エデン共鳴編零式4層 雑魚フェーズ。 エデン零式:共鳴編4層攻略~ギミック処理解説~

【FF14】3層と4層の難易度の上り幅よ・・・【エデン共鳴編・零式】

エデン共鳴編零式4層 雑魚フェーズ

ミルン式では玉を誘導しながら扇誘導、小さくなった玉をとりつつ塔踏み、など立て続けに移動が発生します。 対してあやとり式では、玉を抱えた近接メンバーは移動が減る分単純になり攻撃できる時間が少し長く確保できます。 あやとり式の玉担当…扇を誘導後、東西に玉を誘導し小玉になったら取り、デバフが3なら中央塔へ。 (張り付ける時間が長い) ミルン式の玉担当…線がついた玉と正反対へ移動し、二人用の塔を処理したら一旦離れて小玉を取り、デバフが3なら中央塔へ。 (張り付ける時間は短い) あやとり式のほうが玉ー線を見やすいんじゃないか?と思っていましたが実際はあんまり変わりませんでした。 とはいえ、南で待機しているキャラに南の玉が付いた場合は扇誘導まで移動しなくて済むので楽です。 徐々に慣れてきた結果、玉誘導中にハイパーチャージを使ってGCD1. 5秒でブン回し+アビリティ盛り盛りで回しても平気になりました。 参考動画 動画あります。 音でます。 鎖がついた場合の動画 - 8. あやとり式攻略のコツ あやとり式の鎖処理はぶっちゃけ慣れです。 慣れれば1秒もかからずに図形をりぼん型に調整できるようになります。 間違わなくするためには「カメラをA=0時のポジションに向けておく」ことでしょう。 例えばBを0時とするカメラ視点にしていた場合、そのまま動かずりぼん型で正解なのに砂時計型だと勘違いするケースもあります。 タンクは1マーカー、ヒラは2マーカー、DPSは2:2で3と4マーカーに予め散らばっておくとやりやすいです。 玉処理に関しても具体的な誘導タイミングがあるので楽です。 玉持ちが中央を通過して外側へ誘導するタイミングは「誘発した扇範囲が出た瞬間」です。 中央を超えたら少し時計回りの方向を目指しましょう。 南の玉を持っていれば、中央を通ったあと1時か2時あたりを目指すように動きます。 玉が中央付近まできたら3時へ移動し、玉を東側へ持っていくように動けばOKです。 鏡の国+サイスorアクス+バニシュガ 前半フェーズ2回目の鏡の国です。 ここでは緑の鏡が4箇所に出現します。 光の暴走前にあったサイスキックがあった場合はアクスキックで始まります。 逆にアクスキックだったらサイスキックからギミックスタート。 サイスキックスタートの動き方 サイス、アクスが始まると同時にバッテリー60のクイーンを呼び出しておくとロスなくパイルまで入ります。 雑魚フェーズではクイーンはあまり活躍できないので、少し早めに呼び出しておくのがベスト。 雑魚フェーズが始まる前にバッテリーが30ぐらい溜まっていて、後半フェーズに入る直前でバッテリー100になります。 バッテリー60召喚はまじでおすすめです。 最後にドリルが入る瞬間も見てもらいたいところですけども、ロボが無駄なく稼働しているシーンも必見です。 4層雑魚フェーズ 概要 4回のWAVEが発生し、WAVEごとに雑魚と線処理ギミック。 1ミスで25のゲージが増え100溜まるとギミック失敗で全滅です。 4回ミスらなければいいのであえて2つのギミックをスルーしたり、PTによって色が出るフェーズだなぁと思います。 バフをつかって無理やり倒すよりも後半フェーズにフルバフを使うほうがクリアに近づけますが、雑魚フェーズが安定するまではバフを使っても良いでしょう。 各エーテルへの対処は以下の通り。 水を削りきれそうならタンクはささっと石へ飛んでいいでしょう。 ナイト以外はスタンを連打できないため、練習初期段階では水に2回目のスタンを入れたいため白にホーリーを打ってもらっていました。 その分回復が遅れるので危なくなりますが、練習あるのみです。 タンクは石が詠唱するストンスキンを沈黙で無効化。 3回目にも石が出るので沈黙をかける必要がありますが、WAVE3で水も湧くためスタン優先にしています。 なので2回目の沈黙はタンクが行うように決めています。 いずれにせよ、WAVE2ではコイツしか攻撃する敵がいません。 線も忘れずに回収しましょう。 2回目は僕が取りに行っています。 青のデバフがある状態で橙のアク・モーンを受けると即死です。 同じ色のアク・モーンのみ連続で受けられるといった内容ですね。 真ん中に寄りすぎているともう一方のアク・モーンを食らってしまうのでターゲットサークルの切れ目あたりに集合すると良いです。 4人ずつの組み合わせは左部屋、右部屋で分かれた組み合わせにしています。 アク・モーンのあとすぐに来るモーン・アファーは8人全員で受けます。 7人で受けた場合、軽減盛り盛りでも瀕死レベルです。 モーン・アファーはできる限り8人全員で。 青鏡が東にあれば時計回り、西にあれば反時計回りです。 青鏡が 西にあれば時計回り、 東にあれば反時計回りです。 