角煮 鍋。 【みんなが作ってる】 豚の角煮 圧力鍋なしのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

圧力鍋で角煮を作ったらパサパサに!美味しく作るポイント!

角煮 鍋

こんにちは。 アサヒ軽金属のショーコです。 お店でしか食べたことがなかった私ですが、 圧力鍋のほったらかし調理をマスターしてからは、簡単に作れるようになったんです! そこで今回は、ほったらかし調理による「とろける豚の角煮」 の作り方をご紹介します。 そして、お肉がしっかり浸かるくらいの水を加えて下ゆでします。 お肉が空気に触れていると、その部分がパサパサになったりかたくなりやすいので、水分はたっぷり使うのがコツです。 ここでのほったらかし調理のポイントは、「調理圧の高い圧力鍋を使うこと」。 調理圧の高い我が家の圧力鍋「ゼロ活力なべ」なら、 通常2~3時間かかるブロック肉の下ゆでが、加圧わずか20分で完了! つきっきりでいる時間を最小限にできます。 でも、長時間火をつけっぱなしにしては、ほったらかしとは言えません。 圧力鍋で下ゆでしたら火を消して、蓋をしたまま「ほったらかしタイム」。 5層クラッド鋼 アルミ・ステンレスの多層構造 を全面に採用することで高圧力と高い保温能力を実現。 熱が底部だけでなく側面にも均一に伝わり、食材をムラなく加熱できます。 ちなみに、私は時間がある時は、そのままひと晩ほったらかしておきます。 ゆっくり寝かせてあげることで、お肉が一段としっとりとやわらかく仕上がり おいしさが増すんです(夏場は鍋の熱が冷めた後、冷蔵庫に入れておきます)。 ここで、煮汁や脂をうっかり捨ててしまわないように! 煮汁も別の容器に入れて、冷蔵庫に入れておきましょう。 煮汁はスープに、冷え固まった脂はラードになります。 華の金曜日に、夜な夜なブロック肉を煮込んだりするほどです。 (予定がないだけ!? ) とは言っても、シュシュッと圧力調理のあと、ひと晩ほったらかしておしまい 結局、暇を持て余しているんですけどね(笑)。 また、忙しい方はもぜひご覧ください。

次の

豚の角煮のレシピ(作り方)

角煮 鍋

こんにちは。 アサヒ軽金属のショーコです。 お店でしか食べたことがなかった私ですが、 圧力鍋のほったらかし調理をマスターしてからは、簡単に作れるようになったんです! そこで今回は、ほったらかし調理による「とろける豚の角煮」 の作り方をご紹介します。 そして、お肉がしっかり浸かるくらいの水を加えて下ゆでします。 お肉が空気に触れていると、その部分がパサパサになったりかたくなりやすいので、水分はたっぷり使うのがコツです。 ここでのほったらかし調理のポイントは、「調理圧の高い圧力鍋を使うこと」。 調理圧の高い我が家の圧力鍋「ゼロ活力なべ」なら、 通常2~3時間かかるブロック肉の下ゆでが、加圧わずか20分で完了! つきっきりでいる時間を最小限にできます。 でも、長時間火をつけっぱなしにしては、ほったらかしとは言えません。 圧力鍋で下ゆでしたら火を消して、蓋をしたまま「ほったらかしタイム」。 5層クラッド鋼 アルミ・ステンレスの多層構造 を全面に採用することで高圧力と高い保温能力を実現。 熱が底部だけでなく側面にも均一に伝わり、食材をムラなく加熱できます。 ちなみに、私は時間がある時は、そのままひと晩ほったらかしておきます。 ゆっくり寝かせてあげることで、お肉が一段としっとりとやわらかく仕上がり おいしさが増すんです(夏場は鍋の熱が冷めた後、冷蔵庫に入れておきます)。 ここで、煮汁や脂をうっかり捨ててしまわないように! 煮汁も別の容器に入れて、冷蔵庫に入れておきましょう。 煮汁はスープに、冷え固まった脂はラードになります。 華の金曜日に、夜な夜なブロック肉を煮込んだりするほどです。 (予定がないだけ!? ) とは言っても、シュシュッと圧力調理のあと、ひと晩ほったらかしておしまい 結局、暇を持て余しているんですけどね(笑)。 また、忙しい方はもぜひご覧ください。

次の

「とろとろ豚の角煮 レシピ」

角煮 鍋

豚の角煮の下ごしらえ 豚バラ肉の塊は、購入するときに 脂身が多すぎず、脂と身のバランスがよいものを選ぶとよいです。 それを3〜4㎝幅に切ります。 続いて、できるだけ大きな鍋に米のとぎ汁を用意して、切った豚肉を入れて下準備の完了です。 米のとぎ汁で豚肉をゆでることで、肉の臭みが抑えられ、仕上がりがぐっと美味しくなります!• また、生姜と(好みで)ゆで玉子を用意しておきます。 これは下ゆで後に使うので、用意できるタイミングで切ったりゆでたりしておきましょう。 鍋を強火にかけ、沸いてきたら弱火にして、 蓋を少しずらした状態で30分間下ゆでします。 蓋をしたら弱火でも吹きやすいので、蓋をしてギリギリ吹きこぼれないくらいの水分量でやってみてください。 30分間下ゆでする間の中の状態は、弱火といってもとぎ汁が鍋の中で対流するくらいの火加減で行います。 30分後に火を止めて、蓋をきっちり閉め、30分蒸らします。 蒸らしが終えたら、強火にかけて沸いたら蓋を少しずらし、再び弱火で30分間ゆでます(鍋の水は取り替えずそのまま最後まで続けてゆでていきます)。 あとは同じように、時間がくれば蓋をして蒸らし、もう一度同じことを繰り返します(合計ゆで時間は1時間半、蒸らし時間も1時間半)。 少し肉が動きづらいので、ゆでるときに途中1回ほど肉の向きを変えるなどして全体に火を通し、脂が出やすくするとよいと思います。 ですので、まずは鍋を中火にかけて沸いたら火を少し弱めて30分煮ます。 もしゆで玉子を入れるのであれば、最後の2〜3分だけ一緒に煮ればOKなので、豚肉を端に寄せるか立ててスペースをあけ、玉子を入れます。 30分経ったら火を止め、少し煮汁が少なくなっているので、キッチンペーパーを上にかぶせ、そのまま冷まします。 当日でも美味しいですが、翌日に食べるのもしっかり味がしみるのでおすすめです。 冷めた鍋を弱火を少し強くしたくらいの火加減でじっくり温めます(完全に冷たいときは蓋をして蒸らしながら温めるとよいです)。 玉子があれば温まった段階で取り出して半分に切っておき、豚肉の芯まで温まれば、それぞれ器に盛り付け、練り辛子を添え、煮汁を全体にかけて完成です。 好みでゆでたオクラやチンゲン菜などを添えても美味しいです(角煮丼も美味しいですよね!)• 仕上がりの状態で煮汁から豚肉が顔を出しているので、 日持ちは冷蔵庫で3〜4日ほどを目安にするとよいと思います。 冷凍保存も可能(肉のみ)なので、せっかくならまとめて作っちゃいましょう!• 水でゆでた場合と、米のとぎ汁でゆでた場合、同時にやって比較して見ましたが、 米のとぎ汁で下ゆでしたほうが明らかに肉の臭みがなく、美味しいゆで上がりでした。 最後の煮汁で30分煮るのはちょうどよい加減だと思いますが、煮詰め加減は好みで味をみつつ調整してみるとよいと思います。

次の