芥川 龍之介 文 アル。 【文豪とアルケミスト】芥川龍之介のステータスと詳細情報【文アル 攻略】

文豪武器別一覧

芥川 龍之介 文 アル

芥川龍之介の基本情報 声 諏訪部順一 レア 虹 武器 刃 精神 不安定 文学 傾向 純文学 誕生日 3月1日 新思潮(漱石門下) 代表作 羅生門、鼻、地獄変、蜘蛛の糸、杜子春 キャラ紹介 いつもドライで涼しげな顔をしているが、少し天然なところもあり、嘘を信じて慌てることも。 立ち振舞いがで美しく、育ちの良さを感じさせるが、それで初対面の人に固い印象を与えてしまうことがある。 一方其の魅力的な人間性とカリスマ性は無意識に厄介な人物を引きつけてしまうようだ。 常に煙を纏うヘビースモーカー。 備考 本作で登場する・と並び、文豪の中でも入手の難しいレアな文豪の一人。 史実上の文豪でモデルになった芥川龍之介は、生前にとと親交があった。 プロレタリア文学の作家とは犬猿の仲 師であるに関しては、自分を見出してくれたとして終生尊敬しており、たびたび作品にも登場する。 森鷗外とも面識がある。 尚、本作のが図書館で言及している『芥川賞』は史実上の彼の死後にが創設したので、いくら太宰が直訴したところで、彼にはどうしようもない。 早いうちに取りに来なさい 駄賃に一本もらったが、羊羹のように味が 広がるね、これは 文豪の音声 ログイン 「文豪とアルケミスト、始めよう」 入手 初回 「やあ、僕の名は芥川龍之介。 これからよろしく頼むよ」 入手 (2回目以降) 「やあ、また会ったね。 今後ともよろしく頼むよ」 図書館 通常 「えぇ?ここで煙草吸っちゃいけないの?」 「戦うなんて柄じゃないけど……僕にしかできないっていうなら、仕方ないね」 季節限定 春「こんなに暖かいと、眠くなるね」 夏「図書館の中は涼しいからいいね」 秋「読書の秋だけど、なにか読むかい?」 冬「冬の寒い朝は、布団から出られないんだ」 正月「あけましておめでとうございます」 散策・信頼度 「」 放置 「ちょっと煙草吸ってくるよー」 司書室 通常 「お邪魔します、お土産なくてごめんね」 「お風呂入るのって、面倒なんだよね」 耗弱・喪失時 「頭が痛い……少し横になってくる」 「」 助手変更 「僕が助手?ちゃんと務まるかなあ」 補修 通常 「」 耗弱・喪失 「」 開花 前 「」 後 「」 結成 「」 「」 研究 「」 購買 「」 有碍書 潜書開始 「」 戦闘会敵 「」 「」 攻撃 「」 「」 攻撃 (急所) 「」 攻撃 (耗弱・喪失) 「」 筆殺奥義 「」 双筆神髄 (通常) 「」 負傷 「」 「」 負傷 (耗弱・喪失) 「」 耗弱 「」 喪失 「」 戦闘終了 「」 MVP 「」 アイテム入手 「」 有魂書 潜書開始 「」 潜書完了 「」 手紙 入手時 「」 文豪名 「」 文豪名 「」 文豪名 「」 文アルお役立ち記事一覧 文豪一覧 レシピ一覧 有碍書一覧.

