人権週間 いつ。 「人権週間」の由来と小学生のポスターの作り方!

法務省:第71回 人権週間 令和元年12月4日(水)~10日(火)

人権週間 いつ

今の日本や多くの国では、この何気ない生活の中でも 人々は各自の「人権」が法律によって守られています。 しかし、世界の中にはまだまだ 「 人権」が守られていない国もたくさん存在 します。 ここで改めて、この「人権週間」を機会に「人権」というものを確かなものとする為に考えてみてはどうでしょうか。 どこが制定したのか? 国際連合で採択された世界人権宣言が発端。 「人権週間」は、第二次世界大戦終結から3年後の 1948年12月10日に国際連合で採択された「世界人権宣言」を基に 法務省と全国人権擁護委員会連合によって制定されました。 人権週間はいつ実施されるのか? 期間は? 期間は、世界人権宣言が採択された日の毎年12月10日を最終日とする1週間としています。 つまり 12月4日~10日ですね。 その期間にはどんなことがされるのか? この人権週間に期間には、下記のようなさまざまな形態で啓発活動が行われることとなっています。 人権週間の啓発活動 各関係機関及び団体の協力の下, 世界人権宣言の趣旨及びその重要性を広く国民に訴えかけるとともに, 人権尊重思想の普及高揚を図るため,全国各地において シンポジウム,講演会,座談会,映画会等を開催するほか, テレビ・ラジオなど各種のマスメディアを利用した集中的な 啓発活動を行っています。 ここらで一度、整理してみましょう。 基本的人権とは? 「人権」とは、 「人間である以上、当然のこととして保障されなければならない自由・平等などの権利。 基本的人権と同義」と定義されるかと考えます。 日本国憲法にも 「基本的人権」として明記されていて、厳格に保障を謳っていますよね。 日本国憲法 基本的人権 第11条 国民は,すべての基本的人権の享有を妨げられない。 この憲法が国民に保障する基本的人権は,侵すことのできない永久の権利として,現在及び将来の国民に与へられる。 日本国憲法 ですから、一旦、 人間として生まれてきたからには「人権」はいかなる場合でも保障されることになります。 赤ちゃんも若い人も年老いた人も、犯罪者も、病気の人もその他、すべて人として生きていれば、場所や時間、立場などに関係なく、自由と平等は保障されるべきものなのですね。 さらに世界でも世界人権宣言でも謡っているように、世界中の人々が平等にもっている権利なのです。 人権を守ろう! ところが 現実には違います。 必ずしも守られていません。 身近では 学校のいじめ問題を始め、生まれて間もない 赤ちゃんや子供を保護者は自分の権利のように虐待したり、 配偶者を暴力で自分の言うがままにしようとしたりして 人間としての権利を奪っています。 また、 病気や老人、障碍者などに危害を加えて、自分の欲求を晴らす事件も起きています。 また、 SNSでの嫌がらせや 詐欺行為などなどあらゆる 「人権」無視の行動が蔓延 はびこ っています。 このような状況は平和な日本では、当たり前のようになっている「人権」が逆に意識されないようになっていることが起こってくるのです。 ですから、もっと「人権」に対して啓発活動を行ない、日常生活の上でもひとりひとりが 自他の「人権」を自覚しながら生きていく必要があるのです。 親が教える小学生の人権週間ポスターの作り方 一部の学校や地方自治体などでは「人権週間」になると「人権週間ポスター」を宿題やコンクールで啓発活動を行っています。 そのポスターの作り方を簡単にご紹介します。 まずインターネットで見本を見てみよう。 まず見本を見てどんなことをするのかを知って下さい。 インターネットでいろんな見本が豊富に見ることが出来ます。 下記のように検索して下さい。 まず、Googleで「人権週間コンクール」と検索したら、次に下の画像のように検索結果の上部の「画像」という文字をクリックすれば「人権週間コンクール」のポスターの画像がたくさん出てきます。 これを参考にして作るようにして下さい。 ポスターのテーマを絞 しぼ ろう。 人権週間と一口に言っても様々テーマがあります。 このところの人権問題では「いじめ」、「虐待」、「パワハラ」、「セクハラ」、「ネットによるいじめ」などがあります。 小学生だったら「いじめ」の問題が一番身近なテーマですよね。 「人権」そのものをテーマにしてもいいですね。 「個性の尊重」、「命の尊さ」、「命の重さ」、「みんなの笑顔」、「思いやり」、「助け合おう」、「差別をなくそう」、「差別を作らない」、「差別をさせない」、「みんなの絆」、「ありがとうの気持ち」などなどをテーマにしてみよ ポスターの作成。 テーマを決めたら、いよいよポスター作成です。 しかし、いきなり書き出しても、何から手をつけていけばいいのか分かりません。 ですから、ひとつひとつのアイテムをどんなものを書くのかを決めて下さい。 大体の構図 こうず をきめよう。 だいたいの構図をきめていきましょう。 四角い画用紙に鉛筆でどんな絵にするのかを全体的なイメージで「ここにハートが入って」とか「上には標語をいれて」とかザーッとでいいですから書いてみましょう。 アイテムを決めよう。 ポスターに入れていくテーマに沿ったアイテムを決めます。 1、標語 2、絵 ですね。 標語は一つがいいと思いますが、絵は複数でもいいかもしれませんね。 例えば 「ハート」、「子供たち」、「地球」、「四つ葉のクローバー」、「空」、「立ち向かう姿」、「虹」、「笑顔」などなどいろいろ組み合わせてみましょう。 標語を決めよう テーマに沿った標語を考えましょう。 例1 あったかいおもいやり 例2 みんなの個性を大切に 例3 みんな地球の仲間たち 例4 ちがう個性が良い社会を作る 例5 僕は君のために、君は僕のために 例6 君は一人じゃないんだよ など、気持ちが明るくなるような言葉を使って作りましょう。 アイテムの配置 はいち を決めよう。 実際のアイテムを紙で作って配置を決める。 書く前に配置を予め決めておけば、書きやすいと思います。 まず、「鉛筆で書いてみる」とかちょっとめんどくさいデスが、ひとつひとつのアイテムを別の紙に鉛筆書きして切り抜いておきます。 それをを貼り付けながら配置をしてみる方が、あとあとやり直さなくてもいいかなと思います。 さぁー、実際 じっさい にポスターを作っていきましょう! いよいよポスターの用紙に書いていきますが、色なども考えながら書いていきましょう。 あとがき 私はあまり難しいことはわかりませんが、現在では「人権」というものは、 過度に当たり前になり過ぎていて、結果、この 「人権週間」自体もあまり盛り上がらない現実があります。 むしろ「人権」という言葉自体も死語になってしまったのではとさえ思ってしまいます。 しかし、 遠いその昔では人が自由で平等などというのは当たり前ではなかったのです。 差別社会が当たり前でした。 人々は自由を奪われ、ほんの一部の特別な人間以外は常に搾取され、虐げられ、まさに 不条理がまかり通る世界でした。 しかし長い間、続いたそんな不当な扱いを受けてきた人々は立ち上がって、さらに 長い戦いの中で先人たちが勝ち取ってきたのです。 ですから、もっとまじめに「人権」を考えて行動すべきだと考えます。 そうしないと、 必ずや元の不条理な世界に戻っていってしまうような気がします。 インターネットが誕生したお陰で地球という世界の中で瞬時に会話や映像など情報が伝達されるようになって、便利な世の中になってきて 世界全体の距離感が非常に短くなりました。 それがゆえに 非常に危ない世界だと感じるようになりました。 ですから、あなたも今一度、「人権」というものを再考して頂きたいと考えます。 最後までお読み頂きありがとうございました。

