ドコモ光 引越し 手続き。 ドコモ光の引っ越しは解約+新規でキャンペーンを適用させた方がお得に開通できるか徹底比較!やり方と注意点を紹介 2020年7月

ドコモ光の引越し手続きと流れ!移転・解約新規・乗り換えの費用はどれがお得?

ドコモ光 引越し 手続き

引越しの際はインターネット回線手続きだけでなく、やることがたくさん 毎年3〜5月の引越しシーズンや、急な転勤などにより、引越しをする方は1年を通して大勢います。 引越しの際には、荷造り以外にも、賃貸物件の引き払いや役所関連の事務手続き、ライフライン、金融関連の登録情報の変更など、やらなければならないことが非常にたくさんあるでしょう。 引越しが決まった際は、少しでもスムーズに作業を行えるようにしたいところです。 そのなかでも、比較的時間を要するのが「インターネット回線」に関する手続き。 今はネットの時代なので、インターネットが使えない状態では様々な面で支障が出る場合もあるくらいです。 引越しの際にインターネット回線の契約や手続きをスムーズにトラブルなく行うために、引越しに伴うインターネット回線に関する内容をしっかりチェックしていきましょう。 引越し先のインターネット回線が対応しているか確認 現在使っているインターネットサービスに特に不満がないのであれば、解約等を行わずに移転手続きを行うという選択肢があるでしょう。 移転できるかどうかは契約中の会社や移転先の設備状況によっても異なるため、まず契約中のインターネット事業者に問い合わせてみてください。 また、新規として別のインターネット回線を契約したい場合も同様に、引越し先で対応しているかどうかは事前に確認しておきましょう。 このエリア検索をしておくことで、引越し先のインターネット回線の契約や手続きをスムーズに行うことができるはず。 まずは準備の第一段階として、引越し先のエリアで希望する回線が使えるかどうかの確認が必要です。 ただしスマホやタブレットによる無線接続の頻度が多い場合には、ポケットwi-fiのほうが便利という方もいるかもしれません。 すでにいろいろなタイプのサービスが登場しているので、幅広い視点で検討すると良いでしょう。 引越し時におけるインターネット回線の手続き 引越しにおいて、インターネット回線の手続きは時間を要するということをご存知でしょうか。 インターネット回線のエリア確認から始まり、契約 移転 申込み、モデム受取 交換 、引越し先での工事、開通確認と、インターネットが引越し先で正常に繋がるまで、ある程度の時間がかかるという点は認識しておいてください。 目安としては2週間〜4週間を見ておくと安心ですが、引越しシーズンの場合、繁忙期としてそれ以上の時間がかかる場合もあるかもしれません。 特に「絶対にこの日に開通させたい!」という場合は、事前に余裕をもって準備しておきましょう。 引越し時のインターネット回線の手続きはどんなものがある? 一言で引越しの際のインターネット回線手続きと言っても、状況によって手続き方法は異なります。 ここでは、ケース別の手続き方法を簡単にご紹介していきますので、参考にしてみてくださいね。 継続して同じサービスを使いたい場合 引越し前住居にて契約しているインターネット回線を、そのまま引越し先でも使いたい場合は「移転手続き」となります。 この場合は、それぞれの回線元に連絡をして「引越しのために移転手続きを行いたい」胸をお伝えください。 基本的に引越し先が対応しているエリアであれば、登録情報を変えて引越し先で工事を行うだけになりますので、この方法が楽かもしれません。 ただしこの方法の注意点として、引越し先で工事が必要な場合、大幅な工事費がかかる可能性があるという点です。 この工事費も回線によっては30000円ほどかかる場合もありますので、そういった場合は他者の回線を新規契約したり、一度解約して新たに考え直した上で同じ回線を契約するという方法を取る方も!新規契約の場合は工事費無料やキャッシュバック特典をうまく活用してお得に工事費をカバーすることができることも多いのです。 また、フレッツ光の場合は、回線元としてNTT東日本とNTT西日本がそれぞれのエリアを管轄しています。 エリアをまたぐ引越しの場合、移転手続きではなく引越し先での新規契約となりますのでその点も頭に入れておきましょう。 プロバイダはそのままで回線だけ変えたい場合 プロバイダーはそのまま継続したいけど、回線を変更したい場合や引越し先がこれまでの回線に対応していない場合もあるでしょう。 そんなとき、プロバイダーはそのままに、回線変更をすることもできるのをご存知でしょうか。 変更先の回線業者にまず連絡をして、プロバイダはそのままで、回線を変更したい旨を伝えます。 その後の流れを説明してくれるはずなので問い合わせて見てくださいね。 また、最近では新しい光回線サービスとしてNTTのフレッツ光回線を利用した「光コラボレーション」も登場しています。 プロバイダと回線がセットになった契約になりますが、大手プロバイダサービスを展開している業者の場合、独自の回線サービスとして、この光コラボレーションを提供している場合も多いです。 こうした様々な選択肢を考慮した上で、お得に使える回線を選ぶようにしてくださいね。 また、ドコモスマホをお持ちの場合は「ドコモ光」がおすすめ!So-netやbiglobe,OCN,とくとくbb,ぷらら plala などをプロバイダとして使えて、ドコモスマホとのセット割も適用できるようになっています。 引越し先でもプロバイダをそのまま継続した上でドコモ光を使うこともできるようになっているため、ぜひチェックしてみてくださいね。 回線はそのままでプロバイダだけ変えたい場合 回線はそのまま継続して使いたいけれど、引越しを機にプロバイダを変更したいという場合は回線の移転手続きを行なった上で新規でプロバイダを契約します。 もともと使っているプロバイダに関しては引越し日に解約するなどすれば、ギリギリまでインターネットを利用できるでしょう。 回線もプロバイダも変えたい場合 インターネット回線の契約を見直し、引越し先で新たな回線に変更したい場合などは、現在利用している回線・プロバイダを解約して新規申し込みを行うかたちになります。 そのほか、現在利用している回線が引越し先で未対応の場合もこの方法をとる方が多いかもしれません。 この方法は解約金や工事費用がかかる場合もあるというデメリットがあるものの、新規契約の特典が受けられることも多いです。 