次の

顔のない天才 文豪とアルケミスト ノベライズ :case 芥川龍之介 (新潮文庫nex)

芥川 龍之介 文 アル

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2009年6月) 芥川 ( あくたがわ ) 龍之介 ( りゅうのすけ ) 誕生 ・ (現:) 死没 1927-07-24 (35歳没) ・東京府(現:東京都田端) 墓地 日蓮宗慈眼寺 職業 言語 国籍 教育 最終学歴 ジャンル 主題 近代知識人の苦悩 文学活動 代表作 『』(1915年) 『』(1916年) 『』(1917年) 『』(1918年) 『』(1922年) 『』(1927年) 『』(1927年) 配偶者 ( - ) 子供 (長男) (次男) (三男) 親族 (義父) (孫) (孫) 公式サイト 芥川 龍之介(あくたがわ りゅうのすけ、〈25年〉 - 〈2年〉)は、の。 本名同じ、号は 澄江堂主人 ( ちょうこうどうしゅじん )、は我鬼。 その作品の多くはである。 また、『』『』『』など、『』『』といった古典から題材をとったものが多い。 『』『』といった児童向けの作品も書いている。 生涯 [ ] 入船町8丁目(現・)に製造販売業を営む、フクの長男として生まれる。 姉が2人いたが、長姉は、龍之介が生まれる1年前に6歳で病死している。 生後7か月ごろに母フクが精神に異常をきたしたため 、東京市小泉町(現・東京都)にある母の実家の芥川家に預けられ、伯母のフキに養育される。 11歳のときに母が亡くなる。 翌年に叔父・(フクの実兄)のとなり、芥川姓を名乗ることになった。 のである芥川家は、代々に仕えた奥坊主(御用部屋坊主)の家である。 家中が芸術・演芸を愛好し、江戸の的趣味が残っていた。 なお、「龍之介」の名前は、彼が年・辰月・辰日・辰の刻に生まれたことに由来すると言われているが、については資料がないため不明である。 上の正しい名前は「龍之介」であるが、養家である芥川家や府立三中、一高、東京大学関係の名簿類では「龍之助」になっている。 芥川自身は「龍之助」表記を嫌った。 (明治31年)、江東(こうとう)入学(芥川卒業後、「江東」は「えひがし」と読むようになる。 現在の)。 を卒業の際に「多年成績優等者」の賞状を受け、第一部乙類に入学。 (明治43年)に中学の成績優秀者は無試験入学が許可される制度が施行され、芥川はその選に入る。 同期入学に、、、、井川恭(のちの)、、らがいた。 2年生になり一高ののために入るが、芥川は順応することはなかったという。 寮で同室となった井川は生涯の親友となる。 井川は第一高等学校一覧によると、1年から3年まで常に芥川の成績を上回っている。 (大正2年)、文科大学英文学科へ進学。 ちなみに当時、同学科は一学年数人のみしか合格者を出さない難関であった。 1919年(大正8年)長崎滞在中の写真。 左から2番目が芥川龍之介、一番左は。 東京帝大在学中の(大正3年)2月、一高同期の菊池寛、久米正雄らとともに『』(第3次)を刊行。 まず「 柳川隆之助」(隆之介と書かれている当時の書籍も存在する)の筆名での『』、の『』の和訳を寄稿したあと、10月に『新思潮』が廃刊にいたるまでに同誌上に処女小説『老年』を発表。 作家活動の始まりとなった。 このころ、英文科卒の吉田弥生という女性と親しくなり、結婚を考えるが、芥川家の猛反対で断念する。 (大正4年)10月、代表作の1つとなる『羅生門』を「 芥川龍之介」名で『帝国文学』に発表。 (大正5年)には第4次『新思潮』(メンバーは菊池、久米のほか松岡譲、ら5人)を発刊したが、その創刊号に掲載した『鼻』が漱石に絶賛される。 この年に東京帝国大学文科大学英文学科を20人中2番の成績で卒業。 卒論は「研究」。 同年12月、英語教官を長く勤めたが「(当時は皇道大本)」に入信するため辞職する。 そこでやら英文学者が、浅野の後任に芥川を推薦(によれば夏目漱石の口添えがあったとも)、芥川は海軍機関学校の嘱託教官(担当は英語)として教鞭を執った。 そのかたわら創作に励み、翌年5月には初の短編集『羅生門』を刊行する。 その後も短編作品を次々に発表し、11月には早くも第二短編集『煙草と悪魔』を発刊している。 (大正7年)の秋、懇意にしていた(『』同人)と(『』主幹で西洋美術史家)の斡旋でへの就職の話があり、まで出したが、実現をみなかった。 (大正8年)3月、海軍機関学校の教職を辞してに入社(新聞への寄稿が仕事で出社の義務はない)、創作に専念する。 ちなみに師の漱石も(明治40年)、同じようにに入社している。 (大正8年)、友人のの姉の娘、(父はにおいて「」に戦死 )と。 (大正10年)2月、横須賀を退職し、菊池寛とともに大阪毎日の客外社員となり、から東京府に戻る。 同年5月には菊池とともに旅行を行い、友人の日本・からを紹介されている。 1921年には海外視察員としてを訪れ、を訪れた折にはに会っている。 胡適との問題などについて語り合いなどを行い、7月帰国。 『上海遊記』以下の紀行文を著した。 この旅行後から次第に心身が衰え始め、、などを患う。 (大正12年)にはへ湯治に赴いている。 作品数は減っていくが、このころからいわゆる「保吉もの」など的な傾向の作品が現れ、この流れは晩年の『』『』などへとつながっていく。 1923年(大正12年)にが発生し、各地でが形成された。 芥川も町会()の自警団に、世間体もあり病身を押して参加した。 随筆『大震雑記』やアフォリズム『或自警団員の言葉』に自警が言及される。 また震災後の付近へ芥川と一緒に死骸を見物しに出かけたによると、芥川は悲惨な光景のなかを快活に飛ぶように歩いていたという。 (大正9年)、長男、誕生。 (大正11年)、次男、誕生。 (大正14年)、三男、誕生。 (大正14年)ごろから文学部講師に就任。 (大正15年)、、神経衰弱、が高じ、ふたたび湯河原で療養。 一方、妻・文は自身の弟・塚本八洲の療養のための実家別荘に移住。 2月22日、龍之介も鵠沼のに滞在して妻子を呼び寄せる。 7月20日には東屋の貸「イ-4号」を借り、妻・文、三男・也寸志と住む。 夏休みに入り、比呂志、多加志も来る。 7月下旬、親友の画家も隣接する「イ-2号」を借りて住む。 この間、小品『家を借りてから』『鵠沼雑記』、さらに『点鬼簿』を脱稿。 、、小沢碧童らの訪問を受ける。 また、鵠沼の開業医、富士山(ふじ たかし)に通院する。 9月20日、龍之介、文、也寸志は「イ-4号」の西側にあった「柴さんの二階家」を年末まで借りて移る。 ここで鵠沼を舞台にした小品『悠々荘』を脱稿。 これは、震災前にが住み、震災後に建て直されて国木田虎雄(の息子で詩人)が借りていた貸別荘を視察したときの経験がヒントのようで、龍之介一家が鵠沼に永住する意図があったとも考えられる。 また、この間、、土屋文明、恒藤恭、川端康成、菊池寛らの訪問を受けている。 がに変わってから、妻子はに戻り、龍之介は「イ-4号」に戻った。 甥のと鎌倉で年越しをしてから田端に戻るが、鵠沼の家は4月まで借りており、時折訪れている。 (昭和2年)1月、義兄の(次姉の夫)がとの嫌疑 をかけられて鉄道する。 このため芥川は、西川の遺した借金や家族の面倒を見なければならなかった。 4月より「物語の面白さ」を主張するに対して、『』で「物語の面白さ」が小説の質を決めないと反論し、戦後の物語批判的な文壇のメインストリームを予想する文学史上有名な論争を繰り広げる。 この中で芥川は、「話らしい話のない」純粋な小説の名手としてを称揚した。 このころ、芥川の秘書を勤めていた平松麻素子(父は平松福三郎・大本信者)とで心中未遂事件を起こしている。 未明、『続西方の人』を書き上げたあと、からもらっていた致死量のを飲んでした。 享年36〈数え年〉、満35歳没。 服用した薬には異説があり、たとえばは、芥川のだったのなどからによる服毒自殺説を主張している。 同日朝、文夫人が「お父さん、よかったですね」と彼に語りかけたという話もある。 は懿文院龍之介日崇居士。 墓所は、東京都の。 作品の特徴 [ ] 在りし日の芥川龍之介(1927年) 作品は、短編小説が多く知られている。 しかし初期の作品には、西洋の文学を和訳したものも存在する(『バルタザアル』など)。 英文科を出た芥川は、その文章構成の仕方も英文学的であると言われている [ ]。 翻訳文学的でもある論理的に整理された簡潔・平明な筆致に特徴がある。 