チンフェイ。 費沁源(フェイ・チンユェン):SNH48五期生エースの美少女動画!日本語訳あり!

長谷川亮太(チンフェ)の今現在!チンフェと呼ばれる理由や死亡説とは

チンフェイ

長谷川亮太 1993年4月20日- とは某大型掲示板で騒動を巻き起こした人物である。 HN:八神太一 通称:チンフェ 自称:なんJの王 掲示板で嫌われる過度の自分語り、差別や煽りのウザさ、差別などとにかく某掲示板のネット民から嫌われる言動が多く、油田の如く炎上、情報を自ら湧き出させるところから、枯れない油田と評される。 そのことから学校や進学先、住所に至るまで全てバレてしまった上、事件から数年たっても未だに風化せずに炎上させられ続ける、ネット史上にも残る大惨事を引き起こした。 この記事ではチンフェこと八神太一、本名長谷川亮太の起こした騒動による炎上、特定までの経緯や今現在、就職などに関してをまとめます。 この騒動を忘れてはいけない 使命感 ここまで長谷川亮太の悪行や見苦しい言い訳などを書いてきたが、経緯や結果を見ても、結局ネット民がやっていることは正義でも何でもないただの快楽犯のような行為である。 しかしネット民も分かってやっているので、結局は匿名であると慢心して妙な書き込みはしないことが大事、個人情報特定されるような画像をアップしない。 さもなければ枯れない油田と称され、炎上炎上アンド炎上の日々を送ってしまうかもしれない。 終わってからも画像を晒されて、チンフェやウンフェなどと言われたり、知り合いまで調べられて、マンフェなどと渾名を付けられるかもしれない。 就職先まで調べられ、就職先に電話で突撃されたり、毎年年賀状を送り続けられる年賀状攻撃を食らうかもしれない。 ニコニコ動画などで自身の行為をまとめられた動画を流されるかもしれない。 ネット全盛の今だからこそ、ネット上の行動に気をつけなければいけない。 我々はチンフェこと長谷川亮太を忘れてはいけない 確信.

