オリゴ 糖 使い方。 【5分でわかる】オリゴ糖の正しい使い方

砂糖の代用として人気のオリゴ糖効果とは?効果的な摂り方や注意点

オリゴ 糖 使い方

砂糖の代用になる「オリゴ糖」とは? オリゴ糖とは、ブドウ糖や果糖といった単糖が10個程度結合した糖類で、少糖ともいわれています。 普通の砂糖は糖分が高く、カロリーもとても高いことで有名ですよね。 砂糖の甘さが美味しくて中毒になってしまう女性もいるかと思いますが、美容や健康、ダイエットを考えるなら、あまり摂らない方が望ましいといわれているほど。 しかし、このオリゴ糖は違います。 オリゴはギリシャ語で「少ない」という意味があり、ビフィズス菌の栄養源になってくれるのです。 さまざまな研究によると、オリゴ糖には腸内環境を整えるビフィズス菌が入っていることが分かっているそうで、健康食品にも使われているんですよ! 昔から下痢を治したり、病気を速やかに治したりする効果もあったそうです。 砂糖の代用としてだけでなく、女性にとって嬉しい効果を期待できそうですよね。 そして、肥満対策に用いる低カロリーのダイエット用甘味料などを指すので、オリゴ糖はダイエット効果も期待できるといわれています。 その理由はとっても簡単! 料理などで使う砂糖の代用としてオリゴ糖にすることで、摂取カロリーを減らすことができるからです。 ダイエット効果のところでもお話ししたように、オリゴ糖には「難消化性」という、消化酵素で分解されにくく腸まで到達する性質のものがあるそう。 腸まで届いたオリゴ糖は、善玉菌であるビフィズス菌のエサになります。 そして腸内の善玉菌を増やしてくれるので、腸に溜まった老廃物などを排出するように働きかけてくれるのだとか! その結果、腸内環境が整えられ、腸の蠕動運動が活性化するので、便秘の改善が期待できるといわれています。 腸内環境が整い、デトックスされれば体内環境がとても良くなり、健康にも美容にもいい結果が期待できるそうですよ! 若いうちから腸内を整えるのは重要なので、積極的に腸にいいものを取り入れましょう。 この毒素は、肌の新陳代謝を衰えさせる原因になるそうで、ニキビや吹き出物、シミなどのさまざまな肌荒れを招く原因になるそうです。 便秘気味だと肌の調子が悪いことを感じている女性も多いのではないでしょうか。 それほど腸は、肌の健やかな環境を保つためにも深く関係していることが分かります。 先ほどお話ししたように、オリゴ糖を砂糖の代用として摂取することは、腸内に善玉菌を増やすことに繋がるので、悪玉菌の増殖を抑えることが期待できますよ。 そして腸内環境が整うことで、肌の調子も改善され、美肌や美容効果を感じることが期待できます。 便秘気味で肌の調子も悪いという女性であれば、ぜひオリゴ糖を摂取してみてくださいね。 「コーヒーや紅茶で砂糖を入れるのは嫌だけど、ブラック、ストレートでは飲めないな」という女性なら代用でオリゴ糖をイン! そうすればほんのり甘くなって、美味しく飲めます。 また、お菓子作りにも大活躍。 お菓子作りには砂糖は不可欠だからこそ、カロリーが高くなってしまいがちですよね。 でもオリゴ糖ならカロリーも低いし、甘くないのでヘルシーに食べられますよ。 そしてオリゴ糖は、プロバイオティクス食品とともに摂取することで相乗効果が期待でき、善玉菌を効率良く増やすことができるといわれています。 ですので、ヨーグルトや乳酸菌飲料、味噌などと一緒に食べるのもおすすめです。 