危険 な こと を たとえ た ことわざ は。 猫に鰹節

ことわざ・慣用句・四字熟語一覧 「ね」

危険 な こと を たとえ た ことわざ は

仕事がら身についた習性もいう。 黒犬に噛まれて赤犬に怖じる くろいぬにかまれてあかいぬにおじる 意味 犬に噛まれたために、犬全部をこわがるということで、一度恐ろしい経験をしたために、必要以上に用心することのたとえ。 事前に漏れれば妨害されたりして失敗することが多いという戒め。 囁き千里 ささやきせんり 意味 ひそひそ話は、すぐに遠方まで伝わる意で、内緒話の漏れやすいことのたとえ。 途中よりも結果が大切という意味もある。 類義語 有終の美 思案の案の字が百貫する しあんのあんのじがひゃっかんする 意味 どんな場合にも結論を出す前に熟考することが大切だというたとえ。 類義語 分別の別の字が百貫する 舌の剣は命を絶つ したのつるぎはいのちをたつ 意味 不用意なことばの過ちのために、自分の生命さえも失うことがあるということ。 また、悪意のある風評を流されて、一生を台なしにされることがあることにもいう。 転じて、気が小さくて、いつもびくびくしていることをいう。 小敵と見て侮る勿れ しょうてきとみてあなどるなかれ 意味 小敵だとみくびって油断していると、思わぬ不覚をとることになる。 どんな相手であっても軽んじてはいけないという戒め。 また、初めの決意を忘れてはいけないという意味でも用いられる。 類義語 始めが大事。 急いては事を仕損じる せいてはことをしそんじる 意味 物事はあまり急いでやると、内容がおろそかになって失敗しやすいという戒め。 備えあれば患い無し そなえあればうれいなし 意味 いざという時のために普段から準備しておけば心配せずにすみ、心安らかにしていられるということ。 多言は身を害す たげんはみをがいす 意味 口数が多い者は、いらざる事を口外して他人に迷惑をかけたり、信用を落としたりして、わが身に災いを招くことになるという戒め。

次の

ことわざ・慣用句・四字熟語一覧 「ね」

危険 な こと を たとえ た ことわざ は

以前に「What's new? 浅い川も深く渡れ浅く見える川でも、どんな危険があるかもしれないので、深い川を渡るように注意して渡れ。 「大丈夫だよ、平気、ヘーキ」と思っていても、実は見えないところに危険があるもの。 「大丈夫」を根拠のあるものにするのは自分の責任。 注意して危険を未然に防ぎましょう! 危ないことは怪我のうち危険なことをすれば怪我をするのはわかりきっているのだから、初めから危ないことには関わらないこと。 わかっていてもつい…手を出してしまってやはり痛い目を見ることに。 若さと無謀さは比例する? いい年になって危ないことをして怪我をしたら? 賢くないですね。 当たらぬ蜂には刺されぬ自分から危険なことに近づいたり、関係を持とうとしなければ、災いを被ることはない。 よせばいいのに、見るからに悪そうな異性に手を出して、脅されたりお金を要求されたり社会的致命傷を負ったり。 「蜂の一刺し」なんてのもありました。 急がば回れ急いでいるときには危険な近道を行くよりも、たとえ遠回りになっても安全な道を選んだ方が、かえって早く目的地に着くということ。 近道だからと繁華街を抜けて通ろうと思ったら、酔っ払いの喧嘩に巻き込まれて思わぬ時間がかかってしまった? 姥が懐で追い剥ぎに会う姥(うば)が懐(ふところ)」は乳母に抱かれていること。 ここにいれば安心と思っていたところで、意外な災難に遭うことのたとえ。 近所に交番があるから安心、と思っていたらドロボウに入られたり。 自宅にいても「居空き」というドロボウに入られることもあります。 遠水近火を救わず遠い所にある水では火事は消せない。 遠くにあるものは急場の役には立たないというたとえ。 たくましくて強い彼氏でも、彼女が一人でいるときに被害に遭ってしまっては助けてくれようがない。 あてにしたり頼りにしない方がいいかも?「遠水近火(えんすいきんか)」とも言う。

次の

A │ 英語ことわざ辞典

危険 な こと を たとえ た ことわざ は

以前に「What's new? 浅い川も深く渡れ浅く見える川でも、どんな危険があるかもしれないので、深い川を渡るように注意して渡れ。 「大丈夫だよ、平気、ヘーキ」と思っていても、実は見えないところに危険があるもの。 「大丈夫」を根拠のあるものにするのは自分の責任。 注意して危険を未然に防ぎましょう! 危ないことは怪我のうち危険なことをすれば怪我をするのはわかりきっているのだから、初めから危ないことには関わらないこと。 わかっていてもつい…手を出してしまってやはり痛い目を見ることに。 若さと無謀さは比例する? いい年になって危ないことをして怪我をしたら? 賢くないですね。 当たらぬ蜂には刺されぬ自分から危険なことに近づいたり、関係を持とうとしなければ、災いを被ることはない。 よせばいいのに、見るからに悪そうな異性に手を出して、脅されたりお金を要求されたり社会的致命傷を負ったり。 「蜂の一刺し」なんてのもありました。 急がば回れ急いでいるときには危険な近道を行くよりも、たとえ遠回りになっても安全な道を選んだ方が、かえって早く目的地に着くということ。 近道だからと繁華街を抜けて通ろうと思ったら、酔っ払いの喧嘩に巻き込まれて思わぬ時間がかかってしまった? 姥が懐で追い剥ぎに会う姥(うば)が懐(ふところ)」は乳母に抱かれていること。 ここにいれば安心と思っていたところで、意外な災難に遭うことのたとえ。 近所に交番があるから安心、と思っていたらドロボウに入られたり。 自宅にいても「居空き」というドロボウに入られることもあります。 遠水近火を救わず遠い所にある水では火事は消せない。 遠くにあるものは急場の役には立たないというたとえ。 たくましくて強い彼氏でも、彼女が一人でいるときに被害に遭ってしまっては助けてくれようがない。 あてにしたり頼りにしない方がいいかも?「遠水近火(えんすいきんか)」とも言う。

次の