風邪 から くる 胃腸 炎。 先日、かかりつけ医より風邪からくる胃炎だと診断された者です。風邪薬と...

胃腸にくる風邪をヨーグルトで予防する方法

風邪 から くる 胃腸 炎

もっと見る 胃がキリキリと痛む、不快感を感じることはありませんか?病院を受診しても原因がわからない場合は、ストレスによる胃炎かもしれません。 この記事では、ストレスが原因で引き起こされる胃炎や腸炎についてご紹介いたします。 ストレスが原因の胃腸炎について 1. 胃炎には3種類ある 胃炎には急性胃炎、慢性胃炎、ストレス性胃炎と大きく分けて3種類あります。 病院でバリウムや内視鏡の検査を受けても特に原因が見つからない場合の多くは、ストレスが原因の『 ストレス性胃炎』や、痛みなどの症状があっても異常がみつからない 『 機能性ディスペプシア』という病気であることが多いです。 「胃炎」や「腸炎」とは、どういう状態のこと? 胃炎、腸炎とは、 胃や腸が何らかの原因で炎症を起こしている状態のことをいいます。 胃だけに炎症がある場合は「胃炎」、腸のみの場合は「腸炎」といいます。 細菌やストレスが原因となることもあります。 胃腸はストレスに敏感! ストレスは精神的なものなので、身体的には影響がないと思われるかもしれませんが、体内の臓器とストレスは密接な関係にあります。 その中でも、特に胃や腸は、ストレスに敏感で、胃炎や過敏性腸症候群などの腹痛を発症することも多いです。 ストレスを感じると自律神経に異常をきたし、胃に負担がかかることから胃炎を引き起こすといわれています。 ストレスによる胃腸炎の症状 1. 症状は胃がキリキリする、みぞおちの不快感など ストレス性胃腸炎は、胃がキリキリするなど違和感や痛みといった前兆がみられます。 さらには胃のあたりから酸っぱいものがのどまで上がってくるなど、みぞおちに不快感があります。 過敏性腸症候群の場合には、すぐにトイレに行きたくなる、腹痛があるなどの症状があります。 2.急性胃炎・慢性胃炎とはどうちがう?特徴は? 急性胃炎 刺激の強い食べ物や寄生虫などにより、胃の粘膜が障害されるためにおこります。 強い胃の痛みを感じることが特徴です。 慢性胃炎 慢性胃炎の多くは、ピロリ菌感染によるもので、多くの場合において 症状は見られません。 ストレス性胃炎では、一過性に胃の痛みを感じることがありますが、繰り返すことも多くみられます。 ストレスからくる胃腸炎の治療法。 病院は何科? 1. 何科を受診すべき? ストレスからくる胃腸炎は、まず内科や消化器内科を受診しましょう。 内服薬を処方されて改善することもありますし、改善しない場合は心療内科や精神科を受診するのも良いでしょう。 薬物療法 胃酸を中和する「制酸薬」や、胃酸の分泌を抑える「胃酸分泌抑制薬」、胃の粘膜を保護する「胃粘膜保護薬」、胃の働きを活発にする「運動機能改善薬」など、症状に合わせて使用します。 また、過敏性腸炎の場合には、専用の薬が使われ、症状が緩和することが多くみられます。 生活習慣の改善 十分な睡眠と適度な運動 ストレスからくる胃腸炎は、できるだけストレスを軽減させて、日々ストレスを溜めこまないようにすることが大切です。 しっかり睡眠をとり、適度に運動することもストレスの緩和につながります。 脂の多い食事は胃腸に負担をかける!控えめに 食事はバランスの良い食事を心がけ、胃腸に負担のかかるような消化の良くないものは避けましょう。 特に、揚げ物や加工肉など 脂が多いものは胃腸への負担がかかりやすいので、食べ過ぎないようにします。 また、精神を安定させる内服薬によって治療を行うこともあります。 治るまでにかかる期間は? 細菌やウイルスが原因の胃腸炎の場合、長くても1週間前後で症状が改善されることがほとんどですが、ストレス性胃腸炎の場合は、 原因となっているストレスを取り除かなければ完治しません。 薬物療法と併せてストレスを緩和させ、症状の改善につとめます。 治療期間は個人差がありますが、 1~2か月で症状が落ち着くケースが多いです。 まとめ ストレスが原因の胃腸炎は、誰でもかかる可能性があります。 日々のストレスを溜めこまないことや、運動などでしっかりと解消することで改善、予防をすることができます。 それでも症状が改善されない場合は、病院を受診し薬を処方してもらいましょう。

