マッチングアプリ 2回目。 【実体験】マッチング アプリのデート!2回目編

【男必見!】マッチングアプリで2回目デートへの確率を3倍に引き上げる方法

マッチングアプリ 2回目

1回目デート 5%• 2回目デート 15%• 3回目デート 60%• 4回目以降 20% となっていて、3回目のデートで告白する人が最も多く、2回目デートまでに告白する人は少数派です。 男性の場合、マッチング後すぐに女性に対して恋愛感情を持ってしまいますが、女性はゆっくりと気持ちが固まっていく生き物なので、 告白するなら2回目までよりも3回目のデートの方が成功率は高いです。 また、3回もデートできるなら脈ありの可能性がかなり高いので、安心して告白できるという理由もあります。 脈ありなら1回目や2回目で告白してもOK! マッチングアプリでは、3回目のデートで告白する人が多いですが、 脈ありなら1回目や2回目のデートで告白しても大丈夫です。 相手からの好きという気持ちがメッセージのやりとりや会話の中で感じることができたら、そのタイミングで告白しても失敗することは少ないです。 ただ、脈ありか脈なしかはっきりしないなら、焦って2回目デートまでに告白すると失敗しやすいので、3回目のデート以降にしておいた方がいいですね。 女性の場合、好きでなくても都合が合えば2回目までのデートはしてもいいかなと考えてる場合も多いからです。 脈ありかどうか分からない場合は、3回目のデートの約束ができるかどうかで判断するといいです。 2回目、3回目のデートで会う期間は? マッチングアプリの2回目のデートですが、初回デートの翌週にするのがベストです。 次のデートまでに2週間以上も期間が空いてしまうと気持ちが冷めやすいからです。 3回目のデートも同様で、予定が合う限りは、 毎週デートで会う形にした方がいいですね。 2回目、3回目のデートの誘い方 マッチングアプリの2回目や3回目のデートの誘い方ですが、デートの帰りに話を振ってみて、 その場で誘うか、デート後1日以内にまだお互いの気持ちが高まっている内に誘うとうまくいきやすいです。 なお、次のデートはするかどうかを聞くのではなく、すでにデートに行くことを前提に直接行ってみたい場所を聞いた方が、女性もOKしやすいです。 2回目、3回目デート後の連絡での脈あり脈なしの見分け方 マッチングアプリで 相手から2回目や3回目のデートを誘われたり、行ってみたい場所の話を振ってきたら脈ありです。 特に3回目のデートの話になったら、相手は付き合える確率は高いので、告白する準備をしておくといいですね。 逆に、2回目、3回目のデートの約束が成立しないようなら脈なしです。 ただ脈なしでも相手からブロックやお断りされない限りは相手の気が変わって付き合える可能性があるので、相手の気持ちのペースに合わせてゆっくり誘っていくしかないですね。 ちなみに、デート後LINE(ライン)の返信がなかったり、既読無視されるようなら脈なしで、フェードアウトしようとしている可能性が高いです。 2回目、3回目のデートの場所や告白場所は? マッチングアプリで2回目、3回目のデートの場所ですが、 女性の行ってみたい場所に行くのがベストです。 初回デートと同じような場所ではなく、少し遠出してみたり、シチュエーションを変えた方がいろんな角度からお互いを見れるので、二人に距離はぐっと縮まります。 なお、行く場所が決まらない場合、いくつか候補をザクっと上げておいて、1週間の内にどこに行くのかのやりとりして決るのも盛り上がります。 ちなみにデート場所の候補としては、カップルが行くような遊園地や水族館といった定番のデートスポットの方が、カップルであるこを意識するのでお互いの気持ちも高まりますよ。 