足 の 付け根 が 痛い ストレッチ。 足の付け根のストレッチ・前も後ろも内側も、3つの方法を解説

腰痛で足の付け根(鼠径部痛)が痛い!その対処方法とは?

足 の 付け根 が 痛い ストレッチ

「40~50代の女性に多い関節のトラブルといえば、なんといっても股関節に生じる痛み」そう話すのは、整形外科医の三木英之さん。 「正確に言うと、関節自体が痛むというより、関節を動かす筋肉が硬くなって痛むということ。 私たちは二本足で立って生活しているわけですが、それだけでも股関節には相当な負担がかかります。 その股関節を支えている筋肉が疲労して柔軟性が落ちてくることで違和感や痛みを感じるのです」 とくに、男性に比べて筋肉の量も少なく筋力が弱い女性はこうした状態に陥りやすいという。 「それに洗濯や掃除などの家事全般は腰から股関節にかけて負担がかかることが多いので、なおさらです」 理学療法士の平雅成さんは、股関節痛の対処法として、 「まず、固まっている筋肉をほぐす。 次にストレッチで伸ばす。 最後に鍛えるという順番でケアすることをおすすめします。 運動する前にはまずウォーミングアップが必要なように、筋肉のケアには手順を踏むことが大切です」 頻度は1週間に2〜3回。 できれば1日おきに行うと股関節の違和感が改善され、1〜2カ月後には動きがスムーズになってくるはず。 ではまず、股関節周辺の筋肉のほぐしと伸ばし運動からスタートを!

