石井杏奈 ブス。 石井杏奈e

石井杏奈の現在がかわいい!妹の稚乃もe

石井杏奈 ブス

本名は中島 麻未(なかしま あみ) 1988年、大阪生まれ。 これまでE-girlsの中心的人物だった存在。 E-girlsではほぼ全ての楽曲のボーカルを務めていました。 E-girlsが売れる前からめちゃイケのオカザイル企画でナイナイの岡村隆史とよく絡んでいたり、単独でバラエティ番組に出ることも多いです。 フジテレビ系列お昼の「バイキング」にて木曜レギュラーとして出演。 2014年以降、バラエティ番組への単独出演が増え続けています。 2002年にDreamのメンバーとして加入。 AAAの與真司郎(あたえしんじろう)とは、高校の同級生。 2015年にソロデビューを果たし、ディズニー映画の主題歌などを担当しています。 ・ Dream Aya E-girls LIVE 2017 〜E. EVOLUTION〜 1. Anthem -WE ARE VENUS- 3. DANCE WITH ME NOW! All Day Long Lady 6. Pink Champagne 全37曲 1. UNIVERSE 2. Take-A-Shot! feat. PKCZ 3. モノクロ 4. たいようの哀悼歌 5. Ordinary Girls 6.

次の

石井杏奈のノーメイク姿はかわいくない?衝撃のすっぴん!体重は?