また、告白場所ですが、• デートの帰り道• 車の中 が鉄板です。 デートの最後に告白するのが基本で、相手が即答できない場合でも、返事を待つ形にできるからです。 逆に、2回目デートまでに告白された場合、まだ付き合うか決められない時は、返事を待ってもらいましょう。 2回目、3回目のデートでドライブはあり? マッチングアプリの初回デートでは女性が警戒するため車で迎えに行ったりドライブデートするのはなしですが、 2回目、3回目のデートならドライブに誘ってもOKです。 ただし、2回目、3回目のデートは女性の行きたい場所に行くのが優先なので、車が必要であれば利用するという形の方がいいですね。 ちなみに、が女性500人にアンケート調査した「理想のデートプランは?」によると、• 1位 ドライブ• 2位 夜景• 3位 水族館• 4位 カフェ• 5位 海辺• 6位 映画館• 7位 テーマパーク• 8位 温泉・旅館• 9位 バー• 10位 居酒屋 となっています。 ただし、8位の温泉・旅館は付き合ってから女性が行きたい場所で、付き合う前はNGです。 2回目以降のデートで手を繋ぐのはあり?手をつながれたら? マッチングアプリで付き合うまでのボディタッチは警戒する女性が多く、びっくりしてしまうこともあるので、 手を繋ぐのは付き合ってからにした方が安全です。 また、もし手をつながれてしまった場合ですが、相手に好意があるのなら手を繋ぐまでは許してもOKです。 ただ、それ以上のキスなどははっきり付き合ってからにしないと関係が曖昧になりやすいので注意が必要です。 女性からの告白はあり? マッチングアプリで女性から告白すると男性は喜びますが、そのあと男性から軽く見られて雑に扱われやすくなるので、なるべく男性に告白させた方がいいです。 なお、相手が3回目のデートでも告白しない草食系男子だった場合ですが、 男性が告白しやすいムードを作ってあげた方がいいですね。 2回目、3回目のデートの断り方 マッチングアプリで1回会った後の、2回目、3回目のデートの断り方ですが、 「(恋愛観や結婚観などの)考え方が合わないのでごめんなさい」 と 考え方や価値観などを理由にして断れば、相手も納得しやすいです。 また、デート中に「ないな」と思った場合、少しづつ口数や笑顔を減らしていって、つまらないという空気を相手に気付かせた方がより自然に断ることができます。 なお、断ったあとは、未練がなければブロックしてしまって問題ないです。 ちなみに、何も言わずにいきなりLINE(ライン)ブロックしてしまう人もいますが、それだと相手は理由を調べようとしてくることもあり、トラブルの原因になりかねません。 会う前のやりとりでのいきなりブロックはありですが、会った後は一言伝えてブロックした方がお互いのためです。 マッチングアプリの2回目デートで告白まとめ マッチングアプリの2回目デートでの告白は脈ありなら成功しますが、脈ありかどうか分からない場合、3回目のデートで告白した方が安全です。 なお、告白で振られたり、脈なしでも同時進行しておけば、落ち着いて気持ちを切り替えることができますよ。 *スマホ画面で見る場合、表を横にスクロールできます。 任意ですが、年収証明や独身証明など各種証明書も提出できるため、提出済みの男性とだけマッチングしていくこともでき、 女性には安心です。 なので、最低3つ以上は掛け持ちしておいた方が、その分、条件の良い男性と出会えます。 人気おすすめマッチングアプリ8選【特徴を解説】 国内大手の人気おすすめマッチングアプリについて、特徴を解説します。 スマホのGPSを利用した距離で検索する機能もあり、近場にいる相手とマッチングすることも可能です。 料金は女性無料で、男性は有料ですが、会員数が圧倒的に多い分、希望条件に合った相手と出会いやすいのでおすすめです。 