現金キャッシュバックなどの特典を用意されているところで契約すれば、工事費や解約金の負担なしに変更することが可能になるでしょう。 フレッツ光から光コラボレーションへ変える選択肢も 最近では光コラボレーションというサービスも浸透しつつあります。 光コラボレーションはフレッツ光回線を利用したサービスなので、フレッツ光と同等の質が提供されるサービスと言って良いでしょう。 これを使いたい場合は、新規契約もしくは転用、事業者変更という方法がありますが、引越しを機にフレッツ光から光コラボレーションへ変更したいという場合は「転用」としてスムーズに契約することができます。 転用の場合は解約手続き等の必要がなく、転用手続きを行えば良いため比較的スムーズに手続きが行えるでしょう。 ただし、引越しのエリアによっては「転用」ができない場合ある点は注意が必要です。 NTT東日本・NTT西日本をまたいでの引越しの場合は転用ではなく新規扱い。 東日本・西日本それぞれの管轄内での引越しの場合には「転用」を行えるようになっています。 引越し先で初めてインターネット回線を使いたい場合 これまでインターネットを使っていなかった方や初めての一人暮らし、転勤、Wi-Fiルーターの契約だった方などは、引越し先や新居で「新規」としてインターネット回線を契約することになります。 特に初めて回線契約をする場合は慣れていないため、余裕を持って動いておくと安心でしょう。 新規契約の場合、申込み窓口によって特典内容が全く異なります。 ほとんど特典がない場合もあれば、工事費無料・キャッシュバック等の豊富な特典でお得に契約できる場合も!ぜひ少しでもお得な特典やキャンペーンを行なっているところを探してみてくださいね! 引越し時のインターネット回線の手続きは余裕を持つ 今回ご紹介した引越しに伴うインターネット回線の手続きはどの方法をとっても、時間はかかります。 冒頭でも触れた通り、引越しシーズンと呼べれる3月から5月にかけては特にそう言えるはずです。 回線契約の際は、工事が必要となり、宅内立会いが必要な場合も多くあります。 こうした工事費の日程調整がスムーズにいかない場合に時間がかかるのです。 特に土日祝日の工事を希望する場合は、混雑しやすいため早めの手続きを行なっておくと安心です。 事前に契約しても、工事日や開通日に注意すれば二重発生することもありませんので、引越しが決まった段階ですぐに動いておくことをおすすめします! また当サイトでは、電話やインターネット上で無料相談を受付中。 できるだけ早く手続きしたい場合や引越し先の回線契約について迷っている場合など、無料相談をご活用いただけます! 電話: 受付時間は10:00から20:00 WEB: 引越し時のインターネット回線の手続きに関する注意点 費用が莫大にかかることも? 引越しの際に行うインターネット回線の手続きに伴い、費用が発生する場合があります。 解約することで発生する解約金や工事費残債、新たな工事費用や登録料など、これらがもしも全部発生した場合、大きな負担になってしまいますよね。 その場合にお勧めしたのが、キャッシュバック特典や工事費無料のキャンペーンを行なっている回線や申し込み窓口を利用すること。 10000円以上のキャッシュバックを行なっている場合もありますので、そういった窓口を探すことをおすすめします。 インターネットが使えない期間がある 引越しの際にどうしても発生してしまう問題点が「インターネットを使えない時間がある」という点。 しかも、引越しの当日に開通できれば数時間程度で済みますが、混雑状況によって数日待たなければならないというケースも多くあるのです。 数日間もインターネットに繋げられないのは困ってしまうという場合は、スマホのテザリング機能を使うという選択肢もあるでしょう。 でも、スマホの通信容量を大幅に消費してしまうのであまりお勧めはできません。 当サイトでは、お申し込みいただいた方に、どこでもインターネットに接続できるモバイルルーターを無料貸し出ししています。 このモバイルルーターがあれば、いつでもどこでもインターネットが使えるため安心して引越しを迎えることができるのではないでしょうか。 しかもプロバイダによっては開通後に宅内で使える「Wi-Fiルーター」を無料でレンタルできる場合も! 当サイト独自の限定特典となっていますので、お早めにご利用ください! 新規契約するならドコモ光がおすすめ! NTTのフレッツ光のサービスエリアに転居するなら、ドコモ光がおすすめです。 最大1Gbpsの高速インターネット接続で、動画も快適に楽しめます。 ドコモ光専用のルーター01を併用すれば、家中どこでもWi-Fiに接続できるように。 料金を気にせずスマホやタブレットでインターネットを楽しめます。 新規申し込みでdポイントプレゼント&工事費無料キャンペーンが適用に! ドコモ光では、新規申し込みの方全員に期間限定のdポイント10,000ptを進呈中です。 dポイントはドコモのケータイ代金に充当したり、dマガジンなどのコンテンツに利用できます。 マクドナルドやローソンといった街のお店でも使えて便利! さらにドコモ光は2019年9月1日から期間限定で「新規工事料無料キャンペーン」を実施中です。 新規契約の際に発生する工事には数万円程度の費用が掛かります。 このキャンペーンを適用すれば基本工事料が無料になるので、通常よりもコストを抑えてインターネット環境を整えられます。 本サイトからの新規申し込みで引っ越し応援特典も! 引っ越しを機にドコモ光に切り替えるなら、ぜひ本サイトからお申し込みください。 サイト独自の「引っ越し応援特典」で15,000円をキャッシュバック!さらに開通前はモバイルルータ、開通後は無線ルーターの無料レンタルも行なっていますので、非常にお得に手続きができるでしょう。 引越しに伴うインターネット回線の手続きはスムーズに 今回は引越しに伴うインターネット回線に関する手続きについてご紹介しました。 特に引越しシーズンと呼ばれる3から5月にかけて、インターネット回線に関する契約や手続きがピークを迎えます。 インターネットの時代だからこそ、毎日の生活になくてはならないものとして、引越し先でもできるだけすぐに使える状態にしておきたいところ。 ぜひ今回の内容を参考にして、引越しの際にどの方法を選択してインターネット回線の契約や手続きを行うのか、考えてみてください。 当サイトでは、引越しに関するインターネット回線の契約見直しや少しでもお得にする方法をご紹介しています。 お困りの方やとにかくすぐに手続きしたいという方は、一度無料相談をご活用ください!.

