タイムズ サービス 株式 会社。 会社概要

タイムズモビリティ株式会社

タイムズ サービス 株式 会社

タイムズモビリティ株式会社 Times Mobility Co. , Ltd. 2011年6月5日にタイムズモビリティネットワークス株式会社に商号変更。 2019年11月1日に現商号へ商号変更。 タイムズカーレンタルは、運営会社()の タイムズモビリティ株式会社が展開するレンタカーチェーンのブランドである。 概要 [ ] かつての社名及びブランド名は「(株式会社) マツダレンタカー」。 その名の通りの子会社であったが、2004年にマツダが保有する株式をメインバンクの・系の(現・大和キャピタル・ホールディングス及びSMBCベンチャーキャピタル)に67. その後、2009年3月末に事業参入を目的としてが株式を取得し、同社のとなった。 パーク24の持株会社化に伴い、2011年6月5日に社名を「タイムズモビリティネットワークス株式会社」に変更、「マツダレンタカー」のブランドは2013年4月1日に「タイムズカーレンタル」に変更され、名実ともにマツダの冠が外れた。 特徴 [ ]• 基本的にマツダ(、からのOEM供給車種も含む)を中心とした車種の取扱であるが、2004年の株式譲渡以降は、マツダレンタカーのブランドであるにもかかわらず、、、、などの他メーカーの車種も数多く採用している。 また、一部ではやなどのや、レンタカー業界では珍しいスポーツタイプとしてを扱っている店舗も存在する。 加えて、、エリア限定の「サービスX」 では、、を始めとした高級をレンタルすることも可能である。 ただし、免責補償コース、安心補償コースには加入不可、年齢が満25歳以上であることなどの制約がある。 2006年より、店で、社製バイクをベースにしたの取り扱いを、試験的に導入した。 その後、同店では、ギア操作不要のタイプのトライク(社製バイクがベース)を導入した。 千葉の前店と店でも、トライクの取扱をしていたが、2009年3月31日をもってレンタルトライクの事業を終了している。 2006年7月に、ヨーロッパの大手レンタカー会社であると業務提携を開始した。 これにより、ヨーロッパカーの日本語サイトのネット予約割引サービスも行われている。 ワンウェイ(乗り捨て)料金について、北海道・広島・四国地区を除き店舗間の距離による計算を採用している。 このため、店舗間の距離が20km以下(2018年5月までは50km以下)であれば県をまたぐ店舗間でも無料で乗り捨てが出来る場合がある反面、他のレンタカー会社ではおおむね無料となる県庁所在地と直近の空港間でワンウェイ料金が発生するケースがある。 カーシェアリング [ ] 2005年2月に、サービスを、で「カーシェア24」のサービス名称で開始した。 パーク24の持株会社化に伴い、2011年5月1日にカーシェアリング事業はパーク24の駐車場運営部門が分離して設立されたタイムズ24株式会社に移管されたが、2019年11月1日に同社より事業譲受された。 詳細は「」を参照 沿革 [ ]• 1965年11月 - 広島市八丁堀にて、 株式会社西日本マツダレンタカー設立• 1967年7月 - マツダ株式会社の出資を受け、 株式会社マツダレンタカー(初代)に商号変更• 1976年12月 - カーリース事業を開始• 1982年10月 - フランチャイズシステムを導入• 1986年2月 - 株式会社マツダレンタリースに商号変更• 2002年9月 - リース部門との分割を目的として、株式会社マツダレンタリースから独立し、「 株式会社マツダレンタカー」(現法人)を設立。 2004年9月 - マツダ株式会社より、エヌ・アイ・エフSMBCベンチャーズ株式会社(現・大和キャピタル・ホールディングス及びSMBCベンチャーキャピタル)と住商オートリース株式会社(現・住友三井オートサービス)へ株式譲渡• 2005年2月 - カーシェアリング事業の「カーシェア24」開始• 2009年3月 - 大和SMBCキャピタル株式会社、住友三井オートサービス株式会社よりパーク二四株式会社へ、株式98. マツダレンタカーのブランドは存続。 2009年9月 - 神奈川県の「EVシェアリング事業」に参画、電気自動車取り扱い開始。 2010年6月 - カーシェアリング事業のブランド名を「タイムズプラス」に変更。 2010年7月 - 福岡市の「EVカーシェアリング事業」に参画。 2011年5月 - カーシェアリング事業をタイムズ24株式会社に移管。 2011年6月 - 社名を タイムズモビリティネットワークス株式会社に変更。 2013年4月 - サービス名を タイムズカーレンタルに変更。 2019年5月 - 店舗名を タイムズカーへ変更、同時にロゴをリニューアル• 2019年11月 - 社名を タイムズモビリティ株式会社に変更。 本社を広島県広島市中区から東京都品川区西五反田へ移転。 カーシェアリング事業をタイムズ24から譲受。 出典 [ ].

次の

会社概要|タイムズサービス株式会社

タイムズ サービス 株式 会社

主な対応工事 とび・土工工事 立体駐車場設備工事は立体駐車場を作る機械器具設置工事です。 近年、大型店舗だけではなく小規模店舗、集合住宅、一般家庭などで立体駐車場のニーズが増えています。 立体駐車場の種類や立体駐車場設備工事の際の注意点などについてまとめました。 エレベーター設置工事とは、エレベーターを設置する機械器具設置工事のことです。 高齢化社会の本格化に伴い、ホームエレベーターへの需要も高まりを見せています。 エレベーター設置工事の中でもホームエレベーターを取り付ける際の注意点などを解説します。 揚排水機器設置工事とは、揚排水ポンプなどを設置する機械器具設置工事のことです。 揚排水ポンプにはさまざななタイプがあり、それぞれのケースで注意すべき点も異なってきます。 いずれにせよ、まず現場の状況を正しく把握することからスタートします。 お問い合わせはコチラへ!.

次の

「株式会社インターナショナルスクールタイムズ」の株式取得(完全子会社化)に関するお知らせ|株式会社GLOBAL EDUCATIONAL PARTNERSのプレスリリース

タイムズ サービス 株式 会社

主な対応工事 とび・土工工事 立体駐車場設備工事は立体駐車場を作る機械器具設置工事です。 近年、大型店舗だけではなく小規模店舗、集合住宅、一般家庭などで立体駐車場のニーズが増えています。 立体駐車場の種類や立体駐車場設備工事の際の注意点などについてまとめました。 エレベーター設置工事とは、エレベーターを設置する機械器具設置工事のことです。 高齢化社会の本格化に伴い、ホームエレベーターへの需要も高まりを見せています。 エレベーター設置工事の中でもホームエレベーターを取り付ける際の注意点などを解説します。 揚排水機器設置工事とは、揚排水ポンプなどを設置する機械器具設置工事のことです。 揚排水ポンプにはさまざななタイプがあり、それぞれのケースで注意すべき点も異なってきます。 いずれにせよ、まず現場の状況を正しく把握することからスタートします。 お問い合わせはコチラへ!.

次の