ヤマ を 張る ヤマ の 由来 は。 ことば検定

ことば検定

ヤマ を 張る ヤマ の 由来 は

概要 気候や環境への耐久性を表しています。 耐寒性 寒さに耐える性質• 耐暑性 暑さに耐える性質• 耐積雪性 積雪に耐える性質• 非耐暑性 暑さに弱い性質• 耐雨性 多すぎる雨に耐える性質• 耐乾性 乾燥に耐える性質• 耐湿性 多すぎる湿気に耐える性質• 耐風性 強い風に耐える性質• 耐石灰岩地 石灰岩質の土地でも育つ性質• 耐砂性 砂ばかりの土地でも育つ性質• 耐礫性 小石ばかりの土地でも育つ性質• 耐強光性 強い光に耐える性質• 耐陰性 日陰に耐える性質• 耐潮性 潮風に耐える性質• 耐排ガス性 排気ガスに耐える性質• 耐病性 病気に耐える性質• 耐霜性 霜に耐える性質• 耐塩性 土に含まれる塩分に耐える性質• 非耐寒性 寒さに弱い性質 概要 その植物に向いている使い道を示しています。 グラウンドカバー よく枝分かれして伸び、地面を覆うのに適している• ロックガーデン 岩場を再現する庭づくりに適している• ハイドロカルチャー 水栽培に適している• トピアリー 樹木で、刈り込んだりしてさまざまな形を造形するのに適している• 公園・庭園• 街路樹• 法面緑化 土地を削ったり盛ったりしてできた斜面に植えるのに適している• 壁面緑化• 屋上緑化• 水辺緑化• 水質浄化• 水田緑化 田んぼのあぜ道を覆うのに適している• コンテナ• ベランダ• ハンギングバスケット• アクアリウム 淡水魚を飼育する水槽で水中に植え付けるのに適している• アクアテラリウム カエルなどを飼育する水と陸地のある水槽で、水辺などに植えるのに適している• 砂漠緑化• 苔玉 概要 植物を大まかな形や繁殖方法で分類したものです。 一年草 発芽して成長し、開花結実して枯れるまでが1年以内の草• 二年草 発芽して成長し、開花結実して枯れるまでが1年から2年の草• 越年草 一年草のうち、秋に発芽して年を越し翌春に開花結実して枯れるもの• 多年草 2年以上生き続ける草• 亜低木 低木の中で、開花結実後に枝の大半が枯れて、根元だけで冬越しするもの• 低木 たくさんの幹がある木で、高さが2m以下のもの• 小高木 幹が1本から数本はっきりある木で、高さが2〜8mのもの• 高木 幹が1本から数本はっきりある木で、高さが8〜30mのもの• つる性草本 自立せずに他のものを支えに成長する草• つる性木本 自立せずに他のものを支えに成長する木• 菌従属栄養植物 菌類に寄生して成長する植物 概要 日本の様々な行事やお祝い事などのうち、その植物に関わりのあるものを示しています。 選択肢:年中行事 人日、年中行事 小正月、年中行事 初午、年中行事 桃の節句、年中行事 端午の節句、年中行事 七夕、年中行事 お盆、年中行事 重陽の節句、年中行事 十五夜、年中行事 十三夜、年中行事 七五三、年中行事 事始め、雑節 土用、雑節 節分、雑節 彼岸、雑節 八十八夜、雑節 入梅、雑節 半夏生、雑節 二百十日、出産・子供 帯祝い、出産・子供 お七夜、出産・子供 お宮参り、出産・子供 お食い初め、出産・子供 初節句、出産・子供 初誕生、出産・子供 七五三、出産・子供 十三参り、出産・子供 入園・入学、出産・子供 成人式、長寿 還暦、長寿 古希、長寿 喜寿、長寿 傘寿、長寿 半寿、長寿 米寿、長寿 卒寿、長寿 白寿、長寿 上寿。 概要 葉の形を示しています。 1枚の葉がすべてつながっている「単葉」と、深く裂けていくつかの部分(小葉)に分かれる「複葉」の2大グループがあります。 単葉(不分裂葉) 葉が切れ込まず1つの面になっている• 分裂葉(ぶんれつよう) 葉が1つの面になっているが、切れ込みが入る• 掌状複葉(しょうじょうふくよう) 柄の部分から手のひらのように複数の小葉がつく• 奇数羽状複葉(きすううじょうふくよう) 葉の中心軸に奇数枚の小葉がつく• 偶数羽状複葉(ぐうすううじょうふくよう) 葉の中心軸に偶数枚の小葉がつく• 鱗状葉(りんじょうよう) うろこ状で枝に密着した葉がつく• 針状葉(しんじょうよう) 細長く厚みがあり、先端が尖っている• 線形 細長く厚みがなく、先端が尖っている• 3出複葉(さんしゅつふくよう) 小葉が左右1枚、先端1枚のもの• 特殊 上記にない特殊な形をしている 概要 植物の寒さへの耐久性を表したランク付け。 数字が小さいほど寒さに耐えられることを示しています。 ランク付けは10〜15年間でそれぞれの年でもっとも気温が低い月の平均気温を元に行なっています。 1b -48. 