エクセル アプリ。 【iPhone/iPadアプリ】「Microsoft Excel」セルの入力・編集方法

【 iPhone × Excel 】アイフォンでエクセルって編集できる!? 使い方解説します

エクセル アプリ

Microsoftは、MS Officeを無償では提供しておりません。 有償でのみの提供となります。 OSをバージョンアップにして使えなくなるってことはありませんよ。 そもそも、サポートの終了したソフトなら、新しいOSではサポートされていないので自己責任となるだけです。 1年間なり2年間の有効のライセンスのものなら、期間が終了すると、利用出来なくなったりします。 Office Onlineや などは無償で利用出来る場合があるが、有償のものと比べて機能が制限されている 理論的には、Office2010以降ってクラックすれば無償で利用出来るようになるけど、ライセンス違反。 ライセンス違反についての質問は、一切しないようにしてください。 MS Office以外の互換OfficeとかよばれるApache Opne OfficeやLibreOfficeを用いるのがよいかもしれません A ベストアンサー OpenOffice については他の方々がコメントされている通りです。 Excel のソフトは、パソコンショップや家電店のパソコンコーナーなどで販売しています。 Amazon などの通信販売でも購入することができます。 amazon. amazon. WindowsMe での使用をサポートしているのは Excel 2002 なのでそちらを選択されたほうがよいと思います。 OpenOffice については他の方々がコメントされている通りです。 Excel のソフトは、パソコンショップや家電店のパソコンコーナーなどで販売しています。 Amazon などの通信販売でも購入することができます。 amazon. amazon. WindowsMe での使用をサポートしているのは Excel 2... A ベストアンサー こんにちは。 ワードとエクセルは、パソコン(Windows)に標準で入っているソフトのことです。 質問者さんのパソコンがWindowsでしたらほぼ必ず入っていると思います。 スタートメニューからMicrosoft officeを探して、Microsoft WordやMicrosoft Excelを、試しに起動してみてください。 少しいじってみて、何だかよく分からないなぁと思ったら、ヘルプを表示して調べてみたり、インターネット検索でヒントを得たり、書籍を購入して操作方法を覚えたりして、独学で学ぶのも一つの手です。 ワードは書類作成に使用し、エクセルは数字を打ち込んで計算、グラフ化、数字の保管等に使用します。 どちらも事務系の職業には欠かせないソフトですが、事務職以外でも両ソフトが使える人材は要求されます。 ワードとエクセルがなぜ多くの会社で必要とされるかというと、やはり、大方のパソコンに標準で入っている有名なソフトで、パソコンが変わっても作業ができるところでしょうね。 お仕事で、お客さんに紙ではなくデータで資料を送る際も、相手方にも同じソフトが入ってますから困りません。 ちなみに、わたしはパソコンスクールに通った経験があります。 パソコンスクールの利点は、初心者の方がターゲットで、講師の方々に分からないことはいつでも聞けますし、資格の習得を目指した学習メニューが用意されていますから、きちんと目的を持った前向きな学習ができます。 他の生徒さんが周りにいるので、独学の寂しさもありませんし、闘争心(?)でやる気も出ます。 習得までの期間は本人次第ですが、どんなにぶきっちょな方も、興味のない方も、挫折することはないと思いますよ。 ブラインドタッチ(キーボードを見ないでローマ字打ち)も自然に身に付きます。 ただし、授業料は決して安くはありません。 独学には集中力が必要で、スクールに通うには授業料が必要です。 どちらが良いかは質問者さん次第です。 よくよくご自分と相談されて道を選んでくださいね。 こんにちは。 ワードとエクセルは、パソコン(Windows)に標準で入っているソフトのことです。 質問者さんのパソコンがWindowsでしたらほぼ必ず入っていると思います。 スタートメニューからMicrosoft officeを探して、Microsoft WordやMicrosoft Excelを、試しに起動してみてください。 