次の

足の付け根のおしりが痛い!痛みで後ろは?後ろ側への対処法も詳しく解説します!|フリーブログ。

足 の 付け根 が 痛い ストレッチ

妊娠による身体の変化は、さまざまな症状を引き起こす場合があります。 妊婦の症状は個人差が大きく、すべての妊婦が同じ症状を経験するとは限りませんが、下半身に痛みや違和感がある人は多いかもしれません。 足のむくみ、腰・背中・お尻・足の裏などの痛み、こむら返り(ふくらはぎの痙攣)などを経験している妊婦もいるでしょう。 足の付け根がチクチク痛いといった症状は、妊娠初期・中期に現れる人もいますが、妊娠後期から臨月にかけて現れる人が多いようです。 足の付け根が痛いと感じる妊婦は多いかもしれません。 「足の付け根」というと下腹部と太ももの境目である鼠径部(そけいぶ)を指している人が多いですが、なかには股関節周辺の恥骨・背中・腰の痛みを指している人もいるようです。 股関節周辺の痛みが気になる妊婦は多いでしょう。 身体の一部分のみではなく、腰・おしりが痛い、足の付け根・背中が痛いといった複数の症状が現れることもあります。 妊婦の下半身の痛みは「お腹が大きくなっているからだ」として、痛みや違和感を我慢してしまう妊婦も多いといわれています。 下半身の痛みが深刻化すると、座っていられない・歩けないといった日常生活へ大きな影響を与えるケースもあるため注意が必要です。 下腹部と太ももが接している股関節の周辺がチクチク・ズキズキ痛む、違和感があるといった症状を訴える妊婦は少なくないかもしれません。 妊婦は腰痛をはじめ、おしり・恥骨・背中などお腹を中心に周囲の身体の部位に痛みなどを感じることがあります。 仙腸関節(せんちょうかんせつ)という骨盤の仙骨(せんこつ)と腸骨(ちょうこつ)のあいだにある関節が痛くなる人、太もも・ふくらはぎ・足の裏が痛いと感じる人もいるようです。 股関節がチクチク痛いと感じる妊婦は、仙腸関節に痛みを感じている可能性もあるでしょう。 妊娠前であれば腰・太もも・股関節が痛くなる主なケースとしては、足を激しく動かすランニングなどの運動や長距離の歩行、重い荷物を持った場合などが考えられるかもしれません。 妊婦が足の付け根や太ももなどに痛みを感じるのは、「胎児の成長に伴ってお腹が大きく・重くなる」、「妊娠中に分泌されるホルモンの影響によって関節が緩む」といったことが主な原因ではないかといわれています。 他にも妊婦特有の体重の増加や臨月が近くにつれて胎児の頭が下がってくることが原因で、足の付け根が痛くなったり、違和感をもったりすることがあるようです。 妊娠初期・中期・後期それぞれの時期を通して、腰やおしり・足の付け根が痛いと感じる妊婦は一定数いるようです。 妊婦の足の付け根、太もも、腰、背中、恥骨、おしりなど骨盤周りの痛みは大きく分けてふたつの原因によるといわれています。 一つ目の原因が「胎児の成長につれて大きくなるお腹」です。 胎児に成長につれて徐々に大きくなるお腹は血管を圧迫し血液の循環を悪化させることがあります。 血流が悪くなることでむくみ、だるさ、違和感、痛みがでることがあります。 二つ目の原因が「妊娠によって分泌が増えるホルモンによる関節のゆるみ」です。 妊娠するとエストロゲン・プロゲステロン・リラキシンと呼ばれるホルモンの分泌量の変化により、足の付け根付近が痛いと感じる妊婦がいるようです。 一般的にどちらの原因による痛みであっても、出産後は痛みが緩和することが多いといわれていますが、産後数ヶ月は痛みが残る人もいるようです。 妊娠前から股関節や太ももなどに痛みを感じているケースもありますが、妊婦の多くは妊娠後から痛みを感じるようになっているようです。 妊娠初期から足の付け根、鼠径部や股関節・太もも・おしりなどの痛みを感じ始める人もいますが、お腹が目に見えて変化していく妊娠5ヶ月ごろや急激な変化を感じる妊娠後期から、痛みを意識し始める人が多い傾向があります。 これは各妊婦の産前の痛みの有無、体重増加ペースなどにもよるため個人差はあるでしょう。 臨月あたりの足の付け根の痛みは、赤ちゃんの頭が出産にむけて下がってくることによって生じることがあります。 歩く・動くときだけ足の付け根に痛みを感じる人もいます。 