2a -45. 2b -42. 3a -40. 3b -37. 4a -34. 4b -31. 5a -28. 5b -26. 6a -23. 6b -20. 7a - 17. 7b -15. 8a -12. 8b -9. 9a -6. 9b -3. 10a -1. 10b 1. 11a 4. 11b 7. 12a 10. 12b 12. 13a 15. 13b 18. 花の並び方と、花のついた枝全体を花序(かじょ)と呼びます。 単生(たんせい) 茎に単独で花をつける• 総状花序(そうじょうかじょ) 花序の軸に柄のついた花がつく。 柄の長さはどれも同じくらい• 穂状花序(すいじょうかじょ) 花序の軸に柄のない花がつく• 散房花序(さんぼうかじょ) 花序の軸に柄のついた花がつき、花の位置が同じ面で並ぶ• 散形花序(さんけいかじょ) 花序の軸の同じところから柄が出てその先に花がついて傘のようになる• 複散形花序(ふくさんけいかじょ) 散形花序がさらに枝分かれして先端に散形花序で複数の花がつく• 円錐花序(えんすいかじょ) 総状花序がさらに枝分かれして先端に総状花序で複数の花がつく• 岐散花序(二出集散花序)(きさんかじょ) 花序の軸が3つに枝分かれし、左右がさらに3つに枝分かれして先端に花がつく• 集散花序(しゅうさんかじょ) 花序の軸の先端に花がついて成長が止まり、その後その下に花がつくことを繰り返すものの総称• さそり型花序 花序の軸の先端に花がつき、その後その下で左右相互に直角に花がつくもの• かたつむり型花序 花序の軸の先端に花がつき、その後その下で同じ方向に直角に花がついていき立体的な渦巻きになるもの• 巻散花序(かんさんかじょ) 花序の軸の先端に花がつき、その後その下で同じ方向に花がついていき平面的な渦巻きになるもの• 扇状花序(せんじょうかじょ) 左右に平面的に枝分かれしていくもの• 尾状花序(びじょうかじょ) 花序の軸に柄のない花がつき、垂れ下がる• 毬状花序(きゅうじょうかじょ) 鞠のように丸く密集してつく• 頭状花序(とうじょうかじょ) 軸の先端の同じ面に複数の花が密集する• 肉穂花序(にくすいかじょ) 花序の軸に柄のない花がつき、軸が肉厚になる• 隠頭花序(いんとうかじょ) イチジクのように軸の先端が大きな壺型になり、内側にたくさんの花がある• 杯状花序(はいじょうかじょ) 軸の先端に柄のある複数の花がつき、お椀のような葉(総苞)で包まれる• 多出集散花序(たしゅつしゅうさんかじょ) 花序の軸が3つ以上に枝分かれし、それを数回繰り返し先端に花がつく• 団散花序(だんさんかじょ) 短い軸に柄のない花が密集していて、中心から外側に順に咲くもの• 小穂(しょうすい) 複数の花が瓦のように折り重なったもの• 偽総状花序(ぎそうじょうかじょ) 見かけ上花序の軸に見える軸の枝に、柄のついた花がつく• 複散房花序(ふくさんぼうかじょ) 花序の軸が複数回枝分かれして、先端の花が同じ平面に並ぶ• 複集散花序(ふくしゅうさんかじょ) 集散花序がさらに枝分かれして先端に集散花序で複数の花がつく• 輪散花序(りんさんかじょ) 葉のわきに柄の伸びない集散花序がつき、茎に対して車輪のように花が並ぶ• 束生(そくせい) 節が非常に短い枝の先に集まって、束のようになる 概要 二十四節気、七十二候のうち、その植物に関わりのあるものを示しています。 選択肢:立春、雨水、啓蟄、春分、清明、穀雨、立夏、小満、芒種、夏至、小暑、大暑、立秋、処暑、白露、秋分、寒露、霜降、立冬、小雪、大雪、冬至、小寒、大寒、立春 初候、立春 次候、立春 末候、雨水 初候、雨水 次候、雨水 末候、啓蟄 初候、啓蟄 次候、啓蟄 末候、春分 初候、春分 次候、春分 末候、清明 初候、清明 次候、清明 末候、穀雨 初候、穀雨 次候、穀雨 末候、立夏 初候、立夏 次候、立夏 末候、小満 初候、小満 次候、小満 末候、芒種 初候、芒種 次候、芒種 末候、夏至 初候、夏至 次候、夏至 末候、小暑 初候、小暑 次候、小暑 末候、大暑 初候、大暑 次候、大暑 末候、立秋 初候、立秋 次候、立秋 末候、処暑 初候、処暑 次候、処暑 末候、白露 初候、白露 次候、白露 末候、秋分 初候、秋分 次候、秋分 末候、寒露 初候、寒露 次候、寒露 末候、霜降 初候、霜降 次候、霜降 末候、立冬 初候、立冬 次候、立冬 末候、小雪 初候、小雪 次候、小雪 末候、大雪 初候、大雪 次候、大雪 末候、冬至 初候、冬至 次候、冬至 末候、小寒 初候、小寒 次候、小寒 末候、大寒 初候、大寒 次候、大寒 末候。