いくつかおすすめのオリゴ糖をご紹介いたします。 砂糖の代用になるおすすめのオリゴ糖【1】ユウキ製薬 活き活きオリゴ糖 ユウキ製薬 ユウキせいやく の「活き活きオリゴ糖」は、イソマルトオリゴ糖を55%以上とたっぷり配合されているオリゴ糖です。 イソマルトオリゴ糖とは、ハチミツに含まれるオリゴ糖の一種だそうで、酵母で発酵しないので「非発酵性糖」とも呼ばれているのだとか。 特徴として、熱や酸に強い性質があるので、砂糖の代用として煮物などにも安心して使うことができますよ。 防腐性によって日持ちを良くする働きもしてくれるそうなので、たっぷり1kg購入しても長く旨味やコクを与えてくれそうです。 そのため、赤ちゃんや妊婦さん、ご年配の方からも愛されているオリゴ糖なんですよ。 さらにカイテキオリゴは、粉末タイプになっているので、持ち歩きができるのも嬉しいポイントです。 一袋で一ヶ月分入っているので、試しに買ってみるのもいいのではないでしょうか。 砂糖の代用になるおすすめのオリゴ糖【3】はぐくみプラス はぐくみオリゴ はぐくみプラスの「はぐくみオリゴ」も、粉末タイプのオリゴ糖です。 体の中の善玉菌を最大活性化させるために、独自のブレンドで厳選された5種類のオリゴ糖と、3種類の乳酸菌を配合されているのが特徴。 先ほどもお話ししたように、砂糖の代用になるだけでなく、オリゴ糖はプロバイオティクス食品と一緒に摂取することで相乗効果が期待できます。 なので、乳酸菌も一緒に配合されているはぐくみオリゴは、摂取するだけで高い効果を実感することが期待できるんだとか! 自然由来で作られているので、妊婦さんも赤ちゃんも安心して毎日摂取することができますよ。 砂糖の代用になるおすすめのオリゴ糖【4】加藤美蜂園 北海道てんさいオリゴ はちみつでおなじみの加藤美蜂園 かとうびほうえん からも、砂糖の代用として使いたいオリゴ糖があります。 それが「北海道てんさいオリゴ」。 甜菜大根より抽出した天然甘味料で、すっきりとクセのないほのかな甘みが特徴です。 北海道てんさいオリゴに含まれているオリゴ糖の種類は、ラフィノースというもので、難消化性オリゴ糖のひとつだといわれています。 小腸で消化されないので、大腸で乳酸菌のエサになってくれますよ。 オリゴ糖の中でも特に整腸作用が期待できるといわれているそうです。 また、顆粒タイプとシロップタイプがあるので、どのように砂糖の代用として使うかによって選べるのも嬉しいポイントです。 砂糖のような自然な甘さでありながら、カロリーを40%カットできるので、代用しないなんて勿体ないですよね。 砂糖に近い甘さでありながら、ヘルシーに済ませたいという女性の皆さんはぜひ手に取ってみてください。 甘さが砂糖の5分の1で甘さ控えめ、さらにエネルギーになりにくいオリゴ糖で、善玉菌であるビフィズス菌をきちんと育ててくれるそうです。 また、サラサラの粉末タイプなので、砂糖の代用として使うだけでなく、そのまま口に入れて食べることもできますよ。 ただし、効果がありすぎてお腹がゆるくなってしまう女性もいるそうなので、摂りすぎには注意して最初は量を少なめにするのがおすすめです。 料理にもお茶にも使える万能なオリゴ糖は、女性にとってもとても嬉しい代用甘味料です。 通販はもちろん、スーパーなどでも手軽に購入することができるので、ぜひ皆さんもオリゴ糖を買って、ヘルシーな食生活に役立てていってくださいね。

