宙船 意味。 中島みゆきの名曲『時代』の歌詞の意味に秘められた過酷な経験とは?

中学3年生国語の教科書に載っている中島みゆきさんの永久欠番について

宙船 意味

『宙船』は、本当は中島みゆきが歌うはずだった? 看板番組である「ザ!鉄腕!ダッシュ」の印象が強いTOKIO。 しかし、一度ステージへ上がればやはりジャニーズ!男気溢れ、ジャニーズには珍しいバンドグループという形態でオーディエンスを沸かせている。 そんな彼らの代表曲の1つである『宙船』が、実はシンガーソングライターの中島みゆきが歌うはずだった曲である事を知る人は少ないのではないだろうか。 この楽曲は最初、中島みゆきのオリジナルアルバム『ララバイSINGER』のメインとなる楽曲として収録される予定だった。 中島もそのつもりでレコーディングしようとしていたのだが、そこへジャニーズ事務所から依頼が入る。 「TOKIOに合う曲はないか」ピンときた楽曲が、『宙船』だった。 後にこの事を中島は、「 TOKIOに委ねることで 派手な柱になって帰って来るにも悪くないと思った」と語っている。 そんな不思議な経緯を経てTOKIOに譲られた『宙船』は、オリコンチャート初登場で首位を獲得。 ボーカル・ギター担当の長瀬主演ドラマ「マイボスマイヒーロー」の主題歌として使用され、TOKIOのシングルの中では上位2位まで売り上げを伸ばす事になる。 オールは自分の進路を決め、漕ぎ進める為に大切な道具。 それを、自分が「消えて喜ぶ者」に任せてしまうわけにはいかない。 海のように穏やかな時もあれば、荒波の時もある。 そんな中を前進していくのだから船は傷んで当たり前だ。 それでも、船を下りずに漕ぎ続けることを『宙船』は教えてくれている。 たとえ、1人になってしまったとしても。 出航してから9年経つが、今もどこかで航海を続けている。 TEXT:空屋まひろ.

次の

マイ☆ボス マイ☆ヒーロー

宙船 意味

概要 [ ] 主演の『』のリメイクであるが、オリジナルにあったバイオレンスな作風や登場人物の設定は、コメディ色に変更・脚色されている。 当番組の前作『』以来、2クール連続出演となったの出世作としても知られ、当時はほぼ無名だったのドラマ初出演作でもある。 さらに脚本は、放送直前の2005年下半期放送『』(大阪放送局製作)のが担当し、後述するようにやが『風のハルカ』より引き続き起用されている。 2007年から一部地域で再放送され、さらに一部の地域では副音声において向けナレーションが追加された。 ナレーションを担当したのはであった。 ストーリー [ ] 「関東鋭牙会」(かんとうえいげかい)の、榊真喜男・27歳。 ヤクザのを父に持つ真喜男は、次代組長を目指すもまともに学校へ通ったことがないために簡単なさえできずも書けない。 ケンカは強いが学力は小学生以下であった。 握力は180kgあるが90秒以上考える事ができないため、香港での取引で交渉が決裂し組に大損害を与えてしまう。 これに激怒した真喜男の父・喜一は、内部で真喜男が次期組長になることに反対の声が挙がっていることを伝える。 そして「組を継ぎたいのであれば、高等学校を卒業すること」を命じる。 喜一のコネを使って年齢を10歳詐称し、3年生に編入する事で高校に裏口入学した真喜男は、難しすぎる勉強と10歳年下の級友たちにうんざりするが、次第に「初恋・友情・勉強」といった、の楽しさに気づいていく。 かくして、真喜男の次期組長の座を掛けた卒業までの学園生活が始まった。 登場人物 [ ] セント・アグネス学園 [ ] 主要生徒 [ ] 榊 真喜男(さかき まきお) 演 - ()(6歳時:、10歳時:) 本作の主人公。 関東鋭牙会の若頭。 誕生日は で蠍座。 好きな物は酒と煙草と女と喧嘩で、プリンが大好物。 母親はすでに亡くなっている。 学校では総髪だが、内部の人間と一緒にいるときはオールバックで髪をまとめている。 頭がとても悪く、90秒以上何かを考える事が出来ない。 学校に行けるようになって3日考えるようになるまで成長し、ギリギリではあるが、最終的には高校卒業はなんとか出来るまでになった。 ()との取引を簡単な計算が出来なかったことで有耶無耶になり、しまいには馬鹿にされたことで大暴れして、台無しにしてしまったため、父・喜一に「来年の春までに、卒業証書を持って来い。 それが出来ないようなら、3代目は弟の美喜男に継ぐ。 貴様は破門だ。 」と言われてしまい、10歳年齢を偽ってセント・アグネス学園高校に裏口入学する。 最初は学校へ行くのを嫌がっていたが「組の長」という言葉に惹かれ3年A組の学級委員になった。 それからは青春の楽しさを知り、高校生活を楽しむようになる。 何かを前向きに考える時白目を剥く癖がある。 何に対しても「コノヤロウ」と叫んだり、舎弟のカズに怒るとき「ファー」と言ったり、疑問に思ったりすることがあったりすると「はにゃ? 」と言うのが口癖(ナレーションでも使用される)。 自分の素性を隠すあまりに基本的に学校にいる時は親友の桜小路以外には敬語を使うが、鋭牙会の人間が真喜男の癪に障るような事を言うと雄叫びを上げて怒る。 お化けが苦手である。 頭は空だが、身体能力は極めて高く、一撃で敵を叩きのめすパンチ力を持っており、握力は180を超えている。 上半身の大半に刺青を彫っているため学校では人前で着替えられない。 運は並外れて強く・などでは強運を発揮しテストにもを使って選択問題が多い日本史・生物・物理の科目で30点以上を取るが、選択問題がほとんど無い英語・数学・国語は0点か一桁の点数で、成績は学年122人中122位となり追試を受ける羽目になった。 学校での愛称は「マッキー」。 鬼のような強さを誇り「トルネードの真喜男」の異名を持つが、真喜男本人はトルネードの意味をわかっていない。 なお、異名は6歳の時は「チビ若」、10歳の時は「カミソリのまー君」だった。 第7話の中盤ではひかりとデート中に若い男たちに殴られて負傷してしまい、関東鋭牙会の家まで運ばれて翌日には治っているほか、第8話の終盤で、バースデーケーキをみんなにお祝いした時は大感激して大声で泣いていた。 最終話の冒頭で指定暴力団の熊田達が来てるのを気づいた際、セント・アグネス学園の敷地内で抗争を行ったため、傷害容疑で現行犯逮捕されたことで素性がばれて退学処分になったが、卒業式で思い出づくりとして迎え入れられ、実際には卒業した事にはならないが卒業証書をもらい、翌日に関東鋭牙会三代目継承式典が行われた。 エンドロールで私立宙船(そらふね)高等学校に再入学した。 桜小路 順(さくらこうじ じゅん) 演 - 当時) 真喜男の親友で最大の理解者。 「学校なんて無意味」と思っていたが真喜男に助けてもらってから親友になった。 ひかりとは幼馴染であるが彼女に好意を抱いて以来まともに話さなくなっていた。 真喜男のことを「マッキー」と呼んでいる。 真喜男に名前を覚えてもらえず「桜なんとか」と呼ばれていたが最終話のラストシーンで一度だけ「桜小路」と呼ばれた。 真喜男の舎弟のカズを美喜男だと思い込んでおり「ミッキー」と呼んでいる。 ひかり曰く「順のお姉さんは凄く美人」らしい(姉・瞳は第8話に登場)。 学年順位7位で72を誇る。 甘いものが苦手。 また、諏訪部曰く元いじめられっ子だったらしい(第5話より)。 卒業後は第9話で受験した明応大学に進学している。 梅村 ひかり(うめむら ひかり) 演 - 素直で優しい性格。 父親が借金取りのヤクザに殴られるのを小さい頃から何度も見ているため暴力を嫌っている。 真喜男のことを「榊君」と呼んでいるが、第4話で真喜男との肝試しでは真喜男が途中で逃げ出してしまい夏休みが明けた新学期の最初の登校日に挨拶されても無視した。 2度目の謝罪の際も真喜男に対して事情を知らない他のクラスメートがナンパのやり方について教えられたことをお礼に言いに来たため、火に油を注ぐ形となり「榊君なんか大嫌い」と激怒した。 しかし酷く嫌ってはいなかった。 桜小路から真喜男の家庭の事情を聞かれたことで言葉には出さなかったが無断欠席した真喜男を心配する表情を見せた。 そして周りの支えもあり真喜男に再び手を差し伸べて仲直りした。 