松任谷 由実 メドレー。 【松任谷由実】本気のファンが選ぶ松任谷由実の人気曲・隠れた名曲15選

【松任谷由実】本気のファンが選ぶ松任谷由実の人気曲・隠れた名曲15選

松任谷 由実 メドレー

数々の名曲を生んできたシンガーソングライターの松任谷由実さん。 デビュー当時は荒井由実の名前で活動していましたが、1975年にアレンジャーの松任谷正隆さんと結婚されて以降、松任谷由実として活動しています。 独特の歌声と惹き込まれる歌詞で人気の松任谷由実さんはユーミンという愛称でも親しまれていますよね。 こちらの方が馴染みがある方も多いかもしれません。 ユーミンという愛称は14才のころから呼ばれていたそうです。 松任谷由実さんはアーティストへの楽曲提供もしていますが、松任谷由実さんの曲をカバーしているアーティストも多数です! それほど名曲が多いという事ですね。 特に現代の若い世代の方々にも、この記事を通じてユーミンの名曲が届くと良いなと思っています。 それでは松任谷由実のおすすめ曲を勝手にランキング形式でお届けしていきます! 松任谷由実のおすすめ曲10選! ちょっと良い曲がたくさんあるので10曲に絞るのがかなり難しかったですね笑 Sponsored Links 松任谷由実のおすすめアルバムは? これまでに松任谷由実がリリースしてきたアルバムは以下のようになっています。 1973年11月20日 ひこうき雲 1974年10月5日 MISSLIM 1975年6月20日 COBALT HOUR 1976年6月20日 YUMING BRAND 1976年11月20日 The 14th Moon 14番目の月 1977年12月25日 ALBUM 1998年11月6日 Neue Musik YUMI MATSUTOYA COMPLETE BEST VOL. 2013年11月20日 POP CLASSICO 2016年11月2日 宇宙図書館 2018年4月11日 ユーミンからの、恋のうた。 かなりの数のアルバムを発売していますね! ハンパない枚数。。 これを全部聴こうとすると一体何日必要なんだ、となってしまいますね笑 さらにはこの他にもライブアルバムもあります。 どのアルバムも素晴らしいので一つに絞るのが難しいですが、 個人的にオススメなのは、2012年リリースの「日本の恋と、ユーミンと。 」です。 今回紹介した曲がほとんど収録されているベストアルバムになっています。 良いとこ取りのアルバムですので是非チェックしてみてほしいですね。

次の

松任谷由実のオススメ曲10選!ユーミンファンがオススメ曲をご紹介!

松任谷 由実 メドレー

スタジオアルバム• ひこうき雲 荒井由実 1973年11月20日• MISSLIM 荒井由実 1974年10月05日• COBALT HOUR 荒井由実 1975年06月20日• 14番目の月 荒井由実 1976年11月20日• 紅雀 松任谷由実 1978年03月05日• OLIVE 松任谷由実 1979年07月20日• 悲しいほどお天気 松任谷由実 1979年12月01日• 時のないホテル 松任谷由実 1980年06月21日• 水の中のASIAへ 松任谷由実 1981年05月21日• 昨晩お会いしましょう 松任谷由実 1981年11月01日• PEARL PIERCE 松任谷由実 1982年06月21日• REINCARNATION 松任谷由実 1983年02月21日• VOYAGER 松任谷由実 1983年12月01日• NO SIDE 松任谷由実 1984年12月01日• DA・DI・DA ダ・ディ・ダ 松任谷由実 1985年11月30日• ダイアモンドダストが消えぬまに 松任谷由実 1987年12月05日• Delight Slight Light KISS 松任谷由実 1988年11月26日• LOVE WARS 松任谷由実 1989年11月25日• 天国のドア 松任谷由実 1990年11月23日• DAWN PURPLE 松任谷由実 1991年11月22日• TEARS AND REASONS 松任谷由実 1992年11月27日• U-miz 松任谷由実 1993年11月26日• THE DANCING SUN 松任谷由実 1994年11月25日• KATHMANDU 松任谷由実 1995年12月01日• スユアの波 松任谷由実 1997年12月05日• Frozen Roses 松任谷由実 1999年11月17日• acacia [アケイシャ] 松任谷由実 2001年06月06日• Wings of Winter, Shades of Summer 松任谷由実 2002年11月20日• VIVA! A GIRL IN SUMMER 松任谷由実 2006年05月24日• そしてもう一度夢見るだろう 松任谷由実 2009年04月08日• Road Show 松任谷由実 2011年04月06日• POP CLASSICO 松任谷由実 2013年11月20日• 宇宙図書館 松任谷由実 2016年11月02日 シングル• 返事はいらない 荒井由実 1972年07月05日• きっと言える 荒井由実 1973年11月05日• やさしさに包まれたなら 荒井由実 1974年04月20日• 12月の雨 荒井由実 1974年10月05日• ルージュの伝言 荒井由実 1975年02月20日• あの日にかえりたい 荒井由実 1975年10月05日• 翳りゆく部屋 荒井由実 1976年03月05日• 潮風にちぎれて 松任谷由実 1977年05月05日• 遠い旅路 松任谷由実 1977年11月05日• ハルジョオン・ヒメジョオン 松任谷由実 1978年03月05日• 入江の午後3時 松任谷由実 1978年07月20日• 埠頭を渡る風 松任谷由実 1978年10月05日• 帰愁 松任谷由実 1979年06月20日• ESPER 松任谷由実 1980年03月20日• 白日夢・DAY DREAM 松任谷由実 1980年05月21日• 星のルージュリアン 松任谷由実 1980年08月05日• 守ってあげたい 松任谷由実 1981年06月21日• 夕闇をひとり 松任谷由実 1981年11月01日• ダンデライオン ~ 遅咲きのたんぽぽ 松任谷由実 1983年08月25日• VOYAGER ~ 日付のない墓標 松任谷由実 1984年02月01日• メトロポリスの片隅で 松任谷由実 1985年08月01日• SWEET DREAMS 松任谷由実 1987年11月05日• ANNIVERSARY ~ 無限にCALLING YOU 松任谷由実 1989年06月28日• 真夏の夜の夢 松任谷由実 1993年07月26日• Hello, my friend 松任谷由実 1994年07月27日• 春よ、来い 松任谷由実 1994年10月24日• 輪舞曲 松任谷由実 1995年11月13日• まちぶせ 荒井由実 1996年07月15日• 最後の嘘 松任谷由実 1996年10月16日• 告白 松任谷由実 1997年01月29日• Sunny day Holiday 松任谷由実 1997年11月12日• Lost Highway 松任谷由実 1999年11月03日• PARTNERSHIP 松任谷由実 2000年09月20日• 幸せになるために 松任谷由実 2001年01月11日• 7 TRUTHS 7 LIES ~ ヴァージンロードの彼方で 松任谷由実 2001年04月25日• 雪月花 松任谷由実 2003年02月05日• 人魚姫の夢 松任谷由実 2007年09月05日• 恋をリリース 松任谷由実 2012年03月14日 ベストアルバム• YUMING BRAND 松任谷由実 1976年06月20日• Neue Musik ~ YUMI MATSUTOYA COMPLETE BEST VOL. 1 松任谷由実 1998年11月06日• sweet, bitter sweet YUMING BALLAD BEST 松任谷由実 2001年11月14日• SEASONS COLOURS -春夏撰曲集- 松任谷由実 2007年03月07日• SEASONS COLOURS -秋冬撰曲集- 松任谷由実 2007年10月24日• 40周年記念ベストアルバム 日本の恋と、ユーミンと。 松任谷由実 2012年11月20日• 45周年記念ベストアルバム ユーミンからの、恋のうた。 松任谷由実 2018年04月11日.

