ライン 非 表示 やり方。 LINEのトークを非表示にする・非表示を解除して再表示(戻す/復活)する方法

LINEの非表示とブロックの違いは?非表示設定の特徴と使い方

ライン 非 表示 やり方

LINEにて相手側が自分を削除 非表示削除 されるとどうなるか、その違いについては前述したのと同様で相手側にとってもLINEの友達リストから表示が消える 非表示 だけで自分側とのLINEのトークルームやLINE通話、LINEのタイムライン、LINEホームなどの機能はLINE上で変化ありません。 つまり、相手側が自分を非表示にして友達リストから削除しても、自分側のLINEに影響はない 相手側の操作も自分側の操作も違いはない ということになります トークルームやLINE通話、LINEのタイムライン、LINEホームなどの機能はLINE上で変化ないから。 自分側で非表示にしていないならなおさらでしょう。 ここで解説した非表示削除という操作の場合、相手側にはLINEで非表示にしたことにより気付かれることはないということですね。 非表示だけではなくなるということをよく覚えておいてください。 LINEのブロック解除の場合、友達リストからの削除はもちろん、LINEのタイムライン上の表示もなくなります。 非表示という意味ではなく、完全な削除をイメージしてください。 これにより、相手とのLINE通話やLINEトークもできなくなります。 ですので、LINEのブロック削除とは友達ではなくなった相手に行うLINE整理のやり方なのです。 非表示削除とは明確な違いがここにあります。 LINEのブロック解除は相手に意思がはっきりと伝わりますので、やり方だけ理解しておく形で基本的には非表示削除に留めておきましょう。 気まずい思いや険悪なムードは極力避け、非表示までで留めておけば今後の対応に影響も少ないかと思います。 その為、何か相手側からアクションがあった場合反応できるわけですから、既読無視などしていなければ相手への通知なくID検索でLINEの友達として復活させる 戻す ことが可能です。 他にも、別の友達から相手を紹介してもらうやり方や、相手のQRコードを読み取るやり方、相手から自分へのメールによる招待をするやり方、電話番号で検索するやり方などがあります。 どれに対しても、戻すことで相手にバレるという心配はありません。 非表示削除の場合このように復活 戻す の手順が楽なのが良い点ですね。 LINEの非表示削除やLINEのブロック削除、そのどちらであっても、友達削除した場合戻すときどうなるのかは皆さんきっと気になる点だと思います。 なお、LINEの場合、非表示削除から復活させる 戻す やり方はブロック削除と同じです。 ですが、LINEのブロック削除の場合、非表示削除と違って相手に知られる可能性があります。 なぜかというと、ブロック削除された場合、相手は一対一のトークから追加登録ができません。 LINEのグループトークからでも使いはできません。 こちら側のブロック解除の効果が維持されるからです。 これは、別の友達から相手を紹介してもらった場合も同様です。 相手へのメールによる招待や自分のQRコードを読んでもらったり、相手からID検索してもらうこともできません。 電話番号の検索も不可となっています。 ブロックされた相手側からは、友達リストに戻すことは基本的にできないということですね。 この非表示削除とブロック削除の違いは友達復活する際かなり大きな差となります。 ブロック解除した相手が唯一LINEの友達へ復活させることができるのは「ふるふる」のみです。 どうしても復活させたい方は「ふるふる」を試してみてくださいね。 さて、今回はLINEにおける非表示削除やブロック削除について解説してみました。 いかがだったでしょうか。 非表示削除の場合タイムラインの表示は残りますが、ブロック削除の場合は残りません。 友達として復活させたい場合も、非表示削除は簡単ですがブロック削除はふるふるしかできません。

