青いまま枯れてゆくあなたを好きなままで消えてゆく。 歌詞 「ハッピーエンド」back number (無料)

ハッピーエンド(back number) / コード譜 / ギター

青いまま枯れてゆくあなたを好きなままで消えてゆく

観てきました。 20代女性に大人気(?)のキュンキュン映画(?)「 ぼくは明日、昨日の君とデートする」。 若干のネタバレをします。 そして予告編を見る限り、ネタバレを肯定しているんだなこの作品は(すごい)(ここが他の恋愛キュンキュンものと一線を画している)。 ということであらすじは下記を参照。 京都の美大に通う20歳の学生・南山高寿(福士蒼汰)は、いつものように大学まで向かう 電車の中で出会った女性・福寿愛美(小松菜奈)を一目見た瞬間、恋に落ちた。 彼女のこの時の涙の理由を知る由もない 高寿だったが、2人は意気投合し、その後、すぐに交際をスタート。 初めてのデート、初めて手をつなぎ、初めて名前で呼び合う。 そんな初めてのことがあるたびに泣く 愛美のことを少し不思議に思いながらも、より愛美への愛情を深めていく高寿。 そんな二人の関係は、誰もがうらやむ程に順調で、すべてがうまくいくものだと信じていた…。 「わたし、あなたに隠していることがある…」初めてキスをした日、高寿は、愛美から想像も できなかった大きな秘密を明かされる…。 何故観たのか、というとback number先生の主題歌が良すぎたから 劇場の音響で聴きたくなったんですよね。 ちなみに原作は未読。 そういった観点だと、ジョン・カーニー監督の「はじまりのうた」を思い出す。 Maroon 5のライブのようなあの興奮と余韻。 といった感じ。 そしてえみちゃんの優しさにやられた。 とにかく雰囲気がとてつもなくいい。 この作品のすごいと思うところは、かなりの男性主観が入った恋愛もの割に、結果的に女性が涙する作品だということ。 伏線の入れ方はちょっと煩雑かな、と思ったけど、展開の速さゆえ仕方ないのかもしれない。 小松菜奈ちゃんは、いつもいつもミステリアス路線をひた走ってるイメージだけど、今回はしっかりと優しい女の子役で、そんな姿を観れることに価値を感じる男性はいるのかもしれない 本当か?。 真面目な役が多い東出くんは、あのくらいフランクで明るい役の方が似合うと思う。 普段もああであってほしいな 誰目線 また、福士くんはやはり静止画が一番イケメンだということを認識した。 おそらくそのぎこちなさがこの作品にピッタリなんだろうけども 未読のため仮説でしかないけれど。

