結婚式 ベルト。 男性出席者はベルトにも気を配ろう

結婚式の腕時計のマナー・黒文字盤でもいいのか・両親へのプレゼント

結婚式 ベルト

お呼ばれスーツにベストは必要? 「チョッキ」や「ジレ」と呼ばれることもあるベスト。 スーツの中に着る「ベスト」は、ビジネスシーンでも使う人と使わない人に分かれますよね。 結婚式でも、ベストは「着ないといけない」というわけではありません。 実際、結婚式に出席してみると、ベストを着ていない人も多いと思います。 でも、ベストを着るのはおすすめ。 スーツの中にベストを着こむと、フォーマル感が加わるからです。 特に年配の人や上司が多い結婚式では、ジャケット・ベスト・スラックスが揃ったスリーピースだと間違いナシですよ。 それにベストには、着ることによるメリットがいくつかあるんです! ベスト着用のメリットを3つ見ていきましょう。 ベストを着るメリット3つ ベストは見た目もとてもオシャレなアイテムですが、それ以外にも次のようなメリットが。 1 ジャケットが脱げる! 暑い夏の結婚式・・・ スーツだけでも暑いのに、ベストなんて着ていられない!と思いますよね。 でも夏だからこそ、ベストを着ていると便利なんです。 結婚式では、基本的にジャケットを脱がない方が良いと言われています。 暑いとジャケットは脱ぎたくなると思いますが、ジャケットを着ているのと、ジャケットを脱いでシャツ1枚になっているのとでは・・・ やっぱり、ジャケットを着ている方がフォーマル感があって、結婚式向きですよね。 「そんなこと言われても、暑いものは暑いし・・・」 そこで活躍するのがベスト! ベストを着ていれば、ジャケットを脱いでもフォーマル感が保てます。 結婚式場は空調が効いているとはいえ、お酒を飲んで暑くなったときなどにジャケットを脱げるのは嬉しいですね。 2 寒さ対策にピッタリ 冬の寒い時期は、スーツの下にセーターを着込みたくなりますよね。 でもセーターはカジュアルなニット素材なので、結婚式では避けるのが無難。 この場合もベストならフォーマルなので、着込んでOK。 オシャレに見えつつ防寒もできてしまいます。 夏にも冬にも、ベストは役立つんですね! 3 スタイルがよく見える 濃い色のベストを着ることで体が引き締まって見えるなど、べストにはスタイルをよく見せてくれる嬉しい効果が! 華奢な人は、正面のVゾーン(ネクタイがかかる部分)が浅いものを選べば、ベストの面積が広い分、胸板に厚みがあるように見えてオススメです。 逆に体の大きな人は、Vゾーンが深めのベストにすると、縦のラインが強調されてスタイリッシュに。 ベストには嬉しいメリットが色々あるんですね。 ではベストにはどんな種類があるのでしょうか。 ベストの種類 ベストにも、スーツと同じで「ダブル」と「シングル」があります。 シングルはボタンが1列、ダブルは2列ですね。 ダブルのベストは、重厚でより大人の魅力を感じさせるデザインです。 襟があるものとないものがあり、襟があるほうがカッチリした印象に。 