次の

【ドコモ光の引越し(移転)を解説】注意点3点と工事費用や手順をわかりやすく解説

ドコモ光 引越し 手続き

ドコモ光の引っ越し手続きについて ドコモ光を契約している住所から引っ越しが決まった場合、引っ越し先でもドコモ光をそのまま継続して利用する為には手続きが必要です。 それでまずは、ドコモ光を引っ越し先でも利用する為の「移転」とはどんな手続きなのか、そして引っ越しの手続き方法についてご紹介します。 ドコモ光の「移転」とは ドコモ光を継続して引っ越し先のご自宅でも利用するには 「移転」という手続きが必要です。 引っ越し先でもドコモ光を継続契約する場合、「光回線」を引っ越し先でも引き込む工事が必要になるため、 引越日が決定したら なるべく早く引っ越し手続きをすることをおすすめします。 ドコモ光の引っ越し手続きをする場合は「契約ID」などが必要になので事前準備をして手続きをするようにしましょう。 ドコモ光の引っ越しに必要な手数料と工事費が必要な理由 契約中のドコモ光を引っ越し先住所でも継続利用する場合は手続き以外にも費用も考えておく必要があります。 ドコモ光の 引っ越しに関わる費用としては 以下の2つが重要です。 移転事務手数料• 引っ越し先の工事費 上記2点の引っ越し費用を以下で詳しく解説します。 移転事務手数料について ドコモ光を引っ越し先でも継続して契約する場合「移転事務手数料」の支払いが必要です。 移転事務手数料 2,000円 上記のようにドコモ光の引っ越し手続きには2,000円の手数料が必要です。 この「移転事務手数料」は引っ越し先で実施したドコモ光の 開通工事の翌月にドコモ光の月額料金と 合算されて1度だけ請求されます。 ドコモ光の引っ越し手続きには2,000円の手数料が必要だという事をまず覚えておいてください。 工事費が必要な理由とは ご存じの方も多いですが、ドコモ光は「光回線」を利用してインターネットに接続します。 ドコモ光は「光回線」を使っている ドコモ光の引っ越し手続きを考えている方なら、既にドコモ光を契約しているはずです。 ドコモ光を契約した際にはインターネット接続に利用する「光回線」を宅内へ引き込む開通工事を工事業者が訪問して実施した記憶があると思います。 引っ越し先でも「光回線」を引き込む工事が必要 引っ越し前の現在ドコモ光を契約している住所では、ドコモ光で利用する「光回線」が既に引き込まれている状態です。 しかし、引っ越し先ではドコモ光で利用する「光回線」が引き込まれていない状態なので、 引っ越し先の住所でも「光回線」を引き込む開通工事が必要です。 引っ越し先で実施するドコモ光の開通工事の 工事費は契約者負担です。 そこでここからは、ドコモ光の引っ越し先で実施される開通工事や工事費に関する必ず知っておくべき内容を詳しくご紹介します。 現住所と引っ越し住所はどこのエリアか確認する 引っ越し先の工事費を確認するには、 ドコモ光を契約している 「現住所」と引っ越し先の 「引越住所」が NTT東日本エリアか、NTT西日本エリアかを確認する必要があります。 ドコモ光はNTT東西の「光回線」を借りている ドコモ光は「株式会社NTTドコモ」が提供しているサービスですが、「NTT東日本」と「NTT西日本」の光回線を借りて提供されています。 現在の住所「NTT東日本エリア」 引っ越し先「NTT東日本エリア」• 現在の住所「NTT西日本エリア」 引っ越し先「NTT西日本エリア」 上記のようにドコモ光を 「契約中の住所」と「引っ越し住所」が NTT東日本管内、もしくはNTT西日本管内であれば、ドコモ光の 引っ越し先での工事費は以下です。 引っ越し先の 住居タイプ 開通工事費 戸建住宅 9,000円 集合住宅 7,500円 出典: ドコモ光を 契約中住所と引っ越し先住所どちらも「NTT東日本エリアの都道府県」もしくは「NTT西日本エリアの都道府県」だった場合、引っ越し先で実施する「光回線」を宅内へ引き込む開通工事の工事費は 戸建住宅なら9,000円、 集合住宅なら7,500円です。 エリアをまたぐ引っ越しの場合の工事費• 現在の住所「NTT東日本エリア」 引っ越し先「NTT西日本エリア」• 現在の住所「NTT西日本エリア」 引っ越し先「NTT東日本エリア」 続いて、ドコモ光の 契約中住所と引っ越し先住所のエリアが違う場合(エリアをまたぐ引っ越しの場合)の 工事費は以下となります。 引っ越し先の 住居タイプ 開通工事費 戸建住宅 18,000円 集合住宅 15,000円 出典: ドコモ光を契約中の住所が「NTT東日本エリア」の都道府県で、引っ越し先住所が「NTT西日本エリア」の都道府県となる場合、またその逆で「NTT西日本エリア」から「NTT東日本エリア」へ引っ越しする場合など、 NTT東日本とNTT西日本の エリアをまたぐ場合の引っ越し先の工事費は 戸建住宅は18,000円、 集合住宅は15,000円です。 このように、ドコモ光の引っ越しではNTT東日本・NTT西日本の「エリア内の引っ越し」か「エリアをまたぐ引っ越し」かによって引っ越し先で実施する開通工事の工事費に違いがある事も覚えておいてください。 ドコモ光「光電話」「光テレビ」の引っ越しについて ドコモ光ではインターネット契約に加えて「光電話」や「光テレビ」のオプション契約をしている人もいると思います。 