少しいじってみて、何だかよく分からないなぁと思ったら、ヘルプを表示して調べてみたり、インターネット検索でヒントを得たり、書籍を購入して操作方法を覚えたりして、独学で学ぶのも一つの手です。 ワードは書類作成... 以前使っていたパソコンのOfficeは、プラケースに入った通常版ならOKですが、紙ケースに入った「OEM」のインストールは違反行為ですからお止めください。 Office 2007のアップグレード版をご購入して、Office 2000を根拠にインストールされるか、個人的な使用なら無料の「OpenOffice. org」をダウンロードしてお使いください。 操作性、ファイル形式で一部互換性があると考えた方がいいです。 OpenOffice. org等の他の互換ソフト同様にマクロ(VBA)に対応していない、表や図がずれるとかの問題があります。 orgでも個人的につかう分には問題ないです。 ただ、仕事で使うとなると些細な事でも無用のトラブルに繋がる危険性はあるかと思いますよ。 問題があった場合に、関係ないのに理解のない人から無意味に安もの使っている奴が悪いとか言われるとか。 体験版あるから、それで試してみてからでも遅くないと思いますよ。 kingsoft. 最近はPowerPointも付属したオリジナルモデルもありますけど。 ところで、現在、使っているPCに付属したのではなく、別途購入したPowerPointは持っていないのですか? 別途購入したソフトなら、古いPCでの使用を辞めれば新しいPCでも使えますよ。 MS-Officeなら同一個人使用のマシンに限り2台まで入れて使う事も認められていたはずです。 操作性、ファイル形式で一部互換性があると考えた方がいいです。 OpenOffice. org等の他の互換ソフト同様にマクロ(VBA)に対応していない、表や図がずれるとかの問題があります。 orgでも個人的につかう分には問題ないです。 ただ、仕事で使うとなる... A ベストアンサー Outlook ExpressではなくてOutlookですね。 おまけみたいに必ずと言っていいほど付いてきますね。 expressの方はメールソフト、Outlookはスケジュール総合管理ソフトです。 さて、ワード、エクセルだけということでしたら、パーソナルエディションを購入するか、ワード、エクセルを単品で購入することになります。 最新版は2010、その前が2007です。 Outlookが付いていても、単品よりはパーソナルを買った方が実際は安い場合が多いと思います。 microsoft. aspx あとは、学生ならアカデミックを買うと大幅に安くなりますし、以前のバージョン 限りがありますが があるなら、アップグレード版を選べば、やはり安く買えます。 あと、マックの方が実は安いので、マックをお持ちならWindows用ではなくマック用を買うのも手です。 とにかくワード、エクセルの形がなんとか使えればよいのであれば、オフィス互換ソフトを購入するのも手です。 これだと4000円前後で買えます。 ダウンロードなら無料のもあります。 製品によっては、拡張子が異なるものがあるので、ワードならdoc、エクセルならxlsの拡張子を扱えるソフトなら大丈夫です。 openoffice. kingsoft. nikkeibp. おまけみたいに必ずと言っていいほど付いてきますね。 expressの方はメールソフト、Outlookはスケジュール総合管理ソフトです。 さて、ワード、エクセルだけということでしたら、パーソナルエディションを購入するか、ワード、エクセルを単品で購入することになります。 最新版は2010、その前が2007です。 Outlookが付いていても、単品よりはパーソナルを買った方が実際は安い場合が多いと思います。 microsoft. aspx あとは、学... Q 昨日Windows7 から待望のWindows10にアップグレードしました。 ところがWindows10にアップグレードしたところ、 「Microsoft Officeではこの製品のライセンスを確認できませんでした。 コントロールパネルを使用してOfficeプログラムを修復してください。 」 なるメッセージが出てOFFICE Personal 2010が使えなくなりました。 