次の

【backnumber/ハッピーエンド】の歌詞の意味を徹底解釈

青いまま枯れてゆくあなたを好きなままで消えてゆく

(4月・前編) 金曜日。 泣きながら食べたお寿司。 dTVでなんとなく《》を観てみたんだけど、いまいちよくわからん映画だった…雰囲気モノっていうか。 日曜は大学の友達から花見に誘われてたんだけど、グローブ座(後泊)の予定だったので断ってて、だけど結局当日券もダメだったので前日に「明日わたしも行ってもいいですか…」って連絡して急遽1人追加して貰った。 余談だけど「あ~、その日は東京やねん~」って送っただけで「にぽ(仮)、遠征か~」って返信してくるわたしの友達(何のオタクでもない)って色々すごくないですかw 察しの良さとか、遠征というワードをルに使いこなしてるところとかw まぁその友達って、キスマイのデビューが決まった茶封筒の翌日に「キスマイデビューおめでとうございます」ってわたしにメールくれた友達なんですけどね。 最高だろ~~~。 風が吹くと桜が舞って、ビールのコップに桜の花びらが舞い落ちたりしていました。 (これはわたしのほろよいだけど) それに対して「雅!雅!」って連呼する我々www はぁ、最高。 はぁ、最高。 桜は満開だし、お天気はいいし春らしい陽気で、ほんと最高だった~。 大学の友達に久しぶりに会えたことも嬉しかったし楽しかった。 グローブ座及び自担のことで世界の終わりみたいなテンションだったけど、確かにそっちの「世界」は終わっても、わたしの「世界」はちゃんと他にもあるぞって思えたし、そう思えることはとてもたいせつなことだと思った。 ここは関西アイランド。 電車のドアに貼ってある広告だよ~~~。 帰りの電車でよくこのなにわ男子に遭遇します。 やっと「週末だーーーー」っていうしあわせな気持ちだけで迎えられる週末が帰ってきた…この1ヶ月くらい、ずっと、グローブ座に苦しめられて悶々とした気持ちで過ごす週末ばかりだったのでほんとこの感覚久しぶり… たっぷり寝てちゃんと午前中のうちに起きてやるべきことをさくさくと片付けて、お天気もよくてチャリも気持ち良かった!さいこう! 購入品。 タビサ・ウェブ パジャマ 半袖(500円)、マーセライズコットンT 半袖(500円)。 TシャツはXLしか残ってなかったんだけどデザイン的に大きめをゆるっと着ても問題なさそうって思ったので購入。 綿100でそこそこしっかりした生地だったのもポイント。 安いし。 多分これ去年2990円とかで売ってたシリーズなんだよね。 今年はまた別のパジャマが出てるので去年のが安くなってるんだと。 サイズLしか残ってなかったんだけどこういうのはワンサイズ上ぐらいがちょうど良いかなと思ったのでそこは問題なし。 dTVで《》を観た。 もの、とも少し違う?やや混乱はあるものの、ちゃんと逆回しでなぞれるからちゃんと理解が追いつく作りになってる。 せつなくて、だけどそのせつなさに救いがあることがより一層せつなさに拍車をかける、っていうのもこのお話ならではかなって思いました。 せつなさに救いがあるからせつない。 わたし多分こういう、とかとか、そういうのが好きなんだな…(心の中に永遠の中2を飼ってるから…) 好きな小説は13だし好きなドラマはロングラブレターだから… しかもで好きだったの 山 田 孝 之 と 水 川 あ さ み のルだしな…(彼氏だけがに飛ばされる)(手編みのマフラーめっちゃ覚えてるわ…) (まじでわたしの人生でいちばん好きなドラマなのでdTVで配信してくれんかな…) こまつなめちゃくちゃかわいかったー。 こまつなの顔になりたい。 福 士 蒼 汰 全盛期ってかんじだから彼もとてもよいのだけど、どうしてもあの路上写真が脳内にチラつくから(あれももう結構前だっけ?)、ほんと俳優やアイドルにとってスキャンダルって(その内容や写真にもよるけど)命とりになるなーと思うなど。 やっぱツーショはあかん。 絶対あかん。 と、思いましたよよよ。 この映画の、光のかんじが好きだなって思った。 ビビッドではない色合いっていうのかな、ちょっと埃っぽい光で、インスタでわたしの好きなあのフィルターかけたみたいな色合いの映画だった。 あと、バックナンバーの曲めちゃくちゃ良いな……多分わたしのこの感覚、世間から3年くらい遅れてるっていう自覚はあるけど、バックナンバーはすごい。 バックナンバーはすごいぞ。 しかもこの曲のタイトル「ハッピーエンド」て。 天才か????「エンド」なんだね。 しかもそれは「ハッピーエンド」なんだね。 っていう。 いや、天才か????(2度目) バックナンバーの素晴らしい曲に合わせて2人が出会った電車の線路と沿線の景色を辿っていく、っていうエンドロールがまためちゃくちゃ良いんですよね…「時間」の流れを同時に感じさせるんですよ。 残酷なまでに、どうしようもなく時間の流れを感じさせる、素晴らしいエンドロール。 はぁ、いい映画だったな… 観てる最中より、後からじわじわ、余韻みたいに広がっていくかんじもすごかった。 いい映画だった。 からの《少年たち》! 感想はこちら。 ドンクのお手拭きかわいい。 4月前半で映画3本(うち2本はdTV)も観ている。 わたしにしてはめずらしい~。 そのぶん今月は読書がやや滞ってるかなという気はする。 インプットにもアウトプットにもそれぞれMP使うし無限には続けられないからなぁ。 va2la.

次の

ハッピーエンド back number 歌詞情報

青いまま枯れてゆくあなたを好きなままで消えてゆく

コメント一覧• No Name• そうですね!心はいつも少年👦🏻 少女👧🏻のままでいられたら素敵です。 経験が邪魔をして、素直になれなくなって行くのがイヤです。 strawberrycandy87 そうなんですか、いい歌詞ですよね。 わたしにはまとめてあげてるので、言える相手はいません。 でも、そんな気持ちでいつまでも、いたいですね。 No Name• 君は未来から来たんだろう!ってところと、こんな毎日でよかったら残りの全部まとめて君にあげるから!にキュンとなります。 繋がってしまうのが怖くて…という部分は乗り越えなければ前に進めない時もありますよね。 切ないです。 onsenizakaya64 Backnumber曲は、他の曲も練習してます。 m1328d 男の人目線だけど、カッコ悪い男の人の目線で、なんとなく共感できます。 おまえバカだなぁって、言い合った青春かそこにありますね。 onsenizakaya64 そうですか。 いいですよね。 あたしも 大好きな アーティストさんです。 strawberrycandy87 ユミコさんは「僕の名前を」のどこの歌詞がすきなのかなぁ?。 わたしは「形があるといつか壊れてしまうなら 初めから作らなければその方がいい 失うのが怖くて繋がってしまうのか怖くて」と言う歌詞か切ないですね。 男性の不器用な心の動きと、思春期のバカさを見事に捉えてるいい歌がありますよね。 No Name• しんさんは過去に back number の「僕の名前を」みたいなセリフを伝えたことありますか? 私はいまも憧れる 永遠の少女でいたいです。

次の