豆腐 味噌汁 レシピ。 じゃがいもの味噌汁人気レシピ!大根・ワカメ・豆腐他おすすめの具は?

じゃがいもの味噌汁人気レシピ!大根・ワカメ・豆腐他おすすめの具は?

豆腐 味噌汁 レシピ

味噌汁とは、説明するまでもなく、カツオ節や煮干しでダシをとったあと、具と味噌を加えたスープのことです。 味噌汁のミソは味噌。 ここでは、具を除いた「味噌」に注目してみたいと思います。 味噌は手前味噌という言葉もあるように、様々なつくり方がありますが、基本的には大豆を煮て塩と麹を加えて発酵させたものです。 そしてその製造過程で大豆の成分に加えて、脳の働きを助け記憶力や学習能力を高めるグルタミ酸を生じます。 また、大豆は体に有用な植物性タンパク質を多く含む食品ですが、煮たり炒ったりするだけでは消化吸収性が悪くその威力を十分に発揮できません。 しかし麹菌や酵母菌、乳酸菌などが繁殖することにより、それらが持つ酵素の働きで消化吸収性が増します。 さらには、大豆には含まれていないビタミンB12なども増えるという特徴があります。 出典: 味噌汁ダイエットのメリット 熱中症診療2015年版ガイドライン 日本救急医学会「熱中症に関する委員会」によって作成された でも、「梅昆布茶や味噌汁などもミネラル、塩分が豊富に含まれており熱中症の予防に有効と考えられる」とあります。 塩分については、体液中の塩分濃度は0. 1~0. 2%に合わせた食塩水、つまり 1リットルの水に 1 ~ 2g の塩分を補給すればよいと言われています。 梅干し1個10gで約2gですから1リットルの昆布茶に入れて作り置きするなどしておくとよいでしょう。 また、味噌汁1杯分も1. 5~2gの塩分濃度です。 暑い時に暑い食べ物は体によいと言われていますが、近年のような過酷な暑さでばて気味の時には冷たいお味噌汁もおいしく、食欲もわいてきます。 少し多めに作って冷蔵庫で冷やし、食事やお茶の時間に飲むのもおすすめです。 ただし、塩分が熱中症予防に役立つとはいえ、塩分補給は汗をかいて塩分濃度が下がっているか、あるいは水分不足になっているかによって、その必要性は異なります。 むやみにたくさん飲んで過剰摂取にならないように注意しましょう。 塩分が気になるけれど、濃い味が好きという人は、だしを効かせて味噌が適正量を超えないようにしてみましょう。 出典: ご存知の通り、味噌は大豆でできています。 大豆は畑の肉といわれるぐらいたんぱく質豊富。 しかもコレステロールを下げる働きもあるのです。 さらに、アンチエイジングに有効な成分も多数含まれています。 さらにさらに、冷え性や貧血を予防する効果もあります。 味噌にすると麹の作用でたんぱく質が吸収、消化しやすくなるので、夏の疲れた胃腸にはもってこいなのです。 さらに、味噌汁に含まれる塩分が、水分の摂りすぎで不足した塩分を補給。 しかも野菜や海草などの具を入れることで、不足しがちなビタミンやミネラルを補うことができるのです。 味噌は天然熟成のものがおすすめ。 塩分が気になる人は1日1杯までにしましょう。 