楽天 エリア 確認。 【楽天モバイルUN

楽天回線エリアとは、何?パートナー回線エリアとは、何?楽天回線エリア一覧、楽天回線エリアとパートナーエリアの違いを解説

楽天 エリア 確認

基地局数は、現時点で3000を超えた 実際、無料サポータープログラムで楽天モバイルの回線を使ってみると、東京都内の屋外は、エリアがかなり広がっていることが分かる。 山田氏も「屋外については、ほぼつながる状況になっているのではないかと思っている」と自信をのぞかせる。 屋内はauローミングに頼ることも多いが、完全に「圏外」になってしまう場所は思いのほか少ないという印象だ。 急ピッチでエリアを拡大できたのは、楽天グループ総出で用地の確保に動いたことも大きいという。 山田氏は「執行役員まで入れると役員が何十人といるが、それぞれに担当エリアを割り振り、例え楽天証券の役員にもビルのオーナーを見つけてくださいということをやっている」と明かす。 無料サポータープログラムを2万人拡大する根拠は、「総合的に判断した」(同)と明確には示されなかったが、エリアやネットワークの厚みが一定のしきい値を超えたということなのだろう。 東京、大阪、名古屋では、10月時点よりエリアが拡大している ただ、ユーザーのライフラインとして見ると、まだ不安も残る。 2019年12月には早くも通信障害を起こしており、対策を施したばかりだ。 ユーザー数が一気に5倍になれば、楽天モバイル側の想定を超えた負荷がかかり、別のトラブルが発生する可能性もある。 山田氏も「2万人となると、『コーナーケース』と呼ぶ一般的ではない使い方も増えると思っている」と語る。 裏を返せば、ユーザー数が増えたとき、ネットワークを安定的に運用できるのかを実地で確認するのも、無料サポータープログラムを拡大した狙いといえそうだ。 楽天Linkは、RCS(リッチ・コミュニケーション・サービス)を使った統合コミュニケーションサービス。 大手3キャリアが採用する「+メッセージ」と同じ規格を利用したサービスだが、+メッセージでは音声通話機能が除外されている。 規格にはRCSを採用。 コアネットワークとアプリが連動することで、音声通話やSMSも扱える これに対し、楽天Linkでは、通話やSMSも含め、全て同一アプリ内で扱うことが可能。 音声通話もデータ通信の上で行うため、auのネットワークにローミングで切り替わった際にも通話が切断されない。 データ通信限定になっている国際ローミング時にも、音声通話やSMSを利用できる。 +メッセージと同様、回線の種別は問わないため、Wi-Fi接続でも利用可能。 自宅や職場などが圏外の場合でも、Wi-Fiにさえつながっていれば電話やSMSの着信を逃さないのは大きなメリットだ。 特に楽天モバイルの場合、屋内のエリア化がまだ十分ではないため、その補完にもなる。 楽天Linkの開始は、無料サポータープログラムの拡大に踏み切るための重要なピースだったといえる。 山田氏は、「通信の中心になるように育てていきたい」と語る。 データ通信上で、音声通話やSMSの送受信が可能。 データ通信のみの提供だった国際ローミング時にも、これらのサービスを利用できるようになった。 Wi-Fiで音声通話やSMSを扱えるため、圏外対策にもなる ただし、同じRCSでもドコモ、au、ソフトバンクの+メッセージとは相互接続を行っておらず、他社とメッセージをやりとりする際には、SMSが利用される。 技術的な規格は同じだが、その上のレイヤーのサービスが異なるため、スタンプなどの送受信もできない。 他キャリアや海外キャリアと相互接続する「可能性はある」(同)としながらも、現時点での予定は「まだ白紙の状態」だという。 他社との接続については、今後の展開を期待したい。 屋内エリア対策については、フェムトセル(小型基地局)が導入されることも発表された。 ただし、こちらの提供時期は未定。 フェムトセルは小型とはいえ、基地局であることに変わりはなく、自由に移動したり、電源を切ったりできないなど、管理に手間がかかるため一気にエリアを拡大するのは難しいが、自宅で電波が入らない場合の解決策にはなりそうだ。 関連記事• 楽天モバイルが4月にMNOサービスの本格スタートを明言。 それに先だって、無料サポータープログラムの2次募集を開始した。 この記事では、同プログラムの現況と、MNOサービスの本格スタートに向けた取り組みを簡単にまとめた。 楽天モバイルのMNOサービスにおける「無料サポータープログラム」が2次募集を開始。 1次募集で落選した人を優先する形で、先着で最大2万人を対象に受け付ける。 【追記】• 楽天モバイルのオリジナルスマートフォン「Rakuten Mini」が、全国6店舗の楽天モバイルショップで先行販売されている。 おサイフケータイが使えるスマホとしては世界最小かつ最軽量(自社調べ)で、eSIM専用端末であることも特徴だ。 楽天モバイルが、MNOサービスを試せる「無料サポータープログラム」の2次募集を開始した。 今回は抽選ではなく「先着」2万人が対象となり、前回落選した人は、優先的に契約することができる。 契約のメールが届くのを待とう。 楽天モバイルは、10月からのサービスインを事実上見送り、5000人のユーザーを対象にした「無料サポータープログラム」を開始。 三木谷浩史社長は「高品質のネットワークだ」と自信を見せるが、大手3社の幹部は冷ややかに見る。 エリアだけでなく、料金の面でも不安要素が残る。

