ファーストピアス いつまで。 あなたに合ったファーストピアスの期間。ズバリ外す時期とは?

セカンドピアスのオススメの太さ!期間はいつまで?付け方も紹介!

ファーストピアス いつまで

ファーストピアスの期間を一週間でやめてしまう。 う~ん・・・無謀です。 1ヶ月でもさすがに安定していないでしょうね。 早くセカンドピアスにしたい気持ちはわかります。 初めて開けたのならいつになったら完成なのか、そりゃ不安になるのは当たり前ですよね。 ファーストピアスをつけている期間てどのくらい必要なのか? この答えが知りたいから、あなたはこの記事に辿り着いたんですものね。 正しい知識の下で、この期間中しっかりとケアをしてあげることで、ホールの安定具合や外す時期が変わってくるんですよ。 そこで今回は、ファーストピアスの期間中、 どのようなケアをすればいいのか? そして、あなたにとってのベストなタイミングとなる外す時期はいつ頃なのか? あなたの知りたい解決法を実体験も交えて、総力を上げて調べ上げました。 ちょっと待って! まだこれからピアスを開けるんだけど~ そんなあなたには、ピアスの開け方をまとめたピアッシングガイドからどうぞ。 ピアスをスムーズに入れる方法 ポストを挿し込む前に指先を水で濡らして、ピアスホール部分を挟み、やさしく揉みほぐす。 ピアスホールに水分が入るので、ピアスポストがスムーズに入りますよ。 ちょっと話がそれましたが、ファーストピアスの期間中は、1日中つけっぱなしの状態となります。 付けっぱなしですから、デザイン本体部分と耳たぶの隙間や耳たぶとキャッチの隙間は、とても蒸れやすく、汚れなどが溜まりやすくなります。 開けてからしばらくは体内から分泌物なども出てきますので、とても汚れやすくなります。 何もせずに放っておけば、雑菌の繁殖を招きトラブルの原因にも発展しかねません。 そうならないためにも、ホールがまだ安定していない期間中は、特に毎日のこまめなケアが大切となります。 それではこの期間中どうようなケアをすれば良いのでしょうか? 重要なのは、 ホール付近に溜まりやすい汚れを洗浄して、 ピアスホールをつねに清潔に保つことです。 清潔に保つためにも、毎日やっていただきたいことがあるのです。 自宅で毎日できちゃう簡単ケア方法 あなたは大抵、毎日お風呂に入ると思います。 その入浴時におこなう洗顔の際に、ついでにファーストピアスも洗ってもらうことなのです。 顔と一緒に洗うのなら面倒じゃないですよね。 それでは、具体的な方法です。 最後に、ピアスを引っ掛けないよう注意しながら、ピアスや隙間に残っている水気をタオルで拭いて完了です。 外出先でのケア方法は・・・ もし、出先などでピアスの取り外しや洗浄をするのであれば、消毒ジェル(ケアジェル)を利用すると便利です。 たまに勘違いして、マキロンなどで消毒しているって人がいますが、 ピアス本体の洗浄ならともかく、ホールの洗浄に消毒薬というのは、皮膚組織にとっては刺激が強すぎます。 殺菌と共に傷を治そうとする皮膚の細胞をも破壊してしまうため、かえって皮膚の再生を遅らせることとなります。 付ける時、近くに水場が無い場合は、消毒ジェルをホールの周りとポストに塗って差し込むとスムーズに入りやすいですよ。 外出用に1つカバンの中に携帯しておくと安心ですね。 そのほか期間中に気をつけること 髪を乾かす時は ドライヤーの熱風をピアスに直接当てると、熱伝導率が高い素材などは一瞬で熱くなります。 耳元あたりの髪は冷風で乾かすと良いでしょう。 美容院は行っちゃダメ? この期間中はなるべくパーマやカラーリングなどは控えるようにしましょう。 薬剤は刺激が強いので、万が一ホールに染み込んでしまったら、化膿のリスクが高くなります。 いつ頃なら行ってもいいのかですが、 「ピアスをスライドさせた時に痛みが無い状態になった」のを1つの目安にしてください。 (ただし、あくまでも自己責任でお願いします。 ) 美容院に行くときには、あらかじめピアスは外しておきます。 ピアスを付けたままですと、 カット中のハサミやパーマやカラーの薬剤によってピアスが傷つく可能性があり、トラブルの原因になります。 美容師さんには「ファーストピアス期間中」であることを一言伝えておくと良いでしょう。 夏場に気をつけること 海やプールはバイ菌の宝庫ですので、入ることはなるべく控えましょう。 日光浴に専念しよう(笑) もうひとつ、汗をかきやすい季節ですので、 柔らかいタオルなどで、こまめにピアス周りの汗を拭き取ってあげると良いでしょう。 それでも、やってしまったあ~!トラブル解決策 ・忙しくて毎日のケアを怠っていた。 ・どうにも気になって無意識に何度もピアスをいじくりまわしてしまう。 ・ピアスの入れ直しのときに誤ってホールを傷つけてしまった。 ・透明ピアスをつけっぱなしにしていた。 ・パーマやカラーの薬剤にどうやら反応したようだ。 ・期間中に海やプールに入ってしまった。 これらの原因で、 耳たぶがズキズキしてきた。 炎症を起こしたり、なんだか少し腫れてきたっぽい。 ホールの調子が悪くなってきた。 まだ病院に行くほどではないけど、このまま自然放置というのも・・・ なにか良い対処法はないのだろうか? そんなときに、試してほしいのが、 皮膚の治癒力を向上させる耳の癒やし風呂「ホットソーク」 人間の体液と同じくらいの濃度の生理食塩水のお湯にホールを浸すことで水分やミネラル補給ができ、 さらに殺菌作用や、死んだバクテリア・リンパ液などを無理なく引き離す作用があります。 人間本来が持っている自然の治癒力を活かしたケア方法なんですよ。 9%入れて、食塩水を作ります。 使用したいお水は、 ミネラルウォーターか、水道水ならば10分ほど沸騰させたお水を使ってください。 食塩は、濃縮した海水を釜で煮詰めて作った「日本製のせんごう塩」がおすすめ。 精製塩や岩塩は使わないでくださいね。 以下の分量を目安に、作りたい量分を作ります。 もし、面倒だって方は、市販の生理食塩水を温めてください。 step 2患部に(片側)10分~15分ほど浸します。 耳が収まる大きさのコップを用意して、温めた生理食塩水を注ぎます。 (溢れたときのために、コップの下にタオルを敷いておくと良いですよ。 ) コップを枕にするように頭をのせて、耳を浸します。 純チタンやステンレスのファーストピアスならば、そのまま付けたまま浸しても大丈夫です。 (ただし、終わったらよく洗い流してください。 ) このままじっと待ちましょう。 このホットソークをやっている間、 ゲゲゲの鬼太郎の目玉親父が茶碗風呂に入っているシーンを想像してしまうのはボクだけでしょうか? step 3よく洗い流す 時間が経ったら、シャワーでキレイに洗い流し、よく拭き取ったら、ケアは完了です。 トラブルが起きた時以外でも、 定期的にこのホットソークで皮膚を癒やしてあげると良いですね。 ホットソークで対処してみたが痛みがおさまらず、症状が悪化してくるようであれば、 すぐに皮膚科などの病院に診せに行きましょう。 ズバリ!あなたがファーストピアスを外す時期はいつ? 他の検索記事を読んでみると、 ファーストピアスを外す時期がそれぞれに違った期間で書かれています。 1ヶ月くらいとか3ヶ月くらいとか。 どれが本当の外すべきタイミングなんだ? もちろん個人差はありますが、 1ヶ月くらいだと貫通したピアス穴の表面にやっと皮膚が出来上がったぐらいになります。 人それぞれ個性があるように、治癒能力にも個人差があるのです。 ましてや生活環境や季節も影響してくるので、当然外す時期なんて人によってそれぞれ違ってくるわけです。 だから、あくまで統計的に見て、 だいたい3ヶ月くらいみればベストかな・・・ なのです。 それじゃあ、あなたにとってのベストタイミングなファーストピアスを外す時期って、一体いつなのでしょうか! そこのところをもう少し詳しく知りたいですよね。 じつは、ホール(ピアスの穴)の状態を7つの段階(ステップ)に分けて、 今あなたのホールの安定度合いがどの段階の状態になっているのかを照らし合わることで、 ファーストピアスの外す時期を見極めることができるのです。 ようするに、この7つのステップをクリア出来た時こそが、 ずばり! ファーストピアスを外す時期ということになるのですね。 7つのステップで安定度合いを見極めよう! step 1体液や血は出なくなったか step 2化膿していないか step 3つけっぱなしの時でも痛みを感じるかどうか step 4ピアスの上から指で軽くポンポン叩いた時に痛みを感じないかどうか step 5ピアスをスライドさせた時に痛みが無いかどうか step 6さらに1ヶ月ほどホールを経過観察する step 7外した時、ホールが凹んでいるかどうか 以上の7つのステップがクリアできていたら、 晴れてファーストピアスからセカンドピアスに交換する時期がきた状態と言うことになります。 ファーストピアスからセカンドピアスへ さて、これでいよいよあなた好みのセカンドピアスを付けられる時がやってきました。 しかしまだ、付けてみたいピアスが見つかっていない、 というか、 どんな種類のピアスがあるのかもっと知識を深めてからじっくりと選びたいと思っている。 そんなあなたに読んでもらいたい記事たちを紹介します。