短編の傑作を残した一方で、長編を物にすることはできなかった(未完小説として『』『路上』がある)。 また、生活と芸術は相反するものだと考え、生活と芸術を切り離すという理想のもとに作品を執筆したといわれる。 他の作家に比べ表現やとらえ方が生々しい。 晩年には志賀直哉の「話らしい話のない」心境小説を肯定し、それまでのストーリー性のある自己の文学を完全否定する(その際の作品に『』が挙げられる)。 『』など古典を参考にしたものや(原話は唐の小説『杜子春伝』)、が創刊した『』に発表されたものなど児童向け作品も多い。 一般的には、物やを舞台とした物などに分類される。 また、古典(説話文学)から構想を得た作品も多い。 例えば、『』や『』、『』などは『』を、『』などは『』を題材としている。 またの制作も得意としており、漢文などにも通じていた。 反軍的な自説を主張しており、ことに『河童』『侏儒の言葉』などの晩年の作品にはそのような傾向が強い。 当時のの横柄な様子を「小児のようだ」と自著で酷評したほどである。 しかし、当時は軍が著作物のをするのが通常であったため、この検閲によって訂正・加筆・削除を余儀なくされた箇所も作品内に多数存在する。 その一方で、に対してはある程度の好意を抱いていたようで、のあまりの狭量に腐っていた教官のを「いい職場があるから」と海軍機関学校に招き、豊島は嘱託教官として勤務した。 も芥川の推薦で嘱託教官となっており、のちに内田は『竹杖記』((昭和9年))で芥川が講師の人選や交渉などに一定の役割を担っていたことを記している。 自著にてを登場させる際、別名の「大日 孁貴」(おおひるめのむち)を用いた。 これは「天照大神」という呼称ではをそのまま文中に登場させてしまうことになるため、、それもという性格づけで「大日 孁貴」を用いなければならなかったためである。 が大好きで、1日に180本も吸っていたという。 この煙草について『海のほとり』『京都日記』『玄鶴山房』に銘柄の煙草が登場した。 作品の変遷 [ ] 芥川龍之介の作品は、初期と晩年でかなり違うといわれる。 初期 [ ] 説話文学を典拠とした『羅生門』『鼻』『芋粥』など歴史物、加えて物が有名である。 は初期の作品を「非常によい」と評価している。 歴史物では、人間の内面、特にを描き出したものが多い。 中期 [ ] 的な面が全面に出た『地獄変』などを書き、長編『邪宗門』に挑んでいた。 晩年 [ ] 自殺を考えていたのか、自分のこれまでの人生を見直したり、生死を取り上げたりした作品が多く見られる。 初期より晩年の方を高く評価する見解も示されている。 『一塊の土』など、これまでと比べ現代を描くようになるが、台頭する文壇に作家と攻撃されることとなる。 このころから告白的自伝を書き始める(『大導寺信輔の半生』『点鬼簿』など)。 晩年の代表作『河童』は、河童の世界を描くことで人間社会を痛烈に批判しており、当時の人々に問題を提起した。 「水洟(みづぱな)や 鼻の先だけ 暮れ残る」と、自殺直前に書いたの一句がとされる。 自殺に関して [ ] (昭和2年)、雨の降りしきるなか、田端の自室で芥川龍之介はを行い、社会に衝撃を与えた。 使用した薬品については、ととする説が一般的である。 死の数日前に芥川を訪ねた、同じ漱石門下で親友のによれば、芥川はその時点でもう大量のでべろべろになっており、起きたと思ったらまた眠っているという状態だったという。 すでに自殺を決意し、体を睡眠薬に徐々に慣らしていたのだろうと推測される。 一方で、自殺の直前には身辺の者に自殺をほのめかす言動を多く残しており、実際には早期に発見されることを望んだ狂言自殺で、たまたま発見が遅れたために死亡したとする説がある。 また、死後に見つかり、に宛てたとされる「 」の中では自殺の手段や場所について具体的に書かれ、「僕はこの二年ばかりの間は死ぬことばかり考へつづけた。 (中略)…僕は内心自殺することに定め、あらゆる機会を利用してこの薬品(ヴェロナール Veronal およびジャール)を手に入れようとした」とあることから、記述を信頼すれば計画的に自殺を企てていた節も窺える。 の伝記にも言及し「みずからを神としたい欲望」についても記している。 