次の

便秘にはオリゴ糖が効く!便秘歴20年の私が実感した効果と方法を解説

オリゴ 糖 使い方

便秘解消のためのオリゴ糖の正しい食べ方• オリゴ糖の正しい食べ方(量、タイミング)を知りたい• オリゴ糖を手軽に続けたい このような方のために、この記事ではオリゴ糖の食べ方とレシピをご紹介します。 ただ、オリゴ糖を食べる際に一番大切なのは、「継続的に摂取すること」です。 正しい食べ方で1日も早い便秘改善を目指しましょう。 オリゴ糖の1日の目安となる量 1日の摂取量ですが、まずは5gくらいを目安量にしましょう。 ただし、オリゴ糖の適切な量というのは、• オリゴ糖の種類• その人の体質 などで変わってきます。 ある研究によると、ビートオリゴ糖(ラフィノース換算量)で2g程度でも便秘の改善効果が見られたケースもあります。 参考URL: したがって、まずはオリゴ糖製品ごとの推奨の使用量を参考にして、効果が薄いと感じれば増やせばいいです。 基本的に1日に5gくらいであれば、摂り過ぎにはなりません。 どれくらいオリゴ糖を食べると食べ過ぎになるのか? さきほど説明したように、食べ過ぎとなる量も人によって違います。 不安な場合は、「最大無作用量(食べ続けても体に影響が出ないと判断できる量)」を目安にすればよいでしょう。 難消化性のオリゴ糖の最大無作用量は、体重1kgあたり0. 3gです。 参考URL: つまり、体重別の最大無作用量は以下のようになります。 体重50kg=15g 体重60kg=18g 体重70kg=21g 1日に大さじ1杯程度であれば、食べ過ぎになる可能性は低いと判断できます。 最大無作用量は一般的な値ですので、人によってはそれより少ない量で体の不調(下痢など)があるかもしれません。 そのような際は医師など専門家に相談しましょう。 オリゴ糖を食べるタイミングはいつでもOK 元も子もないようですが、「いつ食べるか」より「毎日食べ続けるか」の方が大切です。 したがって、 「毎日、無理なく続けられるタイミング」がオリゴ糖を食べるベストタイミングです。 朝は仕事の準備や睡眠優先をしたい人なら、夜に• 朝ごはんをしっかり食べる人なら、朝に• 毎日の家事が昼過ぎに一段落するなら、ティータイムに 人によってベストタイミングが違うと思います。 自分が一番続けやすいと思うタイミングで、オリゴ糖を摂取してください。 効果的なのは、朝? or 夜? 結論から言うと、 「まずは気にせず続けやすいタイミングを選びましょう」ということです。 メディアによって、朝がいいと言う人と夜がいいという人がそれぞれいます。 それぞれの理由は以下です。 「夜」派の人 腸のはたらきは副交感神経がつかさどっている。 また、副交感神経は夜眠る時に優位になる。 したがって、夜にとるのが良い。 繰り返しですが、自分が無理なく続けられるのがベストタイミングです。 効果的なのは、空腹? or 満腹? オリゴ糖単体であれば、空腹時でも満腹時でもあまり変わりません。 そもそもオリゴ糖は難消化性なので吸収されにくく、また酸にも強いので胃で溶けてしまうようなこともありません。 