次の

Yumi Matsutoya Greatest Hits 松任谷由実 メドレー 松任谷由実 スーパーフライ 2019

松任谷 由実 メドレー

解説 [ ]• 1986年の優秀アルバム賞を受賞。 タイトルの「DA・DI・DA」は、口から出てきたフレーズで特に意味はない。 は、「 私はダ・ディ・ダ」• ジャケットデザインはと。 本作発売にあたり「もう愛は始まらない」が非売品サンプルでシングル・カットされた(B面は「青春のリグレット」、:PRT-1157)。 収録曲 [ ] CD [ ] 全作詞・作曲: 松任谷由実、全編曲: 松任谷正隆。 タイトル 作詞 作曲・編曲 時間 1. 「 もう愛は始まらない -No Love Between Us- 」 松任谷由実 松任谷由実 4:45 2. 「 2人のストリート -The Street For Two-」 松任谷由実 松任谷由実 4:47 3. 「 BABYLON」 松任谷由実 松任谷由実 4:20 4. 「 SUGAR TOWNはさよならの町 -Sayonara Sugar Town-」 松任谷由実 松任谷由実 5:35 5. 「 メトロポリスの片隅で -In This Corner of a Metropolis-」 松任谷由実 松任谷由実 4:14 6. 「 月夜のロケット花火 -Rocket Fireworks Under the Moon-」 松任谷由実 松任谷由実 4:48 7. 「 シンデレラ・エクスプレス -Cinderella Express-」 松任谷由実 松任谷由実 3:48 8. 「 青春のリグレット -Regret From My Youth-」 松任谷由実 松任谷由実 3:54 9. 「 たとえあなたが去って行っても -Even If You Left Me-」 松任谷由実 松任谷由実 3:47 楽曲解説 [ ]• もう愛は始まらない 恋人との別れを固く決意する歌。 曲中にアルバムタイトルである「DA・DI・DA」が繰り返し出てくる。 2人のストリート 道路のど真ん中にを放置したまま喧嘩する仲の良いカップルを描いたナンバー。 BABYLON 大都会の朝焼けを、に例えたナンバー。 SUGAR TOWNはさよならの町 大雪の朝の別れを歌っている。 未練の言葉をかけるも、自分の元を恋人が去ってしまうストーリー。 21枚目のシングル。 1985年「フィアネス」CMソング。 系『』。 に系『』でドラマ化された(第12話、主演・)。 月夜のロケット花火 TBS系『ルージュの伝言』でドラマ化された(第11話、主演・)。 シンデレラ・エクスプレス をテーマにした作品。 TBS系「」の『シンデレラ・エクスプレス-48時間の恋人たち-』の主題歌として制作。 制作・TBS系「」の『週末物語 シンデレラ・エクスプレス』。 ・「」イメージソング。 青春のリグレット への提供曲。 ユーミンが歌う場合はテンポが少し上がっている。 『』劇中歌。 制作・TBS系『』エンディングテーマ。 後に2013年にがシングル『』のカップリングとしてカバー。 たとえあなたが去って行っても 恋人と別れてでも自分の信じる道を進む女性の歌。 参加ミュージシャン [ ]• ベース:• ドラム:、• ギター:• キーボード:• パーカッション:、• サックス:、• シンセサイザープログラミング:浦田恵司、Chuck Wild• コーラス:松任谷由実、桐ヶ谷仁、桐ヶ谷"Bobby"俊博、、、、Mark I、Marvin Walker、Marvin Baker、 脚注 [ ].

次の