次の

急性胃腸炎は人にうつる?症状や主な原因と潜伏期間について

風邪 から くる 胃腸 炎

もくじ• 胃腸風邪の症状とその期間について 「胃腸風邪」というのは 総称なんです。 下痢やおう吐など、胃腸がやられる体調不良は、 感染する菌やウイルスが何であろうと、「胃腸風邪」とまとめられます。 軽い食中毒なども「胃腸風邪」や「食あたり」と言われることもあり、なんとも境界があいまいなものです。 ここでは、 原因となる細菌やウイルス別に、あらわれる 症状やその期間についてまとめます。 代表的なものは次の通りです。 細菌の感染による胃腸風邪 <カンピロバクター腸炎> 鶏、豚、牛の生肉や、犬や猫との接触。 井戸水などから感染します。 症状の期間 5日~7日• 潜伏期間 1日~10日• 症状 発熱、下痢、腹痛、寒気、嘔吐 <サルモネラ腸炎> 細菌が付着した卵の殻に接触した。 また、ネズミやゴキブリなどの害虫が運んでくることもあります。 症状の期間 4~5日(ただし治療が遅れると2週間くらい発熱する)• 潜伏期間 6時間~72時間• 症状 激しい下痢、嘔吐、発熱 <腸炎ビブリオ> 生の魚介類や、魚介の加工品に残った菌から感染します。 症状の期間 2日~3日• 潜伏期間 4時間~28時間• 症状 激しい腹痛、下痢、発熱、嘔吐 <ウェルシュ菌腸炎> 調理後時間のたったカレーやシチューなどに増える菌です。 気温の高い日に、常温で置いておいたこのような料理を食べて感染します。 症状の期間 1日ほど• 潜伏期間 4時間~28時間• 症状 下痢・腹痛 ウイルスの感染による胃腸風邪 <ノロウイルス胃腸炎> 食べ物だと生の牡蠣やサラダから。 二次感染もしやすく、かかった人のおう吐物などを処理した人が感染する場合も多いです。 症状の期間 1日~2日• 潜伏期間 1日~2日• 症状 激しい下痢、嘔吐、発熱、寒気 <ロタウイルス胃腸炎> 幼児がかかりやすい胃腸炎です。 ただし、免疫力が弱っていると、オムツなどを処理した大人がかかる場合もあります。 症状の期間 5日~7日• 潜伏期間 1日~3日• 症状 嘔吐、発熱、白色の水様下痢 <腸管アデノウイルス胃腸炎> 風邪を引き起こすウイルスの一種で、空気中に飛んでいます。 胃酸に強いので、胃や腸で活発になると胃腸風邪になります。 症状の期間 2日~7日• 潜伏期間 5日~7日• 症状 嘔吐、下痢、発熱 このように、胃腸風邪を起こす細菌やウイルスは複数あり、その種類によって症状の期間にはバラつきがあります。 また、症状の期間は、ひとりひとりが持つ体力にも左右されます。 並の体力を持つ人ならば、 症状が出てから1週間前後で回復するケースが多いです。 スポンサーリンク 薬剤師さんに聞いた!!回復を早めるコツ!! 小さい子供が二人いる我が家は、毎年胃腸風邪の恐怖にさらされます。 かかってしまった時には、なるべく早く回復したいもの! そこで、地元薬剤師に聞きました。 「 胃腸風邪にかかってしまったときに 回復を早めるコツはありますか!?」 その問いに返ってきたのはこちらです。 食欲があっても 「腹5分目」にとどめます。 食べるものは、おかゆやうどんなど、 温かくて消化のいいもの。 腹5分目とは、新しい響きの言葉。 