ビンゴ 30。 ビンゴゲームでパーティーが盛り上がる!面白いルールと司会でアレンジ!

ビンゴゲームの所要時間って、どれくらいですか。

ビンゴ 30

ビンゴのルールアレンジ5選! 結婚式の二次会で ビンゴゲーム、定番ですよね。 司会者は数字を読み上げるだけでいいし、参加者は豪華景品で大盛り上がり。 新郎新婦は、数字を決めるビンゴマシンを回すだけで、ご飯にありつける。 全員にとって、いいことしかありません! 笑 でも、何回も結婚式の二次会に出席して来ると、進め方がわかってきてしまいます。 ビンゴゲームの終盤で、「実は、ディズニーランドのチケットもあります!」と言われると、「またか… 欲しいけど 」って感じ 笑 そこで、マンネリ防止のために、ビンゴの ルールアレンジ5選のご紹介です! 適当ビンゴ 一つ目は、ビンゴマシンを使わない、適当ビンゴ! ビンゴカードは、いたって普通のものを使います。 司会者が、新郎新婦に答えが数字になるような質問をするのです。 例えば、新婦の誕生日が「12月9日」だったとすると、当選番号は「12」と「9」。 数字を足したり引いたり、組み合わせたりして「3」「21」「29」でも良いですね。 司会者の気分や思いつきで当選番号が変わる。 「私の好きな番号は59なので、次の番号は59!」なんてことも、「次はそこのアナタ、好きな番号を言えますよ!」なんてこともできちゃいます。 まさに、何でもアリの適当ビンゴです。 まず、参加者同士で名前を聞きあいながら、空欄に名前を書きます。 受付時にカードを渡して、待ち時間に書いてもらうとスムーズ。 なるべく、知らない人と交換してもらうように促しましょう。 そして、新郎新婦が参加者の名前が書かれた紙を引いて、順番に読み上げます。 数字は基本的には1~30くらいが良いでしょう。 参加者の数や時間に合わせてくださいね。 あとは普通のビンゴと同じで、数字を読み上げていきます。 普通のビンゴをするときに、5人以上のチームを6~10組作るだけ。 ビンゴになった人が3人以上出たら、そのチームが優勝! 普段は個人戦で他人が景品をもらうのを妬みがちなビンゴゲームに、妙な連帯感が生まれます。 ちなみに、私が参加したビンゴゲームで面白かったのは、「 電話番号ビンゴ」です。 受付で参加者の携帯の電話番号を聞いて、ビンゴのときにクジで引きます。 電話をかけて、携帯が鳴った人がビンゴ!景品ゲット!というわけですね。 果たしてビンゴと呼ぶのかはわかりませんが… スポンサーリンク 司会も大切!ビンゴゲームの盛り上げ方! ビンゴゲームの流れは、ほぼ決まっています。 「当選番号を選び、ビンゴした人に景品を渡す」という部分を変えるのは難しいもの。 それ以外の部分を工夫して、盛り上げるしかありません。 というか、どれだけビンゴのルールを面白くしても、司会がダメなら台無しです。 そこで、ビンゴゲームを盛り上げる司会方法もご紹介しましょう! とにかくテンポよく進行! ビンゴゲームの敵は、長引いて単調になることです。 司会は、とにかく最後まで明るく元気にテンションを上げて!!テンポよくビンゴマシンを回して、どんどん数字を読み上げます。 参加者と会話する! 自分一人で話していても、参加者との距離は遠くなるばかり。 司会者は、参加者を巻き込んでイジっていきましょう! 優勝した人に、どこから来たのかをインタビューしてみたり、ゲーム機が当たった人に、何のゲームがしたい?と聞いてみたり… 司会者のコミュ力が試されます。 ビンゴを回すときに、 司会者「レッツ!」 参加者「ビンゴ!」 と声掛けをして、会場全体の一体化をはかるのも良いかもしれません。 景品の説明を上手に! ディズニーランドチケットや焼肉セットなどの上位の豪華景品は、大げさに紹介しましょう。 残念賞のタワシやうまい棒も、ネタになりますよね。 司会者は、最初に景品を確認して、コメントを考えておきましょう。 メリハリがなく、パッとしない景品ばかりだったら…頑張ってください。 景品の渡し方にも工夫を! 一等から順番に景品を渡していくと、最後はしょぼいものばかり。 参加者のテンションがどんどん下がってきます。 景品は袋に入れて隠しておき、ビンゴした人にくじを引いてもらうのがよいでしょう。 でも、全然穴が空いてない人に残念賞があると救われた気持ちになります。 アンラッキー賞も、ぜひ検討してくださいね。 まとめ 今回は、ビンゴゲームの面白いルールや司会のアレンジについてご紹介してきました。 ここまで話しておいて何なのですが、私は「アレンジもいいけど、やっぱり定番派」です。 結婚式の二次会に参加するのは、ほとんどが大人。 特に何度も参加していて流れがわかっている人なら、「実は、ディズニーランドのチケットがあります!」と終盤に言われても、「またか…」とは思いつつも、大人の対応で盛り上げてくれるものですよ。 むしろ、フォローをしてくれる人を用意する方がいいかも!? 笑 少しでも不安があれば、友達数人に困ったときの助け舟を頼んでおきましょう。