いずれも北(A を基準にしています。 ホーリーウィングの詠唱が始まる前に鏡が出現します。 一旦ここで2通りのどちらかを判断しておくんです。 時計or反時計。 そしたら次はシヴァの翼を見るだけです。 翼を見たらスタート地点がわかりますね。 スタート地点が確定したら、あとは直前に出した時計or反時計の回り方でスっと動くだけです。 いやいや、スタート地点が分からねえんだよ!という方向けに、以下に問題集を用意しました。 ぜひ活用してください。 聖竜の咆哮 聖竜の咆哮着弾と同時に「聖竜の爪(赤)」と「聖竜の牙(青)」が、それぞれタンクヒラに赤、DPSに青で付与されます。 それぞれデバフの時間が定められていて、時間が短いデバフから処理していくギミックになります。 爪(赤)持ちはフィールド外周に時計回りor反時計回りでゆっくり進行する竜頭に触れて爪(赤)のデバフを打ち消します。 打ち消した場所に白い円が出現するので牙(青)持ちは白い円を踏んで牙を打ち消し。 これを合計4回行います。 同時にホーリーウィングも来ているのでホーリーウィングの間を縫うような形で竜頭に触れましょう。 てな感じです。 シヴァ南北の塔踏み(1人用)• 凍結を利用しドラゴニックストライク(吹き飛ばし)無効化• 中央塔踏み(2人用)、シヴァ頭上確認• 玉1なら頭割りバニシュなのでシヴァ真下へ、玉4なら散開バニシュ• デバフ2なら中央4人踏みの塔へ入る• 光の津波散開 タンクは南北の塔を踏んだあと少しすると凍結します。 ドラゴニックストライクの詠唱8割ぐらいのタイミングです。 凍結が溶けたら2人用の中央塔に入りますが、エフェクトが激しいので踏めたかどうかを見分けるのは難しいらしいです。 デバフが増えたら塔を踏めているので、音やデバフの増加を目印にして塔踏みを完了しましょう。 2人用の塔と同時にシヴァ頭上を確認し、頭割りか散開どちらのバニシュか判断します。 例によって1なら頭割り、4なら散開。 バニシュはめちゃくちゃ痛いのでバフ必須です。 ランパ+センチ+タクティシャンで10万ぐらい食らいます。 ヒーラーの動き• DPS2人の凍結をエスナで解除し、シヴァ東西の塔(1人用)を踏み• ドラゴニックストライクで吹き飛び、東西の塔(1人用)を踏む。 フィールドマーカー内が良い• デバフ2なら中央4人踏みの塔へ入る• 光の津波散開 DPS2名の凍結のみを解除したら東西の塔踏みへ。 吹き飛び後、再度塔を踏みます。 このときDPSが設置した8方向AoEに当たらないように、フィールドマーカー内へ入っておきましょう。 (DPSががズレずに設置できていれば。 ) 塔踏み後、デバフが2なら少し早めに中央へ寄っておくといいかもしれません。 寄る場合、近接DPSが自キャラから近いならAoEに巻き込まれないよう注意です。 DPSの動き 竜頭に当たりに行くタイミングがシビアにならず、そこそこ猶予があるので崩れにくい。 牙持ちは無敵受けのモーン・アファー中に取りに行けば良いので事故りにくい。 モーン・アファーでPT全員のHPが減らないのでヒールがやや楽になる。 デメリット… 特になし? 1回目のモーンアファー中にタンクスイッチを忘れると壊滅します。 アク・モーン中にタンクスイッチをするとヘイト1位が入れ替わり違う色のアク・モーンが飛んできます。 そしてアク・モーンがおわると即座にモーン・アファーが来てしまうため、スイッチタイミングはモーン・アファー詠唱中のみ…といった具合です。 ギミック紹介 聖竜の咆哮セカンドシーズンでは、タンクとDPSに爪(赤)がつきヒラと残りのDPSに牙(青)がつきます。 一応爪牙ともに時間が定められていますが、DPS以外デバフを見る必要はありません。 タンクは確定で爪(赤)、ヒーラーは確定で牙(青)になります。 どちらも短い方がつくのでタンクヒラが先に処理します。 DPSのみ、アク・モーンの4:4で受けるときに左右の入れ替えが発生します。 東西で4:4に分かれますが、東に赤と赤がいるとギミックを処理しきれずに失敗します。 東西それぞれ赤と青のDPSがいるように調整してください。 D1が西、D4が東と固定しておき、D2D3は色によって東西のどちらかに分かれます。 必ず赤と青のDPSがひと塊になります。 竜頭はふたつ出現し、時計回りor反時計回りに進んでいきます。 東西にてほぼ同タイミングで牙爪の処理をしつつ… アク・モーン+モーン・アファーのラッシュがきます。 ヒラ泣かせ…! 例によってアク・モーンを受けると青と緑のデバフがつくので逆の色のアク・モーンを受けないようにしましょう。 中央に寄りすぎ注意。 アク・モーンはシリーズ恒例で登場するたびにキャスト回数が増えていきます。 最後の聖竜の咆哮1回目にあるアク・モーンは5連発から開始し、6連、7連と続いていきます。 もちろんモーン・アファーもあるのでHPがきっついです。 では、見ていきましょう。 ちなみに、ひとつ前のギミックでタンクをスイッチした理由は以下の通りです。