ボタンの数も4つだったり6つだったり、デザインはさまざま。 結婚式でのベストの形に、決まったマナーはありません。 スーツや、自分の体型、好みに合ったものを選びましょう。 ただ形は自由とはいえ、結婚式にふさわしいベストとそうでないベストはあります。 どんなベストがふさわしいのか、続けてご紹介します! 結婚式にふさわしいベスト 結婚式のベストについては、そこまで厳しいマナーはありません。 派手すぎる色柄でなければ基本的にはOK。 スーツと同じ生地のベストなら、コーディネートの心配もなく無難です。 色でいうと、オススメなのがグレーのベスト。 グレーのベストは、落ち着いた黒や紺のスーツの中に着れば華やかさをプラスできますし、もちろん同じグレーのスーツにも合います。 持っておくと便利な1枚ですね。 ちなみに同じグレーの中でも、明るいグレーのベストは、朝から昼間の結婚式に、 ダークグレーのベストは、午後からの結婚式に向いていると言われています。 黒のベストは、特に黒のスーツと合わせてしまうとお葬式のような印象に。 着る場合は、ネクタイなどで華やかさを出すようにしましょう。 では次は、ベストをカッコよく着こなすためのポイントです。 ベストの着こなし方 ぴったりサイズを選ぼう ベストのサイズが大きすぎると、ダボダボしてだらしない印象に。 逆に小さすぎても、ベストの下からシャツが見えて不格好・・・。 着たときに、ベルトが隠れるくらいの長さが基準です。 サイズが合っていないと動きづらくもなるので、自分にピッタリのベストを選びましょう。 一番下のボタンは開ける ベストの一番下までボタンを留めると、シワが寄ってしまうことがあります。 裾中央に切り込みが入っているデザインなら、一番下のボタンは外しておくのがオシャレ。 とはいえベストのデザインもさまざまなので、一度着てみて、着姿をチェックしましょう。 ボタンを閉めたほうが似合うデザインなら、閉めてもかまいません。 ダークスーツに華やかさを添えてくれるので、若いゲストにもピッタリです。 柄物をスリーピースで 薄いストライプのスリーピースです。 目上の人が多い格式高い結婚式でなければ、薄いストライプや細かい千鳥格子柄もOK。 無地のスーツに柄物のベストもオシャレですが、コーディネートが難しい場合はスリーピースにすると外しませんよ。 まとめ 結婚式にふさわしい、フォーマルなスーツ姿をつくるのに一役買ってくれるベスト。 でもベストには、スタイルをよく見せてくれたり、防寒や、暑いときはジャケットを脱げるというメリットも。 ベストにはシングルやダブル、襟付きやボタンの数などデザインはさまざまです。 結婚式で着るベストに特に決まりはありませんが、派手すぎる色柄や、全身黒になるようなコーディネートは避けましょう。 おすすめは、スーツと同じ生地のものや、グレーのもの。 サイズがフィットしたものを選び、ボタンの一番下は開けるとオシャレな着こなしに。 結婚式という特別な日、カッコいいベストを着こんで、おしゃれしてお祝いしたいですね!•

