仮想 フル スクリーン。 仮想フルスクリーンというのは、ふつうのフルスクリーンと画質...

【VMware】フルスクリーンモードなのに画面は小さいまま?画面を最大化する方法教えます!

仮想 フル スクリーン

設定はドラクエ10のランチャーから ドラクエ10のランチャーを起動し、コンフィグ画面を開きます。 スクリーンモードは「仮想フルスクリーンモード」、 「画面のちらつきを抑える」にチェックを入れない方がちらつきを抑えられます。 「フルスクリーンモード」だと画面が乱れすぎてゲームになりませんでした。 「画面のちらつきを抑える」はVSync(垂直同期)の設定でしょうか。 これにチェックを入れるとむしろカクつきました。 フレームレートは 60FPSで。 30FPSだとなめらかになりませんが、低スペックすぎるPCは30FPSにした方が大きなカクつきが起きず、安定するかもしれません。 「表示するオブジェクトの最大数」は「普通」で十分。 「距離に応じたアニメーションの表示品質」は「標準品質」。 これぐらいの設定だと自分の目をごまかせます。 「オブジェクトの輪郭を滑らかに表示する」にチェックを入れれば ギザギザ感がほとんどなくなる。 これはアンチエイリアスの設定だと思います。 綺麗な描写にするためには必須の設定です。 エフェクトの設定における「被写界深度と光が溢れだす表現を有効にする」「ぼんやりした光の表現を有効にする」は かなり負荷が高い。 少しカクついている人は、この2つのチェックをはずせば滑らかになるでしょう。 「足元のエフェクトを表示する」はお好みで。 「キャラクターの影の品質」も そこそこ負荷がかかります。 「標準品質」ぐらいで十分。 上記の設定であれば、なるべく軽く、綺麗なドラクエ10をプレイできるでしょう。

次の

フルスクリーンとボーダーレスウィンドウの違いとどちらの設定が良いか

仮想 フル スクリーン

モニターを2枚以上使っていると、1枚をゲームに、もう1枚をその他の作業に割り当てたいときがありますよね。 ゲームが仮想フルスクリーンに対応していればいいですが、非対応のゲームも結構あります。 Wikiや攻略サイトを見ながらプレイしたいときに、いちいちフルスクリーンを解除するのは面倒です。 exeです。 どっちでもいいけどね。 仮想フルスクリーンとは? ツールの紹介に入る前に、そもそも仮想フルスクリーンとは何なのか説明します。 通常、ゲームをフルスクリーンで起動すると他のウィンドウの処理などは停止します。 ゲームの処理だけに集中することで負荷を軽減するためです。 それに対して仮想フルスクリーンのゲームは通常のウィンドウと同じ扱いです。 見た目はフルスクリーンと変わりませんが、他のウィンドウの処理も並行して行っています。 なので、仮想フルスクリーンから他のウィンドウに素早く切り替えることができます。 他のウィンドウの処理も並行して行う為、PCにかかる負荷は少し増加します。 制作者様のサイトに使い方も書いてありますが、仮想フルスクリーンの設定方法を簡単に解説しておきましょう。 ウィンドウ一覧からゲームを選択します。 一覧に表示されない場合は「Refresh」をクリックしてください。 サイズ設定を「ディスプレイと同じ(疑似フルスク)」にして「Set」を選択します。 ディスプレイを変更すれば、メインモニターではなくサブモニターで仮想フルスクリーンにすることもできます。 解像度を指定してボーダーレスウィンドウにすることもできます。 あとがき フルスクリーンにするとバグるゲームをプレイする時なども、このツールがあると便利です。 僕はNieR:Automataをプレイする際、常にこのツールを使っていました。 フルスクリーンでプレイすると挙動がおかしくなるんですよね。 NieRは非公式の修正パッチが配布されていましたが、このツールなら設定に10秒かからないので楽です。

次の

【VMware】フルスクリーンモードなのに画面は小さいまま?画面を最大化する方法教えます!

