中村ゆりか。 中村ゆりかの国籍と経歴プロフィールは?家族構成や彼氏と大学を調査!

中村ゆりか / プロフィールやドラマ・映画(まれ・花にけだもの・ギルティなど)

中村ゆりか

中村ゆりかの性格や人柄とは? さて、中村ゆりかさんの性格ですが、 雑誌などのインタビューによりますと以下のように自己分析をされています。 「比較的サバサバしていて、のんびり屋」 マイペースともおっしゃられているようでして、 あまりキビキビ動いたりするのは苦手なんだとか。 マイペースと言うと血液型はB型が浮かびますが、 彼女はO型ですので大雑把の方面に傾いている可能性もありますね。 その反面「言いたいことをハッキリ言えないタイプ」とも仰られています。 台湾人とのハーフということもあり顔立ちがはっきりしていて、 キツめの役柄を演じることが多い中村ゆりかさんではあるのですが、 どうも根っこの性格は正反対になっているようですね。 中村ゆりかは天然とも噂に?エピソードある? 中村ゆりかさんが天然という噂があるようです。 ですので概ね演じていた役柄に天然イメージが引きずられている可能性が高いですね。 その中には一部、可愛い子は天然であって欲しいという願望も含まれているかも。 そう、可愛いんですよね。 この整った顔立ちは母親が台湾人の影響も大きいようで、 2017年の週刊プレイボーイで「スゴカワ2017」に選ばれたほど。 それもありますが上記のツイートを見てもわかるとおりに、 異性のみならず同性からも可愛いと言われがちなんですよね。 あんまりアイドルアイドルとか媚びている感じだと、 同性から嫌われてしまうのが昨今でもありますしね。 中村ゆりかさんは自然体であるからこその可愛さでしょう。 身長は156cmらしいのでやや小柄ですが、 そう感じさせないスタイルの良さもかなり魅力的ですよね。 やはり売出し中の女優さんということもあってか、 まだまだトークやインタビューの機会も少なく情報は少なめ。 性格なども本人がインタビューで答えたもの以外のものはなく、 第三者の印象や素を見せる機会は非常に少ないようです。 でも、これからブレイクすれば番宣などで見る機会も増えて、 もしかしたら彼女の人柄がもっと知れるようになるかもしれませんね。 是非に超有望の若手・中村ゆりかさんを応援していきましょうね!.

次の

中村ゆりか / プロフィールやドラマ・映画(まれ・花にけだもの・ギルティなど)