ドコモ光のオプションサービス「光電話」「光テレビ」 ドコモ光のオプションサービスである「光電話」は、インターネット接続にも利用される「光回線」を利用した自宅の固定電話サービスです。 また「光テレビ」も「光回線」を利用して地上波デジタル放送やBSデジタル放送などが視聴可能となるサービスです。 引っ越し先で「光電話」「光テレビ」を利用する場合に 別途工事費が必要です。 「光電話」「光テレビ」の工事費について ドコモ光のインターネット契約以外の「光電話」や「光テレビ」を契約中の場合、引っ越し先で改めて工事が必要です。 引っ越し先での「光電話」や「光テレビ」の工事費は以下です。 オプション 工事費 光電話 1,000円 光テレビ• 基本工事費 3,000円• 設置工事費 6,500円~ 「ドコモ光電話」も引っ越し先で利用する場合、インターネットの工事費とは別に光電話工事費の1,000円の支払いが必要です。 また、「ドコモ光テレビオプション」も引っ越し先での工事費が3,000円からとなっています。 ドコモ光のネット契約以外にも引っ越し先で「光電話」や「光テレビ」を継続したい場合には、インターネットの工事費以外に別途工事費の支払いが必要です。 引っ越しで光電話の電話番号が変更になる場合もある ドコモ光のオプション固定電話サービス「光電話」も引っ越し先で利用する場合に、最低限知っておくべき注意点は現在利用中の「電話番号」です。 「ドコモ光電話」または、NTT東日本/西日本(以降「NTT東西」といいます」)が提供するひかり電話をご契約の場合は、お引越し(移転)に伴って電話番号が変更となる場合があります。 出典: 上記に記載の通り「ドコモ光電話」もしくは「NTTひかり電話」をドコモ光で利用中の場合、 引っ越し先で固定電話で利用する電話番号がそのまま利用出来ずに変更になる場合があります。 ドコモ光の引っ越し手続きの際、光電話も引っ越し先で利用する手続きをすると、後日NTT東日本もしくはNTT西日本から光電話の引っ越し手続きについての案内が電話で来ます。 その案内電話の際に電話番号が変わるのかも尋ねてみてください。 光テレビは契約可能なエリアがある 現在、ドコモ光のネット契約に加えて「ドコモ光テレビオプション」も契約している人で、引っ越し先でも利用したい場合、 引っ越し先のエリアが「ドコモ光テレビオプション」の提供外だと継続利用が出来ません。 お客さまが引越しされる場合、引越し先がNTT東西のフレッツ・テレビ未提供エリアのときは、「ドコモ光テレビオプション」を引越し先で継続してご利用になれません。 出典: 引っ越し前のドコモ光の契約を一旦解約する方法は、通常通りの解約手続きと同じです。 そこで以下ではドコモ光を解約する方法と解約に伴う解約金についてご紹介します。 解約方法 ドコモ光の 解約方法は以下の2つの方法があります。 電話で解約手続きをする• ドコモショップで解約手続きをする 近くにドコモショップがあれば店舗でもドコモ光の解約手続きが可能です。 しかし、ドコモショップの場合は店舗まで行かなくてはなりませんし、待ち時間もあるのでおすすめしません。 電話番号• ドコモ携帯電話から (局番なし)151(無料)• 一般電話などから 0120-800-000 受付時間 午前9時~午後8時 出典: 上記の電話番号へ受付時間内に電話をするとオペレーターが ドコモ光の解約手続きの対応をしてくれます。 「ドコモ光を解約したい」旨を伝えてください。 ドコモ光の解約手続きには「ネットワーク暗証番号」や「契約ID(お客さまID)」が必要です。 契約時に郵送されてきた書類などを事前に準備しておくと便利です。 解約に伴う解約金 ドコモ光を 解約する場合には以下のような 解約金の支払いが必要です。 引っ越し先の 住居タイプ 解約金 戸建住宅 13,000円 集合住宅 8,000円 出典: ちなみに、 解約金の支払いが不要になる場合があります。 解約金の支払いイメージ 多くの人はドコモ光を「2年定期契約」という24ヶ月間の契約期間があるプランで契約しています。 24ヶ月目を「定期契約満了月」といい、解約手続きしなければ翌月から契約が自動更新されて新たに24ヶ月間の契約が始まります。 このお得にドコモ光を新規契約可能なプロバイダ「DTI」のページから申込契約すると、 このページ限定で15,000円がキャッシュバックされます。 また、 無線Wi-Fiルーターが無料でレンタル出来たり、 開通工事費が無料になるなどお得にドコモ光を契約可能です。 プロバイダ「DTI」 シークレットページ限定 キャッシュバック 15,000円 キャッシュバック dポイント dポイント 2,000ptプレゼント (2,000円分) 無料レンタル 無線Wi-Fiルーター 契約期間中は永年 レンタル無料 開通工事費 新規契約時の 開通工事費が無料 ドコモ光を引っ越し先で新規契約する場合、以前の契約者名を嫁や子供などにして新規契約の申し込みをするとキャッシュバックが貰える可能性が高まります。 \15,000円キャッシュバック/ ドコモ光プロバイダ「DIT」 引っ越し手続き(移転)と比較してみた 通常通り、ドコモ光を引っ越し先で利用可能にする 「引っ越し手続き(移転)」をした場合と、上記でご紹介した一度ドコモ光を解約して 「引っ越し先で新規契約(解約新規)」する場合とでは どちらがお得かをまとめて比較してみました。 