心理テストを楽しみながら恋活や婚活ができるため、女性からの人気は高く、会員数も急増中で、相性や内面重視で出会いたい人におすすめです。 イケメンかもしくは雰囲気イケメンであれば、草食系男子でも待っているだけで出会えます。 料金は女性無料で、男性は有料ですが、男女比のバランスがいいので、マッチングしやすく、男性もトライする価値はあります。 画面はチャットでサポーター(運営)に何でも相談しながら使える仕組みになっているため、マッチングアプリを初めてやる人には安心です。 料金は女性無料で、男性は有料ですが、初心者や新規会員が多く、マッチングアプリ慣れした余計なライバルがいないため、出会いやすいです。 地元や通勤通学中、職場や学校の近く、イベントや人混みの多い場所などで利用すると近場にいる相手と出会うことができて楽しいです。 すれ違いを発生させない場所や時間も指定できるので、身バレの心配もなく、女性も安全に使えます。 料金は女性無料で、男性は有料ですが、デートできる相手を募集できる「今日デート」機能もあり、すぐに会える相手も探せるのでおすすめです。 マッチドットコム マッチドットコム(Match. プロフィールに「希望するお相手欄」があるため、お互い希望条件に合った相手と効率的に婚活ができます。 料金は、男性女性ともに有料ですが、半額や無料でも使えます。 半額での使い方ですが、無料会員登録後、数日程度有料会員に登録しないでいると、マッチドットコム(Match. com から半額クーポン付のメールが月に4~6回届きます。 そのメールにある「無料で登録する」というボタンから有料会員になれば半額でお得に利用できます。 全プラン半額になり、しかもオプションまで半額になるので、先に無料会員に登録だけはしておいたがいいです。 無料での使い方ですが、オプション付き有料会員となら、無料会員のままでもメッセージ交換できるため、男性女性ともに無料会員のままでも出会えます。 検索機能が優秀で、自分の条件を希望している相手を検索できるので、効率的に出会えます。 料金は男性女性ともに有料となっていますが、 無料会員は有料会員とならメッセージ交換ができるため、無料会員のままでも使えます。 なお、無料会員として使う場合は、スマホでも使えるブラウザ版公式サイトから登録した方が出会えます。 ブラウザ版公式サイトでは、有料会員にクレジットカード決済のマークが表示されるため、有料会員と無料会員の見分けがつき、有料会員にだけアプローチしていくことができるからです。 料金は男性女性ともに有料ですが、無料会員登録後、1週間前後で 運営より1か月プランが半額になるキャンペーンコードのメールが自動的に届きます。 有料会員登録時に、そのキャンペーンコードを入力すると、1か月プランの料金が半額になるのでお得に使えます。 キャンペーンコードがすぐ欲しい場合、無料会員登録後、公式サイト内のお問い合わせより運営に「キャンペーンコードが欲しいです。 」とメールを送れば、すぐに送ってくれますよ。 同じバツイチでも、シングルマザーから子なしの人まで、様々な人がいるので、希望条件に合ったパートナー探しがしやすく、理解者で話が合えば、年の差婚も狙えますよ。 料金は女性無料で、男性は有料ですが、無料会員登録時にもらえるポイントで、メッセージ交換が4回までできるため、男性も完全無料で出会うことが可能です。 サイト内には日記機能があり、見ている人も書いている人も多いので、人柄重視の婚活ができます。 男性女性ともに有料のため、真剣度が高く、早めに確実に結婚したい人におすすめです。

次の

マッチングアプリで女性と2回目デートにいく方法!1回でおわらせないコツとは?