味噌汁なら、外食の時は和食を選んだり、コンビニでインスタントも売っているので、手軽に食べることができます。 出典: 第36回日本高血圧学会総会 平成25年10月26日発表 において、共立女子大学の研究で、味噌汁の摂取頻度と血圧の間に関係性は認められないこと、また1日1杯程度の味噌汁のある食生活が血管年齢を10歳程度改善する傾向があることが発表されました。 この研究では、東京都内の人間ドックを受診した男性 平均年齢55歳 102名に、聞き取り法で食物摂取頻度と人間ドックの成績との関連性を調査しました。 味噌汁の摂取低頻度群(5日間当たり0~2回)、味噌汁摂取中頻度群(5日間当たり3~5回)、味噌汁摂取高頻度群(5日間当たり6~15回)にわけて評価したところ、味噌汁摂取頻度と血圧には関連が見られず、また1日1杯程度の味噌汁のある食生活が、血管年齢を10歳程度改善する傾向が確認されました 味噌そのものの塩分は、味噌汁の食塩摂取量への寄与率は約2%程度。 味噌汁は食塩摂取量の独立した決定要因ではありませんでした。 むしろ「調味料・香辛料」(14%)や「漬け物」(9%)、「ゆで麺」(5%)の方が塩分摂取に与える影響が大きいことがわかりました。 味噌汁1杯150mlを飲む時の塩分摂取量は1. 2g~1. 5g前後で、他の料理と比較しても、味噌汁の塩分はそれほど多いものではありません。 塩分の摂り過ぎで間題になるのは、ナトリウムの過剰摂取が高血圧などの原因になると考えられるためです。 ナトリウムは、同時にカリウムを摂取すると、体外に排泄されやすくなります。 味噌汁には、野菜や芋類、ワカメなどの海藻といったカリウムを含む食品を使います。 こうした組み合せで中和されているのでしょう。 また、以前の共立女子大学の研究 ラットレベル では、0. 9%食塩水、1. 3%食塩水とみそ汁(塩濃度1. 3%)を与え血圧上昇を比較したところ、味噌汁摂取区では0. 9%食塩水を与えた場合の血圧上昇にとどまり、3割の減塩効果があることが報告されています。 みそには抗酸化成分や、血管拡張物質がが含まれていることが抗高血圧作用に関わっているのではないかと示唆されています。 出典: 一人暮らしにおすすめしたいイチオシ電子レンジ調理器具は『レンジでラーメン』です。 お湯を沸かすか、もしくはラーメン丼に200mlの水を入れて、電子レンジ(600W)に3分かけてお湯を用意します。 お湯の中に和風だしの素(水200ml分)、冷凍豚汁ミックス(40g)を入れ、その上に豚こま切れ肉(30g)を広げて乗せて、電子レンジ(600W)で4分加熱します。 フタを開けて、味噌(大さじ1)を溶き入れたら、できあがり。 冷凍野菜ミックスとラーメン丼があれば、具だくさんの味噌汁も簡単です。 水をたっぷり入れて加熱できるラーメン丼は、汁物も得意。 豚汁用の冷凍食品を利用しましたが、お好みの野菜でOK。 だしの素をスープの素や鶏ガラスープの素に変えれば、洋風や中華風のスープが電子レンジひとつで作れます。 出典:.