解約新規 (一旦解約・新規契約) 引っ越し 手続き (移転) 手数料 契約事務手数料 3,000円 移転事務手数料 2,000円 開通工事費 無料• 戸建住宅 9,000円~ 18,000円• 集合住宅 7,500円~ 15,000円 キャッシュ バック プロバイダ「DTI」なら 15,000円 キャッシュバック - dポイント プレゼント 2,000pt Web特典 5,000pt 無線Wi-Fi ルーター プロバイダ「DTI」なら 無料レンタル - お得に感じる方を赤くしてみましたがいかがでしょうか? 通常通りにドコモ光を引っ越し手続きするよりも、一旦解約してから引っ越し先で改めてプロバイダ「DTI」のシークレットページで新規契約した方がお得になりませんか? まとめ この記事では現在ドコモ光を利用してる人が引っ越し先でもドコモ光をそのまま利用するための移転手続きや住所変更、引っ越し先の工事費について調査してみましたがいかがだったでしょうか。 ドコモ光の移転手続きは電話で済みますので意外に簡単なのですが、現在の住所と引っ越し先の住所のエリアによって工事費用が違うことが解りました。 また、引っ越し先で至急ドコモ光を利用しなくてよい人は一旦解約してから、再度新規でドコモ光を申し込む方法もありますのでご検討ください。

次の

ドコモ光 工事料金シュミレーション

ドコモ光 引越し 手続き

引っ越しに伴うドコモ光の 新規申し込み時や 移転時に、 新しくドコモ光回線を引く住所が 新築の場合、 通常よりも手続きから開通までにかなりの時間がかかります。 この事実をあらかじめ認識していれば、どうにでも対処方法はあります。 ただ、まったくその事実を知らずに、引っ越し直前にドコモ光を改めて新規か移転で申し込みすると、「 インターネットを利用できるようになるまで2ヶ月以上かかります」などと急に言われて慌ててしまう、というケースは少なくありません。 さすがに2ヶ月以上もインターネットが利用できないと、生活や仕事に大きな影響が出てしまう可能性もあります。 既に現代の生活にインターネットは必須となっていますので、 新しい住所でのインターネット環境については、必ず事前に確認しておく必要があります。 これは、 新築の場合でも中古住宅やマンションの場合でも同じです。 実際に新しい住所(新築/中古)でドコモ光の申し込みをして工事を実施し、引っ越しするまでの流れについて、確認していきます。 ドコモ光についてより詳しく知りたい方はこちら:「 」 ドコモ光の工事料金詳細についてはこちら:「」 目次• 新築・住所なしの場合のドコモ光申し込みの流れ 新築はNTTのエリアマップに登録されていない ドコモ光の提供エリアは、 NTTフレッツ光の提供エリアと同一です。 そのため、提供エリアを調べる場合には、 NTT東西フレッツの公式サイトにて確認ができます。 通常、サービス提供エリア外だった場合には、「 現在ご利用いただけないエリア」という風に出てきますが、 新築物件のエリア検索を行う際には、そもそもその住所自体が出てこないことがあります。 これはすなわち、 NTTの光サービス提供エリアマップに、新しい住所の登録が行われていないためであり、この場合、ドコモ光はもちろん、大元となるフレッツ光でさえも そのままでは新規開通ができません。 たとえばエリア検索を実施した際に、A市B町123-4、A市B町123-6という住所は出てくるものの、その間であるA市B町123-5だけが出てこない、ということがあるわけです。 これがNTTでの住所登録がない状態で、住所が出てこないのでそもそも エリア検索自体が実施できないのです。 このパターンに当てはまってしまった場合、開通までにはかなりの期間を要することを覚悟する必要があります。 以下のような口コミが、まさにこのパターンと思われます。 9月頭にドコモ光の移転手続きと光テレビの新規手続きしたが、一ヶ月以上経つのに未だに工事の日程の連絡さえもない さすがにしびれを切らしてドコモ光の工事窓口に電話したが、まだ現地調査中でいつ工事になるかわからないそうだ — はるまきR 77harumaki ちなみに 新築でその土地に今まで他の家が建っていたということがなければ、ほぼ間違いなく住所登録はされていないと考えておいた方がいいでしょう。 新規申し込みをしてNTTに住所登録をしてもらう 新築でNTTに住所が存在しないということが分かった場合、まずは新住所をNTTに登録してもらわなければなりません。 住所の登録をしてもらうためには、まず光契約の申し込みが必要となるため、 ドコモ光をとにもかくにも新規申し込みしなければなりません。 ただし、 戸建ての場合と マンションの場合で、内容が少し異なります。 戸建ての場合にはとにかく住所登録をしてもらってからの話となるので、 まずはドコモ光の新規申し込みを急げばOKです。 もちろん住所登録が完了しても、 そのエリアがそもそもドコモ光(およびフレッツ光)の提供エリア外で利用できないこともあります。 これはまさに 最悪のパターンですが、その場合には、NTTがその住所周辺の光回線を整備してくれるのを待つしか方法がありません。 ただ、最近ではこのケースはかなり稀だと考えていいのではないか、と思います。 少なくとも都市部では考えにくいです。 マンションやアパートの場合には、そもそもマンション全体としてのNTTとの光回線の契約があるのかないのか、どうなっているのか、それとも個別に戸建て用回線を引く形になるのかなど、状況によって内容が変わります。 