ゆで 卵 簡単。 知っておいて損なし!ゆで卵の殻が簡単にむける「ゆで方」と「むき方」それぞれにコツがあるんです【筋肉料理人】

ゆで卵のからむきのコツ!5つの方法で殻が剥きやすいかどうか実験 [毎日のお助けレシピ] All About

ゆで 卵 簡単

家でおなかが空いたとき、なにかと重宝するのが卵。 そのままご飯にかけてTKGを楽しむもよし、納豆に混ぜ合わせたり、インスタントラーメンに落としたりするのも、また味わい深いものがある。 しかし、である。 通常スーパーやコンビニで売られている卵は、6個や10個でワンセット。 ひとり暮らしで、なおかつ家であまり調理をしないとなると、かなりの確率で残ってしまう。 他に簡単にできる食べ方はないものか……。 そんなとき、「ゆで卵」にして新たなバリエーションを楽しんではどうだろうか。 鍋に湯を沸かして、10数分ゆでて、冷やして殻をむいて……という面倒な作業はしない、「簡単にできるゆで卵の作り方」と、「失敗しない早ワザ殻むき法」をご紹介しよう。 参照: 時間も水も超節約! 失敗知らずで硬さも選べるゆで卵のつくりかた まずは「簡単にできるゆで卵の作り方」。 1:適当な大きさの鍋に常温に戻した卵を入れ、おたま1杯分の水を入れる。 2:ふたをして強火で3分加熱。 3分経ったら火を止め、そのままさらに3分放置。 完成! 所要時間、締めて6分。 インスタントラーメンを作っている間に、となりのコンロでトッピング用半熟卵ができてしまうというワケ。 時間も水も節約できるし、加熱時間と同じ時間放置するだけだからすごく覚えやすいですね。 ちなみに、固ゆでにしたいときは加熱時間を倍の6分にするのがベスト。 鍋がなくても大丈夫! スイッチ1つで固ゆで卵を作る方法 「いやいや、鍋を用意しなきゃいけないなら、手間は変わらないじゃん」という究極のメンドーさんには、ぜひこちらの方法で試していただきたい。 1:炊飯器にセットしたお米の真ん中に、水で洗った卵をのせる。 あとはいつも通りごはんを炊く。 完成! この方法は固ゆで専用だが、ごはんを炊くついでにゆで卵ができるので、鍋やコンロがない暮らしでも炊飯器さえあればゆで卵が味わえるという優れワザ。 米の量は関係ないので、2カップでも3カップでも大丈夫。 でも、超高級炊飯器やスーパー多機能炊飯器だったりする場合は、念のため取扱説明書の一読をおすすめします。 ゆでる前のひと手間で、楽チン殻むきのコツ ワンアクションで簡単にできてしまうゆで卵。 でも、本当の勝負って、実は殻をむく過程だったりもします。 殻が白身を道連れにしてボロッとはがれたら、食べる部分は減ってしまうし、見た目も食欲を半減させる。 パラパラとかけらがはがれるばかりだと、なかなかむけずについイライラ……。 一般的には、「鮮度の落ちた卵を使用し、ゆでた直後に流水やよく冷えた水で1分以上冷やす」と言われているけれど、それでもキレイにむけないときはよくある。 ならば、もっとかんたんに、より確実に、「失敗しない殻のむきかた」をマスターしようじゃないか! 1:卵のおしりの部分に、小さな穴をあけてからゆでる。 これだけ。 ただ、穴をあける際に中の膜まで破いてしまうと、ゆでている間に中身が出てきてしまうこともあるので注意が必要です。 つるんっとむける快感殻むき ゆでる前のひと手間で、とってもむきやすくなるゆで卵の殻。 でも、「あ、穴開けるの忘れた……」ということもよく起こります。 そんなときのためにも、この方法を覚えておくと便利。 1:ゆで上がった卵を硬く平らなところに一度打ち付け、手のひらで前後にゴロゴロ転がす。 あとはひび割れの一か所からむきはじめると、あら不思議。 つるんっと殻がむけちゃった! 粉々の殻が出ないというゴミ捨ての便利さも然ることながら、なんといっても大きな殻のままポロっとむけるときの快感がたまらない。 ただ、半熟卵は潰れてしまうことがあるので、力加減には十分気をつけましょう。 めんつゆに浸して味玉にしたり、マヨネーズとあえてパンにはさんだりと食べかたのバリエーションも豊富だし、給料日前に安くボリュームのあるものを食べたいときにだってよき相棒となるはず。 「なんだか無性にゆで卵が食べたい!」ときにだってすぐ欲求を満たせるこれらの方法、ぜひ一度お試しあれ!.