次の

なめこと豆腐と落とし卵のお味噌汁のレシピ/作り方

豆腐 味噌汁 レシピ

みそ汁に使うだしについて みそ汁はお吸い物ほどだし汁にこだわらなくてもOKです。 それは 具材からだしが出ることがあったり、みそ自体のうま味が強く、臭みを消す効果も持っていたりするからです。 とはいえ、だしが薄いよりは濃いほうが間違いなく美味しくできますので、 みそ汁も立派な献立の一品として考え、だしのきいた仕上がりにするのがおすすめです! だしは下の3種類を家庭のやりやすさ、好みなどで使い分けるとよいと思います。 これは煮干のくせが出た、家庭的な味に仕上がります。 みそ汁の味噌の分量と組み合わせ 味噌は米味噌、豆味噌、麦味噌など、製法や産地によって香りや味が違うものが様々あります。 みそ汁に使う味噌は、もちろん使い慣れた1種類のものでもよいのですが、 製法の違う味噌を2種類くらい混ぜ合わせて使うと、より風味や味わいに深みが出るのでおすすめです! 料理屋でよく出す赤だしのみそ汁も、赤味噌だけでは渋みが強いので、少しの白味噌や米味噌を混ぜ合わせていたりします。 以下は参考までに料理屋さんなどで使われる味噌の混ぜ合わせ方です。 製法やこうじの違う『赤味噌もしくは赤っぽい味噌』と『白味噌もしくは白っぽい味噌』を 季節や好みに合わせて混ぜ合わせます。 夏はさっぱりした赤味噌主体にして、冬はあたたかな味・舌触りのある白味噌主体にするという変え方が一般的です。 みそ汁の基本の作り方と具材 だしと味噌さえあれば、あとはだし汁のなかで、具材にさっと火を通すだけで完成する簡単さがみそ汁のよいところです。 みそ汁の具材を考えるときは 「食感」「色合い」「風味」の異なるものを数種類組み合わせることが大切です。 いちばんわかりやすいのは「豆腐」+「季節の野菜」。 【春ならたけのこや絹さや、菜の花、新じゃがなど】、【夏ならオクラやモロヘイヤ、アスパラガスなど】、【秋だときのこ類やなす、長芋など】、【冬ならほうれん草、水菜、れんこんや春菊など】を豆腐や厚揚げ、時には油揚げと組み合わせると、自然とそんな組み合わせになります。 味噌は香りが飛びやすいので、味噌を溶き入れるのは具材にしっかり火が通り、あとは食べる前に軽くあたためるだけ、という状態になってからです!•