中村ゆりか

葵わかな、中村ゆりか、清原翔、三木孝浩、中島良が、脚本をリレー形式でつないだ企画・【リレー空想映画】の第2弾「もう一度逢えたら必ず」がサウンドドラマ化されることが発表された。 この度、【リレー空想映画】で完成した2つの脚本を完全リモートでサウンドドラマ化、デジタルコンテンツとしてリリースすることが決定した。 同企画は、SNSで公開しながらリレー形式でつないでいく脚本を読んで脳内に再生される空想映画を楽しんで頂くというもの。 ステイホームの時間を少しでも楽しんでもらいたい、そして自分たちも楽しめるコンテンツを作りたいという思いから、新作映画の公開や撮影が次々と延期・中止するなか、何か新しいことにチャレンジしようとスタートした。 1つの脚本をリレーで書いていくことで、それぞれの解釈や好みが加わり、思いもよらない方向へストーリーが展開し、脚本を書いている筆者自身もその過程を楽しむことができ、今回のサウンドドラマ化で、映画監督・役者・アーティスト・ナレーター・芸人・作家など、多彩な才能が集まるスターダストならではの、所属者だけで完成させることができるコンテンツとなった。 また、ステイホームにより生まれた企画という想いから、デジタルコンテンツの収益の一部を公益社団法人日本医師会へ寄付される。 そんな同企画から生まれた脚本・第2弾「もう一度逢えたら必ず」は、彼氏にフラれたばかりのくるみを主人公とした物語。 くるみは、会社の先輩・つきに付き合ってもらい居酒屋でヤケ酒を呑んでいる。 つきも元彼に心残りがある様子だが何も言わない。 ある日くるみが遅刻した罰として、今度はくるみがつきに付き合って特急列車である場所へ向かう。 そこは視界いっぱいに広がる海と砂浜がある場所。 男性陣のみだった第1弾「嘘とマーガレット」のリレーに対して、第2弾の「もう一度逢えたら必ず」では女性陣も加わった形でトライしたいと、葵わかな、中村ゆりか、そして、NHK連続テレビ小説『なつぞら』で十勝の柴田家の長男・照男を好演し、WEBドラマ『東京ラブストーリー』などの注目作に名を連ねている清原翔が参戦。 葵は三木組の映画『陽だまりの彼女』や『くちびるに歌を』で演じた経験があり、NHK連続テレビ小説『わろてんか』では見事にヒロイン・藤岡てんを演じきった実力派女優。 そして中村はドラマ『女子高生の無駄づかい』にメインキャストとして出演し、中島がゲスト監督を担当した第3話は放送時にトレンド入りを果たした。 現在もドラマ『ギルティ~この恋は罪ですか?~』で妖艶な悪女にチャレンジするなど幅広い役を演じている。 5人チームを組んだ第2弾では、また1番と最後の5番に監督を配置。 ストーリータイトルも同じくSNSの投票システムを使い、どれも見てみたいと思うタイトル『もう一度逢えたら必ず』『たらればの恋』『夏待ち』の3つの候補の中から46%の投票率を獲得した『もう一度逢えたら必ず』に決定した。 第2弾の脚本リレーは居酒屋でヤケ酒する失恋女子トークからのスタート。 2番手の清原のストーリーがやけに短いのはある理由があった。 そして新キャラクター「いしかわ」を登場させた意図は座談会で明らかに。 葵と中村の書くセリフはリアルな女子トークになっており、特にセリフ部分は清原においても役者であることが生かされているようで、数々の台本を読みこなしているからこそ書ける脚本になった。 サウンドドラマでは、脚本リレー当初から皆が思っていた配役になり、くるみ役は葵、つき役は中村、そうた役は清原に。 さらにヒロ役にはドラマ『知らなくていいコト』や映画『十二人の死にたい子どもたち』で光る演技を魅せている渕野右登、いしかわ役は舞台『飛龍伝2020』やミュージカル『刀剣乱舞~幕末天狼傳~』など舞台役者としても活躍中の小柳心がユニークに演じた。 そしてナレーションにはロックバンド・FLOWER FLOWERのyuiがあの琴声で初挑戦した。 脚本をリレー形式でつなぐのは、監督らもましてや役者らも初めてのこと。 それぞれがどんな感想を抱いたのか、話を聞いてみようと、リレー終了後に各チームでリモート座談会を開催。 ストーリーに関して一切の打ち合わせもなく、流れるままリレーでつながっていくストーリーは、いったいどう考えてこのような展開になったのか、新キャラクターはどういうつもりで登場させたのか、執筆にどれくらいの時間を費やしていたのか、バトンを渡す時に答えを求めるような無茶ぶりなど、お互いの頭の中を探るべく話が尽きない様子の音声が収録されている。 さらに、リモートにこだわるこの企画では、劇伴音楽に至っても、自宅で作れるということを条件に、スターダスト所属のアーティストに依頼。 「もう一度逢えたら必ず」のJUNEは、嵐への作詞提供やw-inds. 、Little Glee Monsterなど数多くのアーティストへの楽曲提供、アレンジを行っているクリエイター。 リレー空想映画では、完成した脚本を読んで、リモートで三木監督と直接打ち合わせをし、そのイメージに沿って書き下ろした劇伴音楽を提供している。 また、「もう一度逢えたら必ず」のジャケットイラストを手掛けたのは、脚本リレーにも参加した中村ゆりか。 