そこで一度OFFICE Personal 2010をアンインストールして、再インストールしたところ今度はインストールの途中でエラーになりました。 OFFICE Personal 2010はパッケージ購入したもので、Windows7 では普通に使えていました。 Windows10ではOFFICE Personal 2010は使えないのでしょうか。 使えるようにするにはどうすればいいですか。 Q ワードやエクセルは、自分のPCからPCへ移せますか? 夫の使っているGATEWAYのノートPC(ウィンドウズVisTA)に、ワードやエクセルが入っていまして、それを普段使っていたのですが、共用するとPCが傷つくとか言われまして、私の専用にもう一台、GATEWAYのノートPC(おなじくウィンドウズVISTA)を買ってもらいました。 しかし、このPCにはワードとエクセルが入っていませんでした。 夫に、ソフトのCD-ROMがあるのか聞いたのですが、紛失したのか面倒なのか、出してもらえませんでしたので、自分でなんとかするしかない状況になっています。 そこで質問なのですが、ワードとエクセルは、ネットにつないでどこかでダウンロードできるものなのですか? それとも、CD-ROMがないとダメなのでしょうか。 以前、メール添付されたワードを開こうとしたら自動的に「これを開くのに必要なソフトをさがしますか?」のような内容のウィンドウが出たので、私は機械オンチなのでよくわからないまま、指示されるとおりクリックをいろいろしていたら、ワードを読むことはできるようになったのですが、書き込みはできませんでした。 書き込みする必要もあるので、やはりちゃんとしたワードとエクセルをPCに入れたいです。 あるいは、主人のPCから何かの方法で、私のPCへワードとエクセルのソフトを移動というのかコピーというのか、そういった操作で、移すことはできますか? (できる場合は、方法を教えてください) なにぶん初心者で申し訳ありませんが、お分かりの方がいらっしゃいましたら ご指南ください。 しかし、このPCにはワードとエクセルが入っていませんでした。 夫に、ソフトのCD-ROMがあるのか聞いたのですが、紛失したのか面倒なのか、出しても... A ベストアンサー 技術的には「CD-ROMさえあれば可能」ですが、それが無い場合は「コピーは技術的にも不可能」です。 更に言えば「始めからPCに入っているMicrosoft Officeは、使用許諾上も他のPCに移動することは出来ない」事になっています。 当然Microsoft Officeをダウンロードさせるサイトも「合法的なものは」一切存在しません。 ですので、Microsoft Officeを使いたい場合は「購入する」以外の手段はありません。 更に言えば、「オークションなどに出ている格安なOfficeは、そのほとんど全部が中国などでコピーされた違法物で、ヘタすると一緒にウイルスが付いて来る」ために絶対に手を出してはいけません。 必ず「ちゃんとしたお店か、信頼のある通販サイト」で購入するようにして下さい。 ・・・でも、となると、2万円以上するんですよね(苦笑) ということで、格安で何とかする方法。 まず、読むだけならこちらのサイトから「ビューア」をダウンロードすることで可能です。 microsoft. aspx 書く方は、互換ソフトを使ってMicrosoft Officeファイルとして保存することで可能になります。 互換ソフトは「自力で色々調べて頑張る無料のもの」と「比較的使い方が簡単な有料のもの」もがあり、どちらでもお好きなように。 どちらを使う場合も「保存するときにMicrosoft形式にする」事を忘れないように。 普通に保存すると、そのソフトの独自形式になることがありますので。 nikkeibp. 更に言えば「始めからPCに入っているMicrosoft Officeは、使用許諾上も他のPCに移動することは出来ない」事になっています。 当然Microsoft Officeをダウンロードさせるサイトも「合法的なものは」一切存在しません。 ですので、Microsoft Officeを使いたい場合は「購入する」以外の手段はありません。 更に言えば、「オークションなどに出ている格安なOfficeは、そのほとんど全部が中国などでコピーされた違法物で...