次の

LINEのトークを非表示にする・非表示を解除して再表示(戻す/復活)する方法

ライン 非 表示 やり方

LINEの非表示削除とは非表示にした友達を『非表示リスト』から削除する事を指します。 非表示にした友達は友達一覧画面からも消えて、更に非表示削除する事で完全に友達としてのLINE上の繋がりも削除されます。 LINE上の繋がりが削除されると言っても相手とのトークルームまでは削除されません。 また、トークルームからメッセージを送ったりする事もできます。 メッセージは相手にちゃんと届いて既読もつきますが、設定によっては相手からのメッセージを受信する事ができなくなります。 友達以外からのメッセージ受信を拒否している場合、自分はメッセージが送れるが相手からのメッセージは受け取れないという不思議な状態となるので注意が必要です。 また、トークルームでも特に変わった状態になる事もありません。 ノートやアルバムも今まで通り使えます。 状態としては少しややこしいですが、相手側からは友達登録された状態のままでこちら側は友達登録してない状態となります。 その結果、相手(非表示削除された側)からはこちらのホーム画面を見れますが、こちら側からは相手のホーム画面が見れないなどの状態が発生します。 そういう仕組みなどもあったりしますが、相手側の画面からは友達削除された事がわかるような仕様にはなっていないようです。 しかし、設定に関係なく確実にメッセージを受信するケースがあります。 それはグループトークを使ったメッセージ送信です。 友達を非表示削除して友達以外からのメッセージの受信拒否を『オン』にしてる場合でも、相手と同じグループに参加している場合にはそのグループ内でのグループトークは受信するようになってます。 仮に、非表示削除した相手と2人だけのグループがあった場合、そのグループでメッセージを送信されると普通に受信するという事です。 もし削除した友達からメッセージを受信している場合、そのトークルームがグループトークである可能性が高いですね。 グループトークの場合のみ、上記でも解説したグループ通話で実際に通話する事も可能です。 グループトークでは非表示削除した相手とも関係なくトークや通話ができる仕組みなので覚えておきましょう。 どうしても拒否したい時はグループを脱退するしか方法がないですが、グループを脱退すると相手の画面に脱退履歴が残るのでその事も把握した上で脱退するようにしましょう。 まず結論から言うと、確実に確認できる方法はないという状態です。 仮に非表示削除されていても自分の画面ではそれを確認する方法は基本的にありません。 同じグループトークに参加していれば既読の数で少しは判断材料になりますが、それでも確実にわかるというわけではないですね。 また、ブロックされている場合でも同じような状態となるのでその判断も難しいところです。 基本的には既読がずっとつかない場合は非表示削除されてるかブロックされてるかという確認になるでしょう。 一応、友達の非表示削除を行っても相手にはバレないようになってますし、相手からトークメッセージがあれば確認できるようにもなってます。 ブロック削除のようにずっと連絡ができなくなるというわけではないので比較的やりやすいかもしれませんね。 非表示削除する前にトークルームでメッセージのやり取りをしておくか、グループを作っておくなどしておけばいざという時に連絡もしやすくなります。 つまり、非表示削除する時はトークルームを残しておくというのが一つのポイントですね。 逆にトークルームを非表示にしておきたい場合には非表示リストに相手を残しておくのが良いですよ。 非表示削除してしまうと完全に自分から連絡ができなくなる可能性が高いので。 その辺りに注意して非表示削除の機能を使うようにしましょう。 ちなみに、友達一覧画面から友達を非表示にする方法や非表示後の仕組みなどは以下で詳しく解説しているのでよろしければ参考にして下さい。 関連リンク•

次の

LINEの非表示とブロックの違いは?非表示設定の特徴と使い方

ライン 非 表示 やり方

LINEで友達を非表示にする非表示機能を使った事はありますか? 友達とLINE交換するとLINE上でどんどん友達が増えてきます。 しかも、人によっては一度LINE交換しただけで全く連絡の取らない友達なども意外と多いですよね。 友達が増え過ぎた時や友達を整理したい時などに非表示を使ったりします。 それ程何度も使う事はないかもしれませんが、非表示機能の使い方や仕組みを知っておくと便利です。 特に、非表示にした後で再表示させる方法や通知などに関しては気になる方も多いのではないでしょうか。 このページではLINEで友達を非表示にする方法や非表示にした友達を再表示(復活)させる方法など、非表示に関する情報をまとめているので参考にして下さい。 他人にバレたくないという理由で友達一覧から友達を非表示にした場合はトークルームも非表示にしておかないとあまり意味がありません。 トークを見られたくない場合はトークルームも非表示にできるので忘れずに対応するようにしましょう。 仮にトークルームをを非表示にした場合でも再表示の時にはトーク履歴が残っています。 非表示ではなく削除の場合はトーク履歴が消えてしまうので間違えないように気を付けましょう。 友達を非表示にしてトークルームも非表示にする時の注意点としては、メッセージ送信ができないという点です。 友達とトークルームの両方を非表示にしているとこちらからメッセージを送信する手段がなくなってしまうからです。 その点には十分注意が必要ですね。 仮に非表示にした相手から新しいメッセージがくるとトークルームが再表示されるので、そうなればトークのやり取りができるようになります。 他にもトークの非表示を復活させる方法があるので気になる方は以下を参考にして下さい。 関連リンク• メッセージのやり取りが必要ない相手の場合にはトークルームも非表示にして良さそうですが、メッセージを送りたい場合にはトークルームの非表示には注意しましょうね。 実際に非表示にする前のタイムライン投稿と、非表示にした後のタイムライン投稿を見てみると、どちらも正常に表示されていました。 このことから、友達を非表示にしてもタイムラインの表示には一切影響がないようです。 友達が投稿したテキストや写真はタイムラインに表示されますし、自分が投稿した動画なども友達のタイムラインに表示されました。 タイムラインの表示や非表示に関しては友達の非表示に関係なく『タイムラインの公開範囲』が優先されるようですね。 基本的には全て自分のLINE内での設定なので相手には一切影響がないからです。 また、自分のLINEの友達一覧画面から友達の名前が非表示になっても、相手(友達)のLINE画面には自分の名前が残っています。 仮に友達とトークルームの両方を非表示にしていても相手からメッセージがあれば新着のお知らせでプッシュ通知が送られてきます。 今までの形と全く同じなので友達を非表示にしたことが相手にバレるなどの心配をする必要もないでしょう。 非表示にした時の通知に関しては以下で詳しく解説してるので気になる方は参考にどうぞ。 関連リンク•

次の