次の

通信・エリア

楽天 エリア 確認

本当はそこまでするつもりはなかったんだが…。 先日、勢いでポチった楽天モバイル。 初期設定完了後に、早速スピードテストを行ったところ… ば、爆速すぎんだろ…。 因みに、• 自宅固定回線 auひかり「マンション タイプV」• メインのau回線(スマホはGalaxy S10 auはともかく、固定回線よりも速いとは…楽天モバイル、1年無料とか1円とかで完全に見くびっていたすいませんでした楽天カードマン様。 だが、油断してはいけない。 現段階では他の事業者と比べて加入者も少ない状況なので空いてるから速いだけかもしれない。 今後加入者が増加した場合に現状の品質が維持されるかはわからない。 しかも、この恩恵を受けられるのは楽天回線エリアの場合に限った話だ。 2020年4月末では利用可能なのは東名阪剣東名阪の三大都市圏と北海道、新潟県、沖縄県の一部のみ。 楽天モバイルのサービスエリアは以下で確認することができる。 ただの画像なので押しても地図は動かないぞ楽天のサイトで調べてね。 濃いピンクが「楽天回線エリア」、薄いピンクが「パートナーエリア au 」になっている。 我が家の住所は「楽天回線エリア」であるので、冒頭のような爆速な結果になったのだが、では 「楽天回線エリア」ならば本当に爆速なのか? ということで、調べてみることにした。 調査方法 上野東京ライン 東京~大宮 間の以下の駅でスピードテストを実施。 回数は1回、駅停車中の車両内、または到着前後のホーム上で行った。 大宮 スピードテストは以下のサイトを利用。 今までGoogleのスピードテストを使っていたんだけど、先日Twitterで目にしたので今回試してみることに。 このサイトは動画配信サービスの「 」が運営しているのでそれなりに信頼できるはず。 だって利用しないで料金払ってるユーザを解約してくれる位親切なんだもの。 さて、スピードテストを実施するにあたって、今自分が「楽天回線エリア」に繋がっているのかを知っておく必要がある。 だって「パートナーエリア」でスピードテストなんてUN-LIMITじゃないからギガが減るし意味ないですか…。 今自分が「楽天回線エリア」と「パートナーエリア」のどちらに繋がっているのかを確認するには「My楽天モバイル」アプリを起動すればいいのだが、このアプリ起動し直さないとその情報が更新されないし、起動が遅い。 そんなわけでもっと手軽に把握できるアプリはないものかと調べてみたらありました。 LTE情報に特化したアプリで、本職や電波マニア以外の喜びそうな各種情報が取れるらしいのだが、初めて使うので詳細はすまんがよくわからん。 とりあえずウィジェットで知りたい情報が確認できるってのはわかった。 サービスエリア 実は今回の調査の直前でNetMonitorに記録モードがあることを知ったので東京~大宮間で測定を記録してみたら、なんとこうなった。 地図の矢印が電波品質を表しており、「赤」は品質がよろしくない。 また、矢印がない区間(上野から王子、蕨近辺)はGPS情報がとれていない。 で実はそのあたりは パートナーエリアに繋がってたっぽい。 楽天モバイルのサイトにも書いてあるのだが、 楽天回線エリアであっても、地下、屋内、大きな商業ビルの屋内等の場所、電波の状況等によってパートナー回線を利用する通信となる場合があります。 楽天モバイルは後発のキャリアということもあって、自社の設備を置こうとしても既に好立地な場所は他社に取られているので厳しいのが現実だし、楽天モバイルが利用できる無線の周波数帯は1. 7GHz帯なので電波の特性上プラチナバンドと呼ばれる700〜900MHz帯に比べると室内には届きにくい。 そういうこともあって、サービスエリア内であっても実際には繋がらない場所もそれなりにあるのだ。 なので、サービスエリアだからと言って油断していると実はパートナーエリアでガンガン通信してますという自体もありうるので、各位においてはご利用は計画的に。 今回試した感じだと、東京駅の上野東京ラインのホームでも品川寄りはパートナーエリアに繋がり、上野寄りで楽天回線エリアに繋がった。 また東京駅構内、大宮駅構内はパートナーエリアにつながるし、駅は楽天回線エリアだったのに最寄りの施設に入るとパートナーエリアになったりしたので、やはりこまめに確認するのが一番ではという感触であった。 にもかかわらず我が家はなぜかビンビンに電波が入っており常時60Mbpsは固いのでこれは固定回線よりもいいのではと思っていたけど固定回線は2年縛りでしたありがとうございました。 osa030.