管理会社や大家さんに先に確認しておいた方が間違いないと思われます。 もし入居者ごとに個別に回線契約が必要で、管理会社によりその手続きも認められている場合には、戸建のケースと同じ流れになるため、住所登録が存在していない場合にはそこからの手続き、という形になります。 ドコモ光の申し込みはWEBからが確実 ドコモ光は元々ドコモショップで申し込みすることが可能ですが、ショップの場合どうしても、来店予約をしておかなければ窓口に呼ばれるまでかなり時間がかかってしまうことも多いですし、呼ばれてからも 長い時間がかかる可能性が高いです。 ようやく窓口に呼ばれたと思ったら、今度はドコモ光サービスセンターへの電話がつながらずにまた時間がかかる、というような問題が、特に繁忙期には非常に多いのです。 この問題はドコモ光サービス開始当初、あまりの光サービスセンターの電話の繋がらなさに大きく批判された内容でもあるので、当時と比べればずいぶん改善はされていますが、ある程度の混雑はやはり覚悟する必要があります。 そうした問題を回避するためには、 スマホやパソコンなどインターネット上からでも申し込みが可能なお勧めプロバイダーがあります。 インターネット申し込みの大きな利点として、詳細な手続きに関してはセンターの方から希望した時間帯に電話がかかってきますので、それを待っていればいいので簡単です。 プロバイダーを選択する時に重視したい点としてやはり速度が挙げられると思いますが、 v6プラスに対応した高速Wi-Fiルーターを利用すると混雑を回避して通信してくれるので、夜の混み合う時間帯でもかなり有利です。 そのV6プラスに対応したWi-Fiルーターを無料で貸し出してくれるのがGMOとくとくBBであり、選択するプロバイダーによっては非常に速度に不満が出るプロバイダーもあるため、間違って選択しないよう注意しましょう。 ただ、 確実に通常のドコモ光の申し込みよりは時間がかかってしまうので、コツとしては、 できる限り早くドコモ光の新規申し込みをする、ということです。 ドコモ光の申し込みをする場合には、新住所がとにかく確定していないと申し込みができませんので、 早めに新築届を出し、住所を確定することが大切です。 もしハウスメーカーの方が出してくれるという話になっているのであれば、早めに出してもらえるよう頼んでみるといいかもしれません。 新築届が受理され、住所が確定すれば、後はドコモ光を申し込みます。 するとNTTの住所登録作業が開始され、続けてドコモ光の開通処理へと入りますので、早めの開通が期待できます。 ドコモ光の工事日設定ができる段階になったなら、ドコモ光サービスセンターとの相談によって、工事日を決めましょう。 当然のことながら、引っ越しのタイミングに合わせたいところです。 その工事日当日から簡単な設定をすることでドコモ光が利用できるようになります。 工事料金は戸建の場合には 18000円で、一括か分割か、支払い方法を事前に選んでおきます。 詳細な工事料金に関しては、「場所はNTT東西のどちらか」、「戸建かマンションか」、「光電話があるかないか」などによって、ドコモの公式サイトでシミュレーションすることができるので、そちらも活用しましょう。 キャンペーンはしっかりチェックしておきましょう。 手続きの流れ自体も、基本的に勝手に進んでいきますので、最初に申し込みを完了させたなら、あとは基本的には自分で動く必要はありませんが、もし向こうからの電話に出られなかったりした場合には、こちらから折り返しした方が手続きは早く進みます。 移転の際は注意が必要 完全な新規契約の場合には、とりあえず新規申し込みをすれば同時にNTTへの住所登録が進みますが、 移転の場合にはもう少し問題がややこしくなります。 新築に移転するケースとしては、 家を建てた場合、 新築のマンションを購入した場合、 たまたま引っ越し先の賃貸物件が新築だった場合が考えられます。 いずれのケースでもNTTへの住所登録から必要となってくるわけですが、住所登録と設備確認、それからの工事と、二ヶ月から三ヶ月程度時間がかかってしまう可能性が高く、場合によっては移転ではなく一旦解約してからの新規契約という形を案内されることもあるようです。 その場合はもちろん解約金等はかからないのですが、プロバイダーのメールアドレスなどは変更になってしまいます。 移転の場合には、 移転手続き時点でいつまでインターネットを旧住所で利用し、いつから新住所で利用できるようにするかによって毎月の月額料金がどうなるかも変わってくるわけですが、NTTの住所登録自体がなく、いつ開通するのか、本当に開通できるのかが未定の場合、エリアや設備状況によってはエリア外で利用できずそのまま解約、という形になる可能性まで含んでいるわけです。 そのため、手続きや設定が煩雑になることを防ぐため、とりあえずの解約を推奨という可能性もあるようです。 いずれにしてもNTTでの住所登録が完了したら、その上で光が引けるかどうかのエリア・設備状況の確認が実施されます。 それも問題なくパスすれば、次はいよいよ工事の話となります。 ここまでくれば、通常のドコモ光新規申し込みとまったく内容は同じです。 実際のところ、既にドコモ光を今まで利用していたのであれば、引っ越しに際して「移転」を選ぶべきなのか「解約+新規」を選択するべきなのかはなかなか難しい問題です。 ただ個人的には、可能であれば普通に「移転」を推奨します。 