久遠 千歳 ema。 ニコニコ大百科: 「久遠千歳」について語るスレ 691番目から30個の書き込み

久遠千歳の中の人特定で転生先も判明!引退理由や放送事故炎上も調査!|ぶひチューバ―TV

久遠 千歳 ema

久遠千歳中の人(前世)はプソ山プソプソだった! 久遠千歳の中の人(前世)は、ニコニコ動画で活動していた「プソ山プソプソ」であり、YouTubeで「歌ってみた」の動画を配信していた歌い手の「reisirose(れいしろせ)」「白瀬玲(しろせれい)」と判明しました。 判明した理由はやはり声で、気になっていたファンが調査して特定に至りました。 プソ山プソプソの頃は、2015年なのでまだ何となく声が幼い感じがします。 まだ、10代だったのではないでしょうか。 プソ山プソプソ名義でニコニコ動画で歌ってみたを配信していました。 その後、YouTubeでは、reisirose名義で歌ってみたを配信し「贖罪を歌いました」は、曲と彼女の声がとても合っていて今でも人気です。 そして、あまり知られてないですが、白瀬玲名義のメトロノームも名曲です。 久遠千歳の転生先はDUSTCELLのEMAだった! 久遠千歳は、引退して普通のメスになると言っていたのに、高速で転生していたことが判明しました。 約半年間、久遠千歳のことを応援してくれて本当にありがとう。 ずっと1人で生きてきた僕に、たくさん宝物をくれました。 いろんな人といろんなものを作れました。 何よりずっと僕のことを見てくれたころしやの皆、ありがとう。 いつか死ねる時が来るまで、気楽に生きようと思います。 判明したのは、ファンからのリークが発端で、声も一致していたことからです。 DUSTCELLは、ボーカルのEMAさん、コンポーザーのMisumiさんによる2人組の音楽ユニットで、MisumiはボカロPとして活躍していた人です。 久遠千歳、「reisirose」「白瀬玲」として、歌声が評価されていただけにファンはまた、歌声が聴けることには喜びました。 しかし、Twitterのアカウトの開設が、にじさんじを引退する前からだったので、引退前に、DUSTCELLへの加入が決まっていたようです。 歌声が聴けるのは嬉しいけど、久遠千歳としてVtuberとして、応援したかったファンからすると複雑な心境ですね。 DUSTCELLのEMAです。 私達なりに新しい音楽を作って行きたいと思います。 全部音で伝えたいです、何卒よろしくお願い致します。 — EMA eumza1.

次の

久遠千歳とは (クドウチトセとは) [単語記事]