次の

ファーストピアスを付けている期間が長いと、ホールの完成が早...

ファーストピアス いつまで

もくじ• 消毒をしなくても、ピアスホールが 化膿することもなく、綺麗な状態で安定させられたんですって。 もしかして、消毒の必要はないのかな? 消毒液を使うと、皮膚に必要な菌まで殺してしまう可能性があるので、消毒をせずに、洗浄のみを勧めている 病院もあるそうです。 でも、化膿しやすい体質だったり、ピアスの素材が肌に合わないと、消毒ナシでは膿むこともあります。 一概には、どれが正解とは言えませんが、傷口を刺激しすぎないように、 清潔に保つことが一番大切ですね。 消毒するなら、ピアスホール専用のジェルタイプの消毒液がおすすめ。 マキロンを使う人もいるけど、そのせいで 穴が大変なことになっちゃう可能性も?! マキロンを使うとどうなる?! 子供の頃から、使い慣れている、白に青いキャップの 「マキロン」。 殺菌効果があるので、転んでスリむいちゃった時の強い味方ですよねー。 もちろん切り傷にも使えるし、 ピアスホールに使っても良さそうに思えるけれど?? そう、 悪いというわけではないです。 ただし、ピアスホールは普通の切り傷とは違い、皮膚に小さな穴が開いている状態。 強い殺菌作用のあるマキロンをかけてしまうと、穴の中に入った液が乾かず、 皮膚に必要な菌まで、殺してしまう可能性があります。 また、アルコール成分の刺激で、ピアスホールの入り口がただれてしまう人もいるそうです。 マキロンを使ったせいで、穴の状態が悪くなるかどうかは、 「使ってみないとわからない」というのが本当のところ。 体質が大きく影響するんですね。 わたしだったら、悪化したピアスホールはなかなか治らないし、 ただれる可能性があるマキロンは、使いたくないなと思います。 では次に、消毒方法についてお話します。 洗浄は1日1回、お風呂に入った時でOK!消毒は 2・3日に1回程度で十分です。 やり過ぎてしまうと、なかなか穴が完成しません。 ファーストピアスの洗浄• ボディソープまたは洗顔ホームをよく泡立てる。 ファーストピアスの上と裏にのせる。 ピアスは動かさずに、周りを優しく指の腹で洗う• シャワーで良く洗い流す• タオルで優しく水分を拭き取る 【 ポイント 】 ピアスを動かさないこと。 開けたばかりのピアスホールに、たくさん石鹸は入ってしまいます。 洗ったらしっかり泡を 流してくださいね。 消毒方法• 清潔な指か綿棒で、消毒液をピアスホールに適量つける• ファーストピアスを軽く前後に動かす• 穴を開けて数日たったら、 動かしておくのも必要です。 まとめ ファーストピアスの消毒方法について、詳しく紹介しました。 もしあなたの周りで、 「ピアスの消毒にマキロンを使って、 早くピアスホールが安定したよ」という人が居ても、「そのやり方がダメだよ」なんて、 否定する必要はないですよ。 すでに使ってみて、マキロンが肌にあったのならそれでもいいと思います。 ポスト ピアスの棒の部分)が細いものなら、穴に負担が少なくなりますよ(^^ 開け直す場合ですと、「私ならこうする」というレベルでしかお伝えできませんが、 私なら今開いているピアスホールと少し離れた場所に、自分でピアッサーを買って開けます。 同じ場所に開け直すのは前回の穴とズレるかもしれず怖いですし、知人に手伝ってもらって失敗したら、知人の心に残ってしまう心配があるからです。 病院で同じ場所に開ける施術依頼を受けてもらえるのかは、先生次第かと思います。 前回と別の場所に開けるなら左右対になるように両耳開けて、以前開けたピアスホールは痛みのない耳だけピアスをつけるかな。 奇数付けも素敵ですよ! 痛みはストレスになりますよね。 膿みやすい体質でなくても、乾燥する冬の時期は傷ついて血が出たホールがつっぱり、痛みがさらに増すこともあります。 早く治るといいですね。 先に紹介した「細いピアス」を試すか、別の場所に穴を開ける。 私のおすすめはこの2つです(^^.