次の

ビンゴゲームでパーティーが盛り上がる!面白いルールと司会でアレンジ!

ビンゴ 30

Contents• モッピーカジノの遊び方 モッピーカジノは、月曜から日曜までの1週間、1日2回、ビンゴの番号を引くことができ、ラインがそろうと、ポイントやアイテムがもらえます。 もらえるポイントは次の通りです。 1ライン ビンゴ 1P 3ライン ビンゴ 3P 6ライン ビンゴ 10P 9ライン ビンゴ 25P 12ライン ビンゴ 50P 1週間で全部のマスをあけることができると、合計89ポイント(89円相当)です。 ビンゴで全マスをあけるなんて簡単にできないでしょ、と思っちゃいますが、結構できるんです。 モッピービンゴの攻略法 その方法は、「アイテムを貯め込んで、ビンゴにチャレンジする」です。 モッピーカジノのアイテムは、引いた数字以外のマスを開けることができたり、引く数字を増やしたり、ビンゴマスをシャッフルしたり、いろいろな種類があります。 そのアイテムは、モッピー経由でいろいろなサービスを利用することでもらえたり、毎日ビンゴに参加してスタンプを貯めることで週に1回もらえたり、ビンゴのアイテムマスを開くことでもらえます。 また、アイテムガチャという仕組みがあり、1回1ポイントを消費しますが、必ずアイテムをゲットできるガチャがあります。 ぼくはこれまで、モッピーのサービスを利用することでもらえるアイテムや、毎日ビンゴに参加してこつこつアイテムを貯めて、これだけあれば全マス開けれるだろう、ぐらいアイテムを貯めてから、ビンゴで使いまくって、12ラインビンゴを達成してきました。 時には、ちょっとだけアイテムガチャを使って。 大体、月に1回、多くて2回、12ラインビンゴを達成してきました。 でも、あるネット記事を見ていてら、アイテムガチャを30回ぐらい引くと、毎回12ラインビンゴできるアイテムをそろえることができる、的な内容を見つけました。 アイテムガチャを30回引いたら30ポイント使っちゃうけど、12ラインビンゴできたら89ポイント獲得できるから、差し引き59ポイントのプラスです。 これは試してみる価値ありです。 【1週目】アイテムガチャを30回くらい回す攻略法をやってみた 実際やってみました。 はじめてやってみたのは9月9日~15日の週。 ビンゴ初日の9月9日の前日(9月8日)にアイテムガチャを引きまくりました。 上の画像はモッピーのポイント履歴です。 表示はすべてではありませんが、30回アイテムガチャを実施しています。 そして、獲得したアイテムを使ってビンゴをした結果は・・・。 【2週目】アイテムガチャを30回くらい回す攻略法をやってみた 2回目のチャレンジは9月16日~22日の週。 前の週のアイテムがたくさん残っていたので、アイテムガチャはやらずにビンゴに参戦しました。 調子よくマスが開いていったのですが、最終日の前日9月21日に有効なアイテムが不足気味になったので、アイテムガチャを実施しました。 翌週分のアイテムの獲得も兼ねて31回(ガチャを1回多く回してしまいました)。 そして、最終日の9月22日に12ラインを達成しました!2週連続です。 【3週目】アイテムガチャを30回くらい回す攻略法をやってみた 3回目のチャレンジは9月23日~29日の週。 9月21日にアイテムガチャは実施済です。 今回も順調にマスを開いていき、9月29日に3週連続12ライン達成です。 【4週目】アイテムガチャを30回くらい回す攻略法をやってみた 4回目のチャレンジは9月30日~10月6日の週。 アイテムガチャを実施しようと思ったのですが。 あっ、ポイントがない。 9月29日に貯まったポイントをすべて現金に交換してしまいました。 しまった。 でも、アイテムは結構残っていたので、取り合えずビンゴスタート。 途中10月3日と5日に少し貯まったポイントを使って、合計4回アイテムガチャをしました。 ちょっと心もとないです。 それでも、10月6日に何とか4週連続12ライン達成できました。 【5週目】アイテムガチャを30回くらい回す攻略法をやってみた 現在、5回目のチャレンジ中です。 今回は有効なアイテムが全然なかったので、10月6日にアイテムガチャを実施したのですが、全然欲しいアイテムが当たらず、45回もガチャをしてしまいました。 それでもゲットできたアイテムを含め、保有アイテムは次の通り。 レッドチップ、ブルーチップが少ないので、5週連続はやばいかも。 5週目はチャレンジ中ですが、ここまでを振り返ってみると、確かにアイテムガチャを30回くらい引いてからビンゴにチャレンジすると、12ラインビンゴする可能性はかなり高いです。 引き続き、実施していきたいと思います。 そしてダークマターをゲット! 9月からはじめたアイテムガチャを30回以上まわすチャレンジですが、12月も継続中で、これまでのビンゴはすべて12ライン達成しています。 そして、一番最近回したアイテムガチャで、はじめてダークマターをゲットしました! ダークマターはモッピービンゴで最強のアイテムで、ダークマターを使うと全マスあけることができるんです。 アイテムガチャを回して、獲得アイテムが表示される前に、いつもと違う感じでモッピーが表示されたんです。 残念ながら瞬間だったので、スクリーンショットをとれませんでした。 これで所持アイテムは次のようになりました。 ダークマターがあるので、今回12ライン達成は確実です。 他のアイテムを温存できるので、次回はアイテムガチャを回さなくても12ライン達成できる可能性もあります。 モッピーはビンゴなどのゲームもお得ですし、モッピー経由でサービスを利用することで、もっとたくさんのポイントを獲得することができます。