その後真喜男に想いを寄せるようになった。 しかし、前述の暴行を見たことで真喜男に「暴力を振るう人は嫌い」と言ってしまい、これが原因で真喜男から避けられるが桜小路のアドバイスで立ち直った真喜男と向き合った。 成績は学年15位。 平成元年3月生まれ。 5人兄弟の長女で高校に行きながらバイトをし、弟たちの世話をしている。 兄弟の名前はそれぞれ次女・のぞみ、長男・はやと、次男・あさひ、三男・あずさの大家族でもある(この兄弟たちは第7話で登場)。 卒業後は第7話で受験した慶明女子大学に進学している。 萩原 早紀(はぎわら さき) 演 - ひかりの親友でお金持ちのお嬢様。 成績は学年19位。 桜小路以外に真喜男のことを「マッキー」と呼んでいる数少ない人間の一人。 肝試しの一件でひかりに不快な思いをさせてしまいグレて学校をサボっていた真喜男に学校に来るように説得したり真喜男とひかりの恋を応援する一方で、桜小路がひかりに思いを寄せていることに気づいており桜小路に「このままでいいの? 」と心配したりするなどお節介な一面もある。 卒業後はその桜小路と共に第9話で受験した明応大学に進学している。 3年A組 [ ] 青木 護(あおき まもる) 演 - 成績は学年18位。 伊吹 和馬(いぶき かずま) 演 - 星野の手下その1。 プリン合戦や卒業式後に真喜男を探しに行く時など星野についていくという忠誠心がある。 「星野君はなぁ~」の言い出しで解説するのが口癖。 第3話の中盤では立体駐車場の中で暴力団に殴られ、星野君が倒れた際に走ったほか、第6話のプリンの争奪戦では、瀬川がスリッパを投げつけた際は3人に飛び掛かって制圧した。 成績は学年112位。 奥本 雪乃(おくもと ゆきの) 演 - 内向的でスポーツ音痴。 球技大会の時は真喜男と同じバスケットチームになった。 初めは恥をかくのが嫌で練習や試合を嫌がっていたが真喜男の言葉により試合に参加する事を決意した。 球技大会以降は真喜男のことを「マッキー」と呼ぶようになった。 学年5位の成績を誇る優等生。 密かに安原に好意を持っている。 小澤 香織(おざわ かおり) 演 - 真喜男の席の前に座っている女生徒。 ひかり、早紀、唯と行動を共にすることが多い。 早乙女 唯(さおとめ ゆい) 演 - ひかり、早紀、香織と行動を共にすることが多い。 最終話の卒業式では涙を流して泣いていた。 成績は学年36位。 諏訪部 祐樹(すわべ ゆうき) 演 - 学年順位9位の成績を誇る優等生。 長髪でいつでも扇子を手放さない。 通称「キモロンゲ」(星野が名づけた)。 何かにつけて嫌みを言う根性腐りで特に頭の悪い真喜男や星野を馬鹿にしているので2人からは嫌われている。 しかし文化祭では練習には消極的だったものの本番では真喜男のドラムをバックアップした。 バレンタインにはクラスの女子4人から(全て義理チョコだったが)チョコを貰っていた。 瀬川 保(せがわ たもつ) 演 - 田中泰宏(現・)(青春ダーツ〈現・〉) 諏訪部といつも一緒にいる取り巻きその1。 坊主刈り。 成績は学年67位。 宝田 輝久(たからだ てるひさ) 演 - 星野の手下その2。 成績は学年47位で六大学の合格ラインを前後している。 田中 ルミ(たなか るみ) 演 - クラスの女性ボスで取り巻きが多い。 成績は学年42位。 千葉 茜(ちば あかね) 演 - 田中ら女子グループの一角で田中や三ノ輪、結城と行動を共にすることが多い。 曲がったことが嫌いで怒りやすい。 坪井 未央(つぼい みお) 演 - 成績は学年75位。 天堂 由加里(てんどう ゆかり) 演 - 真喜男の席の後ろに座っている女生徒。 仁科寛子とフェイ・リンと仲が良い。 目が悪く授業中は眼鏡をかけている。 仁科 寛子(にしな ひろこ) 演 - 天堂由加里とフェイ・リンと行動を共にすることが多い。 成績は学年25位。 早坂 雅人(はやさか まさと) 演 - サッカー部のキャプテン。 小学校から続けているサッカー部員だがあまり強くない。 肝試しをきっかけとして三田真琴と付き合うことになる。 