マッチングアプリ 2回目

2回目のデートで会えない原因 マッチングアプリで知り合った人と初めて会うことはできたけど、 2回目のデートにつながらない。 1回会って連絡も途絶えた。 このような人は意外と多いです。 微妙に自分の好みじゃない人とどれだけ付き合えるものなの? 相手から好かれたいんですけれど 純粋に— たまえるふ forrowt3m2m5 2回目のデートで会えない原因は、• 一緒にいても楽しいと思ってもらえなかった• プロフィール写真と実物が大きく違った• 服装が好みでなかった• デートプランがイマイチだった など、さまざまな原因があります。 一緒にいても楽しいと思ってもらえなかった 初デートで、一緒にいても楽しいと思ってもらえなかったかもしれません。 好きなことや趣味が合わなかったりすると、 一緒にいても楽しいと思ってもらえない可能性があります。 性格や相性によるところが大きいので、ここで無理に相手に合わせる必要はありません。 無理して楽しいと思われても、自分が疲れるだけですからね! プロフィール写真と実物が大きく違った プロフィール写真と実物が大きく違うことで、ビックリされた可能性があります。 プロフィール写真はいいな!と思っても、 実際会ってみて別人のようだと、期待ハズレになってしまいますよね。 となりを歩くのが恥ずかしいという理由で、 2回目のデートにつながらない場合もあります。 デートプランがイマイチだった デートプランがイマイチだった場合も2回目につながりません。 例えば、• 初デートから丸1日の長時間デート• どこに行くか考えてなくて、「次どこ行く?」ばかりのデート• 自分の好きなところばかり連れて行く、自己満デート など、 相手のことを考えていないデートだと、 「2回目は会わなくていいかな。 」と思われてしまいます。 2回目のデートにつなげるための対策 2回目のデートにつなげるためには、初デートでもう一度会いたいと思わせる必要があります。 初デートでもう一度会いたいと思わせるには、• 初デートの時間を見直す• 初デートの場所を見直す• プロフィール写真と実物が違いすぎていないか• 服装が適当でないか 以上の4つを確認してみましょう! 1つずつ解説していきます。 初デートの時間 まずは、初デートのプランを見直してみましょう。 2回目のデートにつなげるためには、 初デートの時点でまた会いたいと思わせる必要があります。 また会いたいと思わせるには、「丸1日かけてのデート」はNGです! 初デートでは、2~3時間程度におさえ、物足りなさを演出します。 盛り上がってきたところで解散すると、また会いたいと思わせられますよね! そして、待ち合わせの時間を「12時~13時のランチどき」にすることをおすすめします。 理由は、夜にデートを誘うと、ヤリモクと思われてしまう危険性があるからです。 まとめると、 プロフィール写真と実物が違いすぎていないか プロフィール写真と実物が違いすぎると、相手が期待していた分、 ガッカリされることがあります。 別人になるほどの加工はやめておきましょう。 服装が適当でないか 服装はおしゃれでなくても、清潔感のあるシンプルなものでOKです。 子供っぽい服装とかは、初デートで会った瞬間に「あ、ないわ。 」と思われます。 男性が思っている以上に、女性は服装を気にしているので要注意です。 対策をしても2回目につながらない時は? 初デートで上手くいったと思っても、2回目につながらない場合は、 使っているアプリが合っていないのかもしれません! 相手と目的が違えば、合わないと思われて、 2回目以降会ってもらえない可能性もあります。 まずアプリを使う目的を考えてみましょう。 そのうえで、目的に合ったアプリを使うことが重要です! 以下の記事で、おすすめのマッチングアプリを目的別にランキング形式で紹介していますので、 ぜひ参考にしてみてください!.

次の

マッチングアプリの相手と「2回目」が会えない!原因と対策は?

マッチングアプリ 2回目