次の

‎「Microsoft Excel」をApp Storeで

エクセル アプリ

「会社のパソコンには入っているけど、自宅のパソコンにはMicrosoft Excel(以下、Excel)がない」 「使用頻度が高くないので購入するほどでもない」 「Excelってタダで使えるんじゃないの?」 そんな悩みや疑問をお持ちの方に、 Excelを無料で利用する方法、おすすめのフリー表計算ソフトなどを紹介したいと思います。 Excelはタダじゃない!? 利用するにはパッケージ版とサブスクリプション版の2種類 「ExcelはWindowsのパソコンに標準装備されている」と誤解されることも多いのですが、 実は標準装備ではありません。 Microsoft Officeのアプリケーションを使うためには、原則「パッケージ版」もしくは「サブスクリプション版」を購入しなくてはいけません(パソコンとパッケージ版がセットで売られていることも多い)。 パッケージ版は、購入して一度パソコンにダウンロードしてしまえば、 追加料金なしでずっと使える購入方式。 一方、サブスクリプション版は月もしくは年契約でOfficeソフトを利用する方式です。 長く使うのであればパッケージ版のほうが安上がりですが、バージョンの更新はありません。 かたや、サブスクリプション版の方は毎月料金がかかるものの、常に最新のバージョンを利用できるというメリットがあります。 それでもタダでExcelを使いたいあなたへ。 無料で使う方法は3つ パッケージ版、サブスクリプション版、いずれにしてもExcelを使うためには、年間1万円以上の経費がかかります。 決して安い金額ではないですよね。 「ちょっとだけ使いたい」「たまにしか使わない」という場合にはなおさらです。 そこで、Microsoft純正のエクセルを無料で使う方法をご紹介します。 Office 365 Soloの体験版を利用する 体験版を利用すれば、「Office 365 Solo」 のすべての機能を1カ月間に限り無料で使用できます。 体験版を使うにはMicrosoftのアカウントが必要です。 また、体験版の利用回数は1つのアカウント、1つのパソコンに対して1回のみです。 一度利用したアカウント、パソコンで再度体験版を使うことはできません。 参考URL: Office365のExcel Onlineを利用する 「Excel Online」とは、Excelのオンライン版です。 一部機能や関数に制限があるものの、インストール版のものとほぼ変わらずにExcelを使うことができます。 利用するためにはMicrosoftのアカウントが必須です。 使い方はいたって簡単でOffice365のサイトにアクセス後サインインすると、メニュー画面が表示されるので「Excel」を選択するだけ。 あとは通常のExcelの使い方とほとんど一緒です。 ただし、ブラウザ上で作業を行うため、 基本的にはインターネットに接続されていないと使えません(一部作業はオフラインでも可)。 オンライン版の特徴として、複数人同時に1つのファイルを共同編集できたり、常時自動保存されたりとインストール版にはない機能も備えています。 無料でExcelファイルの閲覧、編集、保存ができ、外出先でもすぐに利用できるのがアプリ版のいいところです。 機能面ではパソコン版よりも劣りますが、基本的な四則演算や関数、グラフの作成などは問題なく作業可能です。 外付けのキーボードを用意すれば、スマホ・タブレットでもパソコンさながらの仕事ができるのではないでしょうか。 Googleスプレッドシート 「Googleスプレッドシート」は、その名の通りGoogleが提供している表計算ソフト。 Googleアカウントさえあれば無料ですぐに使えます。 ソフトをダウンロードするのではなくオンライン上で作業を行い、Excelとの互換性もほぼ問題ありません。 同じくオンラインソフトであるExcel Onlineとの違いですが、正直なところ、表計算ソフトとしての基本的な機能においてはあまり差がありません(若干Excel Onlineのほうが多機能)。 どちらを使ってもいいのですが、 「GmailやGoogleドライブをメインに使っている」という方はスプレッドシートのほうがいいかもしれません。 ほかのGoogleサービスとも相性が良く、ファイルの共有や保存、メールでの送付もシームレスに行えます。 参考URL: LibreOffice「Calc」 「LibreOffice」とは、Microsoft Officeアプリケーションの代わりになるフリーソフトウェアです。 Office同様に、ワープロソフト「Writer」、プレゼンテーションソフト「Impress」などの種類があり、Excelにあたるのが表計算ソフトの「Calc」です。 Excelとの互換性もほぼ問題なく、 ファイルの拡張子も「. xlsx」の形式で保存可能です。 ただし、「Calc」のファイルをExcelで開いた場合、完璧に再現されるわけではないことを理解しておきましょう。 その際はファイルをPDF化するなどの工夫が必要です。 参考URL: まとめ たまにExcelが必要になる程度であれば、今回ご紹介した無料で使う方法やフリーソフトで十分対応できると思います。 Googleスプレッドシートはとても使いやすいですし、LibreOffice「Calc」もかなり優秀です。 しかし「仕事でしっかりと使う」のであれば、やはり限界があります。 その場合には、まずOffice 365 Soloの体験版を利用してみてから考えるというのがいいのではないでしょうか。