次の

【FF14】エデン零式共鳴編4層攻略!ギミック解説とマクロ紹介、光の暴走あやとり式の動き方詳細やタイムラインについて

エデン共鳴編零式4層 雑魚フェーズ

必要最低PTDPS:約82890 最長戦闘時間:11分03秒 零式共鳴編1層木人討滅戦の必要最低DPS ジョブ名 必要最低DPS値 タンク ナイト 8099 戦士 7795 暗黒騎士 8025 ガンブレイカー 8222 ヒーラー 白魔導士 8485 学者 6972 占星術師 6808 近接DPS 竜騎士 13328 モンク 13164 忍者 12958 侍 13822 遠隔物理DPS 吟遊詩人 11478 機工士 13221 踊り子 10138 遠隔魔法DPS 黒魔導士 14874 召喚士 13624 赤魔導士 13830 エデン零式:共鳴編の初めとなるこの層についてはDPSチェックが緩いという噂ですが、必要DPS自体は意外と高めになっていました。 FFLogs内のデータを少し調べて見たところ近接LB3の威力が1000程度だったので、木人をギリギリ壊せる程度ではPT構成によっては本番の方でもちょっと火力が足りなくなるかもしれません。 ただこの層については戦闘開始から終了まで一部のギミック処理を除けばほぼ木人状態で殴り続けられるので木人討滅に必要な最低DPS値というのも、長い履行技とか複数体の敵が出てくる他の層と比べたら割と参考に出来るかと個人的に思います。 あと余談ですがパッチ5. 05から各ジョブの火力関係に調整が入ったせいなのか、タンクやヒーラー一部のDPSは零式:覚醒編4層より共鳴編1層の必要DPS値が低かったり、他ジョブと比べて必要DPSの順位が変動していたりする (例:召喚士と赤魔導士の順位が逆転している)のでちょっと注意が必要です。 必要最低PTDPS:約84200 最長戦闘時間:10分22秒 零式共鳴編2層木人討滅戦の必要最低DPS ジョブ名 必要最低DPS値 タンク ナイト 8354 戦士 8041 暗黒騎士 8272 ガンブレイカー 8477 ヒーラー 白魔導士 8748 学者 7194 占星術師 7022 近接DPS 竜騎士 13748 モンク 13583 忍者 13369 侍 14257 遠隔物理DPS 吟遊詩人 11840 機工士 13641 踊り子 10450 遠隔魔法DPS 黒魔導士 15343 召喚士 14052 赤魔導士 14266 零式共鳴編2層の方は覚醒編の頃と比べると1層と2層の必要DPSにそれほど差はなく、あと少し意外ですが、時間切れまでの時間も1層より少し短いです。 ただしこの層については ボス本体を殴れなくなる複数回短めの履行技が入るので、実際に必要なDPS値(戦闘中のDPS値)はもう少し高くなりそうです。 木人討滅に必要なDPS値を参考にすると1層と同様に木人をギリギリ時間内に壊せる程度では少々火力不足かもしれません。 必要最低PTDPS:約88650 最長戦闘時間:11分52秒 零式共鳴編3層木人討滅戦の必要最低DPS ジョブ名 必要最低DPS値 タンク ナイト 8609 戦士 8288 暗黒騎士 8526 ガンブレイカー 8740 ヒーラー 白魔導士 9012 学者 7408 占星術師 7236 近接DPS 竜騎士 14159 モンク 13994 忍者 13772 侍 14685 遠隔物理DPS 吟遊詩人 12194 機工士 14052 踊り子 10771 遠隔魔法DPS 黒魔導士 15811 召喚士 14479 赤魔導士 14701 零式共鳴編3層については2層より必要DPS値も戦闘時間も伸びていて、クリアに必要な火力は順当に上がっています。 