次の

豆腐の味噌汁 ~高齢者向けレシピ

豆腐 味噌汁 レシピ

味噌汁とは、説明するまでもなく、カツオ節や煮干しでダシをとったあと、具と味噌を加えたスープのことです。 味噌汁のミソは味噌。 ここでは、具を除いた「味噌」に注目してみたいと思います。 味噌は手前味噌という言葉もあるように、様々なつくり方がありますが、基本的には大豆を煮て塩と麹を加えて発酵させたものです。 そしてその製造過程で大豆の成分に加えて、脳の働きを助け記憶力や学習能力を高めるグルタミ酸を生じます。 また、大豆は体に有用な植物性タンパク質を多く含む食品ですが、煮たり炒ったりするだけでは消化吸収性が悪くその威力を十分に発揮できません。 しかし麹菌や酵母菌、乳酸菌などが繁殖することにより、それらが持つ酵素の働きで消化吸収性が増します。 さらには、大豆には含まれていないビタミンB12なども増えるという特徴があります。 出典: 味噌汁ダイエットのメリット 熱中症診療2015年版ガイドライン 日本救急医学会「熱中症に関する委員会」によって作成された でも、「梅昆布茶や味噌汁などもミネラル、塩分が豊富に含まれており熱中症の予防に有効と考えられる」とあります。 塩分については、体液中の塩分濃度は0. 1~0. 2%に合わせた食塩水、つまり 1リットルの水に 1 ~ 2g の塩分を補給すればよいと言われています。 梅干し1個10gで約2gですから1リットルの昆布茶に入れて作り置きするなどしておくとよいでしょう。 また、味噌汁1杯分も1. 5~2gの塩分濃度です。 暑い時に暑い食べ物は体によいと言われていますが、近年のような過酷な暑さでばて気味の時には冷たいお味噌汁もおいしく、食欲もわいてきます。 少し多めに作って冷蔵庫で冷やし、食事やお茶の時間に飲むのもおすすめです。 ただし、塩分が熱中症予防に役立つとはいえ、塩分補給は汗をかいて塩分濃度が下がっているか、あるいは水分不足になっているかによって、その必要性は異なります。 むやみにたくさん飲んで過剰摂取にならないように注意しましょう。 塩分が気になるけれど、濃い味が好きという人は、だしを効かせて味噌が適正量を超えないようにしてみましょう。 出典: ご存知の通り、味噌は大豆でできています。 大豆は畑の肉といわれるぐらいたんぱく質豊富。 しかもコレステロールを下げる働きもあるのです。 さらに、アンチエイジングに有効な成分も多数含まれています。 さらにさらに、冷え性や貧血を予防する効果もあります。 味噌にすると麹の作用でたんぱく質が吸収、消化しやすくなるので、夏の疲れた胃腸にはもってこいなのです。 さらに、味噌汁に含まれる塩分が、水分の摂りすぎで不足した塩分を補給。 しかも野菜や海草などの具を入れることで、不足しがちなビタミンやミネラルを補うことができるのです。 味噌は天然熟成のものがおすすめ。 塩分が気になる人は1日1杯までにしましょう。 味噌汁なら、外食の時は和食を選んだり、コンビニでインスタントも売っているので、手軽に食べることができます。 出典: 第36回日本高血圧学会総会 平成25年10月26日発表 において、共立女子大学の研究で、味噌汁の摂取頻度と血圧の間に関係性は認められないこと、また1日1杯程度の味噌汁のある食生活が血管年齢を10歳程度改善する傾向があることが発表されました。 この研究では、東京都内の人間ドックを受診した男性 平均年齢55歳 102名に、聞き取り法で食物摂取頻度と人間ドックの成績との関連性を調査しました。 味噌汁の摂取低頻度群(5日間当たり0~2回)、味噌汁摂取中頻度群(5日間当たり3~5回)、味噌汁摂取高頻度群(5日間当たり6~15回)にわけて評価したところ、味噌汁摂取頻度と血圧には関連が見られず、また1日1杯程度の味噌汁のある食生活が、血管年齢を10歳程度改善する傾向が確認されました 味噌そのものの塩分は、味噌汁の食塩摂取量への寄与率は約2%程度。 味噌汁は食塩摂取量の独立した決定要因ではありませんでした。 むしろ「調味料・香辛料」(14%)や「漬け物」(9%)、「ゆで麺」(5%)の方が塩分摂取に与える影響が大きいことがわかりました。 味噌汁1杯150mlを飲む時の塩分摂取量は1. 2g~1. 5g前後で、他の料理と比較しても、味噌汁の塩分はそれほど多いものではありません。 塩分の摂り過ぎで間題になるのは、ナトリウムの過剰摂取が高血圧などの原因になると考えられるためです。 ナトリウムは、同時にカリウムを摂取すると、体外に排泄されやすくなります。 味噌汁には、野菜や芋類、ワカメなどの海藻といったカリウムを含む食品を使います。 こうした組み合せで中和されているのでしょう。 また、以前の共立女子大学の研究 ラットレベル では、0. 9%食塩水、1. 3%食塩水とみそ汁(塩濃度1. 3%)を与え血圧上昇を比較したところ、味噌汁摂取区では0. 9%食塩水を与えた場合の血圧上昇にとどまり、3割の減塩効果があることが報告されています。 みそには抗酸化成分や、血管拡張物質がが含まれていることが抗高血圧作用に関わっているのではないかと示唆されています。 出典: 一人暮らしにおすすめしたいイチオシ電子レンジ調理器具は『レンジでラーメン』です。 お湯を沸かすか、もしくはラーメン丼に200mlの水を入れて、電子レンジ(600W)に3分かけてお湯を用意します。 お湯の中に和風だしの素(水200ml分)、冷凍豚汁ミックス(40g)を入れ、その上に豚こま切れ肉(30g)を広げて乗せて、電子レンジ(600W)で4分加熱します。 フタを開けて、味噌(大さじ1)を溶き入れたら、できあがり。 冷凍野菜ミックスとラーメン丼があれば、具だくさんの味噌汁も簡単です。 水をたっぷり入れて加熱できるラーメン丼は、汁物も得意。 豚汁用の冷凍食品を利用しましたが、お好みの野菜でOK。 だしの素をスープの素や鶏ガラスープの素に変えれば、洋風や中華風のスープが電子レンジひとつで作れます。 出典:.

次の