したがって、空腹だろうと満腹だろうとしっかり腸に届きます。 ただし、 オリゴ糖と相性のいいヨーグルトを取る時は、空腹時は避けた方がいいでしょう。 空腹時は胃酸の濃度が高い状態で、ヨーグルトのビフィズス菌の多くが酸で死んでしまうためです。 オリゴ糖は「効果の停滞期」に注意! オリゴ糖は食べ始めてすぐ効果を実感できる人が多いです。 しかし、そのあとまた便秘に逆戻りする人もいます。 これが「効果の停滞期」です。 効果の停滞期は腸がオリゴ糖に慣れてしまうことで起こります。 対策としては、オリゴ糖の食べ方に変化をつけることです。 具体的には以下です。 オリゴ糖の量を増やす• 食べるタイミングを変えてみる• 2回に分ける or 2回分をまとめて食べる いつもと違う取り方によって、ふたたび腸に刺激を与えて排便を促します。 また、ちゃんとオリゴ糖を摂取し続けていれば体内のビフィズス菌の量が増えるため、オリゴ糖の処理能力があがります。 オリゴ糖を増やす量については、最大無作用量を参考にしましょう。 それでも、 1ヵ月ほどして効果が戻らない場合は、オリゴ糖を変えてみるのもアリです。 オリゴ糖の使い方と便秘に効くレシピのご紹介 オリゴ糖を使ったレシピをご紹介します。 紹介するレシピのポイントは• 毎日食べられる• 効果的 の3点です。 また、調味料としての使い方のコツも説明します。 コツコツつづけて、効果を実感しましょう。 オリゴ糖を使った簡単レシピのご紹介 今回紹介するレシピはどれも、「混ぜるだけ」「かけるだけ」の超簡単レシピです。 だれでも簡単にオリゴ糖がとれるので、ためしてみてくださいね。 王道は「オリゴ糖ヨーグルト」 ビフィズス菌入りヨーグルトにオリゴ糖を混ぜるだけで出来上がりです! 「プロバイオティクスのビフィズス菌」と、 「プレバイオティクスのオリゴ糖」がいっしょにとれる最強レシピと言ってもいいでしょう。 ポイントは以下です。 ヨーグルトは甘味料なしのビフィズス菌入りのものを選ぶ• ヨーグルトは空腹時ではなく、食後、食中がおすすめ 毎日の朝に「オリゴ糖トースト」 朝ごはんがパン派の人はオリゴ糖トーストが手軽でおすすめです。 トーストにオリゴ糖をふりかけるだけ! オリゴ糖は甘さ控えめなので、マーガリンの塩分とパンの甘さをいい具合に引き立ててくれます。 ポイントは以下です。 朝ごはんを食べると自然排便リズムをつくるのに効果的! ホッとひと息「オリゴ糖コーヒー」 午後の一息、会社の休憩時間などにコーヒーを飲む人は、そのタイミングもいいでしょう。 もちろん、まぜるだけ! コーヒーに含まれるカフェインは大腸のはたらきを活発にするので、オリゴ糖との相乗効果が見込めます。 ただし、カフェインを取り過ぎると大腸が活発になり過ぎて下痢になったりするので、飲み過ぎは禁物です。 ポイントは以下です。 オリゴ糖は甘さ控えめなので、足りなかったら砂糖を足してもOK• コーヒーは下痢になることもあるので、飲みすぎ注意 赤ちゃんにはミルクや離乳食といっしょに オリゴ糖は天然素材が原料なので、赤ちゃんが食べても大丈夫です。 