久遠 千歳 ema

にじさんじ・久遠千歳が引退!転生先はEMA? にじさんじ・久遠千歳が引退を発表しました。 もう歌が聴けなくなると多くのファンが嘆きましたが、実は転生し「EMA」として活動していることが判明しています。 2019年8月、久遠千歳がにじさんじを引退 2019年8月28日、にじさんじの久遠千歳が8月いっぱいで卒業することをツイートで報告します。 突然の報告でしたが今までありがとう、素敵な歌をありがとう、お疲れ様でした等の温かいコメントが溢れました。 久遠千歳は魔女の呪いで不老不死となっているため、引退で呪いが解けた、不老不死なのに先に死ぬとは、等のコメントもありました。 引退理由は歌? 久遠千歳がにじさんじを引退した理由について様々な憶測が飛び交いました。 その中でも、引退には歌が関係しているという説が有力視されたのです。 久遠千歳の引退発表で寄せられたコメントの多くは、久遠千歳の歌が好きだったというものでした。 久遠千歳は歌が上手だと評判だったのです。 また、引退後は歌の動画だけを残して他の動画は削除しています。 このことから久遠千歳本人も歌に対する特別な思いがあったことが窺えます。 久遠千歳の引退に他のVTuberからコメントも! 久遠千歳の引退発表には他のVTuberからもコメントが寄せられました。 やっぱり歌について触れられることが多く、にじさんじの中でも歌唱力が注目されてきたことがわかります。 視聴者のコメントから名言が誕生! 久遠千歳の引退時に視聴者が「簡単に死ねると思うな」とコメントを残し、名言だと言われるようになりました。 不老不死である久遠千歳が引退、つまり死ぬという前提でのコメントで、人は忘れられた時に死ぬのだとコメントしたのです。 多くの視聴者を魅了した久遠千歳はなかなか忘れられないでしょう。 ファンの中でもこのコメントは好評です。 引退後も歌の上手さで話題になっている 久遠千歳は引退したものの、大変歌が上手な人物がいたことは人の記憶に残っています。 歌が上手な人物として紹介されたり、圧倒的な歌唱力だったと称されたり、久遠千歳が過去に歌った動画を死ぬほど好きな動画だファンがおススメしたりしています。 「EMA」として「DUSTCELL」というユニットに参加 引退を惜しむ声が多い中、久遠千歳は転生しているという情報が流れました。 久遠千歳は「EMA」として「DUSTCELL」というユニットに参加しているという話です。 「EMA」のTwitterアカウントは2019年6月には作成されていたことが判明しており、にじさんじを引退する前から「EMA」として活動していく構想があったのではないかと言われています。 歌が好きな久遠千歳は転生後に喜んでいた 歌が好きだった久遠千歳こと「EMA」は、転生後も歌うことが楽しいと喜んでいました。 また、転生したことについてにじさんじではできないこともあったんだろうというファンの意見がありました。 ファンは歌声が聴けることに歓喜! ファンは久遠千歳の歌を聴きたかったから嬉しい、見つけられてよかったと喜んでいました。 久遠千歳の歌声が好きで引退を悲しんでいたファンは少なくありません。 そんなファンにとっては再び歌を聴くことができるの転生は朗報だったことでしょう。 転生に否定的な意見もあった 一方で転生に否定的な意見もありました。 引退発表前から転生する予定があったことが判明しているため、配信にやる気はなかったんだろうという意見です。 久遠千歳のガワを制作した絵師が可哀想だという指摘もありました。 加えて久遠千歳の前世と言われている人物もいるので転生ばかりだという指摘もされています。 引き抜き疑惑で「EMA」が炎上! 「EMA」に引き抜き疑惑が浮上し炎上騒動となりました。 久遠千歳の転生先が特定されたことにより、にじさんじの所属している最中に声がかかり「EMA」としてやっていくために引退したと見られたからです。 半ば投げだすように引退しているようにも見えたので、引き抜きであり「EMA」が所属する事務所に問題があると考えられました。 しかし、所属事務所は引き抜きはしていないけれど才能があったので入れた、というような発表しています。 「EMA」もまた引き抜き行為はなかったと説明しました。 けれど実際はどのようなやりとりが行われていたのか、ファンは知ることができません。 引き抜きで引退したと見られない配慮が必要だったのではないかという指摘がありました。 久遠千歳から転生した「EMA」も、最初は自分で動画の投稿などを行いその後事務所に所属する、という段階を踏めば炎上にはならなかったでしょう。 にじさんじ・久遠千歳の前世 中の人 は?【動画アリ】 現在、「EMA」として活動していますが前世は久遠千歳でした。 そして、久遠千歳の前世と思われる人物も特定されています。 とはいえ確固たる証拠はないのですが、声やMVがよく似ているため前世は歌い手・rei sirose しろせれい だとされています。 久遠千歳の前世は歌い手「rei sirose しろせれい 」? にじさんじ・久遠千歳の前世は歌い手のrei sirose しろせれい だと言われています。 前世が「rei sirose」の根拠は?歌声やMVが似てる? ファンは特徴的な声が似ているため絶対に歌い手のrei sirose しろせれい だと確信しています。 久遠千歳としての活動がストップしていた7月~8月、rei sirose しろせれい の歌がTwitterに投稿されていたため二人はなんらかの関係があると考えられます。 また、rei sirose しろせれい と久遠千歳のMVも似ていて、転生後の「EMA」にも似ているため三人は同一人物である可能性が高いでしょう。 「rei sirose」としての活動は?引退後はTwitter復活? 久遠千歳の前世・rei sirose しろせれい は歌動画を多く投稿していました。 rei sirose しろせれい のTwitterは復活していますがさよならと呟いており、rei sirose しろせれい としての今後の活動予定はないものと見られます。 にじさんじ・久遠千歳とは?放送事故で泣いた? にじさんじ久遠千歳は不老不死であり他を圧倒する歌唱力が特徴の女性でした。 久遠千歳として配信を行っている頃、アカウント名を晒したり配信中に泣くという放送事故を起こしています。 久遠千歳のプロフィール• 名前 久遠千歳• 生年月日 3月4日 肉体の年齢は11歳・年齢不詳• 趣味 ネットサーフィン 特技は裁縫でシャンプーはいち髪を使用、目薬中毒で一日30回以上さします。 不老不死だけど普通(にじさんじ)の女の子。 一人称は「僕」。 護身用のショットガン(レミントン)を小屋に常備している。 不老不死故に人間という概念がなく、本人曰く「化け物みたいなもの」。 引用:ニコニコ大百科 久遠千歳の歌唱力が凄い!「昏迷の味」で話題に 久遠千歳は初めてのゲーム配信を行う前に歌動画「昏迷の味」を投稿しました。 「昏迷の味」を聞いた視聴者やにじさんじメンバーはその圧倒的な歌唱力に衝撃を受けたのです。 トラウマでホラーゲームが苦手!泣いて放送事故に! 久遠千歳はホラーゲームの配信中にアカウント名を晒してしまうという放送事故を起こしました。 しかしメッセージ・フレンド依頼が送られてしまうため現在は使用していないものと考えられます。 久遠千歳はこの他配信中に泣き出すという放送事故も起こしています。 ホラーゲームが苦手なのに実況配信を行っていたら、過去のトラウマを思い出すショッキングなシーンがあり泣いてしまったのです。 後日、幼い頃のトラウマが詰まったようなゲームだったこと、アーカイブを消してしまったことを謝罪しています。 久遠千歳の転生先・EMAの現在の活動は? 久遠千歳は転生後「EMA」としてKAMITSUBAKI STUDIOに所属し活動を行っています。 「EMA」のTwitterからは中国の動画アカウントを開設したり、新曲発表や展示会開催など現在も活躍中であることがわかります。 2020年1月1日、微博とbilibili動画のアカウント開設 2020年1月1日、「DUSTCELL」が中国のTwitterとも言われる「微博」、中国のニコニコ動画とも言われる「bilibili動画」のアカウントを開設しました。 2020年1月2日、新曲「LAZY」公開 2020年1月2日、新曲の「LAZY」を公開しています。 「EMA」は作詞・歌唱を担当、「Misumi」が作曲を担当しました。 2020年1月9日~渋谷パルコで展示会が開催 2020年1月9日~2月6日まで、渋谷パルコで「DUSTCELL」含むKAMITSUBAKI STUDIOに所属するアーティストの展示会が開催されます。 にじさんじ久遠千歳の引退後は?現在はEMA? 久遠千歳は引退し、現在は「EMA」として大好きな歌を歌い続けています。 引き抜き疑惑で炎上するなどの騒動はありましたが、久遠千歳の歌声がまた聴けることにファンは喜びを感じていました。 前世はrei sirose しろせれい だとされており、引退時期にTwitterが復活するものの別れを告げているので今後更新する予定はないでしょう。 引退については様々な意見がありましたが、応援する声が多かったことは確かです。 新たな道を生きていく「EMA」の今後の活躍に期待しましょう。 あなたにオススメ.