次の

見えない部分にもマナーが!結婚式でのベルトの色やデザインについて

結婚式 ベルト

記事の目次• 結婚式に適さないベルトの特徴 結婚式のベルトというのは、新郎新婦を祝う気持ちを表す重要な服装の一部ですよね。 そのため、結婚式に適していないものは避けることが必要です。 ここでは、まず結婚式では避けておきたいベルトの特徴について解説します。 バックルが大きすぎる ベルトの金具部分であるバックルに関しては、大きすぎるのはNGです。 大きすぎると目立ってしまうし、邪魔になってしまいます。 結婚式では新郎新婦より目立たない服装にすることが重要なので、バックルが大きいものは選らばないようにしてください。 ジャケットやパンツで隠せないほど大きいものはNGだと言えるでしょうね。 色が派手すぎる ベルトの色が派手すぎるものは、結婚式のベルトとしては向いていません。 もちろん赤や青、緑など、色がついているものは基本的に避けることが必要です。 前述しましたが、結婚式では新郎新婦よりも地味な服装を心がけるのがマナーでありルールです。 そのため、 派手な色のものは総じてアウトだと思っておきましょう。 スタッズなどデザイン性が高い スタッズなどが入ったデザイン性の高いものも避けておきたいです。 特殊なスタッズが散りばめられたものは、プライベートなファッションとしてはおしゃれかもしれません。 しかし、やはり結婚式では新郎新婦の両親や友人も出席しているので、その手のデザイン性は求めない方が良いです。 どうしてもおしゃれしたいのであれば二次会からにしましょう。 材質などがカジュアルすぎる 材質がゴムやプラスチックなど、カジュアルすぎるものも避けておきたいです。 結婚式のベルトで使うのなら、やはり革のものが一般的となります。 それ以外の材質のものだと、どうしてもスーツなどから浮いて見えてしまうことも多いです。 そこも十分に注意しておくことが必要となるのではないでしょうか。 結婚式の場という認識を今一度持ちましょう。 ブランドのロゴが入っている ブランドのロゴが入っているものは、あまり結婚式のベルトとしては向いていません。 大きくブランドロゴが入っているものは避けましょう。 もちろん、多くのメーカーが結婚式のベルトを提供しているので、ロゴが入っているものも少なからずあります。 しかし、隠せる程度のものを選ぶようにしたいです。 極力は目立たないことに徹しましょう。 結婚式に適したベルトの条件 結婚式のベルトを選ぶ時には、ちゃんと結婚式に適したものを選ぶようにすると良いでしょう。 ここからは結婚式のベルトとして相応しいものの条件について紹介します。 正しいマナーとルールを守って、結婚式でも恥ずかしくないような服装にしましょう。 本革製 本革製のベルトは、結婚式の定番と言えるでしょう。 むしろそれ以外のベルトを身につけていると、世間知らずだと思われてしまうことも多いです。 スーツと合わせることが多いので、スーツを仕立ててもらったところでベルトも合わせてもらうと良いです。 本革製なら結婚式のような冠婚葬祭の場でも十分に通用します。 シンプルなバックル バックルに関してはシンプルなものにしましょう。 ほとんどの結婚式のベルトでは、シンプルな枠だけのバックルが多いです。 枠としてのバックルだけであれば主張しすぎるということはなく、安心して使っていくことができるでしょう。 目立ちすぎないので、結婚式でも新郎新婦を立てることができます。 くれぐれも派手なものはしないようにしましょう。 装飾のないスタンダードなデザイン スタッズなどの装飾が入っていないスタンダードなデザインのベルトが、結婚式のベルトとして相応しいです。 シンプルなデザインで、 余計なデザインが入っているものは避けるようにしてください。 装飾が入っているものは派手になってしまうことが多いですので、結婚式のように主役がいる式の場合には適していません。 選ぶならシンプルなものです。 色が黒 結婚式のベルトは基本的に黒を基調としたものが一般的です。 本革製のものを選ぶと、必然的に黒になるということも多いでしょう。 たまに白だったり黒以外のものにしている人もいるのですが、それはマナーやルールとしてもNGだと言えるでしょうね。 派手にならない黒で出席するのが結婚式では必要だと覚えておきたいですね。 3~3. 5cm以下のベルトの幅 結婚式のベルトが太いと圧迫感がありますし、威圧感も出てしまいます。 そのため、ベルトの幅は極力は細いものにしましょう。 ただ、細すぎると格好がつかないので3cm~3. 5cmのものが良いと言えるでしょう。 自然とスタイリッシュになるように、細めのベルトを意識すると良いです。 そこはスーツなどを仕立ててくれた店で合わせてもらうと良いです。 ベルトの両端に細いステッチが入っている ベルトの両端に細いステッチが入っていると、ベルトにも重厚感が生まれます。 しっかりとステッチが入っているかどうかも確認したいです。 何もないものだと陳腐に見えてしまうこともあるので、細かなスタッチにも意識するようにしてください。 結婚式で使うベルトであれば多くのものが入っているので、そこはあまり気負いしないで選びましょう。