成績は学年51位。 平塚 隆介(ひらつか りゅうすけ) 演 - 諏訪部といつも一緒にいる取り巻きその2。 成績は学年88位。 フェイ・リン 演 - 中国からの留学生。 天堂由加里と仁科寛子と仲が良い。 最終話の卒業式では涙を流して泣いていた。 成績は学年81位。 星野 陸生(ほしの りくお) 演 - 不良ぶっている生徒。 友達の伊吹には「このへんで一番強い」と言われているが実際それほど強くはない(熊田一家と遭遇した際には熊田にパンチ一発で倒され、毒是利高校のOBに叩きのめされるなど)。 それ以外にも調理実習で不良らしくない可愛らしいエプロンを着ていたりバレンタインには母や妹からを貰ったりするなど完全に不良になりきれていない。 順と真喜男から金を巻き上げていたが最終話で順には伊吹とお年玉を出し合って返済した。 だが、真喜男には返済しなかった。 期末テストで真喜男が今まで最下位だった自分の代わりに最下位となったため真喜男を自分の舎弟にし、それからは真喜男や順と行動をする事が多くなり友達となった。 成績は学年121位。 牧 信一(まき しんいち) 演 - 卓球部の幽霊部員。 自分は卓球がうまいと思い込んでいる。 成績は学年28位。 三田 真琴(みた まこと) 演 - 真喜男のことをマッキーと呼ぶ一人。 成績は学年32位。 三ノ輪 有紀(みのわ ゆき) 演 - 田中ら女子グループの一角で田中や千葉、結城と行動を共にすることが多い。 成績は学年79位。 安原 正(やすはら ただし) 演 - 学年2位の成績を誇る優等生。 医者の息子であり家業を継ぐためにを目指している。 口調は辛辣であり当初は勉強の進行を妨害する真喜男を嫌っていたが、家業のために高校を卒業しなくてはならない真喜男の境遇を知り三者面談の際には姿を見せた真喜男に「僕も家業を継ぐために勉強をしている。 今は頑張らないといけないんだ」と理解を求めつつ「君もサボってないで頑張れよ」と言葉をかけるなど少しは真喜男の境遇も理解するようになった。 真喜男の正体を知った後はショックを受けるも実際に会ってからはそのような姿勢は見せず他のクラスメート同様笑顔で対応した。 卒業後は東大に進学。 また、同大学の滑り止めとして第9話では順や早紀、奥本雪乃と共に明応大学も受験している。 ピアノを流麗に演奏し、クラスメートを驚かせるという一面ももつ。 山田 樹 演 - 前学級委員。 第2話で留学した。 結城 明美(ゆうき あけみ) 演 - 田中ら女子グループの一角で田中や千葉、三ノ輪と行動を共にすることが多い。 最終話の卒業式では涙を流して泣いていた。 吉村 博信(よしむら ひろのぶ) 演 - 成績は学年34位。 3年A組 座席表 [ ] この項目ではを扱っています。 閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。 教壇 坪井未央 奥本雪乃 青木護 伊吹和馬 星野陸生 安原正 早乙女唯 小澤香織 吉村博信 宝田輝久 三田真琴 梅村ひかり 榊真喜男 桜小路順 早坂雅人 千葉茜 萩原早紀 天童由加里 諏訪部祐樹 牧信一 田中ルミ 結城明美 仁科寛子 平塚隆介 瀬川保 三ノ輪有紀 フェイ・リン 山田樹 教職員 [ ] 南 百合子〈24〉 演 - 3年A組の担任。 担当教科は。 南校長の娘。 真面目で熱心だが感情表現が苦手で無表情で接することが多かったため真喜男の心の声からは「鉄仮面」(真喜男の表記では「てつ仮面」)と呼ばれている。 真喜男のメンチ(睨み)を怖がらず「野獣のような目で私を見る」と誤解するなどズレた感覚と鈍い性格をしている。 南 孝之〈50〉 演 - 校長。 真喜男の父・喜一の友人であり百合子の父親。 学校内で真喜男の正体を知る唯一の人物。 学園長でありながら雑務もこなすなど人間的にも優れた人物。 娘を心配している。 水島 椿〈50〉 演 - 養護教諭。 真喜男に学校の大切さや青春の楽しさなどを教える。 高校の同級生である喜一に想いを寄せている。 芥川 良美 演 - 教頭。 担当教科は。 