純真 ギャル は 未来 から 来 た 幼馴染。 10年前から挿れて欲しくて。~純真ギャルは未来から来た幼馴染~(あおき七瀬)

『10年前から挿れて欲しくて。~純真ギャルは未来から来た幼馴染~』黒ギャルの正体は10年後の幼馴染!?

純真 ギャル は 未来 から 来 た 幼馴染

JavaScriptが無効です。 JavaScriptを有効にしてください。 コミュ力がなく地味な主人公・かなたには、幼馴染がいます。 それはクラスの人気者で委員長を務めているめぐるです。 かつては仲良く過ごしていたかなたとめぐるですが、高校でお互いにこのような立場になってしまったため、学校ではうまく話すことができていませんでした。 ある日、かなたがベッドで寝ているといきなり目の前に黒ギャルの女性が現れました。 しかもその女性はなんと10年後の未来から来ためぐるだというのです。 一体、何故かなたの前に姿を現したのでしょうか。 それでは、あらすじとともに作品をご紹介していきます。 紹介作品 「ずっとこうして欲しかった…ッ」目の前で日に焼けた肌を濡らしビクビクよがる黒ギャル…その正体は10年後の幼馴染!? 幼馴染はクラスの人気者 主人公・かなたはクラスの中ではコミュ力ド底辺、地味カースト筆頭の存在です。 そんなかなたと対照的な人物が、クラスで委員長を務めていて、人気者のめぐるです。 実はこの二人はお隣同士に住む幼馴染で、小学生までは日が暮れるまで毎日遊んでいた仲でした。 しかし今は立場が真逆である故に、チラッと目が合っても気恥ずかしくなってしまうかなたはすぐに目をそらしてそそくさと帰宅してしまいます。 それを見ためぐるはボソッと「…バッカみたい…」とつぶやくのでした。 学校から帰ってきたかなたは、ベッドに倒れこみます。 かなたはスマホでめぐるの写真をみながら、クラスメイトはめぐるとの関係を信じないだろうなと思い、そのまま眠ってしまうのでした。 未来からきためぐる!? 「…ねェ いつまで寝てんの?」 その声でかなたは目を覚まします。 すると目の前には見たことのない黒ギャルがいました。 かなたは驚きのあまり距離を取り、誰誰誰!?と叫びます。 その黒ギャルはどうやら、かなたの名前を知っているようです。 かなたが怖ッと引くとその黒ギャルはムキになりこう言いました。 「かなたが死ぬのを阻止するため 10年後の未来からやってきた… 立石めぐるよ!」と かなたは「は?」と依然、状況を理解できません。 更に立て続けに、かなたの死ぬ運命を変えるためには、この時代のめぐるとセックスをすることだと告げるのでした。 どうしてそのことを… かなたはメグの言うことはすべて滅茶苦茶だと言い張ります。 そもそも今のめぐるとの共通点がないため、かなたは信じようにも信じることができません。 するとメグは身に着けているピアスを見せてきました。 そのピアスの中にはピンク色の星の砂が入っています。 実はこの星の砂は小学校5年の時に、めぐるとかなたの家族で沖縄へ旅行に行った際に、海岸でかなたがめぐるにあげたものでした。 この星の砂をいまのめぐるは、瓶に入れて学校の鞄につけているとメグは言います。 どうしてそのことを…?とかなたは2人しか知り得ないことを何故メグが知っているのかと驚きを隠せません。 