妊婦の身体の変化や症状は個人差が大きいものも多いため、人によって痛みを感じる時期は異なるかもしれません。 ただし一般的に産後は症状が緩和するケースが多いようです。 妊婦は胎児の成長に伴いお腹が大きくなる・重くなることやホルモンバランスの変化で、足の付け根がチクチク痛いといった不快症状を感じることがあります。 一方で、足の付け根・腰・背中などの痛みを放置し我慢してしまう妊婦も少なくありません。 歩けないほどの痛みや寝る・座るといった日常的な動作に支障が出るほどの症状であれば、ストレスをためないためにも医師に相談することが大切です。 足の付け根・腰・背中・恥骨が痛い場合には、市販の塗り薬や貼り薬、マッサージ・ストレッチ・運動などの解消法を検討する人が多いでしょう。 ここで注意が必要なのは「自己判断のみで無理に使用・実施しない」ことでしょう。 妊婦には使用してはいけない薬と使用する際にはよく検討しなければいけない薬があるため、市販の塗り薬・湿布などの貼り薬に関しても医師に相談してから使用する必要があります。 マッサージ・ストレッチ・運動での症状解消に関しては、「足の付け根がチクチク痛い」「腰が重い・だるい」といったことだけで判断するのは難しいかもしれません。 切迫早産の可能性がある場合や合併症の可能性がある場合などには動きが制限されることもあるため、自己判断のみでマッサージ・ストレッチ・運動などを行うのは危険な場合もあります。 自己流で対処することで症状が悪化する場合もあるので、まずは医師に症状を相談し、マッサージやストレッチなどを実施して良いか確認してみましょう。 妊婦は足の付け根、腰、背中、おしりなどが痛いと感じる人が多いといわれています。 妊娠が進むにつれて痛みを感じる人は増える傾向があり、なかには歩けない・寝られないほど症状が深刻化する人もいるようです。 素人ではさまざまな痛みの原因を特定することは難しく、自分で判断して対処した方法が誤っており、症状が悪化する人も少なくありません。 お腹の赤ちゃんのためにも、安全を期して病院を受診し、医師に相談するのが良いでしょう。 妊婦が足の付け根の痛みなどで病院を受診する場合には、かかりつけの整形外科もしくは産婦人科で相談しましょう。 今までの病歴を理解しているかかりつけの整形外科があれば、妊婦である旨を告げて受診すると良いでしょう。 産婦人科に相談するのはおかしいのではと考える人も多いですが、これまでの妊娠の経過をよく知っている産婦人科医に、妊娠に伴い現れた症状については相談するのは大切なことです。 整形外科の受診が必要であれば産婦人科医からその旨が告げられるでしょう。 妊婦が「足の付け根が痛い」と感じるのは珍しいことではありません。 お腹の赤ちゃんの成長に伴い、大きさ・重みが出てくることで痛みを感じることがあるためです。 妊婦が足の付け根が痛いと感じる場合に注意しなければいけないのが「鼠径(そけい)ヘルニア」です。 「鼠径部(そけいぶ)」と呼ばれる太ももと下腹部が接している部分が立っているとき・力を入れたときに突出している・腫れている場合、鼠径ヘルニアの可能性があります。 脱腸とも呼ばれる鼠径ヘルニアは、鼠径の組織がもろくなることで臓器が入り込むこともある腹膜が飛び出します。 飛び出た臓器の血流が悪くなると、腹膜炎を引き起こす可能性があります。 足の付け根の痛みが続く、ひどい痛みがある、腫れているといった場合には病院に相談しましょう。 「足の付け根が痛い」と感じることは妊娠前にもあるかもしれません。 妊娠中は妊娠初期・中期・後期を通して、身体のさまざまな部位が痛いと感じたり、不快な症状に悩まされたりすることが多いため妊娠前と似た症状であっても感じ方は違うかもしれません。 チクチクとした足の付け根の痛みにストレスを感じることもあるでしょう。 妊婦だからと痛みや違和感を我慢するのではなく、症状の緩和に向けて病院に相談することが大切でしょう。 かかりつけの産婦人科医に相談済みであれば、気分転換を兼ねてストレッチやマッサージなどを行うのも良いでしょう。 症状を放置してしまうことで、歩けない・寝られない・座れないといった日常生活へ支障が出てしまう場合もあるため、なるべく症状が深刻化する前に病院に相談するようにしてくださいね。