第4話の強化講習開会式で「25年前、18歳の高校3年生だった」と発言したので現在は43歳だと思われる。 頭が固くヒステリック。 太田 治 演 - 担当教科は。 4畳半のアパートに住む独身で百合子に想いを寄せている。 気が弱い。 熊本県出身。 榊よりも年下。 菊島 徹也 演 - 3年C組担任の体育教師。 自分のクラスは運動だけには自信があるらしいが第2話の球技大会では3年A組に負け、第7話では自分も真喜男に柔道で負けている。 漆原 秀樹 演 - 担当教科は。 ポール 演 - 担当教科は。 梶山 良介 演 - 担当教科は。 関東鋭牙会 関係者 [ ] 榊 喜一(さかき きいち)〈55〉 演 - 2代目組長で真喜男と美喜男の父親。 南孝之校長の友人。 真喜男の頭があまりにも悪く、大事な商談さえも台無しにしたために「来年の春までに卒業証書を持ってこないと組を継がせず、破門にする」と言い、真喜男に高校入学を命ずる。 本心は真喜男と美喜男が仲良く組を継げば良いと思っている。 真喜男が高校へ通うようになってからは真喜男と一緒に朝食を食べるなど普通の親子らしい行動も取るようになった。 水島とは高校の同級生。 黒井照之に担任の南百合子が美人ということを知らされ彼女に少し興味を持ち、三者面談で姿を見ている真喜男に「先生に手を出すんじゃねぇぞ」と釘を刺した。 第5話の冒頭では白い革靴にストライプのスーツを着用した手下を4人連れて恐ろしい形相で校内を歩き、生徒たちはパニックになったほか、第9話の冒頭では和弥が持っているナイフで突き刺されて負傷してしまうが、その後は掠り傷で大した事なかった。 襲われたのは北極会の脅しや跡目の争いであるため、「内輪で争ってる場合じゃねぇ!! 」と激怒する。 黒井 照之(くろい てるゆき)〈48〉 演 - 真喜男の舎弟で真喜男のお目付け役。 真喜男のことを「若」と呼ぶ。 和弥と同様、裏で真喜男をカバーし、主に教養やマナーの面でフォローした。 美喜男に味方になってほしいと誘われたが「やはり自分は若につきます」と言って断った。 真喜男の担任の南百合子に想いを寄せている。 南には当初真喜男の叔父と言っていた。 真鍋 和弥(まなべ かずや)〈22〉 演 - (当時) 真喜男の舎弟。 22歳の乙女座。 周囲からは「カズ」と呼ばれている。 手先が器用で特にが得意。 第5話によると別名「ニードルワーク・針仕事のカズ」。 真喜男を尊敬し裏で真喜男をカバーする。 真喜男のことを「アニキ」と呼びその真喜男を「マッキー」と呼ぶ順にしばしば焼きもちを焼いている。 真喜男に負けず劣らず頭が悪い。 関東鋭牙会に入る前は埼玉の暴走族のリーダーだった。 学歴は高校中退。 順には弟の美喜男と勘違いされ「ミッキー」と呼ばれていた。 第6話にて真喜男のことが心配なので裏口入学するつもりだったが金がかけられないため事務職員のアルバイトとして学校に出入りしている。 しかし、第9話にて真喜男から高校入学をするように言われ、その手配も黒井がするということであったが、最終回の終盤で勉強しているシーンはあるものの実際に高校に通ったかは不明。 榊 美喜男(さかき みきお) 演 - 真喜男の弟。 第9話の組長選挙アピールビデオ撮影時は25歳。 明応大学在学中。 は180で真喜男とは対照的に頭が良い。 幼い頃から病弱で今でも薬を所持している。 90秒以上激しい運動が出来ないため、そのことで昔から兄にいじめられていた。 趣味は株投資で特技は。 5月に留学先のフロリダから帰国。 真喜男が高校を卒業できなかった場合3代目組長となる予定だった。 順には真喜男の家庭教師だと思われている。 終盤で3代目組長の座を巡って兄に宣戦布告し選挙を行うも僅差で敗れ素直に負けを認めた。 じい 演 - 真喜男の家に仕える老執事。 本名不明。 真喜男のことを「若」と呼び、美喜男のことを「美喜男坊っちゃま」と呼ぶ。 赤岩 大輔(あかいわ だいすけ) 演 - 関東鋭牙会幹部を務める男性。 第6話では喜一から七利亜組を傘下に入れるための交渉役を任せられるが美喜男が割って入って交渉を成功させたため途中退場した。 