次の

楽天アンリミットエリア確認について

楽天 エリア 確認

路地裏~大通り、そして大規模オフィス街へ 今回、筆者は「ケータイ Watch」編集部のある神保町から、東京駅前まで、「Rakuten Mini」を片手に練り歩いた。 新型コロナウイルス感染症の影響で、どの場所も普段より人通りが少ないように見受けられ、密集・密閉・密接な場所を避けてエリア状況を確認した。 確認は時報への通話で行う。 ちなみに筆者自身、神保町まではいわゆる通勤時間を避け、かなり空いた電車で移動した。 まずスタートした直後のエリアは、小規模なビルが立ち並び、クルマが一台通るのがやっとという道に沿って歩く。 途中、2車線、あるいは4車線ある少し開けた通りを渡るところもあったが、神保町~大手町のエリアは見通しがやや厳しい場所が多い。 その後、大きな通りと大手町に入ると高層ビルが立ち並ぶ。 これも基本的にはビル上に基地局が設置されているであろうエリアだ。 地下へ降り、auネットワーク(800MHz帯)へ切り替わっても通話は続いていた では今回はどうだったのか。 大手町駅周辺や東京駅周辺で試したところ、地下へ降りる階段で、わずかながら途切れない場所があった。 楽天では、今春、ローミング仕様の変更を予告しており、実施されればau網へ切り替わる際、切断されることなくスムーズに切り替わるという。 その事前に予告されていた仕様変更が一部で徐々に導入されているようだ。 屋内ではauのローミングとなることがほとんどだが、今回訪れた場所では八重洲口側の地下1F(東京ラーメンストリートなどの周辺)や、東京駅で大手町側~八重洲側をつなぐ通路内では楽天モバイルのネットワークで接続していた。 とはいえ、改札前に来るとauネットワークへ切り替わった。 Android• AQUOS 連載 みんなのケータイ by 小林誠 【AQUOS sense2 SH-M08】 2019年4月9日 06:00 いわゆる住宅地では、筆者が住む埼玉県南部の街もそうだが、サービスエリア内の都市としてカウントされていれば、屋外では電波が届いているものの、屋内では届かず、au網につながるパターンはまだまだあるはず。 ユーザーにとっては思わぬ改定で、歓迎したいところだが、楽天モバイル自身にとっては、その分、au側へ支払う費用がかさむことが容易に想像できる。 2~3年後、積み重なったその費用が楽天モバイルのサービス品質へどのような影響を与えるのか、あるいは与えないのか、決算会見などのタイミングで、キーパーソンからメッセージが出るのだろうか。 ちなみに楽天モバイルとKDDI(au)のローミング契約は2026年3月末までの予定だ。 ただし、「各都道府県ごとに、楽天モバイルの自前エリアの人口カバー率が70%を上回ると、両社が協議し、その都道府県でのローミング提供の継続・終了を決める」とされている。 このあたりが楽天モバイル自身のエリア構築にどのような動機付けをすることになるのかも気になるポイント。 このあたりも楽天モバイルのキーパーソンから、メッセージが欲しい。 新型コロナウイルス感染症の影響で、サービスインにともなうセレモニーは開催されなかったが、サービス開始日にユーザーが不満を覚えそうなポイントへ突然、改善を図った楽天モバイル。 エリア拡充は引き続き求められるところだが、三木谷氏は8日、「日本の家計に占める通信費を下げる」とコメントの中で触れた。 第4の携帯電話会社として、料金をどこまで引き下げることができるのか。 2019年9月ごろまで、楽天モバイルはコアネットワークに関する説明は行いつつも、エリア展開の状況を含め、事業の進捗などを開示する機会が、過去の新規参入事業者と比べ極端に少なかったように思える。 人と人をつなげるコミュニケーション面でのライフラインを担い、緊急通報など命に関わる場面で重要な役割を果たす立場となるだけに、完全仮想化コアネットワークという技術面に加えて、各地のエリア構築の状況や、ユーザーサポートの体制、継続的な事業運営に関する情報など、事細かな発信にも引き続き期待したい。

次の