遺書として、妻・に宛てた手紙、、に宛てた手紙がある。 芥川が自殺の動機として記した「僕の将来に対する唯ぼんやりした不安」との言葉は、今日一般的にも有名であるが、自殺直前の芥川の厭世的あるいは「病」的な心境は『』を初めとする晩年の作品群に明確に表現されており、「ぼんやりした不安」の一言のみから芥川の自殺の動機を考えるべきではないともいえる。 芥川命日は小説『河童』から取って河童忌と称される。 死の直前である7月初め、菊池寛に会うため二度を訪れているが会うことができなかった。 社員が菊池に芥川が訪れたことを報告せず、生前に菊池が芥川を訪ねることもなかった。 死の前日、芥川は近所に住むを訪ねたが、犀星は雑誌の取材のために出かけており、留守であった。 犀星は後年まで「もし私が外出しなかったら、芥川くんの話を聞き、自殺を思いとどまらせたかった」と、悔やんでいたという。 また、死の直前に 「 橋の上ゆ胡瓜なくれは水ひひきすなはち見ゆる禿の頭」 と河童に関する作を残した。 芥川の自殺報道の直後からその死にショックを受けたと思われる若者たちの後追い自殺が相次ぎ、「芥川宗」とも呼ばれた。 死の8年後、親友で文藝春秋社主の菊池寛が、芥川の名を冠した新人文学賞「」(芥川賞)を設けた。 芥川賞はと共に日本でもっとも有名な文学賞として現在まで続いている。 菊池寛による弔辞 [ ]• は第一高等学校での同級生以来の付き合いであり、友人総代としてを読んでいる。 「 芥川龍之介君よ 君が自ら擇み 自ら決したる死について 我等 何をか云はんや たゞ我等は 君が死面に 平和なる微光の漂へるを見て 甚だ安心したり 友よ 安らかに眠れ! 君が夫人 賢なれば よく遺兒を養ふに堪ふるべく 我等 亦 微力を致して 君が眠の いやが上に安らかならん事に努むべし たゞ悲しきは 君去りて 我等が身辺 とみに蕭篠たるを如何せん 友人總代 菊池寛 」• なお、芥川の死について、菊池寛は「芥川の事ども」という文章を残している。 河童忌 [ ] 芥川の命日・7月24日は河童忌と呼ばれる。 当初は遺族と生前親交のあった文学者たちが集まる法要だったが、1930年(昭和5年)の四回忌から「河童忌記念帖」として誌上で紹介され、この呼び名が定着した。 以後17回忌まで毎年行われていたが、戦争のため中断する。 戦後、再開されたが詳しい記録は残っていない。 1976年(昭和51年)の50回忌は巣鴨の慈眼寺で墓前祭、丸の内ので偲ぶ会が催された。 この日は第75回の贈呈式で、受賞したも花を手向けにきた。 没後90年にあたる2017年(平成29年)からは田端文士村記念館が世話役となり、「河童忌」イベントを開催している。 記念館 [ ] 芥川はいわゆるの一員であった。 地元のは、芥川旧居跡地の一部を購入し「芥川龍之介記念館」 仮称 を2023年に開館する計画を2018年6月に発表した。 その他 [ ] この節に。 事項を箇条書きで列挙しただけの節は、本文として組み入れるか、または。 ( 2009年6月)• のの際にとともに受付を務め、弔問にきたの名刺を受け取っている。 師であり自分を見出してくれたを終生尊敬し続けた。 いくつかの作品で「先生」という敬称で登場し、遺作である『歯車』『或阿呆の一生』でも言及している。 大の嫌いで、めったに風呂に入らなかったという。 入ったとしても、手ぬぐいは持っていかなかったという。 大の嫌いだったが、晩年、死の直前になってからは、なぜか犬をまったく怖がらなくなった。 犬を主人公とする児童文学『白』を改造社出版の雑誌『女性改造』に寄稿したのもこの時期である。 『文芸家たらんとする諸君に与ふ』という小文において「文芸家たらんとする中学生は、須らくを学ぶ事勤勉なるべし。 然らずんばその頭脳常に理路を辿る事迂にして、到底一人前の文芸家にならざるものと覚悟せよ。 文芸家たらんとする中学生は、須らくを学ぶこと勤勉なるべし。 然らずんばその体格常に薄弱にして、到底生涯の大業を成就せざるものと覚悟せよ」と述べ、数学や体操を勤勉に学ばなければよい文芸家にはなれないと主張している。 