第9話で真喜男と美喜男の間で3代目を巡る跡目争いが勃発した際は美喜男派に付いていた。 黒井や和弥と同じく真喜男の世話役。 敵の組などから何か言われたりすると真っ先に飛び掛っていく。 その他の暴力団 [ ] 熊田 勝己 演 - 関東鋭牙会と敵対する組・熊田一家の幹部(最終話の報道によると熊田一家のトップではない)。 矢崎からは「熊田の若ぇの」と呼ばれている。 北極会のボス・矢崎藤十郎を後ろ盾にしている。 しかし子分達と北極会の精鋭を率いてセント・アグネス学園へ押しかけた際には真喜男一人にあっけなく惨敗した。 「負け犬の遠吠え」の意味を知らないなど真喜男に負けず劣らず頭が悪い。 最終話の冒頭ではセント・アグネス学園の敷地内で抗争を行ったため、傷害容疑で現行犯逮捕された。 矢崎 藤十郎 演 - 熊田一家と同じく関東鋭牙会と敵対する暴力団・北極会のボス。 熊田と組む。 ゲスト [ ] 第1話• 喜一の亡妻 -• 香港マフィア - 四則計算で金を算出したがそれを理解できなかった真喜男を馬鹿にしたことで暴れられて取引はパーとなり、喜一も学校へ行かせることを考えた。 アグネスプリン販売員 - (第6話、最終話)• 香港マフィアの通訳 -• 鳥兜マコト(3年D組の坊主刈りの生徒)(成績は学年120位) - (第6話、最終話)• 3年C組生徒 - (第6話、最終話)• 2年B組生徒 - (第6話、最終話)• 1年B組生徒 - (第6話、最終話) 第2話• 鬼所 -• クラブゆうこのママ -• 3年C組生徒 - 中別府葵 第3話• 小学校教師 -• 山崎のぶお(家庭教師) -• 桜小路の母 -• カジノのディーラー -• ゆうじ(風俗店オーナー) - (第5話)• 熊田の舎弟 -• ビル管理人 -• 、、 第4話• 真喜男が侍らせた女性 - 、、、、、 第5話• パチスロ店員 -• チーママ -• 毒是利高校不良のボス -• ホステス - 、、• 不良 - 第6話• 毒是利高校不良のOB田辺 -• 七利亜組の富樫 - (第9話)• 関東鋭牙会幹部 - (第9話)• 権藤(七利亜組組長) - (第9話)• 関東鋭牙会幹部 - (第8話、第9話)• 不良 -• アニキンダーの中の人 - (第7話) 第7話• 梅村あずさ -• 梅村はやと -• 梅村あさひ -• 梅村のぞみ - 鈴木築詩(現・)• ひかりの隣の家の子 -• 女子大の試験官 -• 女子大の職員 -• 真喜男とひかりに絡んだ男 - 、 第8話• 桜小路瞳 -• サタボー - 「」のマスコットキャラクター/クレジット表記なし 第9話• 鋭牙会ケーブルテレビのキャスター -• 関東鋭牙会房総支部組員 -• 関東鋭牙会群馬支部組員 -• 関東鋭牙会横浜支部組員 -• 北極会組員 - 最終話• 北極会幹部 -• 熊田の舎弟 -• 関東鋭牙会組員 - 、• ニュースキャスター - (アナウンサー) 設定 [ ] 関東鋭牙会 榊真喜男が若頭として属し、真喜男の父・榊喜一が二代目「組長」を務める関東に勢力を持つヤクザ組織。 初代組長は榊喜太郎(喜一の父で真喜男の祖父)。 熊田一家とは対立している。 横浜、群馬、房総に支部がある。 熊田一家 関東鋭牙会と敵対している組。 北極会と繋がりがある。 熊田勝巳が幹部を務める。 矢崎の台詞から組長は熊田の父親の模様。 北極会 熊田一家と同様関東鋭牙会と敵対している組。 トップは矢崎藤十郎。 鋭牙会を遥かに上回る規模を誇る巨大組織。 七利亜組 関東圏内の暴力団。 当初は熊田一家が同盟を結ぼうとしていたが、美喜男の交渉により関東鋭牙会の傘下に入る。 組員は皆同じ装いをしている。 セント・アグネス学園 真喜男が通うことになった、の私立高校。 創立75周年の歴史を誇る。 進学校のため、周辺高校の不良たちからはカモ扱いされている。 アグネス学園の校則 規則に違反した者は、校庭20周(約8km)が課され、さらに担任教師との「交換日記」を3ヶ月しなければならない。 により、教師との心のコミュニケーションを取るのが狙い。 