ただし、この層はすこし特殊で、途中ボス本体が離れHPの多めの3体の中ボスと戦闘する場面がああります。 また、強制転移だとか何度か短めの履行技が挟まるので、こちらも2層と同様に実際に必要なDPS値はもう少し高くなりそうです。 希望の園エデン零式:共鳴編4層 必要最低PTDPS:約90450 最長戦闘時間:14分02秒 零式共鳴編4層木人討滅戦の必要最低DPS ジョブ名 必要最低DPS値 タンク ナイト 9151 戦士 8806 暗黒騎士 9061 ガンブレイカー 9283 ヒーラー 白魔導士 9579 学者 7877 占星術師 7696 近接DPS 竜騎士 15047 モンク 14866 忍者 14636 侍 15606 遠隔物理DPS 吟遊詩人 12958 機工士 14932 踊り子 11445 遠隔魔法DPS 黒魔導士 16798 召喚士 15384 赤魔導士 15622 エデン零式共鳴編4層についてはDPSチェックがとても厳しいとの噂があるものの数値だけに注目すると3層とそれほど差が無いように見えます。 しかしこの層については前半最後の雑魚フェーズ、後半に入るまでとても長い履行技があるので、 (総合すると2分くらい 実際に要求されるDPS値というのはこれよりも大きくなると思われます。 時間切れまでの戦闘時間についても14分もあり、処理が難しいギミックをこなしながら長い時間、戦う必要があるのでかなり大変です。 もし仮に攻撃することが出来ない時間が2分間だとすると、それを差し引くと実際の戦闘中に必要となるPTDPS値は105800くらいになってました。 1層から2層、2層から3層と比べて 3層から4層では木人討滅に必要なDPS値の差も大きく、こういった面からも4層のDPSチェックが厳しいことが予想出来てしまいます。 こちらの層についてもFFLogsで少し調べて見たところ、近接LB3を2回撃って1500くらいのPTDPS値となっていたので、木人をギリギリ壊せる程度でも一応はクリアに必要なDPS値は超えられるかなとは思います。 また実際の8人PTでの戦闘では LB3まで使用できるので、しっかりLBゲージが貯まるごとに攻撃LBを撃てばもう少し余裕があるかと思います。 ただし、木人が壊せるのと実戦でちゃんと動けて火力が出せるのかはまた別問題なので、パッチ5. 2の木人討滅戦も 「火力が足りているかどうかの確認」ではなく、その 「コンテンツをクリアするのに必要最低限の装備が揃っているかどうかの確認」という認識で木人を利用したほうが良さそうです。 今回のエデン零式共鳴編については個人的にそう思っただけなのですが、覚醒編の頃よりギミック処理の難易度が上がっていたり、ボス本体を上手く殴れないことが多い気がします。 なので木人討滅戦についても時間ギリギリの場合よりも結構クリアタイムに余裕がある状態でそのコンテンツに挑んだ方が自分の火力が出ていることの保障にもなる?のかもしれません。

