次希美ブログ。 辻希美のブログ記事を批判した記事に反発「心底おかしい」

辻希美 夫杉浦太陽にハロウィーンは「ミイラになって!」→落ち着きのない人だなあ

次希美ブログ

元モーニング娘。 辻は「ハムやきゅうりや卵を星型にくり抜いたり、星の型のポテトを揚げたりしてみたけど…中学生の女子や4年生、2年生の男子にはなんのごっちゃでスルー… 一歳半の幸空もわかるはずはなく…完全に私の自己満 笑。 って事で簡単にご馳走様でした」と綴り、残念ながら子どもたちに全く気がついてもらえなかったことを明かした。 ネット上では「お母さんの意気込みが伝わってくる量ですね。 気が付かなくてもみんな大満足してると思う」「こんな手の混んだ料理作ってくれるお母さんがいて、お子様たち幸せだなー。 次はどんな料理なのかな?」などといった声が寄せられているが、一方で、 「正直、七夕以前にあまり美味そうに見えない。 黙って食べてるだけで十分では」「まさに自己満…織姫と彦星がガチでケンカしそうな料理だなあ」「星型とか見栄えだけ重視するから美味しそうに見えないのかな」「どうせいつもの炎上商法。 新型コロナウイルスによる外出自粛期間中は巣ごもり生活を送っていたという辻。 この間も頻繁に料理写真を投稿していたが、ネット上ではいつものように酷評が飛び交っていた。 (ケン高田).

次の

辻希美 ブログ炎上「最初はつらかった」徹子は同情「イチゴに練乳かけたっていいじゃない」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