石井杏奈 ブス

Sponsored Link 趣里の生い立ちや挫折、高校大学はどこ?高学歴? まずは趣里さんのプロフィールから。 生年月日:1990年9月21日 出身:東京都 本名:水谷趣里 身長:158cm 血液型:O型 星座:乙女座 家族:水谷豊(父親)、伊藤蘭(母親) 特技:クラシックバレエ、フィギュアスケート、英語 事務所:トップコート 趣里さんと言えば 水谷豊さんと 伊藤蘭さんの娘さんで有名人の二世です。 お二人は1989年にご結婚され、1990年の9月21日に趣里さんが誕生しました。 一人娘でご両親から可愛がられて育ったのでしょう。 趣里さんは女優になる以前、バレリーナを目指して頑張っていました。 この画像は趣里さんが6歳。 バレエの初舞台「カルメン」の時の画像。 舞台用のバッチリメイクも何だかあどけなくて可愛いです。 4歳から井上バレエ団でクラシックバレエを習い始めて、学校は私立で有名な中高一貫の「 桐朋女子」へ通っていました。 名門女子高で偏差値60とも言われていて、趣里さんてかなり頭が良いのでしょうね。 中学の頃からバレエ留学を夢見て毎日レッスンに励んでいた趣里さん。 そしてイギリスのバレエ学校のオーディションに合格し、高校入学して直ぐに留学するために、桐朋女子高等学校は中退されます。 バレエのために学歴を手放すなんて勇気が必要ですが、それほどバレエに人生をかけていた証拠ですよね。 しかし、残念なことに17歳の時に アキレス腱と足首の剥離骨折(はくりこっせつ)を起こしてしまいます。 剥離骨折とは靭帯(じんたい)や腱(けん)が急激に収縮した際に骨がはがれ落ちてしまう骨折で、趣里さんも最初はねんざを重ねていた箇所にジャンプしたタイミングで骨折したそうです。 そして治療のために日本に一時帰国しましたが、残念なことにお医者様から 「足の感覚が戻るかどうかわからない」 と告げられ、バレリーナの夢を断念せざるを得なくなりました。 結局バレエ留学してから1年で日本に完全帰国。 全身全霊をかけて頑張っていたバレリーナの夢を絶たれた趣里さん。 当時の本人は絶望の淵をさまよっていたそうです。 当時はおかしくなりそうでした。 それまで自分がずっと一生懸命やってきたことが無になってしまって……。 正直、死んだほうがいいとまで思ったこともあります。 それでも、やっぱり生きていかなくてはいけない。 そのために前を向こうと徐々に思い始め、高校の卒業資格を取りました。 4歳からバレエをしていて、17歳で脚をケガしてしまったこと。 自分の身体は自分が一番分かるので、これはもう無理かなって感じたんです。 そうなってくると、バレエで生活したいなと思っていたのに、それが全てなくなってしまって「これからどうやって生きていけばいいんだろう…」という時期がありました。 なんか覚えていないくらいの毎日を過ごしていましたね。 とはいえ、「生きていかなきゃいけない。 みんなはどうやって立ち直っているんだろう」って思っていました。 ご両親が芸能人で何一つ不自由なく育ったように見えますが、死を意識するまで深く悩まれていたのですね。 若くして大きな挫折を味わい、どん底まで落ちたあとは這い上がるしかない。 その後は高卒認定試験に合格しますが、大学は中退し女優への道を歩みはじめます。 学びながら将来を模索し、どうしても表現したい気持ちが消えず、同じエンターテインメントである芝居のレッスンを受けてみることにしたのです。 やってみて、本当にやりたい覚悟ができたらその道に進もうと。 私の場合、もし女優を目指すなら「二世」になるので、生半可な覚悟ではできないという危機感もありました。 もちろん芸能人の二世であることも意識しますよね。 頑張っても「親の七光り」と言われたり、世間は二世に対してかなり厳しい目で見てますから。 できれば親と同じ業界では働きたくなかったのが本音でしょう。 まず始めたのは、塩谷俊さん(2013年没)の俳優養成所「アクターズクリニック」に通い、演技のレッスンをして全くダメだったら辞めようと軽い気持ちで受けたそうです。 レッスンでは演技のメソッドではなく、趣里さんの内側に眠っている感情を掘り起こしてさらけ出す、自分と向かい合う作業だったそうです。 レッスンを通して、演技って面白い、違う人間になるって面白いって、感じるようになったのですが、なかなか女優として生きていく覚悟までは生まれませんでした。 でも塩屋さんが、『ずっと女優を続けなさい。 大丈夫だから』と言ってくださったんです。 その言葉を心の支えにして、舞台やドラマのオーディションにも挑戦できるようになりました 塩谷俊さんから背中を押され覚悟ができ、それまでバレエと女優は全く違うものだと考えていた趣里さんですが、 でも、よく考えてみたら、お客様に向けて自分の持っているものをさらけ出して楽しんでもらうのは一緒なんです。 失うものは何もないんだから、お芝居の世界で、死に物狂いで頑張ればいいんだと気づき、すっかり腹をくくりました。 今は、第二の人生を生きている感じです バレエも女優も同じ表現の世界なので、趣里さんが楽しくてやりがいを感じるのなら世間の目なんて気にせずに自由にやって欲しいですね。 Sponsored Link 趣里の性格はいい?悪い? さて、そんな趣里さんの性格は言わずもがな 「努力家」そして 「前向き」 です。 バレエを諦めて絶望の中にいながらも生きるために前を向き、困難を乗り越えるたくましさがありますよね。 あと、とてもファン思いで優しい性格しています。 趣里さんのツイッターを見てると、ファンから貰ったお手紙やプレゼントを毎回紹介しては、感謝の言葉を述べられています。 ファンへの感謝だけでなく、日々の小さな出来事への感謝の気持ちも言葉にされていて、趣里さんてすごく心がキレイで優しいんだろうなと想像できます。 趣里さんご本人がいうには、「自分、自分!」みたいに前に出て目立ちたいタイプではなく、女優業も「爪痕を残してやろう」なんてギラギラした野心は一切なく 「お芝居させていただいてありがとうございます」「自分にできることを精一杯やらせていただきます」といった姿勢で取り組んでいるそう。 また 「気にしぃ」な性格で、人の顔色を伺ったり、心配性で迷いや悩みもいっぱいあり、占いを信じたり。 かと思うと「えい、もうしょうがないなぁ!」と割り切って気持ちを切り替えるなど、 大胆さと繊細さを行ったり来たりしてるんだとか。 何だか親近感が湧きますね。 Sponsored Link 趣里の整形画像?細すぎでブサイク?ホント? さて、趣里さんは目を整形されたのでしょうか? 目を一重から二重に整形した?なんて囁かれていますが、実際はどうなのでしょうか。 こちらの画像は趣里さんのツイッターから。 彼女の幼いころの写真と同じ表情をして投稿されていたものです。 子供の頃の趣里さん、すごく可愛いですね。 画質があまり良くないので、この画像からはなんとも言えませんが、子供の頃は一重に見えなくもないです。 で、今現在はアイプチかアイテープかもしれません。 でもアイプチやアイテープって一般的でみんな使ってるし、長年続けてると自然な二重になるので、今はアイプチなしの自然な二重なのかもしれませんね。 また趣里さんて「細すぎ!」なんて言われていますが、身長も158cmと小柄で、母親の伊藤蘭さんも身長157cmと小柄で細身。 この細さは間違いなく遺伝で、拒食症でもなく、単に「痩せ型」なのでしょう。 また趣里さんは本気でクラシックバレエをやっていたので自己管理が上手そうだし、体型維持のために体に悪そうな食べ物は口にされてないのかも。 細い趣里さんのスタイルキープの秘訣ですが、このように語っていますよ。 バレエをやっていたときの癖で、ストレッチと筋トレは気づいたらやっています。 野菜もよく食べます! (このポーズ簡単そうに見えるけどスゴイ。 真っ直ぐに立ってるのに、後ろ足があんなに高く上がるなんて。 ) 筋肉と柔軟性が必須なバレエなので、趣里さんて無駄な贅肉もなく、意外と筋肉質なのかもしれませんよ。 若い頃から厳しいバレエの世界で心も鍛えられた趣里さんは 「根性だけは誰にも負けない」と言い切っています。 自分で言えるって相当根性がある証拠! これからも女優として大活躍されるでしょうし、得意なバレエやダンスを生かしたお仕事も沢山舞い込んで来そう。 頑張ってください!.