次の

結婚式で腕時計を着用する事についての考え方 相応しい腕時計を紹介

結婚式 ベルト

【結婚式】見えないところこそ気を配ろう!スーツに合わせるベルト選び! 友人の結婚式に出席。 スーツ選びから始まって、シャツ、ネクタイ、革靴、靴下、ポケットチーフなどの小物類と、選ぶべきアイテムは沢山あります。 結婚式はフォーマルな場です。 普段着ることの少ないフォーマルな装いだからこそ、小物までしっかりと気を配り、見えないところまでしっかりと着こなしたいものです。 結婚式に出席した時に、着こなしが恥ずかしく見られないよう、細かいところまで気を配れる知識を身につけておきましょう! ここでは数ある小物類の中でも、見られていないようで、見られている、ベルトについて紹介していきます。 合わせてご覧ください。 ベルトにまで気を配る理由 スーツの着こなしのなかでベルトは体の中心部、調度腰の位置あたりにくるアイテムです。 胸元にくるネクタイやシャツ、足元にくるシューズと同様に、おしゃれに着こなすうえで重要な役割を果たします。 スーツ、シャツ、ネクタイ、シューズを統一感をもって、格好良く着こなすことができていても、ベルト選びを失敗すると、全て台無しになってしまいます。 ベルトは、服装・着こなしのメインとなるアイテムではないですが、全体の印象を決める重要なアイテムです。 せっかくのお祝いごとの結婚式。 ベルトにまでこだわってコーディネートし、万全な服装で出席しましょう。 センターラインの色合わせは着こなしのルール センターラインと呼ばれる首元のネクタイ、足元の革靴、そして腰回りのベルト。 センターラインにくるネクタイ、革靴、ベルトの色を合わせることは、それだけで統一感がうまれ、スーツの着こなしをまとめてくれます。 特に足元の革靴と、腰回りのベルトの色を合わせることは、着こなしのマナーでありルールです。 革靴とベルトの色が違うだけで、バランスは大きく崩れてしまいます。 おしゃれに着るためにというよりは、着こなしのルールとして、必ず革靴とベルトの色は、合わせる必要があります。 またこれは結婚式のみならず、ビジネスシーンなど、スーツを着てベルトをする、全てのシチュレーションにおいていえることです。 ベルトの役割 ベルトの役割はパンツのウエストを締めるだけではありません。 本来の役割は、ウエストを締めるというのではなく、腰回りの装飾の役割を担っています。 よってベルトが有るのと無いのではスーツの着こなしが全く異なるものとなります。 目立つアイテムではないからといって、おざなりにするのではなく、知識を持って正しい着こなしを目指しましょう。 ベルトは、シャツとネクタイで合わせた胸元と、足元の革靴の色合わせを関連づけてくれる、スーツコーディネートの「繋ぎ」とも言える役割を果たしてくれてもいるので、十分に気を配りたいアイテムです。 白、黒、グレーなどモノトーンベースの色使いが基本となる結婚式において、少しの気のゆるみが、悪目立ちすることに繋がります。 カジュアルなシーンではなく、ルールのあるフォーマルシーンだからこそ、ベルト選びにも拘っていきましょう。 結婚式でのベルトの選び方 では実際に結婚式ではどういったベルトを選べば良いのでしょうか? 選び方は簡単です。 シューズとベルトの色・素材・質感・テイストを合わせることです。 まず色ですが・・・ 基本的な結婚式であれば、シューズは黒になるため、ベルトの色は黒になります。 次に素材ですが・・・ 結婚式で着用するシューズの素材は主に牛革になるため、ベルトも牛革を選びましょう。 見た目は本皮とほとんどかわらない合皮のベルトもありますが、耐久性や質感は本皮にはかないません。 合皮に比べ本皮は高価ですが、長く使うことを考えれば、本皮のほうが経済的だといえます。 次に質感ですが・・・ 例えばシューズがパテント(エナメル)やガラスコーティングされている光沢のある黒の革靴であれば、ベルトも同様に光沢のあるものを合わせましょう。 最後にテイストですが・・・ シューズが黒の内羽根のプレーントゥやストレートチップなどのフォーマリッシュなデザインであれば、ベルトもフォーマリッシュな雰囲気の、小ぶりのバックル、幅は3cm以下、両端に細いステッチがあり、中央部分に膨らみのあるものを合わせましょう。 