次の

知っておいて損なし!ゆで卵の殻が簡単にむける「ゆで方」と「むき方」それぞれにコツがあるんです【筋肉料理人】

ゆで 卵 簡単

生卵は茹でる30分ほど前に冷蔵庫から出し、常温にする。 鍋に卵を入れ、卵が隠れるほどの量の水と塩をひとつまみ入れる• 鍋に火をつけ、卵の表面に泡が出始めたら菜箸などで優しく卵を転がす。 沸騰したら弱火にし、 1分ほどしたら菜箸で転がすのをやめる。 そのまま 3分茹でると黄身がとろとろ、 5分で半熟卵、 12分で固茹で卵となる。 希望の固さになる時間まで茹でたら、冷水でしっかり冷やして完成。 塩をひとつまみ入れるのは、カラが割れてしまっても白身が外に出るのを防ぐため。 また 菜箸(さいばし)などで1分間転がすのは、黄身を卵の中心部に寄せるためです。 ゆで卵のカラのきれいな剥き方のコツ 卵のおしりに軽くひびを入れる 茹でる前に卵のカラに 「ひび」を入れると、卵とカラの間に水が入るのでむけやすくなります。 ヒビを入れる部分は 卵の丸い方、いわゆる「おしりの部分」にヒビを入れます。 ポイントは スプーンなどを使い、軽くたたくこと。 後は普段通り茹でて冷水でしっかり冷やすと、つるんとカラが剥けますよ。 ? ゆで卵が一瞬にむける!? *ポイントは、しっかり振ること。 ヒビは入れても入れなくても構いません。 卵の数が多い時は、大きめの容器を使って思い切り振ると手間がかなり省けます。 新鮮な卵を使わない 最後にプロの料理人も採用する方法で、 「新鮮な卵を使わない」というものがあります。 実は卵はヒビが入っていなければ、常温保存が可能な食品。 風通しの良い冷暗所で保存すれば、夏場でも2週間前後の保存が可能です。 しかも産みたての新鮮な卵は、炭酸ガスを多く含んでいます。 この状態で茹でると、卵の中で閉じ込められた状態で炭酸ガスが膨張。 すると白身がカラに押し付けられてしまうため、上手く剥けない原因となるのです。 産んでから一週間程度経過した卵は、カラにある小さな穴から炭酸ガスが抜けていきます。 そのため普通に茹でても卵がカラにくっつかないという、料理人の知恵なんですよ。 これならするする剥けるかも! 【関連記事】• ゆで卵のカラがきれいに剥けないと、見た目も悪くなって料理の見栄えにも影響がありますよね。 また殻付きゆで卵をお弁当に持っていった場合、剥けなくてイライラすることも… しかし 少しの工夫をするだけで、驚くほど簡単に卵の殻はツルンと剥けてくれます。 前もって準備する方法や茹でてからひと工夫など、状況に合わせて選べるのもうれしいですね。 きれいに剥けたゆで卵で、美味しい料理をたくさん作りましょう!.

次の

ゆで卵の作り方!半熟ゆで卵のゆで時間、簡単な作り方|食材/食品ハンター

ゆで 卵 簡単

ゆで卵が上手にできたら、その美味しさを生かした料理を作ってみたいですね。 サンドイッチ用のゆで卵なら簡単。 殻をむいた基本のゆで卵をフォークで潰したら、塩・こしょうとマヨネーズを加えて混ぜます。 パセリやたまねぎのみじん切り、ツナを加えるなどのアレンジもおすすめ。 一味違ったサンドイッチができます。 ゆで卵は、潰し具合の粗さによって、味のなじみ方や用途も変わってきます。 細かく潰してタルタルソースに、粗く潰してポテトサラダや和え物に。 彩りもきれいなので幅広く活用できますよ。 また、丸ごと使う場合には、スコッチエッグやおでんの主役になりますね。 豚の角煮と一緒に食べる半熟ゆで卵はファンの多い一品。 ラーメンやお弁当にも欠かせない存在です。

次の