次の

貴様、いつまでファーストピアスでいるつもりだ問題

ファーストピアス いつまで

初めてピアスを開けるとき、どうやって開けるのかやいくつ開けるかなど色々と迷うところ。 ピアッサーで穴を開けると、自然と ファーストピアスがはまる仕組みになっています。 そもそもこれっていつまでつけておくの?など気になることもたくさん。 そこで、今回はそんなファーストピアスについて解説します! これからピアスを開けようと思っている方は参考にしてみてください。 スポンサーリンク ファーストピアスはどこで開けるのか ビアスを開ける方法には大きく分けて二つあります。 一つはピアッサーなどを使って自分で開ける場合。 もう一つが病院で開けてもらう場合です。 ピアスを開けるのは立派な 医療行為です。 自分で開けるのが怖いと言う場合は、病院で開けることをおすすめします。 初めてピアスを開けるとき、思っていた場所と違ってしまったという声も聞きますが、 病院であればその心配もいりませんからね。 病院で開ける場合は、美容外科・皮膚科・耳鼻咽喉科になってきます。 ピアスを開けてもらえるのかというのは、事前に確認していきましょう。 また、自分で開ける場合には 消毒をしっかりと行ってからしてくださいね。 ファーストピアスの素材は何が良いのか ファーストピアスはまだ穴ができていない状態にピアスをはめておくことになりますので、 素材が重要になってきます。 通常であれば医療用ステンレスに 純金コートしたものになってきます。 少しでも 金属アレルギーが心配という人は、純チタン製が良いでしょう。 スポンサーリンク チタンコートされたチタンピアスは汗で成分が溶けることもありませんので、金属アレルギーの方でも問題ありません。 また、ポスト短すぎるピアスや細すぎるピアスは避けましょう。 というのも消毒がしづらいのです。 ピアスの穴を開けたばかりのときは何より消毒が大切です。 ファーストピアスはどれくらいの期間つけておくのか ピアスホールが完成するまでには 4~6週間ほどかかります。 ただ、これは 皮膚の強さによっても個人差がありますのであくまで目安と思ってください。 ホールが乾いていて、痛みやかゆみもなくポストもスムーズに動くようになってきたらそろそろ外しても良いころです。 ファーストピアスは他のピアスに比べて外れづらくなっていますので、外すときは気をつけてくださいね。 もし、どうしても外れないというときは病院に行きましょう。 ファーストピアスの注意点 ファーストピアスはまず ピアスホールをつくる準備です。 消毒をまめにして、常に 清潔な状態に保ちましょう。 中には、ピアスホールから分泌液が出てくるなんてこともあります。 そういったときにそのまま放っておくと、分泌液が固まる原因にもなりますので、こまめに 拭き取って消毒しましょう。 もし耳が荒れてきたり、分泌液がなかなか収まらなかったりというときは病院を受診しましょう。 荒れたまま放っておくとひどくなり、ピアスをできなくなってしまいかねませんので気をつけてくださいね。 ピアスを開けると、一日でも早くおしゃれなピアスに付け替えたいと思うかもしれません。 ただ、焦りは禁物です。 せっかく手間をかけてあけたピアスもピアスホールができない状態で、取ったり外したりをしていると 穴がふさがってしまうこともあります。 ファーストピアスはまず、根気よく消毒を続けてくださいね。 スポンサーリンク.

次の