次の

フェイ・チェンカ

チンフェイ

概要 [ ] によって、と共に召喚された地上人の一人で、元々は中国で俳優をしていた。 地味な顔付きをしており、自分を「小生」と呼ぶなど一見真面目そうな男だが、その実自己主張と功名心は激しい。 劇中勘が鋭い描写がたびたびあり、レーダーにかからないようにしているを神がかり的な直感で数回見つけている。 に誘われ、奪還のためショウ達を襲撃する。 その際、をワイヤーでとらえるものの、直後に投げたグレネードをそのワイヤーで弾き返されて死亡。 登場作品と役柄 [ ] 原作では地上に飛ばされる事なくバイストン・ウェルで戦死するが、SRWではアレン、ジェリルと3人セットでよく地上に飛ばされている。 [ ] 初登場作品。 アレンやジェリルと共に敵として登場。 余談だが、顔グラフィックが地味。 () 『EX』から顏グラフィックが変更され、目つきが少し鋭くなった。 初めて声がついた。 最初はに乗っているが、すぐにに乗り換えている。 同じく序盤はレプラカーンで、最終決戦時はズワァースが乗機。 原作の様なではなく、「俳優を続けていれば良かった」という旨の台詞を残し戦死する。 [ ] COMPACTシリーズ [ ] 音声追加。 ドレイク城での最終決戦にて、ひっそりと最期を迎える。 原作どおり、と一緒に出撃し、ショウとのやりとりも再現される。 携帯機シリーズ [ ] 『COMPACT3』以来の登場だが、なんとに奇襲されアレン共々 自軍に会うことすらなく死亡する。 イベントのため戦闘画面やろくなセリフすら存在しない。 一応「俺は、フェイ・チェンカなんだぜ!」はあるので、大した台詞もないアレンよりは多少マシか。 Scramble Commanderシリーズ [ ] 能力は大した事ないが、HPが50%以下になると熱血を使用してくる。 乗機のレプラカーンのHPはそこまで高くないので、必殺技で早めに対処を。 単独作品 [ ] 今回は出番が少なく、戦闘以外のセリフも殆どない。 一応撃破するとお約束のセリフとなっている。 第41話「ここがどこだろうと関係ねえ!」にてのを見て、なのかと驚愕するシーンが見られる。 第1章Part3から登場するエネミーユニット。 『BX』『T』とジェリル・アレンのみと戦えてフェイとは戦えない作品が続いたが、今作では久々に戦闘ができる。 地上に上がってからはにつく。 関連作品 [ ] 初期にアレン・ジェリルと共にドラムロに乗り、味方パイロットとして加わるが、すぐに永久離脱する。 ラズロルートではレプラカーンに乗り、敵として再登場する。 パイロットステータス [ ] ジェリル・アレンとセットで登場するものの、その3人の中では最弱であることが多い。 [ ] () 、、、、、 ・ 、、、、、 、、、、、 、、、、、 (特殊スキル) [ ] () L5、 ・・ L7、L7 L7、L3 L7、L4 人間関係 [ ] 、 に一緒に召喚された。 他作品との人間関係 [ ] 『』では彼が率いるヴェイガンの軍勢の奇襲に遭い、落命する。 名台詞 [ ] 「面白そうじゃないか…。 決めたよ、俺はこの国で暴れてやる」 第14話で、エルフ城攻略に参加するオーラシップに同乗し、ドレイク軍の陣容を見ながら。 聖戦士第2陣である3人の中で真っ先に退場した事や、同時に登場したのが殺人快楽症気味のジェリルと玄人軍人のアレンであった事などから、影が薄くなってしまった感は否めないが、フェイも十分危ない男であったと言える。 「地上で売れない俳優をやってれば、こっちの世界のほうがどれだけいいかわかるまい!」 第23話で、「どういうつもりでについている!」というの問いに答えて。 「日本人にそんなこと言わせるかよ!」 「それだけの理由で世界を破壊する奴に手を貸すのか!」という問いかけにフェイは「日本人には言われたくない」と言わんばかりに返す。 おそらく過去にあった日中間の戦争の事を引き合いに出したかったのだろう。 しかし、この直後の台詞のせいで台無しに。 「俺は、フェイ・チェンカなんだぜ!」 この台詞の直後に撃墜。 後にも、後の富野作品にも、が続出している。 『』ではゴドムに 「意味分かんねえんだよぉ!」と一蹴され、断末魔を上げる間もなく呆気なく退場した。 搭乗機体 [ ] SRWでの搭乗機体 [ ] 、.

次の

たっくーTVがオフパコ疑惑で炎上?顔はイケメン?チンフェや彼女について検証

チンフェイ

2016年2月2日、ある中国人少女が「4000年に1人の美少女」として日本メディアに注目されている。 キクちゃんの愛称で親しまれるSNH48のジュー・ジンイー(鞠[女青]「示韋」)に続き、今回「4000年に1人」の肩書きを得たのはSNH48のフェイ・チンユェン(費沁源)だ。 キクちゃんことジュー・ジンイー フェイ・チンユェン(費沁源) 14年12月初旬にデビューした新米アイドルだが、その美貌は国を越え、島国を風靡している。 新華網が伝えた。 日本メディアは「〜年に1人」といった表現でその目に映る美少女を評価することを好むようだが、ここで改めてかつて日本人が選んだ美少女を「時代」毎にチェックしてみよう。 まずは、最近の「〜年に1人」シリーズの元祖であり、「1000年に1人の美少女」に輝いた橋本環奈さん。 そのかわいらしく清純なルックスで「1000年に1人」の栄冠に輝いた。 続いては「2000年に1人」の滝口光さん。 橋本環奈さんの「1000年に1人」のアイドルという表現に火がつき、日本メディアにこの表現が根付いた。 橋本環奈さんと同じくぱっちり目の清純派美少女だが、年齢的に少し上で、ネットユーザーは写真をアップして2人のどちらがかわいいかを競った。 中国人の2人の「4000年」を飛び越し、続いて「1万年に1人」の大和田南那さん。 日本メディアは「人類史上最強」といった言葉でこの美少女を評価している。 どうやら日本人は童顔系のかわいさには抵抗力がないようだ。 以下、2chの反応.

次の