次の

久遠千歳の中の人特定で転生先も判明!引退理由や放送事故炎上も調査!|ぶひチューバ―TV

久遠 千歳 ema

久遠千歳が事故?その詳細は? ネットで久遠千歳さんについて検索すると事故といったワードが表示されますが、事故というと交通事故などを思い浮かべると思います。 今回は久遠千歳さんが起こした事故について紹介していきます。 最初に紹介しておきますが、久遠千歳さんは交通事故などの事故は起こしていません。 久遠千歳さんのファンは安心しましたか?(笑) 久遠千歳さんの検索をした際に事故と表示される理由は 放送事故 といった事故です。 vtuberの放送事故といえば、動画内で顔バレや暴言といった放送事故がありますが、久遠千歳さん放送事故は 発狂、キレる といったものです。 しかもこれはゲーム実況内で怖いシーンなどに遭遇した際に発狂やキレるといったことなので、全く問題のない放送事故ですね。 以上が久遠千歳さん事故の詳細についてでしたがいかがだったでしょうか。 久遠千歳さんの事故は可愛いものなので全く問題ないですね! ちなみに久遠千歳さんの事故の動画の1つがこちらです。 よかったら久遠千歳さんの事故の動画を観てみてください。 以上が、久遠千歳さんの事故の詳細についてでした。 スポンサーリンク 久遠千歳 ネットでの反応 王道アニソンリレーの千歳ちゃんが歌った曇天聞いた時にはもう千歳ちゃんの虜でしたね、はい。 にじさんじ歌声いい人多すぎて困るほんまに。 そういう意味では、花譜さんやメガテラさん、あとは久遠千歳さんとかは、 (好きかは別問題にして、)間違いなく素晴らしい所だと思う。 (でも、元の歌の良さ、世界観を打ち消してもダメ) 千歳ちゃんおつかれさま!!はじまる前ずっと緊張してるー!!っていってて、はじまったときはそれが伝わってきて大丈夫かな~~!!って親面してたけど、歌うとやっぱり千歳ちゃんは千歳ちゃんだった!!!さすがだった!!またなにか一緒に歌おうね~!!! 卯月コウが鍋ラップを披露した回 久遠千歳が鍋ラップを再現した回 夢月ロアとでびでび・でびるが鍋ラップ風を披露した回 剣持カ也が亀ラップを披露した回 まとめ 久遠千歳の事故についての記事はいかがだったでしょうか。 久遠千歳が重大な事故を起こしていないと安心したファンも多いと思います。 久遠千歳は現在物凄く急上昇しているチャンネルなので今後もさらに伸びていくことでしょう。 今後の久遠千歳さんの活躍にも期待していきましょう。 以上が、久遠千歳さん事故についての記事でした!.

次の