次の

【 iPhone × Excel 】アイフォンでエクセルって編集できる!? 使い方解説します

エクセル アプリ

前回は【Office】シリーズアプリのを皆さんに紹介しました、今回は【Office】シリーズもう一つ実用なツール「Excel(エクセル)」を皆さんに紹介したいと思います。 「Excel」はマイクロソフトがWindows、macOS、iOSおよびAndroid向けに開発・販売している表計算ソフトです。 リストの作成や集計、タスク管理、おカネの管理など、生活と仕事中いろんな方面によく使われます。 「Excel」も「Word」と同じアプリ版があり、iPhoneやiPadもしくはAndroidスマホやタブレットでもパソコンと同じように、表を作成や編集できます。 「エクセル」は基本無料アプリです。 1280円の月料金(開始月無料)を払って「Office365」というサブスクリプションにアップグレードすれば、追加機能、「OneDrive」オンラインストレージなどのを利用することができます。 「エクセル」アプリはiOSとAndroidデバイスも対応できます、本文はiPhone版の「Excel」アプリで常用機能を解説します。 一、MicroSoftのアカウントを作成する MicroSoftのアカウントを使えば、「OneDrive」にファイルをバックアップするなどの機能を利用できます。 実に便利ですので、皆さんにオススメします。 もし既にMicroSoftのアカウントをお持ちなら、直接ログインできます。 まだアカウントがない方なら、前回のを参考してください。 二、テンプレートの種類を選択する 「新規」をタップすると、テンプレート種類の選択画面に入ります。 「エクセル」は26個のテンプレートを提供し、リストの合計・タスク管理・個人予算表などの場合が適用できます。 本文は「空白のブック」で説明を続けます。 三、データを入力する テンプレートを選択した後、データの入力・編集画面に入ります。 データを入力する場合、入力したいセルを選択して、それからセルを二回連続押すれば文字や数値を入力することができます。 「x」をタップすれば、さっき入力したデータが削除されます。 入力した内容の装飾は編集メニュー欄にある「A」ボタンで可能です。 「エクセル」アプリはフォント、ポイント、色、斜め文字の他、文字列の折り返し、文字列の方向などを需要によって調整できます。 セルの線種と綱かけの調整も可能です。 四、セルを複数選択する セルを複数選択したい場合、左上あるいは右下の丸のアイコンをタップして移動すれば、エリアで選択することが可能です。 これで選択したエリアの装飾、線種などを一気に調整できます。 五、オートSUM オートSUMという機能は選択するエリアの数値を自動に計算するものです。 具体的なやり方:編集メニュー欄にある「A」ボタンをタップして、それから画像の赤色枠「数式」をタップします。 その後「オートSUM」を押して、需要によって「オートSUM」の数式を選択します。 合計、平均などの普通な計算以外、財務、論理などの複雑計算もできます。 これらのタップすれば、選択した公式が上にある「fx」欄に表示します。 六、グラフを作成する パソコン版の「エクセル」と同じ、スマホやiPadなどで「エクセル」アプリを使えば、グラフの作成も可能です。 まずグラフの数値エリアを選びます。 そして「挿入」機能を選択し、「グラフ」をタップ。 アプリは縦棒、折れ線、円などのグラムをたくさん提供します。 設定が終わったあと、グラフはセルに表示されます。 グラムのサイズ、位置も調整可能です。 グラフの作成以外、「挿入」機能も写真、図形などをセルに挿入できます。 ファイルの名前を編集する時、メニュー欄にある「... 」保存設定ボタンは自動保存、名前、コピー、エクスポートなどを設定できますので、皆さんは自由に利用して下さい。 今回の内容はここまでです。 以上紹介したのは「エクセル」アプリのよく使われるやり方で、このアプリの機能がまだたくさんあり、活用したいなら時間をかかって勉強する必要があると思います。

次の