メグはかなたの上で馬乗りになり、真剣な表情で、 「全部…ホントなの…ッ! アタシはかなたを…死なせたくない!!」 と伝えるのでした。 アタシが教えてあげる 仮にメグの言うことが本当だったとしても、かなたはめぐるとのセックスに自信を持てず、躊躇してしまいます。 するとメグはこれだから童貞くんは嫌なのよ!と言って、強引にキスをしてきました。 メグはおもむろに服を脱いで、「……だいじょーぶ アタシが教えてあげる」とかなたの手を自分の股間へと運びます。 女性の身体を触ったことのないかなたは、本当にこんなことしていいのか…?と戸惑いながらも、メグに言われるままに愛撫をします。 かなたにクリを撫でられ続けるメグは、ピチャピチャと濡れてしまいイキそうになってしまうのでした。 めぐると同じ口癖 かなたはメグの下着を脱がせ、クンニをします。 しかしかなたの内心では「この人…本当に10年後のめぐるなのか…?」という疑念が晴れません。 我慢できなくなったかなたは挿入しようとしますが、メグは「初めてはめぐるにとっといて」と言って素股を指示しました。 かなたは初めての素股にすごく感じてしまいます。 ふとかなたは疑問に思ったことを口にします。 「メグ…さん 実は経験ないんじゃないですか?」と。 するとメグは、 「どっかの誰かのせいで…アタシは処女なんだよ…!! …ばっかみたい…」 と話したのです。 「ばっかみたい」それはかなたもよく知る、めぐるの口癖でした。 そこでメグのことを本当の本当に未来から来ためぐるだと認識したかなたは、体制を変えてより激しく素股をしてしまうのでした。 激しさを増したかなたとメグの素股は、隣に住んでいるめぐるの部屋にもドンと音が響いてしまうほどでした。 メグは「10年前から…ずっと…ッ こうして…ッほしかった…」と声を漏らしながら言います。 我慢できなくなった二人は、一緒にイってしまうのでした。 かなたに残された生きるための道とは… その後メグは、めぐるとかなたのことについて話し始めます。 めぐるはかなたのことが好きで、高校も一緒になれて、フラグも何回も経ったのに恥ずかしさでそのような素振りをみせることができなかったと。 そんな中かなたが死んでしまったとメグは話します。 かなたに残された生きる道はそのめぐるとのフラグを回収することだと言います。 するとメグは未来のめぐるのスマホを取り出しました。 そのスマホにはめぐるの後悔日記がつづられていました。 かなたはこの書き込みをもとに、行動を起こしていくのでした。 突如かなたの前に現れた黒ギャルは、かなたが死ぬのを阻止するために未来からやってきためぐるでした。 後悔日記をもとに今後かなたは今のめぐみとどのように向き合っていくのか気になります。 果たして、かなたとめぐみは結ばれることができるのでしょうか。 また、かなたは死という運命が逃れられることができるのでしょうか。 作品の続きが気になる方は、コミックフェスタで配信中の『10年前から挿れて欲しくて。~純真ギャルは未来から来た幼馴染~』を是非チェックしてみてください。 紹介作品 「ずっとこうして欲しかった…ッ」目の前で日に焼けた肌を濡らしビクビクよがる黒ギャル…その正体は10年後の幼馴染!?