住所登録なし新規・移転は、窓口では二転三転する可能性 この話は私の個人的な経験を踏まえているのですが、ドコモショップ窓口での「NTT住所登録なし」の状態でのドコモ光新規、または移転の話は、 対応するスタッフによっては二転三転してしまい、なかなか前に進まないケースがあります。 もう一度言います。 対応してくれるスタッフによります。 NTTの住所登録がない状態での新規・移転の手続き自体確かに面倒でわかりにくいものなのかもしれませんが、そうしたイレギュラー要素が強くなることで混乱が深まってしまい、広範な知識を持たないどちらかというと新人寄りのスタッフの方の場合、対応が後手後手になってしまうことがあったり、ひどいケースでは間違った案内をされるケースが、あり得ます。 そのため、ドコモショップでの住所なし新築への移転手続きに関しては、事前に自分である程度調べて流れを理解した上で来店するようにした方が間違いない、というのが私の結論です。 まぁそもそもネット上で申し込みができ、光センターとの電話で手続きは完了するので、わざわざ時間がかかるばかりの店舗に来店する必要も本当はないのですが。 例えば「ドコモ光が開通するまでの間は旧住所で生活する」、というようなことが可能であれば特に問題はありませんが、なかなかそれも難しいと思われるため、旧住所を出て新住所でドコモ光が利用できるようになるまでの空白の期間のやりくりが重要となります。 最も簡単な方法としては、現在利用しているスマートフォンやiPhoneの テザリング機能を使う方法です。 光の回線速度と比べればどうしても速度としては遅くなるものの、普通にインターネットの利用をする分にはまったく問題ありません。 あとはデータ容量が定められた容量内に収まるかどうかなので、もしそれが難しいようであれば、ドコモ回線ならの利用を検討するとか、もしくは別の 格安SIMを一時的に利用するという方法もあります。 格安SIMの特徴として、 データ専用SIMであれば解約金が基本的にかからないので、新規の手数料と月額料金だけで使いたい容量のプランを利用でき、必要なくなったら解約という方法もとれるわけです。 ほかにも、外での利用はを利用するという方法もあります。 もちろん自宅で利用できないのは多少不便ではありますが、外出先での利用でも問題ないケースであれば、こういう方法もあるわけです。 どれくらいの容量をどれくらいの期間必要とするのかによって、選択肢が変わってきますが、このようにいくつか方法はありますので、自分の利用環境にあった方法を選択するようにしましょう。 新築住所登録なしの場合のドコモ光申し込みの流れまとめ 最後に改めて流れをまとめておきます。 新築戸建 新築マンション マンション時・ステップ1 なし マンション自体に光設備や契約があるかどうか管理会社・大家などに確認 マンション時・ステップ2 なし 戸建タイプになるのかマンションタイプになるのか確認 ステップ1(共通) ドコモ光申し込み ステップ2(共通) NTTの住所登録実施 ステップ3(共通) NTTのエリア・設備確認実施 ステップ4(共通) 問題なければドコモ光の工事日調整 ステップ5(共通) 工事・開通 この一連の流れが完了するまで2~3ヶ月かかりますし、場所や設備状況によってサービス提供不可、という結論に至るケースもありえるので厄介ですが、一般的には周辺住所までNTTの光設備が来ている状態であれば、単純に住所登録がされていないだけで対応エリアには入っているはずです。 その場合には、時間がかかるのは仕方ないとして、開通はできる可能性が高いと考えていいと思います。 現在ドコモ光に関してはドコモのインフォメーションセンターで質問に答えてくれますので、わからない場合はそちらに問い合わせしてみるようにしましょう。 ただし、そのままドコモインフォメーションセンターでのドコモ光申し込みはできませんので、申し込みについては専用WEBサイトから実施しましょう。 では新築ではなく、 中古住宅(一戸建て)や中古マンションを購入した場合、加えて 賃貸物件に引っ越しをし、ドコモ光を契約する場合にはどういう注意点があるのでしょうか。 新築の時のようにNTTの住所登録で時間を取られる心配はほぼありませんが、それとはまた別の注意事項が頭をもたげてきます。 そうした、 中古で一戸建てやマンションを購入した場合の、ドコモ光契約から開通までの流れについて解説していこうと思います。 ドコモ光を新住所で利用するにあたってあらかじめ確認しておく必要があるのは以下の通りです。 ・ドコモ光の提供エリアになっているのか ・ドコモ光の新規契約になるのか、旧住所からの移転になるのか ・ 入居はいつからになるのか ・前の居住者はいつ退去するのか、もう退去しているのか ・以前のインターネット環境は既に撤去されているのか/今後撤去予定なのか 以上の内容が明確であれば、手続きの進み方はかなりスムーズになると思われます。 ドコモ光提供エリア内なのか ドコモ光を利用するにあたっての大前提となるのが、エリアの問題です。 ここがそもそも 提供エリア外になっているとドコモ光は一切利用できませんので、その時点で話は終了となります。 中古住宅や中古マンションの場合、NTTに住所登録自体されていないという可能性は低いと思われるため、新築のようにNTTへの住所登録に時間を取られることはありませんし、エリアの検索ができないこともないと思われます。 