八街 停電。 千葉の停電復旧、27日までずれ込む地域も 東電発表 [台風15号支援通信]:朝日新聞デジタル

千葉県停電、2度目の見通し修正 完全復旧は「最大で2週間程度」 「経験したことがない規模の設備損壊」

八街 停電

大規模停電の原因については断定されていませんが、要因と見られるのは君津市にある45m、57mの高圧鉄塔2基が強風により倒壊したことによるものと報じられています。 倒壊した高圧鉄塔は、千葉県内に電力を送電するために重要な役割を持つ設備ということです。 *その後のNHKニュースによりますと、この鉄塔の倒壊により千葉県内の10万戸が停電の影響を受けたということです。 5万戸は本日中に、残りの5万戸は9月10日中の復旧を目指しているとのこと。 その他で発生している停電は電柱倒壊や配電線の断線などが影響している模様です。 千葉県 君津市・高圧鉄塔が倒壊 高圧鉄塔の中でも50メートル鉄塔は他の鉄塔とは違い、核となる役割があるそうです。 その50メートル鉄塔が2本、倒壊したことで復旧にも時間がかかるそうです。 — 貧乏旗本四男坊 gvAu5vmP4JTUWXR 倒れた君津の鉄塔二基、この2つだねぇ。 どのくらいで復旧出来るものなんだろうか?高圧電線の鉄塔の再建って、こりゃ大変そうだなぁ。 — ㏍ KOSUKEKASAHARA 近くの建物が道路側に倒壊して道路を塞いでます。 当然電線をを切断したので停電が続いてます。 交通も通行止めでパトカーが大きなスピーカーで説明し続け3時半から台風と声で眠れません。 信号機もついてません。 二枚目写真のように、一回転してます。 停電回復せず、信号も消えている。 倒木が電線を引っ掛けている。 なぜナンバープレートだけが? — webod 火曜断食に移行済 webod66 停電中でお店を開けられず、全くする事が無い店主と店主妻です。 二丁目の交差点信号機も復旧していません。 ここは右直事故が多いので心配です。 鴨川市役所も停電し、災害対応の要となる消防防災課は、自家発電で対応しています。 さらに、市役所の敷地内に止めてあった公用のワゴン車が横転していました。 通信設備が維持できているのがありがたい。 鴨川市内では屋根が傷んでいる家屋や飛ばされた倉庫、倒れた街路樹などが見えています。 停電のため、本日の証明書の発行は、市役所本庁舎のみで対応します。 また、鴨川・天津清掃センターへの、ゴミの持ち込みは中止します。 なお、水道については、市内各所で断水が発生しています。 16号など幹線道路まで出れれば比較的普通に走れるようです。 以上、平常通り出勤した社畜がお送り致しました。 — くろひこ ぺけさん 0710nattou 君津のとんでんやべー! 二階ぶっとんでる。 通る方はガラスや破片に気をつけて下さい。 色んなものが飛んできてた。 地元のボランティアの人が信号が消えた交差点で交通整理してくれてる。 警察の人、早く来てあげて〜 — えの子 kutofuta 実家の木更津の周辺の様子。 東電の木更津支社の停電で周辺情報が東電まで上がっていない様子。 同じ時間ですが、東口の駅近ファミマも2軒とも駅から見る限り停電していたので、恐らく営業していなかったと思います。 今はわかりませんが… — あかね的日本語教室 3minjapanese 前は停電で、銀行以外の店舗は休業しています。 信号も止まっているので怖いです😥 — 鈴木ヨースケ 国際中医師・薬剤師【泰龍堂薬局. 千葉県木更津市】 tairyudo 旭市.