次希美ブログ

最新記事 by 赤祖父(赤ソファ)• - 2020年6月1日• - 2020年3月23日• 」メンバーであり、草薙流古武術の継承者こと辻希美さんです。 (私物の辻ちゃんレシピ本。 紹介記事は。 ) 辻ちゃんのブログといえば「とにかく炎上しまくっている」というイメージがあるかもしれません。 とはいえ、マッチ1本レベルの火であっても家屋全焼レベルでも炎上は炎上。 そういう意味では辻ちゃんの「炎上」の実態はいまひとつ見えない、というのが正直なところではないでしょうか。 ある日の同サイト人気記事ランキングをご覧下さい。 なんと 10本中7本の記事が、 辻ちゃんの何らかの行動に批判殺到したことを伝えるものです。 同サイトは芸能人とネットを絡めたニュースも多いですが、これだけ人気のあるコンテンツであれば、需要に応えようと(というかPV取ろうとして)発信側も常に辻ちゃんの言動をチェックせざるを得ないのかもしれません。 デイリースポーツに誤解のクレームで「困ってます」 「デイリーニュース」は別会社なのに… こう見ると、とにかく辻ちゃんが息を吐くだけでも批判殺到しているように見えてきます。 同サイト内検索機能で「 辻希美 批判殺到」で記事検索をかけてみると…… 約12300件!! (記事作成時) 批判殺到が殺到しすぎ。 これは流石にブログの記事数より多いのは間違いないので、今度はGoogleでデイリーニュースの記事タイトルに「辻希美」が含まれる記事を検索してみました。 すると…… 辻ちゃん関連の記事は 306本ヒットしたようです。 全部は見きれませんが恐らく批判がその殆どでしょう。 批判殺到しているブログの内容とは 辻ちゃんの批判殺到を報じる記事の一例を見てみましょう。 辻希美、「自分が楽したいだけ」昼は即席ラーメンで夜は回転寿司に批判殺到 辻希美、「もう意味が分からない!」久しぶりに投稿した夕食写真に批判殺到 辻希美、「マナー違反でしょ!」書店内で撮影してブログ公開に批判殺到 読んでみるとわかるのですが、もう一種の様式美というか、記事テンプレートが仕上がっているのがよくわかります。 以下、当方で作成した記事テンプレートを置いておきますので、皆様のブログにて辻ちゃんの批判殺到を報じたい場合はご活用ください。 辻はこの日、「_____」というタイトルで__をアップし、__________した。 しかし、_____________がネット上で批判の対象となっている。 辻のこうした投稿に対しネット上では 「___________」 「___________」 「___________」 と厳しい批判が殺到してしまった。 辻の行為は_________と言えるかもしれない。 辻も今後は_________した方がよさそうだ。 「ネットの声」という表現はとても便利で、よくワイドショーやニュース番組などで街頭インタビューを行って「一般人の意見」として使われる例がありますが、それと同様に「ネットで見られた一般人の意見」として活用されています。 しかし街頭インタビューが劇団員などを使ったヤラセではないか、みたいな指摘もたまにあるように、適当な捨てTwitterアカウントでも作っておけば番組側の言いたいことが「ネットの声」になりますし、また大抵のモノゴトには賛否両論あるので、「見たいものだけ見ている」とするならば「ネットの声」という得体の知れない存在をタテにすることは、単なる自分の意見を大きく見せるフィルター、すなわち主語拡大装置として機能するわけです。 なので、本当にそんな「声」があったのかを一応確かめてみるのがインターネットの正しい使い方です。 殆どの人は忙しいのでいちいちそんなことはしないと思いますが、そんな皆様に代わって調べました。 ……そして結論から言うと、デイリーニュースオンラインの言う「ネットの声」は「」のことでした。 ママスタはその名の通り、子育て中の方が中心に利用されているコミュニティサイトのようです。 ママスタBBSにおける現在の辻ちゃんアンチのトピックは2011年設立で歴史がありますね。 (これでも、前のトピックは消えたらしいです) とはいえ一応、有名人たるものアンチの一人や二人いて当然。 公平にママスタBBSの有名人アンチトピックはどれだけあってどれだけの投稿があるのか、ベスト10を見てみました。 辻ちゃんのアンチ投稿は 約374万件(!) 3位以下とは文字通り桁違い、2位の海老蔵さん(約158万件)と比較してもダブルスコアという 圧倒的王者……!! いつ覗いてもあたらしい投稿がモリモリと…! そう、この辻ちゃんアンチのトピックは2011年9月13日設立、2018年8月1日までで設立2514日経過、投稿数が約370万件として割ると、 1日あたり平均で1417件の投稿があるという超活発なトピックと言えます。 そんなスピード感のスレッドは2ch(今は5ch)にもなかなか無いのではないでしょうか。 やっぱり辻ちゃんはゴイスー!! 辻ちゃんを批判する「ネットの声」は本当にあるのか? 次ページへ!.