サウンドドラマでキャラクターとしても参加させていただけると聞いた時はとても嬉しかったです!収録しながら、今まで以上に作品やキャラクターに愛着が沸いていくのがわかりました。 全てリモートで行った新しい形のエンターテイメントが、どんな形で皆さんに受け取っていただけるのか、とても楽しみです。 【中村ゆりか】 撮影がストップし、自粛生活をしている中「リレー空想映画」という新しい企画に参加できてとても嬉しかったです。 リレーがあっという間に終わってしまい、まだ書きたいなと思うほど本当に楽しみながら行うことができました。 画面越しで声の収録をした際に離れているので声の距離感が掴めなかったり、回想と現在のテンションの変化が難しかったです。 今回初めてなのですが、三木監督の優しい丁寧な演出にとても助けられました。 完全リモートでのサウンドドラマを是非、皆さんにも楽しんで頂けたら嬉しいです。 【清原翔】 今まで文章を書くということが苦手で逃げていたので、この企画を頂いてどうしようかすごく迷いましたが、意外にも好評価を頂けました(笑)。 リレー形式ならではの、ストーリーが自分の考えの範疇から超えていくのがすごく面白かったですし、参加させて頂けて本当に良かったです。 【三木孝浩】 世界規模で大変な状況が続く中、出来ることが限られた状況下で、少しでも皆さんにエンタテイメントをお届けできないかと、始まったこの『リレー空想映画』。 でもひょっとしたら創った僕たちが一番楽しんでたかもしれません(笑)。 想像は力になります。 未来を暗いイメージで埋めるのではなく、明るくワクワクするような空想をすることで明日がちょっとでも楽しみになってくれたら嬉しいです。 【中島良】 これまで物語を作るときは、結末からの逆算で作ってきました。 しかし、リレー形式で作っていくということで、他の皆さんがどんな続きを描くのか、毎日ドキドキしながら取り組みました。 そしてリレーに参加されたキャストの皆さんがサウンドドラマにも出演されたことで、より物語の面白さが表現されていると思います。 ネットで読んでくださった方々の応援によって作られた部分も大きいと思います。 ありがとうございました。 ぜひお楽しみください。 同作は、さいのたま女子高等学校(通称:さいじょ)に通う、個性派ぞろいの女子高生=JKたちが、女子高生活をただただ無駄に浪費する日常を描いた、漫画家・ビーノによる学園コメディー漫画をドラマ化。 中村は、「バカ」=田中望(岡田結実さん)といつもつるんでいる、「ロボ」=鷺宮しおり役を演じる。 頭が良いが感情が死滅しているため、常にポーカーフェイス。 いつも妙な新書を読んでいる。 自宅で菌をペットとして飼っており、笑いのツボが不明という役どころ。 この日は、蒲田女子高等学校でイベントが行われ、体育館に集合した女子高校生の前にサプライズでキャストが登場。 たちまち大歓声に包まれる中、中村は「皆さん、こんにちは!今日はよろしくお願いします。 」と笑顔を見せた。 本作の中で好きなキャラクターは?という質問には、岡田さん演じる「バカ」を挙げ、「結実ちゃんのインスタを見ていて、髪が長いイメージが強かったので、役で短くされたらすごくイメージが変わって、今は役にしか見えないです。 」と話した。 女子高を舞台にしていることから、高校時代に経験したかった出来事は?と聞かれると、「ハロウィンやクリスマスのイベントで、仮装をしたり、お菓子を交換しようということがあったのですが、お仕事で行けないことがあって、残念だったなという思いがあります。 でも、ちょうどクリスマスの時期にこの撮影があって、皆で飾り付けや仮装をしたことが、高校生に戻れた気がして楽しかったです。 」と明かした。 25 2020. 18 2020. 18 2020. 15 2020. 12 2020. 18 2020. 24 2020. 21 2020. 21 2020. 06 2019. 28 2019. 23 2019. 16 2019. 16 2019. 20 2019. 14 2019. 02 2019. 12 2019. 27 2019. 24 2019. 19 2019. 10 2019. 12 2019. 12 2019. 11 2019. 09 2019. 01 2019. 01 2019. 01 2019. 25 2019. 22 2019. 15 2019. 15 2019. 04 2019. 25 2019. 16 2019. 16 2019. 15 2019. 04 2019. 29 2019. 28 2019. 15 2019. 15 2018. 27 2018. 29 2018. 22 2018. 10 2018. 10 2018. 10 2018. 01 2018. 10 2018. 09 2018. 03 2018. 27 2018. 21 2018. 02 2018. 06 2018. 03 2018. 23 2018. 23 2018. 23 2018. 22 2018. 14 2017. 26 2017. 12 2017. 02 2017. 01 2017. 06 2017. 06 2017. 18 2017. 14 もっと見る.

