きっと ヒロインなら綺麗で。 ヒロイン育成計画 feat. 涼海ひより(水瀬いのり)

ヒロイン育成計画feat. 涼海ひより(水瀬いのり) 歌詞 HoneyWorks ※ blog.yhathq.com

きっと ヒロインなら綺麗で

もくじ• backnumber「ヒロイン」はどんな曲? この『 ヒロイン』、10thシングル「繋いだ手から」から約10ヶ月ぶりのリリースでは発売されました。 初回盤と通常盤の2形態での発売され、通常盤のジャケットは清水依与吏さん。 初回限定版は、JR東日本『JR SKI SKI』のCMキャラクターを務める 広瀬すず さんのジャケットになっています。 このジャケットは可愛すぎますよね(笑)この楽曲のタイトルにふさわしいような、まさに「ヒロイン」って感じがします! また、初回盤は、「ヒロイン」のMVと、横浜アリーナで行われた「 love stories tour 2014 ~横浜ラブストーリー2~」のライブダイジェストを収録したDVDもついており、初週売上は約2万9000枚で、9thシングル「fish」の初週売上約1万8000枚を上回る自己最高の記録となっています。 さらに、9thシングル「 fish」の累計約2万1000枚も初週売上のみで上回っていたりと、 まさにback numberの人気に火をつけた楽曲になっています。 backnumber「ヒロイン」歌詞の意味を考察。 この楽曲は「 冬の片思い」を歌った歌になっています。 しかし、ただの片思いではなく、これまたバックナンバーならではの切ない意味が隠されています。 今回も片思いをする イマイチ素直になれない男の子が主人公のようですが・・。 その主人公に想いを馳せながら、早速見ていきましょう。 主人公は「 君の毎日に 僕は似合わないかな」と言ってるように、 相手にとっての自分の価値を決めてしまっているようです。 寂しげに消える白いため息がこの気持ちの重さを感じさせます。 見上げた寒空はきっとその好きな人の上にもあるのに、今隣にいる事は叶わない。 そんな気持ちで 一人ポツンと空を見上げる主人公が見えるようです。 一人で見る景色を、その子と過ごす時間に重ね合わせてしまいます。 それは 叶わない恋だなんて自分で決めつけているけれど、 本当の気持ちは、この景色には君がいてほしい。 その仕草ひとつひとつが愛しく感じているような、そんなシーンです。 という事は、クリスマスの片付けがそのままか、年末の大掃除というような、そんな時期ではないでしょうか? そんな学生なら冬休み期間でちょっと会えない期間、特に話す機会も内容もないから外に積もった雪を見てメールでも送ろうとしたんでしょうね。 でも、 つい自己完結をしてしまう主人公は最後まで打つ事なく閉じてしまいます。 「 きっと好きな人は男らしい人が好きなんだろうな…僕と違って…」 なんていう声が聞こえてきそうです(笑) Aメロで出したため息も、さらに深く白いため息に変わっていくように思えます。 自分の想像する結果が、そのまま相手の答えだと怖くてどうにもできない、そんな気持ちが伝わってきます。 渡すことも捨てることも出来ずに、ただただ怯えている彼の気持ちが刺さってくようです… backnumber「ヒロイン」Cメロ 歌詞の意味 何もかもを好きな人に重ねてしまうほど、 それほど好きな気持ちがあるのに素直になれない。 そんな自分に対してのもどかしさのように感じますね。 いつでも考えているヒロインに対しての気持ちも、自分に対しての情けなさもどんどん大きくなっていきます。 その大きさに気づいた時、今まで自分で 自己完結していた馬鹿な考えに、ようやくひとつ見切りがつけられたという事でしょう。 自分と同じ気持ちなのかな? れとも誰が違う人のことを考えているのかな? 思いは大きくなっていくばかりです。 しかし、相手の景色がどうであれ、自分は何もするのも、何を見るのも全部君がいてほしいんだ。 片思いが自分の中での勝手な結論で終わりそうだったものを、最後は少しでも自分の気持ちに素直になる事で前向きに行こうという、そんな気持ちになった主人公が最後は見えてのエンディングでした。