次の

辻希美『ブログを始めるきっかけは“孤独な子育て”』大好きな人と結婚しよう【第22回】 辻希美の「大好きな人と結婚しよう」

次希美ブログ

最新記事 by 赤祖父(赤ソファ)• - 2020年6月1日• - 2020年3月23日• 」メンバーであり、草薙流古武術の継承者こと辻希美さんです。 (私物の辻ちゃんレシピ本。 紹介記事は。 ) 辻ちゃんのブログといえば「とにかく炎上しまくっている」というイメージがあるかもしれません。 とはいえ、マッチ1本レベルの火であっても家屋全焼レベルでも炎上は炎上。 そういう意味では辻ちゃんの「炎上」の実態はいまひとつ見えない、というのが正直なところではないでしょうか。 ある日の同サイト人気記事ランキングをご覧下さい。 なんと 10本中7本の記事が、 辻ちゃんの何らかの行動に批判殺到したことを伝えるものです。 同サイトは芸能人とネットを絡めたニュースも多いですが、これだけ人気のあるコンテンツであれば、需要に応えようと(というかPV取ろうとして)発信側も常に辻ちゃんの言動をチェックせざるを得ないのかもしれません。 デイリースポーツに誤解のクレームで「困ってます」 「デイリーニュース」は別会社なのに… こう見ると、とにかく辻ちゃんが息を吐くだけでも批判殺到しているように見えてきます。 同サイト内検索機能で「 辻希美 批判殺到」で記事検索をかけてみると…… 約12300件!! (記事作成時) 批判殺到が殺到しすぎ。 これは流石にブログの記事数より多いのは間違いないので、今度はGoogleでデイリーニュースの記事タイトルに「辻希美」が含まれる記事を検索してみました。 すると…… 辻ちゃん関連の記事は 306本ヒットしたようです。 全部は見きれませんが恐らく批判がその殆どでしょう。 批判殺到しているブログの内容とは 辻ちゃんの批判殺到を報じる記事の一例を見てみましょう。 辻希美、「自分が楽したいだけ」昼は即席ラーメンで夜は回転寿司に批判殺到 辻希美、「もう意味が分からない!」久しぶりに投稿した夕食写真に批判殺到 辻希美、「マナー違反でしょ!」書店内で撮影してブログ公開に批判殺到 読んでみるとわかるのですが、もう一種の様式美というか、記事テンプレートが仕上がっているのがよくわかります。 以下、当方で作成した記事テンプレートを置いておきますので、皆様のブログにて辻ちゃんの批判殺到を報じたい場合はご活用ください。 辻はこの日、「_____」というタイトルで__をアップし、__________した。 しかし、_____________がネット上で批判の対象となっている。 辻のこうした投稿に対しネット上では 「___________」 「___________」 「___________」 と厳しい批判が殺到してしまった。 辻の行為は_________と言えるかもしれない。 辻も今後は_________した方がよさそうだ。 「ネットの声」という表現はとても便利で、よくワイドショーやニュース番組などで街頭インタビューを行って「一般人の意見」として使われる例がありますが、それと同様に「ネットで見られた一般人の意見」として活用されています。 しかし街頭インタビューが劇団員などを使ったヤラセではないか、みたいな指摘もたまにあるように、適当な捨てTwitterアカウントでも作っておけば番組側の言いたいことが「ネットの声」になりますし、また大抵のモノゴトには賛否両論あるので、「見たいものだけ見ている」とするならば「ネットの声」という得体の知れない存在をタテにすることは、単なる自分の意見を大きく見せるフィルター、すなわち主語拡大装置として機能するわけです。 なので、本当にそんな「声」があったのかを一応確かめてみるのがインターネットの正しい使い方です。 殆どの人は忙しいのでいちいちそんなことはしないと思いますが、そんな皆様に代わって調べました。 ……そして結論から言うと、デイリーニュースオンラインの言う「ネットの声」は「」のことでした。 ママスタはその名の通り、子育て中の方が中心に利用されているコミュニティサイトのようです。 ママスタBBSにおける現在の辻ちゃんアンチのトピックは2011年設立で歴史がありますね。 (これでも、前のトピックは消えたらしいです) とはいえ一応、有名人たるものアンチの一人や二人いて当然。 公平にママスタBBSの有名人アンチトピックはどれだけあってどれだけの投稿があるのか、ベスト10を見てみました。 辻ちゃんのアンチ投稿は 約374万件(!) 3位以下とは文字通り桁違い、2位の海老蔵さん(約158万件)と比較してもダブルスコアという 圧倒的王者……!! いつ覗いてもあたらしい投稿がモリモリと…! そう、この辻ちゃんアンチのトピックは2011年9月13日設立、2018年8月1日までで設立2514日経過、投稿数が約370万件として割ると、 1日あたり平均で1417件の投稿があるという超活発なトピックと言えます。 そんなスピード感のスレッドは2ch(今は5ch)にもなかなか無いのではないでしょうか。 やっぱり辻ちゃんはゴイスー!! 辻ちゃんを批判する「ネットの声」は本当にあるのか? 次ページへ!.

次の