アグネスぷりん セント・アグネス学園ので販売されている、一日12個限定の自家製プリン。 価格は1個110円。 予約はできないため、チャイムが鳴ると同時にダッシュし、全校生徒による争奪戦を制しなければ、手に入れることは出来ない。 自分の足で走ってゲットする所が、アグネスぷりんの醍醐味らしい。 しかし真喜男のクラスは学食から一番離れた場所にあるため、クラスメートは皆プリンゲットを諦めている。 2006年9月30日放送の『』のスペシャル版にもこのアグネスぷりんが登場している。 第一次プリンショック アグネスぷりんが突然事情が分からず販売中止になった際に、アグネス学園に・が起こり、大きな混乱が生じた事件。 プリンを作っている近所の農家の島崎ヨシオさんが、北海道に修行に行っていたのが原因である。 アグネスぷりん争奪戦は、生徒にとっては絶好の「ストレス解消のイベント」であるらしい。 プリンショックと名付けたのは体育教師の菊島。 島崎が戻ってくると、1日だけ特別ルールで、各クラス5人の代表者が走り、争奪戦を制した生徒がプリンを24個もらい、それをクラスでわけることになった。 なお、このときにプリンを獲得したのは3年A組。 アグネス体操 セント・アグネス学園の校則により遅刻してしまった生徒は、学園オリジナルのである「アグネス体操」を踊らなくてはならない。 かなり独特な動きで、ところどころで「アグネス」と叫ぶ。 かなり恥ずかしい体操だが、生徒たちは照れもせずに全員踊れるようである。 が考案し、その全容は「特別サイト」にて公開されていた(現在は公開終了している)。 無限戦士アニキンダー このドラマの世界で放映されている、子供達に人気のヒーロー番組。 クラスメイトが襲われた時、真喜男は正体を隠すためにこのヒーローに変装した(アニキンダーのコスチュームは和弥の手製)。 ひかりの弟のあずさが夢中である。 のちに『』の第1話にも登場する。 商品化されており、シールも登場した。 アグネスロード アグネス学園にある、カップルしか通れないと言われるデートコース。 を撮り、アイスを食べ、ベンチでおしゃべりをするのがデートの定番パターン。 これをすべてクリアすると、正真正銘のカップルとなれる。 1人で歩くと、非常に肩身のせまい思いをするらしい。 なお、星野がここを間違えて通った時あまりのむなしさに泣いてしまったらしい。 アグネス祭 アグネス学園で年に一度の文化祭。 3年A組は音楽で参加。 「Oh Happy Day」を27人で演奏した。 一番良かったクラスにはベストクラス賞が授与される。 3年は自由参加。 終盤にベストクラス賞は取れなかったが、バースデーケーキをみんなにお祝いしてもらうことができ、クラスの面々は真喜男の奮闘ぶりに感涙し、真喜男の誕生日を全員で祝福したため、真喜男が顔をくしゃくしゃにして泣いていた際はみんなに笑われたが、拍手を貰った後に早紀の合図で順と陸生のギター演奏で「Oh Happy Day! 」を再び熱唱している。 熊井ラーメン 同局で放送されているドラマ『』に登場するラーメン屋。 文化祭での催し物を決める際、目安箱の中にここの食事券が投函されていた。 毒是利高校 セント・アグネス学園の近くにある高校。 生徒やOBに不良が多く、聖アグネス学園の生徒を「親のすねかじりのお坊っちゃん」とバカにしている。 武蔵戸田山警察署 真喜男が傷害容疑で現行犯逮捕され、拘留された警察署。 1日目の夜に真喜男が眠れない事で妄想の夢を見るが、突然ひび割れてしまい、「カートッ!あり得ねぇだろコノヤロー!! 無理だ、無理なんだよ前向きなんて無理なんだよコノヤロー!! 」と激怒するも「コォーッ!! 静かにしなさい!! 」と看守に注意された。 次の日に百合子との面会で涙が溢れ、「わかったわ。 伝えておく。 …さよなら。 」と百合子は笑顔で力強く頷いて別れを惜しんだ。 その夜、留置所で文化祭のクラス写真を見て泣きわめく真喜男だが、とうとう泣き疲れてやっと眠れた。 その翌日にようやく警察署へ出所した。 私立宙船高等学校 真喜男がセント・アグネス学園退学後、再入学した学校。 