ラファエル サブ チャンネル。 ラファエルのリアルな年収、遂に公開【vol.069】

ラファエルサブチャンネルの最新動画|YouTubeランキング

ラファエル サブ チャンネル

概要 動画上では常に仮面をしており、検証動画やなどを投稿している。 以前は登録者が200万人を超えていたが過激な投稿によりが停止()された。 来歴 生い立ち として生まれ幼少期をで過ごす。 年の離れたが一人おり動画に1度だけ出演をしていて 、両親は保育園生時代にしている。 動画内では最終学歴中学校というキャラクター設定をしているが、実際には中学校卒業後にへ通っており、上の最終学歴は高等学校卒業である。 高校卒業後 中途採用にて高校卒業年の11月にへ入隊した。 [ ] 入隊後、 ()にて3カ月間の前期教育を受け、後期教育以降は にある に配属された。 [ ] 4年間自衛官を勤め上げた後、同地域での営業職へ転職。 長くこの地で社会人時代を過ごした。 人物 YouTuberとして 2014年当時、偶然見かけたYouTubeのTVCMをきっかけに、自身のYouTubeチャンネルを立上げる。 また当時勤めていた会社の営業取引先への顔バレを配慮し、素顔を晒さないスタイルのキャラクター作りを模索した。 当初スーツ姿に目口に穴を開けた紙袋を被り撮影を行ったが、見た目へのこだわりからより良いアイデアを求めていたところでラファエルのトレードマークとなる白い仮面を見つけ、現在のスタイルを確立した。 Raphael ラファエルチャンネルは登録者数1万人達成までに約1年半掛の期間を要している。 この間、市場の調査・解析を行い、金持ちキャラ、夜の街、また企業案件においてはステルスマーケティングを敢えて行わずオープンにするといったこれまで他のYouTuberが踏み込んでいなかったブルーオーシャンをターゲットにチャンネルの地盤を固めた。 2019年1月22日Raphael ラファエルチャンネルのアカウントがYouTube運営により停止された。 理由はYouTubeの利用規約が1月に変更になったことで、過去約3年分の動画すべてにチェックが入り、新規約に違反する(子供の視聴に相応しくない動画)がチャンネルに残っていたことによる削除と推察された。 メインアカウントの停止を受けて同日、当時のサブチャンネルで騒動に対する謝罪と今後同チャンネルをメインチャンネルとして運用する旨の通知を行った。 またアカウント停止直後から交友のあるYouTuber達が、新アカウントへの登録を呼びかけるなどWeb上で多くの反応が見られた。 その結果、1月21日時点で38万人だった登録者数は、23日には60万人を突破した。 交友関係 YouTuberの、とは度々コラボをしており、炎上軍というユニットを結成している。 財界人としては (現・)の元 と公私共に交友があり、メインチャンネルやにも度々登場している。 2019年10月9日には、と初コラボ。 中田から、「の」と称された。 [ ] アーティストとしてはのと交友があり、こちらもメインチャンネル、またインスタグラムに度々登場している。 2014年(平成26年)10月28日チャンネル開設• 2016年4月チャンネル登録者数1万人を達成。 2016年7月チャンネル登録者数10万人を達成。 2017年4月チャンネル登録者数100万人を達成。 2018年9月チャンネル登録者数200万人を達成。 2019年1月22日チャンネルアカウントの停止。 ラファエル Raphaelチャンネル(現在のメインチャンネル)• 2015年11月19日当初サブチャンネルとしてチャンネル開設。 2019年1月22日Raphael ラファエルチャンネルのアカウント停止を受け、メインチャンネルに昇格した。 2019年5月チャンネル登録者数100万人を達成。 著書 単著• 『無一文からのドリーム』(2019年9月27日、) マネージャー 現役• イーサン Ethan• ゆうた 卒業• ジャン君• えるくん 脚注 出典.

次の

ラファエル、Twitterアカウントが永久凍結!?停止理由は脅迫行為?それともサブ垢が原因?真相を徹底調査!