次の

10年前から挿れて欲しくて。~純真ギャルは未来から来た幼馴染~(あおき七瀬)

純真 ギャル は 未来 から 来 た 幼馴染

JavaScriptが無効です。 JavaScriptを有効にしてください。 コミュ力がなく地味な主人公・かなたには、幼馴染がいます。 それはクラスの人気者で委員長を務めているめぐるです。 かつては仲良く過ごしていたかなたとめぐるですが、高校でお互いにこのような立場になってしまったため、学校ではうまく話すことができていませんでした。 ある日、かなたがベッドで寝ているといきなり目の前に黒ギャルの女性が現れました。 しかもその女性はなんと10年後の未来から来ためぐるだというのです。 一体、何故かなたの前に姿を現したのでしょうか。 それでは、あらすじとともに作品をご紹介していきます。 紹介作品 「ずっとこうして欲しかった…ッ」目の前で日に焼けた肌を濡らしビクビクよがる黒ギャル…その正体は10年後の幼馴染!? 幼馴染はクラスの人気者 主人公・かなたはクラスの中ではコミュ力ド底辺、地味カースト筆頭の存在です。 そんなかなたと対照的な人物が、クラスで委員長を務めていて、人気者のめぐるです。 実はこの二人はお隣同士に住む幼馴染で、小学生までは日が暮れるまで毎日遊んでいた仲でした。 しかし今は立場が真逆である故に、チラッと目が合っても気恥ずかしくなってしまうかなたはすぐに目をそらしてそそくさと帰宅してしまいます。 それを見ためぐるはボソッと「…バッカみたい…」とつぶやくのでした。 学校から帰ってきたかなたは、ベッドに倒れこみます。 かなたはスマホでめぐるの写真をみながら、クラスメイトはめぐるとの関係を信じないだろうなと思い、そのまま眠ってしまうのでした。 未来からきためぐる!? 「…ねェ いつまで寝てんの?」 その声でかなたは目を覚まします。 すると目の前には見たことのない黒ギャルがいました。 かなたは驚きのあまり距離を取り、誰誰誰!?と叫びます。 その黒ギャルはどうやら、かなたの名前を知っているようです。 かなたが怖ッと引くとその黒ギャルはムキになりこう言いました。 「かなたが死ぬのを阻止するため 10年後の未来からやってきた… 立石めぐるよ!」と かなたは「は?」と依然、状況を理解できません。 更に立て続けに、かなたの死ぬ運命を変えるためには、この時代のめぐるとセックスをすることだと告げるのでした。 どうしてそのことを… かなたはメグの言うことはすべて滅茶苦茶だと言い張ります。 そもそも今のめぐるとの共通点がないため、かなたは信じようにも信じることができません。 するとメグは身に着けているピアスを見せてきました。 そのピアスの中にはピンク色の星の砂が入っています。 実はこの星の砂は小学校5年の時に、めぐるとかなたの家族で沖縄へ旅行に行った際に、海岸でかなたがめぐるにあげたものでした。 この星の砂をいまのめぐるは、瓶に入れて学校の鞄につけているとメグは言います。 どうしてそのことを…?とかなたは2人しか知り得ないことを何故メグが知っているのかと驚きを隠せません。 メグはかなたの上で馬乗りになり、真剣な表情で、 「全部…ホントなの…ッ! アタシはかなたを…死なせたくない!!」 と伝えるのでした。 アタシが教えてあげる 仮にメグの言うことが本当だったとしても、かなたはめぐるとのセックスに自信を持てず、躊躇してしまいます。 するとメグはこれだから童貞くんは嫌なのよ!と言って、強引にキスをしてきました。 メグはおもむろに服を脱いで、「……だいじょーぶ アタシが教えてあげる」とかなたの手を自分の股間へと運びます。 女性の身体を触ったことのないかなたは、本当にこんなことしていいのか…?と戸惑いながらも、メグに言われるままに愛撫をします。 かなたにクリを撫でられ続けるメグは、ピチャピチャと濡れてしまいイキそうになってしまうのでした。 めぐると同じ口癖 かなたはメグの下着を脱がせ、クンニをします。 しかしかなたの内心では「この人…本当に10年後のめぐるなのか…?」という疑念が晴れません。 我慢できなくなったかなたは挿入しようとしますが、メグは「初めてはめぐるにとっといて」と言って素股を指示しました。 かなたは初めての素股にすごく感じてしまいます。 ふとかなたは疑問に思ったことを口にします。 「メグ…さん 実は経験ないんじゃないですか?」と。 するとメグは、 「どっかの誰かのせいで…アタシは処女なんだよ…!! …ばっかみたい…」 と話したのです。 「ばっかみたい」それはかなたもよく知る、めぐるの口癖でした。 そこでメグのことを本当の本当に未来から来ためぐるだと認識したかなたは、体制を変えてより激しく素股をしてしまうのでした。 激しさを増したかなたとメグの素股は、隣に住んでいるめぐるの部屋にもドンと音が響いてしまうほどでした。 メグは「10年前から…ずっと…ッ こうして…ッほしかった…」と声を漏らしながら言います。 我慢できなくなった二人は、一緒にイってしまうのでした。 かなたに残された生きるための道とは… その後メグは、めぐるとかなたのことについて話し始めます。 めぐるはかなたのことが好きで、高校も一緒になれて、フラグも何回も経ったのに恥ずかしさでそのような素振りをみせることができなかったと。 そんな中かなたが死んでしまったとメグは話します。 かなたに残された生きる道はそのめぐるとのフラグを回収することだと言います。 するとメグは未来のめぐるのスマホを取り出しました。 そのスマホにはめぐるの後悔日記がつづられていました。 かなたはこの書き込みをもとに、行動を起こしていくのでした。 突如かなたの前に現れた黒ギャルは、かなたが死ぬのを阻止するために未来からやってきためぐるでした。 後悔日記をもとに今後かなたは今のめぐみとどのように向き合っていくのか気になります。 果たして、かなたとめぐみは結ばれることができるのでしょうか。 また、かなたは死という運命が逃れられることができるのでしょうか。 作品の続きが気になる方は、コミックフェスタで配信中の『10年前から挿れて欲しくて。~純真ギャルは未来から来た幼馴染~』を是非チェックしてみてください。 紹介作品 「ずっとこうして欲しかった…ッ」目の前で日に焼けた肌を濡らしビクビクよがる黒ギャル…その正体は10年後の幼馴染!?