次の

backnumber「ヒロイン」歌詞の意味を解釈!CMの広瀬すずの魅力がヤバイ。

きっと ヒロインなら綺麗で

もくじ• backnumber「ヒロイン」はどんな曲? この『 ヒロイン』、10thシングル「繋いだ手から」から約10ヶ月ぶりのリリースでは発売されました。 初回盤と通常盤の2形態での発売され、通常盤のジャケットは清水依与吏さん。 初回限定版は、JR東日本『JR SKI SKI』のCMキャラクターを務める 広瀬すず さんのジャケットになっています。 このジャケットは可愛すぎますよね(笑)この楽曲のタイトルにふさわしいような、まさに「ヒロイン」って感じがします! また、初回盤は、「ヒロイン」のMVと、横浜アリーナで行われた「 love stories tour 2014 ~横浜ラブストーリー2~」のライブダイジェストを収録したDVDもついており、初週売上は約2万9000枚で、9thシングル「fish」の初週売上約1万8000枚を上回る自己最高の記録となっています。 さらに、9thシングル「 fish」の累計約2万1000枚も初週売上のみで上回っていたりと、 まさにback numberの人気に火をつけた楽曲になっています。 backnumber「ヒロイン」歌詞の意味を考察。 この楽曲は「 冬の片思い」を歌った歌になっています。 しかし、ただの片思いではなく、これまたバックナンバーならではの切ない意味が隠されています。 今回も片思いをする イマイチ素直になれない男の子が主人公のようですが・・。 その主人公に想いを馳せながら、早速見ていきましょう。 主人公は「 君の毎日に 僕は似合わないかな」と言ってるように、 相手にとっての自分の価値を決めてしまっているようです。 寂しげに消える白いため息がこの気持ちの重さを感じさせます。 見上げた寒空はきっとその好きな人の上にもあるのに、今隣にいる事は叶わない。 そんな気持ちで 一人ポツンと空を見上げる主人公が見えるようです。 一人で見る景色を、その子と過ごす時間に重ね合わせてしまいます。 それは 叶わない恋だなんて自分で決めつけているけれど、 本当の気持ちは、この景色には君がいてほしい。 その仕草ひとつひとつが愛しく感じているような、そんなシーンです。 という事は、クリスマスの片付けがそのままか、年末の大掃除というような、そんな時期ではないでしょうか? そんな学生なら冬休み期間でちょっと会えない期間、特に話す機会も内容もないから外に積もった雪を見てメールでも送ろうとしたんでしょうね。 でも、 つい自己完結をしてしまう主人公は最後まで打つ事なく閉じてしまいます。 「 きっと好きな人は男らしい人が好きなんだろうな…僕と違って…」 なんていう声が聞こえてきそうです(笑) Aメロで出したため息も、さらに深く白いため息に変わっていくように思えます。 自分の想像する結果が、そのまま相手の答えだと怖くてどうにもできない、そんな気持ちが伝わってきます。 渡すことも捨てることも出来ずに、ただただ怯えている彼の気持ちが刺さってくようです… backnumber「ヒロイン」Cメロ 歌詞の意味 何もかもを好きな人に重ねてしまうほど、 それほど好きな気持ちがあるのに素直になれない。 そんな自分に対してのもどかしさのように感じますね。 いつでも考えているヒロインに対しての気持ちも、自分に対しての情けなさもどんどん大きくなっていきます。 その大きさに気づいた時、今まで自分で 自己完結していた馬鹿な考えに、ようやくひとつ見切りがつけられたという事でしょう。 自分と同じ気持ちなのかな? れとも誰が違う人のことを考えているのかな? 思いは大きくなっていくばかりです。 しかし、相手の景色がどうであれ、自分は何もするのも、何を見るのも全部君がいてほしいんだ。 片思いが自分の中での勝手な結論で終わりそうだったものを、最後は少しでも自分の気持ちに素直になる事で前向きに行こうという、そんな気持ちになった主人公が最後は見えてのエンディングでした。