次の

中村ゆりか

中村ゆりか

葵わかな、中村ゆりか、清原翔、三木孝浩、中島良が、脚本をリレー形式でつないだ企画・【リレー空想映画】の第2弾「もう一度逢えたら必ず」がサウンドドラマ化されることが発表された。 この度、【リレー空想映画】で完成した2つの脚本を完全リモートでサウンドドラマ化、デジタルコンテンツとしてリリースすることが決定した。 同企画は、SNSで公開しながらリレー形式でつないでいく脚本を読んで脳内に再生される空想映画を楽しんで頂くというもの。 ステイホームの時間を少しでも楽しんでもらいたい、そして自分たちも楽しめるコンテンツを作りたいという思いから、新作映画の公開や撮影が次々と延期・中止するなか、何か新しいことにチャレンジしようとスタートした。 1つの脚本をリレーで書いていくことで、それぞれの解釈や好みが加わり、思いもよらない方向へストーリーが展開し、脚本を書いている筆者自身もその過程を楽しむことができ、今回のサウンドドラマ化で、映画監督・役者・アーティスト・ナレーター・芸人・作家など、多彩な才能が集まるスターダストならではの、所属者だけで完成させることができるコンテンツとなった。 また、ステイホームにより生まれた企画という想いから、デジタルコンテンツの収益の一部を公益社団法人日本医師会へ寄付される。 そんな同企画から生まれた脚本・第2弾「もう一度逢えたら必ず」は、彼氏にフラれたばかりのくるみを主人公とした物語。 くるみは、会社の先輩・つきに付き合ってもらい居酒屋でヤケ酒を呑んでいる。 つきも元彼に心残りがある様子だが何も言わない。 ある日くるみが遅刻した罰として、今度はくるみがつきに付き合って特急列車である場所へ向かう。 そこは視界いっぱいに広がる海と砂浜がある場所。 男性陣のみだった第1弾「嘘とマーガレット」のリレーに対して、第2弾の「もう一度逢えたら必ず」では女性陣も加わった形でトライしたいと、葵わかな、中村ゆりか、そして、NHK連続テレビ小説『なつぞら』で十勝の柴田家の長男・照男を好演し、WEBドラマ『東京ラブストーリー』などの注目作に名を連ねている清原翔が参戦。 葵は三木組の映画『陽だまりの彼女』や『くちびるに歌を』で演じた経験があり、NHK連続テレビ小説『わろてんか』では見事にヒロイン・藤岡てんを演じきった実力派女優。 そして中村はドラマ『女子高生の無駄づかい』にメインキャストとして出演し、中島がゲスト監督を担当した第3話は放送時にトレンド入りを果たした。 現在もドラマ『ギルティ~この恋は罪ですか?~』で妖艶な悪女にチャレンジするなど幅広い役を演じている。 5人チームを組んだ第2弾では、また1番と最後の5番に監督を配置。 ストーリータイトルも同じくSNSの投票システムを使い、どれも見てみたいと思うタイトル『もう一度逢えたら必ず』『たらればの恋』『夏待ち』の3つの候補の中から46%の投票率を獲得した『もう一度逢えたら必ず』に決定した。 第2弾の脚本リレーは居酒屋でヤケ酒する失恋女子トークからのスタート。 2番手の清原のストーリーがやけに短いのはある理由があった。 そして新キャラクター「いしかわ」を登場させた意図は座談会で明らかに。 葵と中村の書くセリフはリアルな女子トークになっており、特にセリフ部分は清原においても役者であることが生かされているようで、数々の台本を読みこなしているからこそ書ける脚本になった。 サウンドドラマでは、脚本リレー当初から皆が思っていた配役になり、くるみ役は葵、つき役は中村、そうた役は清原に。 さらにヒロ役にはドラマ『知らなくていいコト』や映画『十二人の死にたい子どもたち』で光る演技を魅せている渕野右登、いしかわ役は舞台『飛龍伝2020』やミュージカル『刀剣乱舞~幕末天狼傳~』など舞台役者としても活躍中の小柳心がユニークに演じた。 そしてナレーションにはロックバンド・FLOWER FLOWERのyuiがあの琴声で初挑戦した。 脚本をリレー形式でつなぐのは、監督らもましてや役者らも初めてのこと。 それぞれがどんな感想を抱いたのか、話を聞いてみようと、リレー終了後に各チームでリモート座談会を開催。 ストーリーに関して一切の打ち合わせもなく、流れるままリレーでつながっていくストーリーは、いったいどう考えてこのような展開になったのか、新キャラクターはどういうつもりで登場させたのか、執筆にどれくらいの時間を費やしていたのか、バトンを渡す時に答えを求めるような無茶ぶりなど、お互いの頭の中を探るべく話が尽きない様子の音声が収録されている。 さらに、リモートにこだわるこの企画では、劇伴音楽に至っても、自宅で作れるということを条件に、スターダスト所属のアーティストに依頼。 「もう一度逢えたら必ず」のJUNEは、嵐への作詞提供やw-inds. 、Little Glee Monsterなど数多くのアーティストへの楽曲提供、アレンジを行っているクリエイター。 リレー空想映画では、完成した脚本を読んで、リモートで三木監督と直接打ち合わせをし、そのイメージに沿って書き下ろした劇伴音楽を提供している。 また、「もう一度逢えたら必ず」のジャケットイラストを手掛けたのは、脚本リレーにも参加した中村ゆりか。 