次の

『10年前から挿れて欲しくて。~純真ギャルは未来から来た幼馴染~』黒ギャルの正体は10年後の幼馴染!?

純真 ギャル は 未来 から 来 た 幼馴染

JavaScriptが無効です。 JavaScriptを有効にしてください。 コミュ力がなく地味な主人公・かなたには、幼馴染がいます。 それはクラスの人気者で委員長を務めているめぐるです。 かつては仲良く過ごしていたかなたとめぐるですが、高校でお互いにこのような立場になってしまったため、学校ではうまく話すことができていませんでした。 ある日、かなたがベッドで寝ているといきなり目の前に黒ギャルの女性が現れました。 しかもその女性はなんと10年後の未来から来ためぐるだというのです。 一体、何故かなたの前に姿を現したのでしょうか。 それでは、あらすじとともに作品をご紹介していきます。 紹介作品 「ずっとこうして欲しかった…ッ」目の前で日に焼けた肌を濡らしビクビクよがる黒ギャル…その正体は10年後の幼馴染!? 幼馴染はクラスの人気者 主人公・かなたはクラスの中ではコミュ力ド底辺、地味カースト筆頭の存在です。 そんなかなたと対照的な人物が、クラスで委員長を務めていて、人気者のめぐるです。 実はこの二人はお隣同士に住む幼馴染で、小学生までは日が暮れるまで毎日遊んでいた仲でした。 しかし今は立場が真逆である故に、チラッと目が合っても気恥ずかしくなってしまうかなたはすぐに目をそらしてそそくさと帰宅してしまいます。 それを見ためぐるはボソッと「…バッカみたい…」とつぶやくのでした。 学校から帰ってきたかなたは、ベッドに倒れこみます。 かなたはスマホでめぐるの写真をみながら、クラスメイトはめぐるとの関係を信じないだろうなと思い、そのまま眠ってしまうのでした。 未来からきためぐる!? 「…ねェ いつまで寝てんの?」 その声でかなたは目を覚まします。 すると目の前には見たことのない黒ギャルがいました。 かなたは驚きのあまり距離を取り、誰誰誰!?と叫びます。 その黒ギャルはどうやら、かなたの名前を知っているようです。 かなたが怖ッと引くとその黒ギャルはムキになりこう言いました。 「かなたが死ぬのを阻止するため 10年後の未来からやってきた… 立石めぐるよ!」と かなたは「は?」と依然、状況を理解できません。 更に立て続けに、かなたの死ぬ運命を変えるためには、この時代のめぐるとセックスをすることだと告げるのでした。 どうしてそのことを… かなたはメグの言うことはすべて滅茶苦茶だと言い張ります。 そもそも今のめぐるとの共通点がないため、かなたは信じようにも信じることができません。 するとメグは身に着けているピアスを見せてきました。 そのピアスの中にはピンク色の星の砂が入っています。 実はこの星の砂は小学校5年の時に、めぐるとかなたの家族で沖縄へ旅行に行った際に、海岸でかなたがめぐるにあげたものでした。 この星の砂をいまのめぐるは、瓶に入れて学校の鞄につけているとメグは言います。 どうしてそのことを…?とかなたは2人しか知り得ないことを何故メグが知っているのかと驚きを隠せません。 