ハクビシン 野生。 ハクビシン対策 豆知識 ハクビシンの特徴・対策方法のご紹介 あっと解消 本店

ハクビシンの忌避剤はなにが効果的?近寄らせないことで被害を防ぐ!|生活110番ニュース

ハクビシン 野生

ページ番号1002229 更新日 令和2年7月7日 区内全域で、近年ハクビシンが目撃されています。 ハクビシンは野生動物なので、寄生虫や細菌を保有していることがあります。 見かけてもエサを与えたり触ったりしないようにしましょう。 また、夜行性で木登りが得意で雑食性ですが果実が好物、頭が入れば狭い隙間を自由に通り抜けることができます。 屋根裏に入り込まれるなど被害にあわないよう対策が必要です。 家屋内に入り込まれた場合、ふん尿による悪臭・カビの発生・家屋の破損、汚損などの被害が報告されています。 許可なくハクビシンを捕獲することは、鳥獣保護管理法により禁止されています。 被害が生じている場合は、環境政策課へご相談ください。 区民の方にもご協力いただきハクビシン被害の対策を行います。 ハクビシンとは• ネコ目ジャコウネコ科で尾が長く、額から鼻にかけて白い筋があります。 頭胴長60センチメートル前後、尾長40センチメートル前後で尾が長いのが特徴です。 区内で目撃されたハクビシン 習性• 夜行性の動物なので夜間を中心に活動しますが、夕方や朝方など陽のある時間帯も活動することがあります。 ねぐらは複数あり、それらを転々と移動します。 主に民家や神社・仏閣の屋根裏、倉庫等をねぐらにしています。 1年に1回、不定期に平均2~3頭の子供を出産します。 木登りが得意で電線の上を渡り、移動することもできます。 食べ物 雑食性で小動物や農作物に被害を与えるほか、生ゴミ等をあさることもあります。 特に果実を好みます。 ハクビシンを寄りつかせないために• 敷地内の果実を早めに収穫するかネットなどをかけてください。 また、生ゴミ、ペットフード、果実などを屋外に放置しないでください。 ハクビシンの侵入口になる隙間(縁の下、換気口、軒下など)を塞ぐことが有効です。 樹木や電線をつたって屋根裏に侵入することもありますので、屋根に登れるような庭木の枝を剪定してください。 ハクビシン等被害対策事業 板橋区ではハクビシン・アライグマにより被害が出ている区民宅等を対象に、平成29年度から捕獲駆除の事業を開始しました。 家屋への侵入被害などでお困りの場合は、環境政策課 自然環境保全係(03-3579-2593)へご相談ください。 実施対象 区内全域の住宅・学校・事業所などの建造物で、次のいずれかの被害がある場合• 建造物の天井裏や屋根裏への侵入被害• 敷地内の果樹や家庭菜園の食害 実施要件 皆さまにご協力をいただく内容を含み全てに該当する場合、区が委託した専門業者が箱わなの設置を行います。 被害のある建造物の所有者または管理者の方からの依頼であること。 事前調査や箱わな設置・回収時の立ち会いができること。 毎日の箱わなの見回りが可能であること。 箱わなに入れるエサの準備・必要に応じて交換ができること。 捕獲された場合は、速やかに板橋区や専門業者に連絡できること。

次の

ハクビシンの糞の特徴4つと画像!処理・消毒方法とふん対策を解説

ハクビシン 野生

・額から鼻先まで白い模様がある。 頭がはいる所であれば、どんな隙間でも侵入できるため、民家の屋根裏などに住み着くことがある。 出産は1年に1回だけで、1回に2〜3頭を産む。 生後10か月以降から出産が可能になり、妊娠期間はわずか2か月間。 寿命も長く10年以上生きるので、繁殖力が強い• 被害を防ぐために• 餌場をつくらせない• 農作物を収穫した後は、畑に作物を残さない。 ゴミを庭先などに放置しない、缶ジュースなどは洗って捨てる。 寝床をつくらせない• 建物周辺の雑草を刈る。 壁や換気口などに大きな穴がある場合は塞ぐ。 (頭が入る穴は進入可能)• 倉庫・廃屋など人気のない建物はこまめに見回りをする。 侵入経路をなくす• 屋根や畑に移動できそうな木の枝を剪定する。 寝床から餌場までの草刈や落ち葉掃除をする。 見通しが良くなると警戒して近づかなくなります。 侵入経路の見つけ方• ハクビシンは畑の用水路や川の周辺などをよく通ります。 また、同じ場所を通る習性があるため獣道が出来ます。 対策方法について ニオイで追い払う タヌキ• 耳は丸みのある三角で、縁が黒い• 鼻先が長い• 脚が黒い• 尾は地面に届かない長さで、模様はない• 肩の黒い模様は遠くからでも目立つ ハクビシン• 胴長で短足• 尾が長い• 顔の真ん中に白い線がある• 尾が胴体に匹敵するほどの長さ• 極端な胴長短足• 鼻がピンク色 アライグマ• 尾にシマ模様がある• 体色は灰色系• 「塀の上を歩く」「木に登る」「電線の上を歩く」ことができる• 後脚で立ち上がる• タヌキと違い、耳の縁が白色• やや背中を丸めたような姿勢 豆知識 一覧.