仮想 フル スクリーン

Contents• 画面設定はFINAL FANTASY XI Configから 画面設定はゲーム内のコンフィグではなく、外部の専用プログラム「FINAL FANTASY XI Config」から行います。 FINAL FANTASY XI Configでは以下の項目の設定ができます。 Global• ScreenSize• TexturePerformance• 3DMap• Sound• Etc• Etc2 この中で画面に関する項目は1. Globalの中のMipMap Enabie、スクリーンモード設定、GammaBaseの3項目と2. ScreenSize、3. TexturePerformance、4. 3DMapなのですが、他にも細かな設定が出来ますので一度目を通しておくことをおすすめします。 スクリーンショットを取るときは、7. Etc2の設定を見てからのほうが良いと思いますよ。 ちなみにこのプログラムは FF11本体とは同時に起動できません。 項目を変更したときに実際にどのように変化したのかを確認するためには、そのたびにFF11本体を起動しないといけないわけですね。 ゲーム内で直接変更できれば楽だったのですが・・・こればかりは仕方ないですね。 複雑な画面設定。 快適なプレイのためにポイントを抑えよう それでは画面設定に関する各項目を確認していきましょう! Global ここではスクリーンモードの設定ができます。 まず大枠を決めてしまいましょう。 MipMap Enabie• これは遠くのモデルに貼り付けるテクスチャの設定なのですが、正直あまり差を感じない 個人の感想です ので、推奨スペックであるならチェックを入れたままでいいと思います。 スクリーンモード設定• フルスクリーンモード、ウィンドウモード、仮想フルスクリーンモードの3つから選択できます。 GammaBase• 画面全体の明るさの設定です。 +方向で明るく、-方向で暗くなりますのでお好みでどうぞ。 昔はPCのスペックによっては、ウィンドウモードにすると重くて動かなかったそうです。 今はノートでもさくさくですので。 好みで選んで大丈夫だと思いますよ。 ScreenSize ここの設定で画面の見え方が大きく変化します。 実際に確認しながら自分がプレイしやすい画面を探していきましょう!• Front Buffer• 画面解像度の設定です。 基本的にモニターの解像度に合わせればOK。 ただし解像度が高ければいいというわけでもありません。 設定によっては画面が潰れたりする場合もありますので、実際に確認しながら解像度を変更していきましょう。 昔の気分で遊びたい時に設定してみるのもいいかも?• Back Buffer• ここはFront Bufferの設定に合わせればOKです。 Menu Buffer• メニューや文字の解像度の設定です。 画面が高解像度だとメニュー等が小さくなってしまうので、個別に設定することによってプレイしやすくなります。 メニューだけ解像度を落として見やすくできるのがとても便利ですね。 ゲーム内でメニュー画面の大きさを変更できたらもっと良かったのですが・・・ TexturePerformance 以下の3つの設定はHIGH、MIDDLE、LOWで設定できるのですが、 一番キレイに見える設定はLOWであることに注意してください。 私はHIGHだと思ってました・・・• General• ライトや雲などのテクスチャ設定です。 MenuMap• 地図のテクスチャ設定です。 Font• フォントのテクスチャ設定です Generalの設定はゲーム内の各天候に影響するのですが、天候のエフェクトカットも出来ますので、あまり気にせずLOWでいいと思います。 3DMap 画面に関係する項目はここで終わり。 残り2つさっくり設定してしまいましょう。 BumpMap Enable• 地形解像度の設定です。 推奨スペックであるならチェックを入れたままでいいと思うのですが、重くなるようなら変更してみて下さい。 DeformAnimation• 樹木の揺れ具合の設定です。 SMOOTHが一番なめらかになる設定なのですが、正直NORMALとあまり変わらない気がします・・・ BumpMap Enableの設定は地面や壁などの地形の見え方が結構かわりますので、個人的にはチェック推奨です。 これで画面に関する設定は一通り終了しました。 あとは実際の画面を確認してみて、問題があるなら変更を繰り返しましょう。 スポンサーリンク 設定した画面を確認してみよう 実は上にあるFINAL FANTASY XI Configのスクリーンショットは私がプレイしてるときの設定だったりします。 この設定で画面がどう見えるかというと こんなかんじに。 正直解像度はもっと上げられるのですが個人的にこれくらいのほうが見やすかったのでこの設定にしています。 さてメニューや文字関係はどう見えるかといいますと この解像度だとメニューが大きい!。 高解像度のメニューになれていると違和感を感じると思いますが、PS2版で長い間プレイしていた私にとってはこちらのほうが見やすかったりするのです。 このように幅広い設定ができるのはPC版の良いところ。 ちょっと大変ですけど自分の見やすい画面設定を探してみてくださいね。 FF11画面設定まとめ• 画面設定は外部プログラムのFINAL FANTASY XI Configから、FF11本体との同時起動はできません。 ScreenSizeの設定で画面の見え方がほぼ決まる。 メニュー・文字関係は別設定もできるので見やすさを追求しよう。 長時間プレイすることが多いMMOにとって自分にあった画面というのはとても重要です。 専用コンフィグとFF11が同時起動できないため時間はかかるかもしれませんが、一度しっかり設定しておくことをおすすめします。 ちなみにタイトル画面にもコンフィグがあり、背景表示のスクリーン領域を設定できるのですが、どうやらタイトルとキャラ選択画面にしか影響がないようです。 今週の人気記事• あなたのスイッチコントローラー突然反応しなくなることありませんか? 私はProコンをメインに使っているのです... プリンセス・コネクト!Re:Diveも稼働から半年がたち、メインストーリーもかなり進んできました。 今作のス... FF11をプレイする時にもはや必須といっていいほどの存在になったフェイス。 他プレイヤーとPTを組むことが少なく... プリンセス・コネクト!Re:Diveも稼働からもうすぐ2年近く、メインストーリーも佳境に入ってきました。 今作のゼルダでは武器防具の種類が格段に増えましたが、武器や盾は消耗品になっており、定期的に補充していかないとま... ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド 以下ゼルダ はオープンワールドになり、今までとは比べ物にならないほど自由度... 広大なオープンワールドで作られたゼルダの世界は、驚くことに「〇〇を取り逃すと手に入らない!」というものが殆どあ... ゼルダの世界では小さな虫から巨大な龍まで様々な生物が生息しているのですが、そんな生物たちの中に一際強い、ケンタ... フェイスの登場でFF11のレベル上げは大きく変わりました。 以前は他プレイヤーとPTを組んでレベル上げをして... 今作のゼルダはオープンワールドになって自由度が高まったことにより、いままでと違う部分がかなり多くなっています。...

次の