スレッド検索。 「和久田麻由子」のスレッド検索

スレッドとは

スレッド検索

「2ちゃんねる検索」ログイン後の画面。 シンプルなレイアウト 大規模掲示板「2ちゃんねる」は、掲示板検索サービス「2ちゃんねる検索」の正式サービスを開始した。 利用料は、2,000円で20,000ポイントが付与される。 2ちゃんねる検索は、2ちゃんねるの本文、投稿者ID、スレッドタイトルなどを検索できるサービス。 本文、スレッド名ともに書き込みから30秒程度で検索データベースに反映されるという。 本文検索には10ポイントが必要で、検索結果が複数ページに及ぶ場合、次のページに進むにも別途10ポイントが必要になる。 ID検索では、投稿者IDの先頭に「id:」を付けて検索すると該当する投稿者IDのコメントが検索できる。 こちらは47ポイントが必要。 なお、スレッド名検索は無料で利用できる。 dat落ちしたスレッドのURLの先頭に「dat:」を付けて、検索フィールドに入力すると閲覧できる。 2ちゃんねるでは、一定期間書き込みのないスレッドがhtml化されるまでの2~3カ月間、ブラウザで閲覧できなくなる状態を「dat落ち」と呼んでいる。 このほか、ポイントを利用したギャンブルや、掲示板カテゴリを証券とし保有数により配当ポイントを得ることができるデジタル証券機能、アンケート機能などの提供を予定しているという。 2ちゃんねる検索を利用するには、ログインページで「新しく登録」ボタンをクリックし、メールアドレスとパスワードを登録。 ここで入力したメールアドレス宛に検索サービス基本約款が送信される。 約款に同意し、メールに記されたURLにアクセスすることで、アカウントが有効になり、登録メールアドレス宛に振込み先口座などが別途送信される。 振込み先は約款に記載された検索サービス提供会社「有限会社未来検索ブラジル」。 振込む前にもログインは可能で、無料で提供されているスレッド名検索の利用ができる。 ログインページには、2ちゃんねる管理人ひろゆき氏に不明な点などを質問できる掲示板「こっそり検索相談所」も用意されている。

次の

スレッドとは

スレッド検索

はてな URLはダミーです。 もともとコンピュータの世界でのスレッドというのは、memory空間を共有するプロセスという意味なのですが、そこから転じて「意味を持った一連の流れ」として使われるようになりました。 最初はNetNewsの世界でだったと思います。 某大型掲示板のスレッドなんかその最たる例です。 ツリーなのかどうかは、スレッドすなわち意味の流れをどのように見せるかでしかありません。 スレッドという言葉には、ツリーかどうかという意味は一切含まれてないです。 人力検索はてな - 掲示板やMLなどでよく「スレッド」という言葉を耳にしますが、 これは「ツリー表示可能な一連の議論の記録」という意味でしょうか。 それとも、 ただ単に「スレッド」は「.. URLダミーです。 スレッドとは「一連の議論の記録」で、ツリーとはその表示形式になります。 ?「スレッド表示」という用語は、 本来の「スレッド」の定義からすると、 誤解を生みやすい表現でしょうか。 いいえ。 むしろ一般的 ただし、そのスレッドがどんな表示形式で表示されるかは「分かりにくい(明示されていない)」 ツリーとは階層を明示する形式なので、ツリー形式を用いるなら(スレッドの)ツリー形式と言うのが分かりやすい。 「りんごスレッド」 ---すき! ---嫌い! -どうして? ---RE:りんごスレ 上記の「表示形式」がツリー。 「りんごスレッド」 すき! 嫌い! どうして? RE:りんごスレ 上記の「表示形式」はスレッドの一覧表示であり、「ツリー表示」ではない。 「嫌い!」とそれへのレスである「どうして?」との関連性がわからない事に注目 例えば家系図はツリー。 (関連性を重視) そこに載っている名前が「スレッド」 名前の一覧(名簿)はスレッドの一覧にはなるけど、ツリー(系図)には成り得ない。 こんなところでどうでしょうか 回答ありがとうございます。 1. えと、その本来の意味とは、 プログラミング言語の方のスレッドの方でしょうか? いや、そこまでは言ってないです^^ 僕のようにスレッドというと、 ツリーを思い浮かべてしまう人のことです(汗。。。 そこまで勘違いする人はさすがにいないですね^^ 2. 様々な表示形式があるのは分かりました。。。 各用語の定義や実装方法の統一規格みたいなものはなさそうですね。 しかし、ご呈示いただいたURLですと、 ツリー表示、スレッド表示、トピック表示の各実装がハッキリしていますので、 他のサイトと実装形態が多少違っているとしても、 これでしたら問題ないですね。 Yahoo!

次の

パソコンで2ちゃんねるなどのスレッド内の単語を簡単に検索できる機能があったと...

スレッド検索

プログラムを効率よくするため、複数のスレッドに分け、同時に処理できるようにしたのが「 マルチスレッド」ということになります。 パソコンの頭脳とも言える「CPU」は高速で命令を処理しているため、OS 側で短い時間で CPU の利用を切り替えることでマルチスレッドに対応させることは可能ですが、切り替えにより処理の効率は落ちます。 そこで「CPU」の中に複数の「CPU」を組み込むことで、切り替えなく てもマルチスレッドに対応できるようになります。 そしてこの「CPU」の中にある「CPU」のことを「コア」と表現しているわけです。 それが「ハイパースレッディング・テクノロジー」というわけです。 ひとつのコアで2つのスレッドを処理するよりは、2つのコアで2つのスレッドを処理したほうが間違いなく速いので、CPU では基本的に他の条件が同じならコア数の多いほうが高速で高価となります。 同様に同じ条件の CPU に「ハイパースレッディング・テクノロジー」が搭載されると、搭載された CPU のほうが高速で高価となりますが、ひとつのコアに2つの作業をさせても処理は2倍にはならないので A.4つのコアで4つのスレッドを処理 B.2つのコアで「ハイパースレッディング・テクノロジー」を 使って4つのスレッドを処理 という2つを他の条件を同じで比べると、Aのほうが高速になります。 強引なイメージ図はこちら。 この図はインテルのハイパースレッディング・テクノロジーの紹介動画を参考にしたものです。 (英文) かなり大雑把な解説ですが、最近の CPU で使われる用語とその違いを理解する一助になればと思って書いてみました。

次の