マッチングアプリでの2回目のお誘いを上手く断る方法3選 素直に自分の気持ちを伝えて断る まず1つ目は、 「実際に会ってみていい人だと思いましたが…自分的には合わなそうだなと感じました。 ごめんなさい。 」 といったような、 素直に自分の気持ちを伝え、断る方法です。 いくらマッチングアプリ内でメッセージを重ねても、 実際に会ってみないことにはその人の人柄や実際の雰囲気などは分かりません。 言い換えればそれは、 「メッセージでの雰囲気と対面してみたときの雰囲気が違う」 ということも大いにあり得るということです。 それは何もあなただけではなく、相手も同じことです。 こうやって素直に「相手の誘いを断ること」があまりいいことではない、 と思い込んでいる人が多いなと個人的には思いますが、だからこそ 「 素直に断る」という方法は相手をあまり傷つけることがない、 あなたにとっても相手にとってもいい方法だと僕は感じています。 もしマッチングアプリで実際に会ってみて、「ちょっと違うな」と自分は感じたけど 相手は2回目のデートのお誘いをしてきた、という場合はまず 「素直に断る」 という方法を試してみることをオススメします。 「他にいい人が見つかって…」と断る 2回目のデートのお誘いがあった段階であなたに「いいな」と思う人が別にいた場合、 「他にいい人が見つかって…」 と伝えて断るのも1つの方法です。 これは 気になる人・好きな人が「いない」場合でも使える方法の一つでもあります。 もちろん、その人以外で他に気になっている人がいる場合はこの断り方をオススメします。 実際に僕もマッチングアプリ「with」で知り合った女性がいたんですが、 でもその時他に気になっている女性がいたので 「気になる人が出来て…申し訳ないけど会うことは出来ないです」 とデートの約束を断ったことがありました。 それで何かあったかというと、 別に何もありません。 相手の女性も、 「そうですか…分かりました!相手の方と上手くいくといいですね!」 とメッセージを返してくれて、それで終わっただけです。 マッチングアプリの性質を考えれば、 「色んな人とメッセージのやり取りをする」ということは当たり前のことです。 だって 「出会いの場」ですから。 そういった性質が分からず、• 何で僕じゃダメなんですか?• 何で私じゃダメなんですか? なんて言ってくる人がいたら、間違いなく関わるべき相手ではありません。 そんな人の誘いなんて断って正解です。 話がそれましたが、もしあなたが「素直に断るのはちょっと…」という場合は 「他に気になる人が出来て…」と断る方法をオススメします。 連絡頻度を少なくし、徐々にフェードアウトする もしあなたがどうしても 「面と向かってきっぱりと断るなんてできない…」という場合は 「連絡頻度を少なくし、徐々にフェードアウトしていく」 という方法もオススメです。 これは自分から断るというより、 「相手に気づいてもらう」という方法ですね。 僕の経験上、特に若い女性ほどこれをよくやりますよね(笑) 確かにこれは「面と向かって断るなんてできない」という方にはオススメの方法ですが、 僕の個人的な意見を言うのであれば 「マッチングアプリの性質を考えればベストな方法ではない」 と僕は考えています。 以下は僕の個人的な意見ですが、少し余談になるので飛ばし貰っても大丈夫です(笑) (補足)「徐々にフェードアウトする」がなぜベストな断り方ではないのか? 僕がこう考える理由として、先述したように 「マッチングアプリの性質」が関係しています。 マッチングアプリの性質をザックリ上げると、• 他の出会い(街コンや相席屋など)に比べ、スキマ時間に恋活・婚活が出来る• スキマ時間で色んな異性と知り合える、出会える• 複数の異性とメッセージ交換が出来る これがマッチングアプリの性質、大きな特徴です。 街コンなどは1~2人と15分~30分話して、また交代して…の繰り返しがほとんどですから、 単純な「出会い」という面で見れば 「1人当たりにかける時間が圧倒的に少なくて済む」 というのがマッチングアプリの大きな点です。 これはどうしてかというと、• プロフィール• 写真(顔写真・サブ写真)• マッチングアプリ毎のサービス(コミュニティや好みカードなど) がいわゆる「自己紹介」を兼ねているため、• この人はこんな人なんだ、なるほど• この人とは気が合いそうだな、話してみたいな• この人とは合わなさそうだな ということがものの数分で判断できてしまうからです。 また、それはマッチングしてメッセージ交換をしてからでも同じで、• その人が作ったプロフィール• その人が送ってきたメッセージ• 非対面でのやり取り(マッチングアプリ、LINE) これらを通してでしか相手の人となりや雰囲気を知ることができないため、 実際にその人と会ってみて• なんかイメージと違うな• 気が合わなさそうだな といったことは 普通に起こりうることなんです。 もちろんこれは、あなただけではなく相手にとっても同じことです。 