次の

内村周子さん講演会(人権週間のつどい)(終了しました)

人権週間 いつ

目 次• 世界人権デーとは 12月10日の「世界人権デー」は、約160ある国際デーのひとつで、1950(昭和25)年の国連総会で制定されました。 日本では毎年12月4日から世界人権デーまでの1週間を「人権週間」とし、各自治体や関係団体が人権の趣旨、重要性を啓発するため、シンポジウム、座談会、映画上映などのイベントを全国各地で展開しています。 宣言なので法的拘束力は持ちませんが、 「全ての人民と全ての国とが達成すべき共通の基準」として、初めて国際的に人権の保障を標榜する宣言となりました。 一方、海外で目を引くのは、12月10日に世界の有名な建造物を青くライトアップするイベントで、2018年はアメリカのエンパイアステートビルをはじめ、カナダ、スイス、カタール、イギリスなどの30カ所で実施しましたが、残念なことに日本の参加はありませんでした。 1978(昭和53)年、ソ連のヘルシンキ条約違反による人権侵害を監視するために設立された「ヘルシンキ・ウォッチ」の活動が国際的に注目され、数年後の民主化につながったことで、以後、次々に設立されたアメリカやアジア、アフリカなどのウォッチ委員会と統合し、世界90カ国をモニターする「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」となりました。 同組織の人権擁護活動は、所属する法律家やジャーナリスト、各分野の専門家などによる現地調査から客観的な現状を把握、メディアを通じて世界に発信することで、国家に国際的な圧力をかけて改善を促すものです。 地雷禁止キャンペーンがオタワ条約成立につながったことで、1997年にはノーベル平和賞を受賞し、ルワンダ虐殺、クラスター爆弾、人身売買などの廃絶にも貢献した他、LGBTや表現の自由、女性の権利などにも活動範囲を広げています。 しかし、当然ながら問題提起や提言は、政府と対立するものが多く、有形無形の圧力とも闘わねばなりません。 そのほか個別の人権保障のため、人種や女性の差別撤廃、拷問禁止、児童の権利保護、移住労働者や障害者の保護・差別禁止など、様々な条約が採択されています。 他にもいろいろな記念日がたくさんあります!.