次の

【楽天市場】二次会景品・忘年会景品なら景品キングです!:景品キング[トップページ]

ビンゴ 30

ビンゴゲームの所要時間って、どれくらいですか。 結婚式のパーティーで、30名くらいでビンゴゲームをしようと考えています。 景品は、5~8名くらい当たる感じで考えています。 ビンゴの当たりの数字は、回して小さなピンポン玉が出る形(商店街の抽選会に使われるようなもの)を使う予定です。 パーティーは2時間くらいなのですが、時間配分をどのくらいとっておけばいいのか、 進行の仕方にもよるとは思いますが、参考にさせて頂きたいので、よろしくお願い致します。 ちなみに、ビンゴって1列そろえばいいんでしたっけ? 補足ありがとうございます!!!!! 8名が、一人ずつビンゴになっていく、安易なイメージをしていました!!! 2回に分けるとは、一度回収して、新たにまたサラなカードを配るのですか? すみません、よくわかっていなくて。 ビンゴは縦横斜めのどれか一列が揃えば当選ですよ〜 二次会のビンゴの場合は、どのように景品を授与するかで 変わって来ますよ。 8人なら、ストレートにビンゴがきても、最低30分。 司会の挨拶や、ビンゴ待ちの時間を加えると40分は見た方が良いでしょう。 短くしたいなら当選者は前で待機してもらい、最後に一斉に景品を渡して写真撮影。 因みにこの方法だと最初の方に当選した人を待たせるのが難点です。 同時ビンゴが来て早く終わったら、歓談の時間が伸びるだけなので 問題ないと思います。 二回目をねじこむと、ビンゴが来ない場合に大変ですね。 知り合いの二次会では商品10個で1時間くらいかかりました。

次の