次の

【blog.yhathq.com】E

石井杏奈 ブス

Sponsored Link 趣里の生い立ちや挫折、高校大学はどこ?高学歴? まずは趣里さんのプロフィールから。 生年月日:1990年9月21日 出身:東京都 本名:水谷趣里 身長:158cm 血液型:O型 星座:乙女座 家族:水谷豊(父親)、伊藤蘭(母親) 特技:クラシックバレエ、フィギュアスケート、英語 事務所:トップコート 趣里さんと言えば 水谷豊さんと 伊藤蘭さんの娘さんで有名人の二世です。 お二人は1989年にご結婚され、1990年の9月21日に趣里さんが誕生しました。 一人娘でご両親から可愛がられて育ったのでしょう。 趣里さんは女優になる以前、バレリーナを目指して頑張っていました。 この画像は趣里さんが6歳。 バレエの初舞台「カルメン」の時の画像。 舞台用のバッチリメイクも何だかあどけなくて可愛いです。 4歳から井上バレエ団でクラシックバレエを習い始めて、学校は私立で有名な中高一貫の「 桐朋女子」へ通っていました。 名門女子高で偏差値60とも言われていて、趣里さんてかなり頭が良いのでしょうね。 中学の頃からバレエ留学を夢見て毎日レッスンに励んでいた趣里さん。 そしてイギリスのバレエ学校のオーディションに合格し、高校入学して直ぐに留学するために、桐朋女子高等学校は中退されます。 バレエのために学歴を手放すなんて勇気が必要ですが、それほどバレエに人生をかけていた証拠ですよね。 しかし、残念なことに17歳の時に アキレス腱と足首の剥離骨折(はくりこっせつ)を起こしてしまいます。 剥離骨折とは靭帯(じんたい)や腱(けん)が急激に収縮した際に骨がはがれ落ちてしまう骨折で、趣里さんも最初はねんざを重ねていた箇所にジャンプしたタイミングで骨折したそうです。 そして治療のために日本に一時帰国しましたが、残念なことにお医者様から 「足の感覚が戻るかどうかわからない」 と告げられ、バレリーナの夢を断念せざるを得なくなりました。 結局バレエ留学してから1年で日本に完全帰国。 全身全霊をかけて頑張っていたバレリーナの夢を絶たれた趣里さん。 当時の本人は絶望の淵をさまよっていたそうです。 当時はおかしくなりそうでした。 それまで自分がずっと一生懸命やってきたことが無になってしまって……。 正直、死んだほうがいいとまで思ったこともあります。 それでも、やっぱり生きていかなくてはいけない。 そのために前を向こうと徐々に思い始め、高校の卒業資格を取りました。 4歳からバレエをしていて、17歳で脚をケガしてしまったこと。 自分の身体は自分が一番分かるので、これはもう無理かなって感じたんです。 そうなってくると、バレエで生活したいなと思っていたのに、それが全てなくなってしまって「これからどうやって生きていけばいいんだろう…」という時期がありました。 なんか覚えていないくらいの毎日を過ごしていましたね。 とはいえ、「生きていかなきゃいけない。 みんなはどうやって立ち直っているんだろう」って思っていました。 ご両親が芸能人で何一つ不自由なく育ったように見えますが、死を意識するまで深く悩まれていたのですね。 若くして大きな挫折を味わい、どん底まで落ちたあとは這い上がるしかない。 その後は高卒認定試験に合格しますが、大学は中退し女優への道を歩みはじめます。 学びながら将来を模索し、どうしても表現したい気持ちが消えず、同じエンターテインメントである芝居のレッスンを受けてみることにしたのです。 やってみて、本当にやりたい覚悟ができたらその道に進もうと。 私の場合、もし女優を目指すなら「二世」になるので、生半可な覚悟ではできないという危機感もありました。 もちろん芸能人の二世であることも意識しますよね。 頑張っても「親の七光り」と言われたり、世間は二世に対してかなり厳しい目で見てますから。 できれば親と同じ業界では働きたくなかったのが本音でしょう。 まず始めたのは、塩谷俊さん(2013年没)の俳優養成所「アクターズクリニック」に通い、演技のレッスンをして全くダメだったら辞めようと軽い気持ちで受けたそうです。 レッスンでは演技のメソッドではなく、趣里さんの内側に眠っている感情を掘り起こしてさらけ出す、自分と向かい合う作業だったそうです。 