000票を超えたのではあるが、リヴァイが票を伸ばせばさらにクラウスが差を広げるという熾烈な投票合戦が繰り広げられ、ついに投票締め切り前日頃には6,000を超える票を集め、最終的には7,000票まで票を伸ばして1位を獲得したのであった。 物語のキーマンであるクラウス・キーマンというダジャレのようなネーミングながら、自分の果たさなければならない使命とヤマトの運命のどちらを選ぶのか、その狭間で揺れ、人間味あふれる葛藤で視聴者を魅了し、本作のもうひとりの主人公といっても過言ではないキャラクターとなったクラウスは、シャレなどではなく、その名の通り、物語のキーとなり、ファンの心をつかみ、1位を獲得することとなった。 これはひとえに、神谷さんのファン、そして「宇宙戦艦ヤマト」のファンの人々の熱き思いが集まった結果だろう。 ヤマトファンの皆さん、そして神谷さんファンの皆さん、熱き投票ありがとうございました。 そして、1位獲得おめでとうございます。 惜しくも2位となったのは、1位のクラウス・キーマンと熱戦を繰り広げた「進撃の巨人」の「兵長」こと リヴァイだ。 鋭いまなざしと口の悪さに他人を威圧する雰囲気、そして「人類最強の兵士」と讃えられられる圧倒的な戦力を持つリヴァイだが、みずから大掃除するほどの潔癖症な一面や、言葉にはなかなかしないが随所に垣間見える部下思いの一面など、ギャップの宝庫とでもいうべきキャラクターで大人気。 惜しくも1位は逃したが、5,000を超える票を獲得し、堂々の2位となった。 そして3位に入賞したのは、「夏目友人帳」主人公の 夏目貴志だ。 歯に衣着せぬところのある上記の2キャラクターとは違い、繊細で心やさしいキャラクターで、人ならぬ妖に対しても対等にふるまい、困っている姿を見ると放っておけないところのあるキャラクター。 キーマンやリヴァイなどのクールなキャラクターとは対極の、繊細でやわらかく、どこかはかない声が印象的だ。 アニメは2008年から2017年の第6期まで、不定期ながらも長期にわたってシリーズが放送されているほか、2018年には劇場版も制作されており、10年以上にわたって演じ続けられているキャラクターだけに、納得の入賞となった。 4位には「デュラララ!! 」の 折原臨也がランクイン。 新宿を拠点に活動する情報屋で、体型は細見で腕っぷしは弱そうに見せかけて、ナイフがお得意だったりパルクールを体得していたりする、頭脳明晰で運動神経も抜群の黒髪のイケメンだ。 そしてそんなイケメンが、物語中に起こるさまざまな事件の黒幕であったり、突然自販機を投げつけてきたりする犬猿の仲の平和島静雄とのやりとりを繰り広げるなど、見どころは枚挙にいとまがない。 頭がよくて運動もできる、口が悪くて腹も黒いし性格も歪んでいるイケメンキャラクターなど、イケメンであることを抜きにしても、これぞ「THE・神谷浩史」と思わせてくれるキャラクター。 3272票もの票を獲得したのは至極当然の結果だった。 続く5位となったのは、新房昭之監督に、「この役は神谷さんしかいない」と起用されたという〈物語〉シリーズの主人公・ 阿良々木暦(あららぎこよみ)。 同クールにて「【懺・】さよなら絶望先生」の放送が決まっていたため、その起用を悩んでいたという新房監督が、最後にこの役を託したのはやはり神谷さんだった。 そんなドラマを背景に抱えた選出に誰もが納得し、「続・終物語」に至るまでの約10年、見事に演じきったキャラクターだ。 キレのいいツッコミに、独特のセリフのテンポ、そしてセリフ量が多いため、神谷さんの声をずっと聞いていたいファンにとってはまさに垂涎のキャラクターといえるのではないだろうか。 そして同じく新房昭之さんが監督を務めた上述の「さよなら絶望先生」の 糸色望(いとしきのぞむ)も10位にランクイン。 こちらは神谷さん自身、いち読者として原作を読んでいた時から「もしこれがアニメ化やドラマCDになったら、大変そうだなあ」と思っていたというキャラクターだっただけに、演じるにあたっても相当の苦労があった様子。 しかしその苦労の甲斐あって、口は達者だが自他ともに認めるチキンな性格、しかしそのチキンさゆえに繰り出されるセリフの数々が、ファンの、そして新房監督の心もつかんだのだろう。 6位の「ノラガミ」主人公の 夜ト(ヤト)は、今回の投票結果において異色のキャラクターではないだろうか。 「住所不定無職、ジャージ姿のマイナーで貧乏な神。 」という公式サイトの紹介からすると、これまでの5人のキャラクターたちとは重なる面があまりないように見える。 しかし自分の社を持ち、多くの信者に崇められることを夢見て、賽銭五円で人々の悩みを解決しているその人柄(神柄?)は、ごく普通に見える日常のワンシーンであるのに、観ている人の心に自然となじんでくる、神谷さんが演じるからこその魅力を持ったキャラクターであり、その魅力が6位へと入った所以だろう。 さらに7位の「WORKING!! 」 相馬博臣は、物腰のやわらかい笑顔をたたえながら、その笑顔をいっさい崩さないままばっさりと人を斬る、もとい「説得」するのが得意のドSキャラクター。 笑顔、うさんくささ、そしてそのおしゃべりさと腹黒さといった神谷さんの真骨頂というべきセリフ回しと、まひるや佐藤に殴られて痛い目に遭うシーンまでも見られるこの相馬博臣というキャラクターは、神谷さんの多種多様な声を一度に堪能できるオイシイキャラクターである。 8位の「黒子のバスケ」の 赤司征十郎は、勝利至上主義者の面を硬質なトーンで表現している点などがリヴァイと通じるところのあるキャラクターといえよう。 キャラクターそのものは、口の悪いリヴァイに対し、赤司はていねいな口調であったり、言葉にはしないが団員を思う気持ちの強いリヴァイと、逆らうものに容赦はしない赤司といった違いはもちろん見られるのだが、信念を貫く姿勢がにじみ出たその声質は、どこか通じるものがある。 団員でもないのについ「兵長!」と呼んでしまうリヴァイ同様に、頭脳明晰、容姿端麗、カリスマ性にあふれた赤司を思わず「赤司様」と「様」づけで呼んでしまう人も多いのではないだろうか。 「頭が高いぞ」「すべてに勝つ僕は、すべて正しい」など、有無を言わせないその絶対王者的発言に、ひれ伏した民も多かったことだろう。 「髪はピンク色で頭部に不思議な装置をつけ、緑色のレンズのメガネという特徴的な容姿の高校生。 」もうそのキャラクター紹介だけで頭がパンクしそうになるというのに、その極めつけが「CV:神谷浩史」なのである。 楠雄の感情を差し挟まない均一的なモノローグで淡々と語られ、しかし壊滅的におバカで愉快なクラスメイトたちよって盛大に進行するギャグストーリーが、あの神谷さんの声で読み上げられるとわかったあのキャスト発表の時、心の中に大きなガッツポーズを作ったのは筆者だけではないだろう。 ないはずだ。 TOP10圏内への入賞は、その結果の順位と言えよう。 ありがとう同志たち。 11位以下についても触れておきたいキャラクターばかりだ。 「SDガンダムフォース」のキャプテンガンダムや、「GUNDAM EVOLVE.. まだまだ魅力的なキャラクターばかりの「新春特別企画!神谷浩史ハマり役人気投票」、ぜひ10位以下についてもチェックしていただきたい。

次の