ただし、同じ文の中で「こは予自身の経験に基く言にして、予亦然く中学時代を有効に経過せざりしを悲しみつつあるものなり」とも述べていることから、片野善一郎は「中学時代に一生懸命に勉強しなかったことを後悔しているくらいであるから、芥川は数学はあまり得意でなかったのかもしれない」と推察している。 の『』(日本映画初の金獅子賞)は芥川の『藪の中』『』から題材を借りている。 小説家仲間からとして知られていた。 親友のは作家仲間たちが芥川の巨根ぶりを話の種に笑い合っていたことを書き記している。 また、芥川の息子も、時の身体検査で軍医からその巨根ぶりを指摘されたことを書き残している。 としてはの『』やの『』に拠って 『澄江堂句集』を残している。 また詩、、などの作品も残している。 は「」である。 著作 [ ]• 1914年• 1914年(翻訳、原作)• 1914年(翻訳、原作)• 1914年(翻訳、原作ウィリアム・バトラー・イェイツ)• 1914年(翻訳、原作)• 1915年• 1916年• 1916年• 1916年• 1916年• 1917年• 1917年• 1917年1月• 1917年4月• 1917年4月・6月• 1918年• 1918年• 1918年• 1918年• 1918年• 1918年• 1919年• 1919年• 1919年• 1919年• 1920年• 1920年• 1920年• 1920年• 1920年• 1922年• 1922年• 1922年• 1922年• 1922年• 1922年• 1922年• 1922年• 1922年• 1922年8月• 1923年 - 1927年• 1923年• 1923年• 1923年• 1923年• 1923年• 白 1923年• 1923年• 1924年• 桃太郎 1924年• 1925年• 1926年• 1927年• 1927年• 1927年• 1927年• 1927年• 1927年• 1927年• 1927年• 1927年• 1927年 家族 [ ] 妻• - 海軍・の娘 子供• (長男) -• (次男) - もっとも文学志向が強かったが、(昭和20年)4月13日にビルマ(現・)で戦死。 (三男) - 孫• (比呂志三女) - エッセイスト、詩人、童話作家• (也寸志長男)-• (也寸志長女)- メディアコーディネーター 子供の名前は、それぞれ親友のの「寛」(比呂志)、の「隆」(多加志)、の「恭」(也寸志)をもらって漢字を替えてつけたものである。 芥川には笑顔の写真がほとんど存在しないが、晩年のフィルム映像では、息子たちと笑顔を見せる芥川の姿が記録されている。 このことから子煩悩であったことがうかがえる。 なお、この映像では比呂志と多加志は映っているが、也寸志はこのとき家の中で寝ていたため映っていない。 也寸志の回想によれば、父の遺品にはがあり、そのうち多くを占めていたのはだったという。 『』(組曲版)と『』を所有していたというが、演奏者などの詳細は不明である。 次姉・ヒサの子供• - 小説家、文芸評論家• - 比呂志の妻、随筆家 長姉・新原はつ(1885年~1891年4月5日)は、龍之介が生まれる1年前に6歳で病死。 家系図 [ ]• , 36頁• , 38. 178頁• , p. 213• 芥川龍之介 「」、1919年3月。 , p. , p. , 39頁• 山崎光夫 『』 中公文庫、2008年。 (第四章六 - より)• 芥川文、中野妙子記 『追想芥川龍之介』 中公文庫、1981年、p. 170• , 40. 177頁• , 178-179頁• 芥川龍之介 「」、1927年7月。 久世番子『よちよち文藝部』、2012年10月、152-153頁• 『芸能人と文学賞 〈文豪アイドル〉芥川から〈文藝芸人〉又吉へ』川口則弘、ベストセラーズ, 2017、「芥川のブロマイドが芥川賞の根源にあった--「作家」というアイドルの誕生」の章• 菊池寛 「」、『文藝春秋』1927年9月号。 田端文士村記念館 北区文化振興財団. 2019年2月4日閲覧。 『毎日新聞』朝刊2018年6月7日(東京面)2018年6月7日閲覧。 15-16• 芥川龍之介 「」• 「」、『歌壇』1996年6月号。 2007年放送「」、放送「」より 参考文献 [ ]• 鎌田芳朗『』、1979年7月。 『 近代知性の悲劇』、1989年10月。 『』、2006年。 『』、1992年。 関口安義編『芥川龍之介新辞典』(翰林書房、2003年)• 関口安義「 」 『大阪市立大学史紀要』第3号、、2010年10月30日、 40-55頁、。 川端康成「芥川龍之介氏と吉原」『』第8年3号、、1929年1月13日。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 ウィキクォートに に関する引用句集があります。 ウィキブックスに 関連の解説書・教科書があります。 外部リンク [ ]• 『』 -• 『』 -• 『』 -• - - 著• - 小穴隆一(青空文庫)•