次の

法務省:主な人権課題

人権週間 いつ

1月 [ ]• 食を考える月間• 「はたちの献血」キャンペーン(~2月28日) 2月 [ ]• 北方領土返還運動全国強調月間 3月 [ ]• 建設業年度末労働災害防止強調月間(3月1日~3月31日)• 雑誌の月(3月4日~4月30日) 4月 [ ]• 河川美化月間• 未成年者飲酒防止強調月間• 雑誌の月(3月4日~4月30日)• (4月15日~5月14日) 5月 [ ]• 消費者月間• 原子力エネルギー安全月間• 水防月間• 赤十字運動月間• 不正大麻・けし撲滅運動(~6月30日)• 情報通信月間(5月15日~6月15日) 6月 [ ]• 特区、地域再生、規制改革・民間開放集中受付月間• 男女雇用機会均等月間• 外国人労働者問題啓発月間• 不法就労外国人対策キャンペーン• リウマチ月間• まちづくり月間• 「不正改造車を排除する運動」強化月間• 食育月間• 農薬危害防止運動月間 7月 [ ]• 青少年の非行問題に取り組む全国強調月間• 暴走族等追放強化活動期間• 「愛の血液助け合い運動」月間• 河川愛護月間• 海岸愛護月間• 林材業労働災害防止強化月間• 山岳遭難の防止(~8月31日)• 青い羽根募金活動強調月間(~8月31日)• (~9月30日) 8月 [ ]• 人権強調月間• 北方領土返還運動全国強調月間• 食品衛生月間• 電気使用安全月間• 9月 [ ]• がん征圧月間• 心身障害者雇用促進月間• 知的障害福祉月間• 健康増進普及月間• 船員労働安全衛生月間• オゾン層保護対策推進月間• 緑の募金(秋)(~10月31日)• 統計調査票提出促進月間(~11月30日) 10月 [ ]• 高年齢者雇用促進月間• 環境にやさしい買い物キャンペーン• 健康強調月間• 食生活改善普及月間• 仕事と家庭を考える月間• 母子保健強調月間• 里親月間• 国民年金制度推進月間• 臓器移植普及推進月間• 骨髄バンク推進月間• 3R(リデュース・リユース・リサイクル)推進月間• 情報化月間• 工業標準化月間• 土地の日・土地月間• 都市緑化月間• 住宅月間• 自動車点検整備推進強化月間• 全国・自然歩道を歩こう月間• 公正競争規約普及月間• 労働保険適用促進月間• 港湾労働衛生強調月間(10月1日~10月31日)• (~11月30日)• (~12月31日)• (~11月30日) 11月 [ ]• 全国青少年健全育成強調月間• 下請取引適正化推進月間• 乳幼児突然死症候群(SIDS)対策強化月間• ゆとり創造月間• 職業能力開発促進月間• 標準営業約款普及登録促進月間• 児童虐待防止推進月間• 快適通勤推進月間• 賃金不払残業解消キャンペーン月間• 建設雇用改善推進月間• 新規就農啓発強化月間• JAS普及推進月間• 伝統的工芸品月間• 品質月間• 素形材月間 12月 [ ]• 歳末たすけあい運動• NHK・• 大気汚染防止推進月間• 地球温暖化防止月間• 冬の省エネキャンペーン(~3月31日)• 年末年始輸送の安全総点検(10日~1月10日)• 建設業年末年始労働災害防止期間(12月~1月)• 寄付月間 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の