次の

ハクビシンの忌避剤はなにが効果的?近寄らせないことで被害を防ぐ!|生活110番ニュース

ハクビシン 野生

ハクビシンの生態 1分でわかる タヌキとハクビシンを見分けるポイント5つ 「ハクビシンってどんな顔してる?よく間違われるタヌキとどう違うの??」 「そもそもタヌキ自体も、キャラクターやイラストでしかわからないよね。 」 今回はハクビシンとタヌキの違いをクローズアップして見ていきましょう! タヌキとハクビシンの違いその1 顔 正面からの見分け方 ハクビシンの顔で一番特徴的なのは、頭上から鼻先まで伸びた白い線状の模様。 遠くから見てもわかります。 その他は目の下や耳の前に白い斑紋がある場合もあります。 ではタヌキは?タヌキのイラストは、よくアイマスクのような眼のまわりを囲ったかんじに描かれますが、実際は目と目の間はつながっていません。 タヌキとハクビシンの違いその2 鼻先の違い ハクビシンの鼻は一般的にはピンク色、タヌキは黒という違いがあります。 中には黒っぽい鼻のハクビシンもいるようですが、ネコの鼻と同じような感じで、だいたいピンクだけど黒っぽいのもいる、と覚えてはどうでしょう?タヌキはイヌ科なので犬と一緒の黒、と考えると覚えやすいです。 形は犬のように鼻先が長いのが特徴です。 タヌキとハクビシンの違いその3 体つきから見分ける! 実際小動物にでくわす時って、遠くで横切ったのを目撃した、とかそんな感じですよね。 スリムな体にスッと伸びるシッポが特徴です。 シッポはイラストのようにふわっとしています。 よくあるタヌキのイラストで、シマシマ模様になっていますがそれはアライグマですよ~。 脚はハクビシンはやや短め。 タヌキの脚は意外としっかりしていてネコやイヌ位あります。 毛がふっくらしている秋冬は短く見えますが、夏のスリムボディの頃は柴犬のようにがっしりした黒い脚です。 毛の色や模様は、一概に言えませんが、肩から前足にかけて黒い模様があればタヌキである確率が高いです。 フォルムの違いで見分けるなら、タヌキの場合は季節によって大分見た目が変わるので要注意です! ぽちゃっとしたかわいいタヌキは冬の姿、夏はびっくりするくらい細くて犬と間違うようなフォルムのタヌキもいます。 写真のタヌキだけでもかなり違いますよね。 積もった雪の上に小動物の足跡を見つけるチャンスです! ハクビシンは5本足、タヌキは4本足(5本目は地につかない)跡が残ります。 タヌキの足跡は、下の図のように表しましたが、じつはイヌとネコにとてもよく似ているものもあります。 タヌキとネコを見分けるポイントはツメ跡があるかどうか。 ネコは普段はツメを引っ込めているので跡がつかないそうです。 タヌキとイヌの足跡はほとんど同じだそう。 そういう場合は場所で見分けるといいそうです。 道など犬が通るところは判別がつかないので、敷地内などで探してみてください。 タヌキとハクビシンの違いその5 フンの見分け方 最後はフンをチェックしましょう。 ハクビシンは屋根裏に巣をつくり、糞尿を一か所にまとめてすることが多いです。 これがハクビシンの一番の問題点。 糞尿が病原菌のもとになったり、天井を腐敗させたりします。 雨漏りでもないの天井にシミがあったり、縁の下に小動物の気配があったら早めにチェックしましょう。 見分けるポイントは、ハクビシンの糞はあまり臭いがしません。 筆者も何度かハクビシンの糞を見ましたが、そんなに臭いはありませんでした。 ハクビシンは果物や植物のタネをよく食べるので、その残骸が糞に含まれていることが多いそうです。 タヌキは屋外にタメフンと言って、皆でまとめて1箇所で糞をします。 そして臭いがとても強いでのが特徴です。

次の