このように、シューズと、色・素材・質感・テイストを合わせたベルトを選ぶことが大切です。 ここでは結婚式における黒の革靴を例にして紹介させていただきましたが、二次会などにおいて、茶色の革靴を履く時も同様の考え方で大丈夫です。 ベルトを通す穴部分だけでなく、腰の位置にくる箇所も痛みやすいため、結婚式の前に状態をチェックしましょう。 (カットできるタイプであれば、真ん中にくるように調整しましょう) 真ん中の穴で合わせることが基本であり、最もバランスよく見えます。 体型の変動などで使う穴が内外に一つずれるぐらいは問題ありませんが、二つ以上ずれる場合は、サイズ調整や新しく購入が必要になります。 在庫切れの場合はご了承ください。 その1 ナロータイプ シンプルな黒の革ベルトは必ず1本は持っておきたいものです。 ベルトは結婚式とビジネスの兼用使いでも問題ないですが、 普段ビジネスで使うベルトを結婚式で使う場合は、状態には気を配りましょう。 ベルト以外のスーツ、シャツ、ネクタイ、シューズを新しく購入した場合、ベルトだけが傷んでいるというのは勿体無いです。 結婚式の後に、普段の仕事用として使う分には問題ないので、結婚式の前にはベルトの状態をきちんとチェックし、必要に応じて新しく購入することも検討しましょう。 こちらのベルトは、2. 6cm幅のやや細めの、ピンバックルタイプのシンプルなデザインです。 バックルのカラーがマットなブラックシルバーになっており、結婚式の定番であるブラックスーツによく馴染みます。 またカーブベルト仕様という、腰の位置部分が最初から湾曲している形になっており、痛みづらく、長く使うことができます。 その2 リバーシブルタイプ• 2WAYのベルトがあることはご存知でしょうか?ベルトの表裏どちらも使える便利なリバーシブルタイプのベルトです。 画像左のベルトは黒とダークブラウンのリバーシブル仕様で、右側は黒とライトブラウンのリバーシブル仕様になっています。 バックルの部分を廻すだけで、色を変えることができます。 靴の色に合わせてベルトの表裏を使い分けることができます。 格式の高い結婚式などで黒の革靴を履く場合は、黒の面を。 友人の結婚式などでダークブラウンの靴を履く場合は、ダークブラウンの面を。 二次会などでライトブラウンの靴を履く場合は、ライトブラウンの面を。 1本あるだけで大活躍します。 その3 サイドパンチングタイプ 二次会やリゾートウエディングにおすすめのベルトが、こちらのブラックメッシュレザーベルトです。 スーツというよりは、ジャケットとパンツが異なる色で着こなす、ジャケパンスタイルに良く合います。 特にブラックのジャケットにグレーのパンツを合わせたモノトーンスタイルとの相性が良いです。 革とはいえメッシュだとカジュアルな印象が強いと思われますが、こちらのメッシュベルトは、幅が2. 7cmと細く、また滑らかな手触りのイタリアンレザーを使い、編み込みの目が詰まっているため、メッシュでありながらドレッシーな印象を演出できます。 まとめ いかがだったでしょうか、細かいアイテムながらも、侮れないのが結婚式のベルト選びです。 ベルトの代わりにサスペンダーをするというのも一つですが、主にゲストとして結婚式に出席する場合は、略礼装のブラックスーツやダークスーツが中心です。 その略礼装のスーツに関してはベルトループがついているため、サスペンダーではなくベルトのほうが相応しいといえます。 今回は結婚式のスーツに合わせるベルト選びにおける「ベルトにまで気を配る理由」「センターラインの色合わせは着こなしのルール」「ベルトの役割」「結婚式でのベルトの選び方」「結婚式にオススメのベルト3選!」を紹介させていただきました。 結婚式のスーツに合わせるベルト選びの参考になれば幸いです。 スーツセレクトは、北は北海道、南は沖縄、海外はThailandに約200店舗展開している、スーツショップです。 今回ご紹介したベルトは勿論のこと、結婚式におけるスーツ、シャツ、ネクタイ、シューズ、ポケットチーフ、カフスリンクス、ソックスなど、必要なアイテムを多数取り揃えております。 また知識豊富なプロの販売員が、皆様のお買い物をサポートさせて頂きます。 公式通販サイトとともに、お近くのスーツセレクト迄足を運んでみてください。

次の