つまり• 会ったのは1度だけ• マッチングアプリやLINEでしかその人との関りがない というような関係性で、 あなたが別に好きでもない、 「いいな」とも思っていないような人と 関わり続ける必要がどこにありますか?ということです。 ハッキリ言って 「時間の無駄」ですよね。 それは相手からしても同じですし、相手からするとたまったもんではありません。 考えてみてください。 相手はマッチングアプリで知り合った人• あなたはいいな、と思っていて2回目のデートに行きたい という状態で、相手は• 気があるのかないのか分からないような返しばかりしてきて、• ダラダラやり取りして挙句の果てにブロック …なんてしてきたらどう思いますか? 「もっと早くに断ってくれよ!」って思いませんか? 「なんだこいつ?」って思いませんか? つまり、相手に無駄な時間とエネルギーを使わせてしまう(可能性が高い)のが 「連絡頻度を減らしてフェードアウト」 というやり方なんですね。 同じ会社の人とか昔の知り合いとかならベストな断り方にもなりえますが、 マッチングアプリで出会った・知り合った程度の相手であれば、 相手に不快な思いをさせてしまうだけの断り方にもなってしまいます。 実際に僕も、pairsで出会った女性にこれをされたことがあります(笑) その相手とは2回目までデートしたんですが、 デート後も「楽しかった!ありがとう!」みたいなlineを送ってきて、 その後も普通にやり取り出来てると思ったら知らないうちにブロックされてた… という感じでした。 僕もいいなと感じているレベルだったのでそこまでショックではなかったですが、 それでもやっぱり 「もう少し早く断ってほしかったな…」 と正直思いました。 僕は構わないんですが、 もしかしたら相手はやり取りしたくなかったんじゃないかな…とか考えると とても申し訳なくなりましたし、やるせない気持ちになりました。 世の中には僕みたいに考えてしまう人もいるので(苦笑)、僕個人的には 「連絡頻度を減らしてフェードアウト」 という断り方は あまりオススメしません。 会いたいけどLINE交換はしたくない、という時の断り方 会ったときでもいいですか?と断る 会いたいけどLINE交換をしたくない、という時に僕がオススメする断り方は、• 「会った時にいいですか?」• 「会ってからLINE交換したいです!」 といった 「会うことを前提にした断り方」です。 というのも、このように• あなたと会いますよ• あなたとデートしますよ という体で断れば、 まず相手が嫌な気持ちになることがありません。 当たり前ですよね。 会った時・会ってから=私もあなたに会ってみたい・会いたい という気持ちの裏返しなわけですから。 実際にこの断り方を僕もマッチングアプリで知り合った女性にされたことがありますが、 全く嫌な気持ちになりませんでした。 それどころか、 「お?ってことは会ってくれるんだ!やったぜ!」 とむしろハッピーな気分になったぐらいです(笑) 会ってみたいけどLINE交換したくない、という場合は 「会ってから・会う時に交換したいです」 という断り方をオススメします。 マッチングアプリ内でお話したい、と素直に伝える 後は素直に 「マッチングアプリ内でやり取りしたい(お話したい)です」 と伝えるのも1つの断り方です。 特に女性は 「会ってもいない男性とLINE交換する」 ということに抵抗のある方が多いと思うので、この断り方もオススメです。 この方法で断る場合は• 少し申し訳なさそうな感じ• 自分も話したい・やり取りしたい気持ちを表す という点を意識して文章にすると、相手に悪い印象を与えることなく断ることが出来ます。 また、先ほど紹介した 「会うことを前提にした断り方」 と組み合わせて使えばより好印象です。 それでも不安な場合は… 以上2つの断り方を紹介しましたが、それでも• 聞かれたら断りにくいし、教えてしまいそう• どうしても押しに弱い という場合は• LINEのID・電話番号は「自分からは教えない」• 必ず「自分から」相手のID、電話番号を聞く• LINE交換時はQRコード・ふるふるを使う ということを意識してもらえれば大丈夫です。 電話番号やIDを教えさえしなければ相手から連絡がくることはありませんし、 仮にLINE交換した後でも 「この人とは合わなそうだな…」 と感じた場合はブロックしてしまえば、相手からの連絡が来ることはありません。 マッチングアプリでのLINE交換がどうしても不安…という場合はぜひ参考にしてみてください。 マッチングアプリで絶対にやってはいけない断り方3選 いくらマッチングアプリ内での出会いとはいえ、 やってはいけない断り方 というのも当然あります。 