次の

【動画】足の付け根(股関節)が痛い3つの原因と効果的ストレッチ!

足 の 付け根 が 痛い ストレッチ

歩いていると足の付け根が痛くなってくる…股関節に時々強い痛みを感じる… 当院には、そのような股関節や足の付け根が痛いと訴えて来院される方が多くいらっしゃいます。 歩き始めや動き始めに痛みを感じると、スポーツ中だけじゃなく、日常生活を送っているだけでも大変な思いをしてしまいツライですよね。 そんな股関節や足の付け根の痛みには原因がありますし、原因がわかれば対処法もわかってきますので、あなたが今現在悩んでいる症状と照らし合わせて対処法を行なってみてくださいね。 今回紹介する内容は、実際に治療のプロでもセルフケアや指導として行なっていることですので、 このページを最後までお読みになることで、 足の付け根が痛い原因が理解でき、どのように対処すれば治るのかもわかりますので、ぜひ実践してみてくださいね! 目次• 1、足の付け根・股関節の痛みとは? 股関節や足の付け根に痛みを感じると、歩いていたり、動き始めや体を捻った際に不都合が生じて生活するだけでも嫌になってくるかたも多いはずです。 そのような痛みは大きく分けて3つの原因があるんです。 股関節周囲の筋肉・関節そのものの原因・骨に異常のある3つの原因です。 ここではこの重要な3つの原因についてお伝えしていきます。 2、『筋肉が原因』の足の付け根・股関節の痛み 症状が軽い場合や付け根に痛みを感じた初期段階に最も考えられるのが筋肉の原因です。 股関節周囲には様々な筋肉が密集しており複雑な状態になっていますが、ここでは代表的な筋肉を紹介していきます。 腸腰筋 腸腰筋 ちょうようきん とは、足の付け根をまたぐ様に腰椎から大腿骨の頸部に付着する筋肉であり、人体最大のインナーマッスルです。 この筋肉は太ももを上げる運動をする筋肉ですので、歩くときなどの足を上げる際に毎回働きます。 股関節・足の付け根に痛みを感じる際に最も考えられるのがこの腸腰筋があげられます。 この筋肉が緊張して硬くなってしまうと、筋肉の動きがスムーズにいかなくなることと、筋肉が硬いので動作の際に鼠径部にて圧迫力が発生して症状を誘発してしまいます。 多くの場合は歩いたり立ちっぱなしの疲労の蓄積や使い過ぎが原因ですが、長時間の座りっぱなしでも筋肉が固まってしまい痛みの原因にもなってしまいます。 座っている時の腸腰筋は縮んでいる状態であり、立つ瞬間に伸ばされますが、長時間縮んでいる状態から急に筋肉が伸ばされることで瞬間的な伸びに耐えきれなくて腸腰筋が部分的に損傷する場合もあります。 また、腸腰筋は深部の筋肉であるため腰の奥のほうに痛みを感じることが多いです。 内転筋群 内転筋とは太ももを内側に動かす筋肉だと思ってください。 内転筋群は股関節の近くから始まっていて、膝の周囲まで繋がる筋肉のため、この筋肉が硬くなることでも付け根の痛みの原因になります。 内転筋は比較的、普段の生活では使用されることが少ない筋肉です。 そのため、ふとした動作の際に普段使用していない内転筋が使用された場合に痛めることが多く、ピリッと走る嫌な嫌な痛みを感じることが多いです。 めんどくさいからといって、床に置いてある重たい荷物などを足でスライドして動かそうとしてなる場合もあります。 実はこの動作で足の付け根の痛みが発症して来院される方が過去に何人かいました。 あとは、内転筋に強い負荷を与えてのトレーニングなどでもなるので無理のないように使用しましょう。 殿筋群 お尻の筋肉です。 股関節・足の付け根の痛みと言葉で言っても、実際に感じている方は身体の前側の場合と後ろ側の場合があります。 お尻の筋肉の場合なら後ろ側になりますね。 そして、こちらも股関節の痛みと深い関係があります。 お尻から付着する筋肉の多くは股関節 厳密には大転子という大腿骨の一部や股関節近位部 に繋がっています。 そのため、お尻の筋肉が硬くなると股関節の動きを制限してしまい、普段からの股関節の硬さから周囲の筋肉も緊張して硬くなり結果として痛みを出してしまいます。 お尻の筋肉ということもあり、太ももの前の付け根やお尻側の足の付け根にも痛みを感じることがあるため症状の現れ方は様々です。 疲労の蓄積やデスクワークや重たいものを持つ仕事など、あらゆる場面で発症することが考えられる症状です。 3、『骨・関節が原因』の足の付け根・股関節の痛み ここまで、筋肉が原因の場合をお伝えしてきましたが、骨や股関節そのものに原因がある場合もありますので、こちらも重要な原因ですのでお伝えしていきます。 骨格の位置関係の異常 大腿骨の股関節での位置異常の原因です。 まず前提として、位置異常といってもズレているという表現ではなく、普段の身体の使い方や体重の乗り方によって大腿骨頭と股関節の間の位置関係が正常ではなくなり、結果として周囲の筋肉に硬さをつくってしまい、痛みを出してしまうことです。 例えば、歩き方にガニ股になる癖があり右側に体重が乗りやすいとします。 そうなると右足にほうが地面からの力を受けやすくなってしまい、足関節から膝関節、股関節に負担がかかってしまいます。 そうなることで、結果として股関節と大腿骨頭の位置関係にズレが生じて周囲の筋肉に影響を与えて症状を誘発します。 足を組む癖のある人やお姉さん座りをする人、仕事や趣味で体重を片側に乗せる癖のある人はどちらか片方だけに乗らないように意識して生活してみましょう。 股関節内の原因 稀にですが、股関節内で大腿骨頭という太ももの骨の頭の部分に疾患が現れることがあります。 大腿骨頭壊死症や 変形性股関節症などが代表的です。 大腿骨頭壊死症は原因不明であり、付け根の痛みから歩く際や立ち上がる動作も痛みが走ってどうすることもできなくなります。 症状が悪化するとまともに歩行もできなくなるので、そうなってしまうと 手術の対象となります。 変形性股関節症は元々の股関節の形状の異常や、老化も原因となり変形が進行していく疾患です。 老化によって起こったものを 一次性変形性股関節症。 先天的に股関節の脱臼を経験している人や、発育段階で股関節に形成不全がある場合には 二次性変形性股関節症と呼ばれるものがあります。 大腿骨頭壊死症から続発する股関節症も二次性に含まれています。 変形性股関節症も進行が進んでまともに生活もできなくなれば 手術の対象となることが多いです。 しっかり継続することで効果がでてきますので、無理のない範囲で行なってください。 また、症状の強い場合には、まずは医療機関にかかって医師や専門家に相談してください。 変形性股関節症や大腿骨頭壊死症の診断を受けている場合は医師に相談しながら可能であればセルフケアを行ないましょう。 股関節と大腿骨頭の位置関係や股関節から膝にかけての筋肉を緩める際にも役に立つ動作ですので是非行なってくださいね。 股関節と大腿骨頭は歳差運動 さいさうんどう と言って、コマのような動きをしています。 ストレッチ・エクササイズ・ウォーキングなどは習慣化させて調子のよい状態をキープしましょうね。 まとめ 股関節や足の付け根の痛みについてお伝えしてきましたが、大事なことは、あなたの悩んでいる症状と照らし合わせて考えられる原因を見つけてから対処していくことが重要になります。 また、症状が強すぎたり、痛みを長期間感じている場合は病院で診察を受けて重大な疾患でないのかを診てもらう必要もあります。 股関節や足の付け根の痛みは放っておくと歩く際や運動をする際にも支障がでてくるので早急に解決しましょうね!.

次の