明応大学 真喜男の弟・美喜男が経済学専攻の院生として在籍している大学。 第9話では順と早紀、奥本雪乃と安原の4人が学部生の入試を受験している。 慶明女子大学 第7話でひかりが推薦入試を受験した学校。 スタッフ [ ]• 原作 - ユン・ジェギュン• 脚本 -• 音楽 -• 演出 - 、、• 主題歌 - 「」()• 劇中歌 - 「無限戦士アニキンダーの唄」()• 広報 - 、• 編成 -• 企画協力 - ()• 協力プロデューサー - 、()• プロデューサー - 、(日本テレビ)、、()• 協力 - 、、• 企画 - 東宝• 佐藤東弥 19. 佐久間紀佳 18. 佐藤東弥 20. 佐久間紀佳 21. は、放送のため休止。 ・連動データ放送付き。 その他 [ ]• 視聴率はクール1位となり、主題歌の「」は累計45万枚を売り上げる大ヒット曲となった。 また、劇中に出てくる「アグネスぷりん」が「アグレスぷりん」になっていた。 『』、『』などへ毎回番組開始前に長瀬智也などキャストの生出演や同番組のマスコットキャラクターの学園祭・アナウンサーの本作へのゲスト出演により宣伝された。 榊美喜男役の黄川田将也、萩原早紀役の村川絵梨は当番組以外にも『』(2005年-2006年、NHK)など、大森美香が脚本を担当する作品に何度か起用されている。 暴力団を取り扱っている関係から、花王は提供クレジットを表示していない(番宣用ポスターには表記あり、CM自体はそのまま放送)。 そのため、番組独自のではなく、通常の提供クレジットを使用している(8月26日に放送した「ユウキ」 「24時間テレビ」特別ドラマ内 では花王がクレジットされていた)。 2011年4月に開始した情報番組『』では「ZIP! コーナー担当は長瀬と同じくTOKIO 当時メンバー のである。 関連商品 [ ] サウンドトラック• 1-4(2007年4月25日)• VOL. 1 - 第1話、第2話収録(約105分)• VOL. 2 - 第3話、第4話収録(約92分)• VOL. 3 - 第5話-第7話収録(約138分)• VOL. 4 - 第8話-最終話収録(約150分) 脚注 [ ].

次の

TOKIO 宙船(そらふね) 歌詞

宙船 意味

作者の中島みゆきさんがこの詩全体として表現したいことは何でしょうか。 先ずこのことから考えてみましょう。 一連の大意は「人はこの世に生まれ、生きている限り、いつかはこの世を去らねばならない。 これは誰も避けて通ることの出来ない運命 さだめ、と読んでほしいです 、原則なのだ。 いつも側にいたあの人が居なくなってしまったというのに街はいつも様に、何事も無かったかの様に変わらぬ日々が続いている」と語り、作者の視点が一般的な事柄から徐々に移っていく様子が分かります。 そこからはもう一つ「人には死ぬという運命があることを頭では分かっていても或いは分かっているつもりではあっても、でも今の私にはそれがまるで自分とはかけ離れた世界での出来事のように思われる。 あの人が居なくなってしまったなんて。 タイトルの「永久欠番」はプロスポーツ 野球が多い で前人未踏の記録や功績を残した選手が現役から引退した後にその背番号を他の選手が付けることができないことを意味する言葉です。 中島みゆきさんはここから「永久欠番=忘れることのできない記憶」のイメージでタイトルを冠したのでしょう。 物語の主人公の目線はどのように変化していくか、ご自身でもう一度「音読して」読み返してみてみましょう。 詩も小説もその中に込められた作者の思いを先ず受け止めること、そのために「どの様な言葉使いや表現が用いられているか」から「登場人物の心の動きを知る」ことがわかります。 「表現技法」などを口にするのはその後でのことです。 一度、中島みゆきさんのオリジナルを聴いてみてはどうでしょう。 『歌でしかいえない』というアルバムに収められ、92年のコンサートツアー『カーニヴァル1992』のクロージングでこの歌は歌われました。 スケールの大きな曲目です。

次の