レッスンを通して、演技って面白い、違う人間になるって面白いって、感じるようになったのですが、なかなか女優として生きていく覚悟までは生まれませんでした。 でも塩屋さんが、『ずっと女優を続けなさい。 大丈夫だから』と言ってくださったんです。 その言葉を心の支えにして、舞台やドラマのオーディションにも挑戦できるようになりました 塩谷俊さんから背中を押され覚悟ができ、それまでバレエと女優は全く違うものだと考えていた趣里さんですが、 でも、よく考えてみたら、お客様に向けて自分の持っているものをさらけ出して楽しんでもらうのは一緒なんです。 失うものは何もないんだから、お芝居の世界で、死に物狂いで頑張ればいいんだと気づき、すっかり腹をくくりました。 今は、第二の人生を生きている感じです バレエも女優も同じ表現の世界なので、趣里さんが楽しくてやりがいを感じるのなら世間の目なんて気にせずに自由にやって欲しいですね。 Sponsored Link 趣里の性格はいい?悪い? さて、そんな趣里さんの性格は言わずもがな 「努力家」そして 「前向き」 です。 バレエを諦めて絶望の中にいながらも生きるために前を向き、困難を乗り越えるたくましさがありますよね。 あと、とてもファン思いで優しい性格しています。 趣里さんのツイッターを見てると、ファンから貰ったお手紙やプレゼントを毎回紹介しては、感謝の言葉を述べられています。 ファンへの感謝だけでなく、日々の小さな出来事への感謝の気持ちも言葉にされていて、趣里さんてすごく心がキレイで優しいんだろうなと想像できます。 趣里さんご本人がいうには、「自分、自分!」みたいに前に出て目立ちたいタイプではなく、女優業も「爪痕を残してやろう」なんてギラギラした野心は一切なく 「お芝居させていただいてありがとうございます」「自分にできることを精一杯やらせていただきます」といった姿勢で取り組んでいるそう。 また 「気にしぃ」な性格で、人の顔色を伺ったり、心配性で迷いや悩みもいっぱいあり、占いを信じたり。 かと思うと「えい、もうしょうがないなぁ!」と割り切って気持ちを切り替えるなど、 大胆さと繊細さを行ったり来たりしてるんだとか。 何だか親近感が湧きますね。 Sponsored Link 趣里の整形画像?細すぎでブサイク?ホント? さて、趣里さんは目を整形されたのでしょうか? 目を一重から二重に整形した?なんて囁かれていますが、実際はどうなのでしょうか。 こちらの画像は趣里さんのツイッターから。 彼女の幼いころの写真と同じ表情をして投稿されていたものです。 子供の頃の趣里さん、すごく可愛いですね。 画質があまり良くないので、この画像からはなんとも言えませんが、子供の頃は一重に見えなくもないです。 で、今現在はアイプチかアイテープかもしれません。 でもアイプチやアイテープって一般的でみんな使ってるし、長年続けてると自然な二重になるので、今はアイプチなしの自然な二重なのかもしれませんね。 また趣里さんて「細すぎ!」なんて言われていますが、身長も158cmと小柄で、母親の伊藤蘭さんも身長157cmと小柄で細身。 この細さは間違いなく遺伝で、拒食症でもなく、単に「痩せ型」なのでしょう。 また趣里さんは本気でクラシックバレエをやっていたので自己管理が上手そうだし、体型維持のために体に悪そうな食べ物は口にされてないのかも。 細い趣里さんのスタイルキープの秘訣ですが、このように語っていますよ。 バレエをやっていたときの癖で、ストレッチと筋トレは気づいたらやっています。 野菜もよく食べます! (このポーズ簡単そうに見えるけどスゴイ。 真っ直ぐに立ってるのに、後ろ足があんなに高く上がるなんて。 ) 筋肉と柔軟性が必須なバレエなので、趣里さんて無駄な贅肉もなく、意外と筋肉質なのかもしれませんよ。 若い頃から厳しいバレエの世界で心も鍛えられた趣里さんは 「根性だけは誰にも負けない」と言い切っています。 自分で言えるって相当根性がある証拠! これからも女優として大活躍されるでしょうし、得意なバレエやダンスを生かしたお仕事も沢山舞い込んで来そう。 頑張ってください!.

次の