次の

【文豪とアルケミスト(文アル)攻略】文豪図鑑No.001☆芥川龍之介【ビーズログ.com】

芥川 龍之介 文 アル

文豪と云う題材を扱う以上通常のノベライズ以上のクオリティーを求められます。 昨今ノベライズはクオリティー面でも権利関係でも問題を起こしていて正直印象は良くありませんでしたし期待もしていませんでしたが、全く予想していないプラスのベクトルに裏切られました。 ノベライズのさい最大の懸念点は【転生した芥川龍之介】と云う題材をどう扱うか。 本作はその精神状態を一人称視点で真っ向から描き切っておりしかもそれが最大の効果を生んでいます。 困惑・葛藤・自問・決断・成長。 見事としか云いようがない。 不肖私、いくらか文学に携わる云わば文豪畑の者としても、一小説として楽しませて頂きました。 【芥川龍之介には成り得なかった視点】と名付けられた序文から既に、芥川以外の著名文学作品へのオマージュが散りばめられておりニヤリッとさせられます。 この時点で【この著者は分かっている】と引き込まれます。 作中に出てくる文豪は私の観測する限り7名(うち1名は名称のみ)ですが、それぞれが芥川にとって恩師や先輩にしてライバル、後輩、親友、憧れの作家など計算されて配置されております。 その点に於きましては、明治から大正文学あたりと作家同士の関係を知っているとより楽しめますでしょうが、そうで無くとも其処への興味を持つ波紋の一石としてまずお薦めを出来る【侵蝕書】と云えましょう。 映画化希望。 このノベライズはDMMゲームズ・ブラウザ(アプリ)ゲーム「文豪とアルケミスト」を原作とした公式ノベライズですが、別の公式メディアミックス作品である「舞台版・文豪とアルケミスト 余計者ノ挽歌」と同じく、 ゲーム内で主にメインストーリーシナリオそして文豪救出大型イベントシナリオなどで明らかにされている原作設定に忠実な外伝タイプのノベライズではなく、設定の変更&ノベライズオリジナル設定を持つ派生タイプのノベライズとなっています。 違いがわかりやすいところは、例えば「侵蝕現象が起こる本の発生」を「全国各地&海外の同時多発」から「帝國図書館の所有している本のみ」に設定変更したり、 また「本の中に造られている世界」について、ゲーム原作版設定を大胆に独自のオリジナル設定を使ったものに変えているのを初めとし、いわゆるゲームとは別の世界の帝國図書館の物語とも言うべきものです。 文章形式は主に今作の主人公である文豪の一人称(一部シーンで三人称に変化)、消されていく本の世界を元に戻す戦いのルールに、ノベライズ版の大きな特徴として「改変された意味の謎解き・侵蝕者との知恵比べ」要素を加え、主人公個人の内面の変化と行きつく先を同時に追いつつ、その目線で特に関わりのある四名の文豪たちに絞られた描写を交え、ドラマが紡がれていきます。 (それ以外の文豪たちは、存在は示唆されているもののキャラクターとしては一切出てきません) 文アル名物である<なぜこんなに力が入っているのかと評判の劇中内での美味しそうな食事描写>いわゆる飯テロ描写はノベライズ版でも健在。 またゲーム原作版プレイヤーの分身、アルケミストである「特務司書」は舞台版と同じくこのノベライズ版でも実質キャラとしては動きませんが、代わりといってはなんですがその頼れる上司である帝國図書館館長の出番はちょくちょくあります。 読み終わった後、あとがきはありませんがこの本の巻末にある出版社の紹介本ページを眺めてみる事をお勧めします。 元々このノベライズ企画は新潮社と文アルのコラボ企画でもありますがその真骨頂とも言える粋な仕掛けです。

次の