実際胃腸風邪の最中は、これくらいで精一杯ですよね。 余談ですが、 胃腸の調子が悪い時には梅干しを食べるといいそうです。 これについてはこちらの記事で詳しく書いていますので、合わせて読んでみてくださいね。 胃腸風邪の時には、食べたらNGなものもあります。 下のような食べ物はたとえ食べたくても我慢しましょう。 症状が悪化してエライことになります。 <胃腸風邪の時には食べちゃダメ!な食品> 生もの(果物、生野菜、刺身など)・冷たいもの・ネバネバするもの(納豆、オクラ、山芋など)・油っこいもの・肉・アクが強いもの(ほうれん草など)・ナッツ類・温かいうどん以外の麺類・辛いもの・お菓子・ジュース・菓子パン・添加物の多いもの・乳製品・お酒 普段何気なく食べているものは、ほぼ全滅といって間違いなさそうですね。 ちなみに私は、と自覚のないときにコーヒーを飲んで、後で胃痛に悩まされたことがあります。 薬剤師さんは言っていませんでしたが、私の経験上「お酒以外の嗜好品」もやめておいた方がいいです。 胃腸風邪の時の日常生活について 胃腸風邪の時の日常生活は、薬剤師さん曰く、 とにかく「身体を温める」のがいいそうです。 身体を冷やさない• ムリしてお風呂に入らない(シャワーのみはもっとダメ)• 身体を横にする(肝臓へ血液を戻すことで回復が早まる!)• 首、手首、足首に風をあてない 横になる=肝臓に血液を戻すと回復が早まるというのは、専門家ならではのアドバイス! 聞いてみて良かったです。 胃腸風邪にかかった時は、おとなしく寝ていましょう。 デスクワークくらいなら大丈夫・・・ と起きていると、肝臓に血液戻りにくいで! とにかく回復への近道は 身体をいたわって、 や自然治癒力を上げることですね!! まとめ 「胃腸風邪」とは、胃腸の調子が悪くなる体調不良の総称で、感染したウイルスや菌によって症状やその期間が微妙に違います。 ただし、大体の胃腸風邪に言えることは、.

次の

ナビタスクリニック » Blog Archive » 「おなかの風邪」、毎年10月頃から患者さんが増えてきます!

風邪 から くる 胃腸 炎

先週から急な嘔吐・下痢・腹痛などの症状で来院される患者さんが増えています。 『胃腸かぜ』とも言われる急性胃腸炎です。 食べ物、もしくは手などを介して口から入った感染源が、体内で繁殖して問題を起こします。 体内に感染源を長い間とどめておきたくないので、速やかに体外へ出そうとします。 それによって、嘔気・嘔吐や下痢が引き起こさます。 このような時に安易に下痢止めを内服するのは、症状を長引かせる恐れがあるので注意しましょう。 下痢や嘔吐によって体が脱水気味になる事が多いので、可能であればこまめに水分補給をしましょう。 嘔吐・嘔気がひどく水分摂取がままならないときはご相談ください。 必要に応じて点滴をします。 どの患者さんも辛そうなので特効薬があると良いのですが、そういうわけにもいきません。 原則は対処療法をしっかりして、自然に治るのを待ちます。 ただし、特殊な急性腸炎の中には治療薬があるものもありますのでご相談ください。 通常の風邪と同様に予防としての手洗いが非常に重要で、また感染しても他に移さないような配慮が必要です。

次の