ラファエル サブ チャンネル

二足のわらじを履いている• スーパーマンブランディング• ターゲットを明確に絞った戦略 もともと自衛隊でサラリーマンを経験しているという経歴から、ビジネスマンとしての戦略が伺えますね。 一つずつ見ていきましょう。 サラリーマン時代にはネイルサロンの経営など複数のビジネスを行っていた時期もありますが、大まかな流れとしては上記の通りですね。 YouTuberを始めた時に、「サラリーマンYouTuber」の異名も持っていたように、二足のわらじを履いている人というのはそれだけで「多くのことをこなせる能力がある人」と見られがちです。 ラファエルさん自身も二足のわらじを履くことを動画内で勧めていたりしますね。 スーパーマンブランディング ラファエルさんは、日本のYouTuberの中で最も能力値が高いです。 まず、これだけは主観として伝えておきますね。 身体能力、企画構成能力、法人経営ノウハウ、マーケティング、リスクリターン、潮流を掴み取る力、コラボレーションの有効活用、各種芸能人とのコネクション、将来店舗経営をする戦略・・・ などなど、あげればキリがないのですが、これらの能力を自ら動画内でもアピールして視聴者に刷り込んでいますよね。 この「自分はすごい」というブランディング方法が成功した人物と言っていいでしょう。 ターゲットを明確に絞った戦略 「男性サラリーマン」が明確なターゲットです。 昔はエロ系なんかも触れていましたが、アカウントが停止になってからはピンクネタは除外されていますね。 「サラリーマンが憧れる能力や姿」を全面位押し出すことで、「現実逃避+刺激になる」の二面性をうまく引き出しているYouTuberだと思います。 例えば、下記の動画なんかモロに「金持ちの道楽」という点でサラリーマンが見たいと思う要素が詰まっていますよね。 ラファエルさんの動画に隠されたテクニック そんなラファエルさんですが、アップロードされた動画には「数字を取る」という面において恐ろしいほどの仕掛けがされています。 連鎖する挨拶• テレビを意識した構成• 「ヤラセ」の理解 ビジネスマンの経験を生かして、ネットメディアというよりもむしろテレビに近い戦略を取っているラファエルさん。 順番に解説します。 連鎖する挨拶 ラファエルさんは冒頭の挨拶で「はいどうも皆さんこんにちは!新橋にいるサラリーマン大体〜〜」などの風刺小ネタをいうというスタイルを取っています。 もうお分かりですね。 「他の動画の挨拶も見てみたくなる」という仕掛けです。 これ以上の説明は不要だと思いますが。 このアイデアを実践しているのは多くのYouTuberのなかでラファエルさんがパイオニアになっていることは間違いありません。 テレビを意識した構成 まず第一に、動画の質を4Kにしています。 近年ではテレビでYouTubeを見るという人も少なくないということから、テレビサイズに合わせても画質が落ちないような「ストレス軽減」の仕掛けを行なっているんですね。 加えて冒頭15秒で動画の説明をサマリーする、次回予告を入れる、右上左上のテーマを動画中のシーンに合わせて変更するなど、とにかく「テレビから学んだ」構成をフルに取り入れているのがわかりますね。 芸能関係の知り合いが多いこともこのようなテクニックに直結している可能性があると思います。 「ヤラセ」の理解 ラファエルさん本人やシバターさんも公言していますが、ラファエルさんの「ドッキリネタ」はほぼ全てヤラセです。 なぜヤラセなのかの理由を明示しますね。 「オフモードは声が違う」とは、ラファエルさんの画面外での声を聞いたことがある人にしかわからないと思いますが、とにかく穏やかで覇気がない声をしています。 あんなにハキハキ喋ることはないですね。 「隠しカメラの画角にいる」とは、文字通りです。 というか、隠しカメラの場所なんて分かりますからね、普通。 「不自然なマネージャーへの接し方」とは、コンビニ行ってくるわ、などに代表される「明らかに一人の時間を作っている」というものです。 日中のコアタイムにあのスウェットでコンビニに行くはずありませんよね。 まとめ:既存ビジネスから学べ! ラファエルさんの成功の軌跡を分析してきましたが、「やりたいことを思いっきりやる」というYouTuberのスタンスとはかけ離れた、ビジネス戦略としての一面が見えています。 YouTubeという垣根にとらわれず、様々なメディアから数字を分析してきたラファエルさんだからこそ取れる戦略でしょう。 「気持ちいいほど知らないフリ」が、ラファエルさんから学ぶ言葉ですね。 それでは。

次の

ラファエル Raphael

ラファエル サブ チャンネル

人気YouTuberのラファエルさんのYouTubeチャンネルが、2019年1月22日にBAN(アカウント停止)された。 その理由は、「コミュニティガイドラインに違反した」というもの。 同日、サブチャンネルでラファエルさんは、「アカウント削除について、誠に申し訳ございませんでした。 」とのタイトルの動画で謝罪。 「過激な動画は一切やめ、クリーンで夕飯時に家族の方がそろって見れるようなチャンネルを目指します」と誓った。 YouTubeのコミュニティガイドラインには、「暴力的で生々しいコンテンツ」など、避けるべき投稿内容に関するガイドラインが存在している。 謝罪動画でラファエルさんは、「『クマと戦ってみた』『ランボルギーニでひかれてみた』『他人の後頭部をバットでフルスイングで殴ってみた結果』などの過激な動画は一切やめ」るとしており、これらの動画も含め、これまで自らが投稿してきた動画に問題があったとの考えを示した。 今後は投稿内容を大幅に変更することを誓ったラファエルさん。 今回の騒動について、J-CASTニュース編集部はITジャーナリストの井上トシユキ氏に意見を聞いた。 過激な動画は「自然淘汰」されていく 「ラファエルさんは以前から過激な動画でファンを楽しませてきた方です。 その一方で、YouTube側のルールはコミュニティガイドラインのページを見ても分かる通り、大まかな目安とでも言える表現なので、YouTuberやユーザーには今一つ『何がいけないのか』が伝わってきません。 ですので、『以前から過激だったラファエルさんが今回なぜBANの処分を受けたか』との疑問への答えは非常に難しいです」 「昨今話題の目隠しをして危険な行為をする『バード・ボックス・チャレンジ』によってYouTubeの規約が変わるということはありましたが、ラファエルさんの行為は以前から過激でした。 なので、とりあえず思いつくのは、昨年12月にラファエルさんが動画で、埼玉県で行われている水耕栽培を『世界一儲かる投資』『利回り80%超え!? 』などとユーザーを煽りつつ紹介したことがありましたが、その辺りの動画がYouTube側に見咎められた、ぐらいしか思いつかないですね...... 」 また、今後のYouTubeも含めたネット上の動画について予想される展開についても井上氏に聞いてみた。 「『YouTubeを視聴する』という行為が今や一般的な行動になっていますから、今後、動画に対してはテレビ並みの厳しい倫理性がYouTube側からはもちろん、ユーザーからも求められていくでしょう。 ゆえに、ラファエルさんがこれまでに公開してきたような過激な動画はその過程で自然淘汰されていくのではないでしょうか。 また、YouTubeは今や子供さんが多数のユーザーとして利用しています。 ですから、『過激な動画』が淘汰されていくことは決してYouTubeにとってはマイナスではなく、どちらかと言えばプラスの傾向であるといって良いでしょう」 YouTubeが市民権を得ていく中、動画が選別されていくという大きな潮流が始まっているのかもしれない。 (J-CASTニュース編集部 坂下朋永).

次の