次の

【FF14】エデン共鳴編零式4層 白ヒールワーク(仮)書きかけ:KLSのブロマガ

エデン共鳴編零式4層 雑魚フェーズ

クリアから時間が経ってしまったため、今回は感想よりも先にエデン共鳴編零式3層の細かすぎるポイント補足記事を作成しました。 今回も実際にプレイしてみて後続の方に役立ちそうなポイントを補足していきます。 そして今回もあまりにも細かく長いです! 前提:マイスターアキトさんとのぞみちゃんねるさんの動画の組み合わせでの攻略が多いです。 この層もマーカーやギミックなど基本的な攻略は マイスターアキトさんの動画をベースとし、その中で 「夜襲の号令」については のぞみちゃんねるさんの脳死法を採用する形が基本です。 今回も記事下部で動画を紹介させていただいています。 本編: ギミックの細かすぎるポイント補足 「波状の号令」 初見のうちはピクミンでもいけますが、少しでも火力を上げるべく迷いをなくすために本質的な理解をしておいた方が良いでしょう。 こちらは夜襲の号令のような脳死法ではありませんが、 のぞみちゃんねるさんの解説動画が非常にわかりやすいので是非ご覧になることをお勧めします。 (こちらの動画も記事下部にリンクを貼らせていただいています) 「強制転移」(の安全な方向の定め方) おそらくこの層のつまづきポイントその1だと思われるこのギミックは、特定方向に強制転移させられますが、他のギミックとの組み合わせで来るため狙った位置に正確に転移する必要があります。 強制転移デバフの基本 デバフの種類 前・後・右・左の4方向。 斜めはありません。 発動までの秒数 10秒 転移距離 2マス分 上記の基本を踏まえた上で、 直感的に処理する正攻法が1つ、 簡単にするやり方は二通りあるのではないかと思いますが、自分は雑魚フェーズの事を考えて以下のやり方をおすすめします。 (このギミックは操作体系が「スタンダード」だとかなりしんどそうです) 雑魚フェーズ このフェーズは固定PTと比べて野良勢は苦労することになると思います。 というのも、ここが3層のDPSチェックフェーズなのですが、木人的な火力というよりもギミックをこなしながらいかに火力が出せるかが試されている所へ、 チームを組む4人の息があってないと火力が出しにくい作りになっているので、どうしても野良だと息が合うまでの間ぐだりやすくなります。 雑魚フェーズで気にしておくこと 4人の足並みがそろってないと厳しい点) 大前提:3層の雑魚には方向指定がありません。 その際、集まるベースにするのは誘導役のタンクにしておくのが良いと思います。 ヒールの都合上ヒーラーさんは中央寄りに位置取る方が多いですが、中央付近にいる間もブラスヒームの位置を頭の片隅に入れて、変な位置に直線攻撃を誘導しないよう気を付けましょう。 自分の おすすめは 「進行方向に向かってボスの前で頭割り」「頭割り中に直線範囲が飛んできた場合は進行方向へ回避して受ける」です。 上のようなことを書きつつも、 タイムライン上 【頭割りマーカー出現】>【直線範囲】>【頭割り発動】の順になる箇所で横方向から飛んできそうな位置の間に 自 分に頭割りマーカーが出た場合、自分は [まずボス下に行って直線範囲を誘導]>[直線を避けつつボスの前に出て頭割り発動]になるように他のメンバーを誘導しています。 もちろん付いてこないタイプの方達の時は次は止めますが、固定PTだと次も同じメンバーなのでこういう細かい部分で意思疎通を取って練度(火力)を上げるのも難しくないと思います。 (うらやましくなんてないやい) 雑魚フェーズ中の「強制転移」処理法 雑魚フェーズ中の 【攻撃機動】>【強制転移】>【頭割り】の連続ギミックはフェーズ中最大の難所であり、やはり野良勢は息を合わせるのが大変なポイントです。 