まずは事前に、必ずフレッツ光=ドコモ光の提供エリアになっているのかどうか、確認しておきましょう。 ドコモ光の新規契約なのか移転なのか 次に問題になるのが、ドコモ光を利用するにあたって、完全な新規契約になるのか、移転になるのかという問題です。 どちらがお得なのかは状況によって変わってきますのでなんとも言えませんが、どちらを選択するかによって手続きの流れは若干変わってきます。 新住所への入居はいつからになるのか ドコモ光を実際に申し込みするにあたって、確実に判明していなければならないところが、 新住所への入居日についてです。 何月何日から実際に入居することができるのか、引っ越しをするのかが判明してから申し込みするようにしましょう。 何よりこの入居日がわからないと、派遣工事/無派遣工事いずれになるにせよ、工事日の予定が立てられません。 そして新築ではなく中古物件の場合、この入居日を決める際に気になる点が、前の居住者の動きについてです。 前の居住者はいつ退去するのか/もう退去しているのか 中古住宅や中古マンションの場合、前の居住者が必ず存在するわけで、既に退去済みの場合もあればギリギリまで住んでいての受け渡しになるケースもあります。 その場合、ドコモ光を一体どのタイミングで申し込みすればいいのかがわかりにくくなってしまいます。 完全に前の居住者が退去してしまってから、または入居してからのドコモ光申し込みになった場合、そこから手続きに入って工事日を決定していかなければならないので、早くても二週間、かかるときは一か月以上かかる可能性もあります。 そうなると、新居でインターネットを利用できない期間がかなり長期にわたって発生してしまいます。 それほどインターネットを必要としていないのであればまだしも、仕事上でも利用するしなければ非常に困る、という人も少なくないと思われます。 ということで、しっかり覚えておきたいのが次の内容です。 もし、受け渡しのギリギリのタイミングまで前の居住者が住んでいたとしても、 こちらの入居日がすでに決定していれば、その入居日の前月からドコモ光の申し込みは可能となります。 つまり、11月20日が入居日として決定している場合、その前月の10月からドコモ光の新規申し込みが可能です。 この場合、前の居住者が仮に10月いっぱい住んでいたとしても問題はありません。 ただしこのケースで、一つだけ注意するべき点があります。 以下に続きます。 以前のインターネット環境は撤去されているのか/継続利用可能なのか 仮に、前の居住者が事業者を問わずインターネット環境を構築していたとして、通常であれば解約もしくは移転手続きをすることで、旧住所のインターネット環境は撤去されます。 しかし、前の居住者が受け渡し直前まで住んでいた場合、インターネット環境の解約はできていたとしても、 設備の撤去はまだ実施されていない可能性があります。 この部分が、中古物件を購入した場合の、インターネット契約において一番注意すべき点と言えます。 もし可能であれば、不動産業者などを通して、前の居住者の方がいつインターネットを解約し、設備の撤去はどこで完了するのか、撤去せずに継続利用することが可能なのかなど、確認しておきましょう。 加えて、ドコモのインフォメーションセンターにも電話をし、光担当につないでもらった上で、該当住所で設備の継続利用が可能なのかなど、調べてもらってもいいでしょう。 前述したように、 ドコモ光の新規申し込み自体は、入居日の前月から可能なので、申し込みはいずれにしてもしっかり忘れずにしておき、工事日も決められるようなら決めておきましょう。 その上で、もし設備上撤去が実施されていない場合には、工事日をずらさなければならないこともあるようです。 しかし、特にマンションの場合で設備がそのままもし継続利用可能なのであれば、派遣工事は行われることなく無派遣工事で終了する可能性も高く、その場合は工事料金も2000円程度で済みますので非常にお得です。 もし派遣工事が行われる場合は、戸建てで18000円、マンションで15000円です。 派遣工事で屋内配線の工程がない場合、またはLAN配線方式の場合などは、7600円となります。 工事日が土日祝日の場合は、工事料金がさらに+3000円かかりますので注意しましょう。 そもそもインターネットの環境がその賃貸物件に用意されているのかどうか。 用意されているのであればそれに従えばいいですが、もし用意されていない場合には、インターネット回線を引いてもいいか、つまり設備工事を実施してもいいか、という確認が必要になります。 自宅にインターネットを引く、ということは当然物理的な工事が発生するため、場合によってはケーブルを引き込む穴を建物にあける必要があり、借主が無許可で勝手に工事は実施できません。 必ず事前に確認をしておきましょう。 その上で、申し込みをするタイミングとしては、中古物件を購入した場合と同様に、入居日が決定している状態であれば、それに合わせて前月からドコモ光の新規申し込みをしておけば問題ありません。 中古物件・中古マンションでのドコモ光まとめ 中古物件や中古マンションを購入した場合については、以上のような注意点を抑えておけば、特に問題なく早めに開通することもできると思います。 ケータイやスマホと違い、申し込みから実際に開通するまでがかなり時間がかかる固定のインターネットは、悩めば悩むほど開通時期がどんどん遅れてしまうので、早め早めの申し込みを意識しておくようにしましょう。 関連記事:「」.

次の