分かっていると思いますが、 相手もあなたと同じ人間です。 そのことを念頭に置いてもらって、ここからの マッチングアプリでやってはいけない断り方 の話を聞いてほしいと思います。 デートの約束をしてから無視する・ブロックする まず、 「デートの約束をしてから無視する・ブロックする」 というのがあります。 実は僕もこれをやられたことがあって、 pairsで出会った女性で自分と同じ年齢の方だったんですが、 デートする日時と場所まで決めたのに無視されました。 挙句の果てに、おそらくですがブロックされてました。 まぁへこみはしませんでしたが、正直 「嫌なら断ってくれりゃいいのにな…」と思いましたし、相手に申し訳ないですが 「性格悪いな」 と思いましたね(苦笑) つまり、これをあなたがマッチングアプリで知り合った人にやったらどうなるか… 言わなくても分かりますよね?(笑) いくらマッチングアプリ知り合った相手であっても デートの約束をした後にメッセージ無視、ブロック というのだけは 絶対に止めましょう。 デート当日に連絡せずにドタキャンする 「デートの約束をした後に無視する」とほぼ同レベルですが、 「デート当日に連絡なしでドタキャンする」 というのも止めてください。 これも、 あなたの人間性や品位を疑われる可能性が高いです。 しかし、あまりないとは思いますが 「実際の相手が、プロフィール等の写真とあまりにもかけ離れている」 と分かった場合は、まだやってもいいかなと個人的には思います。 言い方は悪いですが 詐欺と同じですから。 僕もマッチングアプリで何人かの女性と実際にデートしたことがありますが、 そういったケースは1度もなかったので、 あまりないとは思いますが、そういった場合であればドタキャンしてもいいと思います。 ですが、基本的にそうでなければ デートの当日に連絡を入れないドタキャンは止めましょう。 相手の性格や容姿、趣味などを否定・貶めて断る 僕はマッチングアプリを使っていて1度もありませんでしたし、 あなたもやることはないと思いますが 「相手の性格や容姿、趣味などを否定したり貶めて断る」 というのは 絶対にやらないでください。 例えば• 「私、デブとはデートしない主義なんですよね」• 「ブサイクと会うとか、やっぱり無理です」• 「そんな趣味持っている人とは会いたくないです」 こんな感じですね。 文にするだけでも性格の悪さが伝わってきますよね。 こんな断り方をすることはまずないと思いますが、 相手がプロフィールの雰囲気と違ったとしても、 自分のイメージしていた感じと違っていたとしても、 相手の容姿や性格、趣味を否定したり貶めて断ることは絶対にやめてください。 まとめ 今回は マッチングアプリで1度会った人からの2回目のお誘いを上手く断る方法 をテーマに解説しました。 色んな人が利用しているマッチングアプリだからこそ、実際に会った時に• プロフィールの感じと違う• メッセージ(LINE の感じと違う• いい人そうだけど、合わなさそう ということが起こってしまいます。 これは マッチングアプリを利用するうえでは避けては通れない道です。 僕も何度も経験しています。 しかし、だからといって• 相手が自分に使ってくれた時間やエネルギー• 自分のために考えてくれたデートプランなど これらを無下にしていい、なんてことはありません。 2回目のデートを断る際は、出来る限り相手に 「上手くいかなかったけど、仕方ないな」 「いい人に出会えたと思ったんだけど…次頑張ろう」 と思ってもらえるような、そんな断り方を意識してみてほしいと思います。 少しでも参考になれば幸いです。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました! マサ 真面目男子恋愛コンサルタント。 「真面目な男はつまらない」 「真面目なことは恋愛では損」 そういった概念をぶち壊し、真面目男子を救うために活動している。 自身は 小学生のころから吃音等言語障害を抱え、普通の男よりもコミュニケーションに難があるだけでなく、 学生時代だけで延べ10人以上の女性にフラれているという恋愛遍歴の持ち主。 21歳まで彼女すらできなかったが、一念発起しナンパや街コン、マッチングアプリに片っ端から取り組み、 今ではナンパで知り合った彼女と交際中。 複数の女性と遊ぶことよりも「一人の女性を大切に愛すること」を信念とし、 より幸福度の高い恋愛術、より女性に求められる男になるための恋愛理論を教えている。

次の