まずどのPTでも 「進行方向に転移」という原則がありますが、 「進行方向」といっても具体的な方向(角度)が人それぞれで差が出るという(笑)。 特に角に差し掛かっている場合は認識に差が出やすく「え、そんな内側行くの!?」またはその逆で他人に叫んでしまう場面も多いと思います。 自分の決めた方向を譲らない人が複数いると事故るのはもちろんですが、逆に4人全員他人に合わせるタイプだと譲り合いで方向が定まらず事故ったりと難しいです。 自分は1回目で他の人の温度感を見て、先に出すのか合わせるのかを切り替えています。 と、ここまで読むと 「先に方向を出すとデバフの方向によっては攻撃できなくなってしまうのでは?」疑問を持たれる方もいらっしゃると思いますが、 雑魚フェーズに限っては転移方向を固定しつつ攻撃可能なので以下で説明します。 まずは図をみていただいた方が早いと思うので図から 要は、 雑魚は小さく 360度いずれの方向からも接敵できるため、最初の図に応じた キャラを向けておくべき方向に雑魚がいるように位置取ると、転移方向を固定したままま 殴り続けることが出来るのです。 なおこの際、雑魚の位置が動くとクルッとキャラの向きが変わってしまい奈落の底行きになることがあるので (私です)、タンクさんはこの間だけは雑魚を動かさないようにしましょう。 また、4人組内で同じ方向のデバフが付く場合も多いので、毎回きれいに4方向に人がばらけるわけではなく、自分と同じ場所(方向)に他の人がいても焦らなくて大丈夫です。 「 攻撃機動」 確実ではありませんが、 強制転移前に来る「攻撃機動」1回目はおそらくドーナツ固定だと思います (2回目がランダム) 「夜襲の号令」 ここは3層最大のギミック…ですが、現在は のぞみチャンネルさんにより編み出された 「脳死法」により楽々と突破することが出来ます。 自分から補足することは何もありませんので、記事下部で紹介している動画をご覧ください。 ギミック自体について感想というか思う部分もありますが、後日感想記事で書きたいと思います。 なお、現在ではのぞみちゃんねるさんの方式を少しアレンジした「クルル式」というのがあるそうですが、登場時点でクリ目に突入していたブログ主はまだやったことがありません。 「乱舞の号令」(竜巻フェーズ) ここまで来てしまえばクリアは目前ですので頑張りましょう。 ここでの初見殺し事項は、玉を取った際の爆発がかなり広いという事です。 また、最初の玉は区切られたエリア外側の進行方向後ろの方に湧きますので、3番目に玉を取る人が最初から下がりすぎてしまうとこの広い範囲に当たります。 まずは1番目に取る人以外は進行方向前側に寄って、3番目の人は1番目の玉を取ったのを確認してから後ろに下がりましょう。 そして さらに細かすぎますが、マイスターアキトさん動画での 「2マーカー」はとても重要です。 これがないと竜巻の周りをハムスターしている間に方向感覚を失った人 (私ではありません)が1回目終わった後集合位置に戻ってこれず、そのまま2回目で違う担当エリアに紛れ込んでしまう事故が起きるためです。 以上、あまりに細かすぎるエデン共鳴編零式3層ポイント補足記事でした! (4層はのんびりやる予定なので今の所記事は作成しない予定です。 何か後続の方や野良勢の安定に役立ちそうな内容があったら作成するかもしれません。 ) 2020. 23追記 上のように考えていたのですが、思ったよりも早くクリアできたのと宗教戦争が酷すぎるので後続野良勢の方に役立つ情報を書こうと思い記事を作成し始めました。

次の