メグはかなたの上で馬乗りになり、真剣な表情で、 「全部…ホントなの…ッ! アタシはかなたを…死なせたくない!!」 と伝えるのでした。 アタシが教えてあげる 仮にメグの言うことが本当だったとしても、かなたはめぐるとのセックスに自信を持てず、躊躇してしまいます。 するとメグはこれだから童貞くんは嫌なのよ!と言って、強引にキスをしてきました。 メグはおもむろに服を脱いで、「……だいじょーぶ アタシが教えてあげる」とかなたの手を自分の股間へと運びます。 女性の身体を触ったことのないかなたは、本当にこんなことしていいのか…?と戸惑いながらも、メグに言われるままに愛撫をします。 かなたにクリを撫でられ続けるメグは、ピチャピチャと濡れてしまいイキそうになってしまうのでした。 めぐると同じ口癖 かなたはメグの下着を脱がせ、クンニをします。 しかしかなたの内心では「この人…本当に10年後のめぐるなのか…?」という疑念が晴れません。 我慢できなくなったかなたは挿入しようとしますが、メグは「初めてはめぐるにとっといて」と言って素股を指示しました。 かなたは初めての素股にすごく感じてしまいます。 ふとかなたは疑問に思ったことを口にします。 「メグ…さん 実は経験ないんじゃないですか?」と。 するとメグは、 「どっかの誰かのせいで…アタシは処女なんだよ…!! …ばっかみたい…」 と話したのです。 「ばっかみたい」それはかなたもよく知る、めぐるの口癖でした。 そこでメグのことを本当の本当に未来から来ためぐるだと認識したかなたは、体制を変えてより激しく素股をしてしまうのでした。 激しさを増したかなたとメグの素股は、隣に住んでいるめぐるの部屋にもドンと音が響いてしまうほどでした。 メグは「10年前から…ずっと…ッ こうして…ッほしかった…」と声を漏らしながら言います。 我慢できなくなった二人は、一緒にイってしまうのでした。 かなたに残された生きるための道とは… その後メグは、めぐるとかなたのことについて話し始めます。 めぐるはかなたのことが好きで、高校も一緒になれて、フラグも何回も経ったのに恥ずかしさでそのような素振りをみせることができなかったと。 そんな中かなたが死んでしまったとメグは話します。 かなたに残された生きる道はそのめぐるとのフラグを回収することだと言います。 するとメグは未来のめぐるのスマホを取り出しました。 そのスマホにはめぐるの後悔日記がつづられていました。 かなたはこの書き込みをもとに、行動を起こしていくのでした。 突如かなたの前に現れた黒ギャルは、かなたが死ぬのを阻止するために未来からやってきためぐるでした。 後悔日記をもとに今後かなたは今のめぐみとどのように向き合っていくのか気になります。 果たして、かなたとめぐみは結ばれることができるのでしょうか。 また、かなたは死という運命が逃れられることができるのでしょうか。 作品の続きが気になる方は、コミックフェスタで配信中の『10年前から挿れて欲しくて。~純真ギャルは未来から来た幼馴染~』を是非チェックしてみてください。 紹介作品 「ずっとこうして欲しかった…ッ」目の前で日に焼けた肌を濡らしビクビクよがる黒ギャル…その正体は10年後の幼馴染!?

次の