次の

水瀬いのり

きっと ヒロインなら綺麗で

もくじ• backnumber「ヒロイン」はどんな曲? この『 ヒロイン』、10thシングル「繋いだ手から」から約10ヶ月ぶりのリリースでは発売されました。 初回盤と通常盤の2形態での発売され、通常盤のジャケットは清水依与吏さん。 初回限定版は、JR東日本『JR SKI SKI』のCMキャラクターを務める 広瀬すず さんのジャケットになっています。 このジャケットは可愛すぎますよね(笑)この楽曲のタイトルにふさわしいような、まさに「ヒロイン」って感じがします! また、初回盤は、「ヒロイン」のMVと、横浜アリーナで行われた「 love stories tour 2014 ~横浜ラブストーリー2~」のライブダイジェストを収録したDVDもついており、初週売上は約2万9000枚で、9thシングル「fish」の初週売上約1万8000枚を上回る自己最高の記録となっています。 さらに、9thシングル「 fish」の累計約2万1000枚も初週売上のみで上回っていたりと、 まさにback numberの人気に火をつけた楽曲になっています。 backnumber「ヒロイン」歌詞の意味を考察。 この楽曲は「 冬の片思い」を歌った歌になっています。 しかし、ただの片思いではなく、これまたバックナンバーならではの切ない意味が隠されています。 今回も片思いをする イマイチ素直になれない男の子が主人公のようですが・・。 その主人公に想いを馳せながら、早速見ていきましょう。 主人公は「 君の毎日に 僕は似合わないかな」と言ってるように、 相手にとっての自分の価値を決めてしまっているようです。 寂しげに消える白いため息がこの気持ちの重さを感じさせます。 見上げた寒空はきっとその好きな人の上にもあるのに、今隣にいる事は叶わない。 そんな気持ちで 一人ポツンと空を見上げる主人公が見えるようです。 一人で見る景色を、その子と過ごす時間に重ね合わせてしまいます。 それは 叶わない恋だなんて自分で決めつけているけれど、 本当の気持ちは、この景色には君がいてほしい。 その仕草ひとつひとつが愛しく感じているような、そんなシーンです。 という事は、クリスマスの片付けがそのままか、年末の大掃除というような、そんな時期ではないでしょうか? そんな学生なら冬休み期間でちょっと会えない期間、特に話す機会も内容もないから外に積もった雪を見てメールでも送ろうとしたんでしょうね。 でも、 つい自己完結をしてしまう主人公は最後まで打つ事なく閉じてしまいます。 「 きっと好きな人は男らしい人が好きなんだろうな…僕と違って…」 なんていう声が聞こえてきそうです(笑) Aメロで出したため息も、さらに深く白いため息に変わっていくように思えます。 自分の想像する結果が、そのまま相手の答えだと怖くてどうにもできない、そんな気持ちが伝わってきます。 渡すことも捨てることも出来ずに、ただただ怯えている彼の気持ちが刺さってくようです… backnumber「ヒロイン」Cメロ 歌詞の意味 何もかもを好きな人に重ねてしまうほど、 それほど好きな気持ちがあるのに素直になれない。 そんな自分に対してのもどかしさのように感じますね。 いつでも考えているヒロインに対しての気持ちも、自分に対しての情けなさもどんどん大きくなっていきます。 その大きさに気づいた時、今まで自分で 自己完結していた馬鹿な考えに、ようやくひとつ見切りがつけられたという事でしょう。 自分と同じ気持ちなのかな? れとも誰が違う人のことを考えているのかな? 思いは大きくなっていくばかりです。 しかし、相手の景色がどうであれ、自分は何もするのも、何を見るのも全部君がいてほしいんだ。 片思いが自分の中での勝手な結論で終わりそうだったものを、最後は少しでも自分の気持ちに素直になる事で前向きに行こうという、そんな気持ちになった主人公が最後は見えてのエンディングでした。

次の