次の

台風15号 八街・広範囲で断水 背景に地域特有の事情 危機管理の甘さも露呈 【ちば最前線】

八街 停電

営業しているガソリンスタンドには朝から給油待ちの車で長蛇の列ができた=11日午前9時55分ごろ、八街市 停電が続く八街市内では、ガソリンスタンド(GS)がほぼ全店で休業状態。 唯一3日間営業した市街地の店舗では、11日午前8時の開店前から車の長い列ができた。 男性店長(44)によると、店舗のある地区は停電がなく、台風が直撃した9日から営業しているという。 店長は「本来ならば、うちも給油機の半分が故障しているので営業を見送る判断もできたが、市内にあるGSが全店休業しているのでは住民に申し訳ない」と営業を決めた。 暑さの中、窓を開けながら並んだ大学3年の女性(20)=同市=は「親に頼まれてガソリンを入れに来た。 1時間近く並んだ」と念願の給油を終え、安心した様子だった。 一方、停電で営業再開できない店舗も多い。 コンビニを併設した国道51号沿いにある佐倉市の24時間営業の店舗では、9、10日とも営業できなかった。 給油できなかった四街道市の運送業の男性(71)は「40年以上住んでいるが、給油にこんなに苦労するのは東日本大震災の時以来」と営業している店を探した。 佐倉インター近くの店舗では9日に発電機を使い約5時間ほど営業したが、10日は営業できなかった。 11日も朝から近隣住民が歩いて開店しているかを確認する姿があり、男性店長(36)は「早く営業を再開させたい」と早期の停電解消を祈った。 四街道市内の店を訪れた八街市の幼児2人の母親(32)は休業で給油ができず、「本当に不便。 停電の影響で自宅のエアコンが使えず、車中で過ごしている。 早く復旧してほしい」と話した。

次の

台風15号 八街・広範囲で断水 背景に地域特有の事情 危機管理の甘さも露呈 【ちば最前線】

八街 停電

停電の影響で自宅で水が出なくなった多くの市民が給水に訪れた=9月14日午前10時40分ごろ、八街市役所 9日未明に本県を直撃した台風15号。 記録的な暴風は、記者が担当する取材エリアでも多くの被害をもたらし、改めて自然災害の恐ろしさを思い知った。 中でも八街市は、全域の約3万2千世帯が停電となったことに加え、住民の約半数が利用している井戸水の使用不能からくる断水のダブルパンチの状態が長く続き、より一層住民を疲弊させた。 市民生活に大きな影響を及ぼす停電と断水。 市内の停電が解消まで2週間余りと長期にわたったのは、多数の倒木が原因。 市が把握した電線などに絡んだ倒木は、南部地区を中心に345本。 記者も電線にもたれた倒木を切る作業に立ち会ったが、予想以上に難航した。 3、4本分の木を切断して取り除くだけで2時間近くかかる大変な作業だった。 全国一の生産量を誇る落花生など農業が盛んな八街では、土地柄や農作業への利便性もあり、古くから農家ごとに地下水を引いている世帯が多いという。 市水道課によると、上水道普及率は、昨年度の実績で市街地や分譲地を中心に約53%(1万4882戸)。 これは県の水道統計によると、県内自治体で2番目に低く、残りはおのずと井戸水となる。 このため、停電で井戸から水をくみ上げることができなくなり、結果として断水に見舞われた。 市の水道に限れば、台風による被害はなかったが、同課は「上水道、井戸水とも双方に良い部分はある。 大きな地震が発生した時などは、上水道よりも井戸水の方が被害に強いとされる」と説明。 実際、記者がかつて担当した香取市では、東日本大震災による液状化現象で地中の水道管が広範囲で破損し、大規模な断水が市民を苦しめた。 一般に、人間が生きるためには1日に3リットルの水が必要とされる。 八街市は今回、災害派遣された自衛隊などによる給水所を市内全域で20カ所以上設置。 市役所などでも職員が飲料水を配布し、万全な体制で被災した市民のサポートに徹した。 一方で、取材を重ねると、市内の小中学校に設置してある受水槽の開放など、緊急時の給水活動に関して、庁舎内でも、住民への情報共有のルールが定められていなかったことが明らかになった。 中には、蛇口を回せば簡単に給水できるタイプもあり、「平常時から給水できる場所を広報しておく必要があった」と振り返る市幹部もいた。 また、危機管理の甘さも露呈。 台風通過後に、すぐさま災害対策本部を設置した市役所が、停電などの影響で電話回線がダウン。 防災行政無線もバッテリー切れなどで使用不能に。 市民に情報を伝達する手段を早々に失った。 別の市幹部は「強い台風だという情報はあったが、これほど大きな被害をもたらすとは思わなかった」と漏らす。 多くの課題を残した台風15号。 より良い市民生活の実現へ教訓としてほしい。 (佐倉市局長・馬場 秀幸).

次の