赤ちゃんの場合は、• 離乳食やミルクに混ぜる• 母乳の場合はオリゴ糖を乳頭につけて与える といった食べさせ方がおすすめです。 オリゴ糖 vs 砂糖で比較した時の特徴 甘味料として最もポピュラーな砂糖とオリゴ糖を比較しました。 したがって、砂糖と同じ甘みにしようとすると、たくさんオリゴ糖を使用しなければならず、 結局同じくらいのカロリーになってしまいます。 同じ量だと、オリゴ糖を使う場合は甘さ控えめになることを知っておくとよいと思います。 逆に オリゴ糖製品なのに砂糖と同じように甘い製品は、オリゴ糖純度が低い可能性があります。 便秘解消を考えるなら、甘みが弱くてもオリゴ糖純度が高い製品を選びましょう。 注意!砂糖では便秘解消しません 砂糖とオリゴ糖の最も決定的な違いが「消化のしやすさ」です。 オリゴ糖は消化されにくい「難消化性」のため、大腸まで届いてビフィズス菌のエサになることができます。 反対に砂糖は「消化性」のため、大腸に届く前に消化、吸収されてしまいます。 砂糖では便秘解消効果が極めてうすいことを覚えておきましょう。 オリゴ糖は加熱しても大丈夫! オリゴ糖の加熱安定性はだいたい砂糖と同じです。 したがって、 砂糖が変色しないような温度であれば、オリゴ糖も加熱OKです。 イメージとしては煮物はOK、炒めものはNGと言う感じです。 調理法別に表にまとめましたので、参考にしてみてください。 ヨーグルト 有効成分:オレイン酸 効果:腸壁で潤滑油になってスムーズな排便をうながす レシピ例:オリーブオイル&オリゴ糖トースト オリーブオイルに含まれるオレイン酸もオリゴ糖と同じく消化されにくいです。 この「消化されにくい」という性質が、大腸まで届いて便秘解消に効くポイントです。 オリゴ糖を含む食品とその含有量 オリゴ糖の含有量が多い食品 オリゴ糖を含んでいる主な食べ物は以下です。 ヤーコン:8. 0g きな粉:7. 0g ゴボウ:3. 6g タマネギ:2. 8g チコリ:2. 7g 食用タンポポ:1. 4g こしあん:1. 1g にんにく:1. 0g ライ麦:0. 7g ヨモギ:0. 6g 豆腐:0. 4g バナナ:0. 3g ネギ:0. 2g 枝豆:0. また、多く含まれているもののうち、タマネギ、ゴボウを除けば普段の食事で頻繁にでてくるような食べ物ではありません。 普段の食事だけでオリゴ糖を十分とるのは難しい 通常食品に含まれているオリゴ糖の量は少ないですが、便秘じゃない人なら日々の食品からの摂取で十分です。 しかし、便秘の人にとっては十分なオリゴ糖を取るのはとても難しいです。 なぜなら、 便秘の人がオリゴ糖を摂取する際は「取り続ける」ことが大切だからです。 仮に1日必要なオリゴ糖の量が5gとすると、• きな粉なら72g• タマネギなら丸々1個• バナナなら1日14本 これを「毎日」です。 流石に無理ですよね(笑) 便秘の方がオリゴ糖をとる場合は、純度を高めてあるオリゴ糖製品を活用しましょう。