サウンドドラマでキャラクターとしても参加させていただけると聞いた時はとても嬉しかったです!収録しながら、今まで以上に作品やキャラクターに愛着が沸いていくのがわかりました。 全てリモートで行った新しい形のエンターテイメントが、どんな形で皆さんに受け取っていただけるのか、とても楽しみです。 【中村ゆりか】 撮影がストップし、自粛生活をしている中「リレー空想映画」という新しい企画に参加できてとても嬉しかったです。 リレーがあっという間に終わってしまい、まだ書きたいなと思うほど本当に楽しみながら行うことができました。 画面越しで声の収録をした際に離れているので声の距離感が掴めなかったり、回想と現在のテンションの変化が難しかったです。 今回初めてなのですが、三木監督の優しい丁寧な演出にとても助けられました。 完全リモートでのサウンドドラマを是非、皆さんにも楽しんで頂けたら嬉しいです。 【清原翔】 今まで文章を書くということが苦手で逃げていたので、この企画を頂いてどうしようかすごく迷いましたが、意外にも好評価を頂けました(笑)。 リレー形式ならではの、ストーリーが自分の考えの範疇から超えていくのがすごく面白かったですし、参加させて頂けて本当に良かったです。 【三木孝浩】 世界規模で大変な状況が続く中、出来ることが限られた状況下で、少しでも皆さんにエンタテイメントをお届けできないかと、始まったこの『リレー空想映画』。 でもひょっとしたら創った僕たちが一番楽しんでたかもしれません(笑)。 想像は力になります。 未来を暗いイメージで埋めるのではなく、明るくワクワクするような空想をすることで明日がちょっとでも楽しみになってくれたら嬉しいです。 【中島良】 これまで物語を作るときは、結末からの逆算で作ってきました。 しかし、リレー形式で作っていくということで、他の皆さんがどんな続きを描くのか、毎日ドキドキしながら取り組みました。 そしてリレーに参加されたキャストの皆さんがサウンドドラマにも出演されたことで、より物語の面白さが表現されていると思います。 ネットで読んでくださった方々の応援によって作られた部分も大きいと思います。 ありがとうございました。 ぜひお楽しみください。 同作は、さいのたま女子高等学校(通称:さいじょ)に通う、個性派ぞろいの女子高生=JKたちが、女子高生活をただただ無駄に浪費する日常を描いた、漫画家・ビーノによる学園コメディー漫画をドラマ化。 中村は、「バカ」=田中望(岡田結実さん)といつもつるんでいる、「ロボ」=鷺宮しおり役を演じる。 頭が良いが感情が死滅しているため、常にポーカーフェイス。 いつも妙な新書を読んでいる。 自宅で菌をペットとして飼っており、笑いのツボが不明という役どころ。 この日は、蒲田女子高等学校でイベントが行われ、体育館に集合した女子高校生の前にサプライズでキャストが登場。 たちまち大歓声に包まれる中、中村は「皆さん、こんにちは!今日はよろしくお願いします。 」と笑顔を見せた。 本作の中で好きなキャラクターは?という質問には、岡田さん演じる「バカ」を挙げ、「結実ちゃんのインスタを見ていて、髪が長いイメージが強かったので、役で短くされたらすごくイメージが変わって、今は役にしか見えないです。 」と話した。 女子高を舞台にしていることから、高校時代に経験したかった出来事は?と聞かれると、「ハロウィンやクリスマスのイベントで、仮装をしたり、お菓子を交換しようということがあったのですが、お仕事で行けないことがあって、残念だったなという思いがあります。 でも、ちょうどクリスマスの時期にこの撮影があって、皆で飾り付けや仮装をしたことが、高校生に戻れた気がして楽しかったです。 」と明かした。 25 2020. 18 2020. 18 2020. 15 2020. 12 2020. 18 2020. 24 2020. 21 2020. 21 2020. 06 2019. 28 2019. 23 2019. 16 2019. 16 2019. 20 2019. 14 2019. 02 2019. 12 2019. 27 2019. 24 2019. 19 2019. 10 2019. 12 2019. 12 2019. 11 2019. 09 2019. 01 2019. 01 2019. 01 2019. 25 2019. 22 2019. 15 2019. 15 2019. 04 2019. 25 2019. 16 2019. 16 2019. 15 2019. 04 2019. 29 2019. 28 2019. 15 2019. 15 2018. 27 2018. 29 2018. 22 2018. 10 2018. 10 2018. 10 2018. 01 2018. 10 2018. 09 2018. 03 2018. 27 2018. 21 2018. 02 2018. 06 2018. 03 2018. 23 2018. 23 2018. 23 2018. 22 2018. 14 2017. 26 2017. 12 2017. 02 2017. 01 2017. 06 2017. 06 2017. 18 2017. 14 もっと見る.

次の