次の

山をはるってどういう意味ですか?やまをはるってひらがなで書...

ヤマ を 張る ヤマ の 由来 は

「山を掛ける」という言い方が一般的で、「山をは 張 る」ともいい、国語辞典では<「山を掛ける」に同じ>掲げられているものが多いようです。 「山 やま を掛・ける」 万が一の幸運をねらって物事をする。 そうなるであろうと予想して準備する。 山を張る。 特に試験勉強などで、出題される問題を予想し、その問題だけ集中して答を覚えるというやり方に使用されることが多く、本業そのものに対する知識や努力しようとする気力はないが、試験問題の出題傾向や教師の心理を読む力はあるという、社会に出てから意外に花開く才能を備えた人物が好んでとる戦術である。 似た言葉に「一か八かの勝負に出る」があるが、「山を張る(山を掛ける)」が、その山(鉱山)を選ぶまでにその人のなりの緻密な計算が働いているのに対して、「一か八か」は二者択一の局面が目前に迫っていて、計算を働かせる余裕もなく目をつぶってえいやとどちらかを選ぶという、よりバクチ度の強い印象のある言葉である。 とはいえ、どちらにしても投機性の高い勝負のありかたを言っているには違いなく、健全な市民には決してお勧めできない生き方ではある。 「山を掛ける」とも言います。 山とは鉱山のことであり、「張る」「掛ける」は、博打で金銭を賭けることです。 昔、山師(金銀鉱山を探し当てて儲ける人)が勘で金銀掘り当てられそうな山に見当をつけてリスクを承知で私財を投じて試掘するのが、丁度、博打で金銭を賭ける(「張る」「掛ける」)のと似ているので「山を張る」「山を掛ける」と言われるようになったのが語源です。 「山勘(やまかん)」という言葉の由来も同じことからきています。

次の

ヤマを張る、「ヤマ」の由来は?【ことば検定】 答え林修

ヤマ を 張る ヤマ の 由来 は

特徴 [ ] は地を這い、節ごとにを張る。 は、長さ2-4cm、幅1-2. 5cmの先のとがった卵形で、地面近くに互生する。 濃緑色の地に白い網目状の斑が入り、この様子がの羽の模様に似ていることが名前の由来となっている。 模様には個体差があり、美しいものは「錦蘭」と呼ばれ珍重される。 花期は8-9月。 茎の高さは12-25cmになり、に7-12個の、鳥が翼を広げたような形をした薄いピンク色の小が、一方向に偏って咲く。 や花には細かい毛が密生する。 分布 [ ] 日本では、北海道、本州、四国、九州、(以北)に分布し、冷温帯から亜熱帯の林下に生育する。 世界では、、、、、に分布する。 和名に「深山」と付くが、人里近い山林でも見られる。 種の保全状況評価 [ ] とでは絶滅危惧I B類 EN に指定されている。 としての、レッドリストの指定はない。 ギャラリー [ ].

次の