次の

オリゴ糖の使い方

オリゴ 糖 使い方

よい健康状態を表すのに「快食、快眠、快便」ということばがあります。 当然、ヒトが不健康に傾くと、何となく、 「快食、快眠、快便」でなくなることはよく体験するところです。 【おなかの調子を整える食品】は実はこの「快便」を促す食品なのです。 おなかの具合が悪いときなど、医師がよく便性はどうかを患者に尋ねます。 それは「便」が、ゆるい、固い、便秘などで表される状態、 更には量、色調、臭いなどによって、様々な健康情報を伝えてくれるからです。 「便」が「健康のバロメーター」といわれるゆえんがここにあります。 おなかの中で「便」の滞留時間が長いと有害菌が増殖し、健康によくない影響を与える有害物質を腸が吸収する機会を増やし、また、それらがある種の疾病の原因になるともいわれています。 ですから、おなかの中の有害菌の増殖を抑えるとともに、「便」が毎日よい状態で規則正しくあること、つまり「快便」は私たちにとって非常に大切なことなのです。 【おなかの調子を整える食品】はこの健康な状態の「便」が毎日、規則正しく排泄されるよう、またおなかの中の環境が健康に保たれるよう、特に設計された食品です。 現在、厚生労働大臣から「おなかの調子を整える」という表示を許可され市場に出ている食品群は『オリゴ糖頬を含む食品』、『乳酸菌頬を含む食品』、『食物繊維類を含む食品』、 『その他の成分を含む食品』、『複数の成分を含む食品』等があります。 【おなかの調子を整える食品】で特定保健用食品に利用されている成分 オリゴ糖類を含む食品• キシロオリゴ糖• フラクトオリゴ糖• 大豆オリゴ糖• イソマルトオリゴ糖• 乳果オリゴ糖• ラクチュロース• ガラクトオリコ糖• ラフィノース 乳酸菌頬を含む食品• ラクトバチルスGG株• ビフィドバクテリウム・ロンガムBB536• Lactobacillus delbrueckii subsp. bulgaricus2038株とStreptococcus salivarius subsp. thermophilus1131株• ヤクルト菌(L.カゼイ.シロタ株)• B.プレーベ.ヤクルト株• Bifidobacterium lactis FK120 Bifidobacterium lactis LKM512• アシドフィルスCK92株とL. ヘルベティカスCK60株• カゼイ菌(NY1301株)• L.カゼイSBR1202株 食物繊維類を含む食品• ポリデキストロース• サイリウム種皮由来の食物繊維• 難消化性デキストリン• クアーガム分解物• 小麦ふすま• 低分子化アルギン酸ナトリウム• ビール酵母由来の食物繊維• 寒天由来の食物繊維• 小麦外皮由来の食物繊維• 水溶性コーンファイバー• 難消化性でんぶん その他の成分を含む食品• プロピオン酸菌による乳清発酵物 オリゴ糖はお砂糖の仲間の糖質です。 オリゴ糖の「OLIGO」はギリシャ語が語源で「少ない」と言う意味からきています。 もともと澱粉やセルロースなどの「多糖類」に対して、 ブドウ糖や果糖などのこれ以上小さくならない糖を単糖と呼びますが、これらの「単糖」が2~10個連結したものの総称がオリゴ糖と呼ばれています。 お砂糖も実はオリゴ糖なのですが、 お砂糖との違いは胃や小腸では消化吸収されずに大腸まで届き、 善玉菌の代表のビフィズス菌に食べられて増やす特徴を持つことです。 最近では健康意識の高まりから広く、 オリゴ糖=ビフィズス菌を増やす機能性を持つものと理解されているようです。 『売れる商品』のバイヤーが存在しない会社です! 「売れる商品」が必ずしもほんまもんの価値を備えているとは限りません。 私たちは「売れる商品を売る」ことよりも、「良い商品」が私たちの行動によって徐々に評価されていくことを非常に大切だと考えています。 また、一見立派で、実際にはザルのような科学的っぽい基準を振りかざして商品選定の正当性を強調するよりも、私たちは人間の可能性に着目し、直感と感性をよりどころにしています。 この姿勢を端的に表す言葉として「愛」と「叡智」を掲げており、その広がりのなかで世界が「弥栄(いやさか)」してゆくことを確信しています。 プレマとつきあう人への5箇条• 自分に勝る名医なし 感性と直感、自分の潜在意識を信じてみよう• ありがとうございますは魔法のことば 言葉の力はすさまじい よくもわるくも• 完璧を目指すより、よりよくを目指そう 完璧主義は自分も人も追いつめる• 健康食品への期待はほどほどに 食と生活習慣、こころのあり方をまんなかに• 迷ったら買わないようにしよう 無理な決断はお金の無駄遣い、素直に行こう 元気になりたい人のための5つのキーワード• 減らす• 許す ご注意 弊社では医薬品(いわゆる「お薬」)は一切取り扱っておりません。 弊社でご案内しております商品の一部に健康食品がございますが、これは医薬品とは全く別のものです。 健康食品は健康に役立つ場合もありますが、そうでない場合もあります。 過剰な期待は絶対厳禁です。 あくまでも補助であり、本筋ではありません。 弊社の事務所や倉庫には、商品のエネルギーを高めるための工夫を重ねています。 それはそこに存在するものの抗酸化力(還元力)、癒しの力を高めるためのものです。 、 、 、 、 、 を配置し、さらに常に の音楽を聴かせています。 考えられるエネルギーを高めるための施策を多重に施して、最高の状態でお届けやサポートができるように宇宙の摂理と「場」を高め続け、お客様の人生をさらによいものに変えられるよう、「見えない力」と強い想いを載せて今日もガンバリます。 是非弊社の「ほんまもんたち」を手に取って頂き、「見えない違い」=ポジティブエナジーを脳の右側で、そして全身の細胞で感じてみて下さい! 『愛する人に心から与えられるものを』 『子どもたちに生き続けられる未来を』 『かけがえのない、あなた自身に力を』 そんな願いが私たちの提供する全てに息づいています! 中川信男.

次の