プロテイン ホエイ ソイ。 ソイプロテインの効果とデメリット!飲むタイミングなども徹底解説

どう使い分ける?ホエイプロテインとソイプロテインの違いを比較してみた|筋トレブログ.com

プロテイン ホエイ ソイ

・太れるプロテインならフトレマックス 【売れ筋No. 1】 ・太れるサプリならプルエル 【人気商品!! 】 ・おすすめのプロテインランキング ソイプロテインとホエイプロテインとは? 冒頭にも書いたようにプロテインには ソイプロテインと ホエイプロテインがあります。 (一応カゼインプロテインもありますが省略) これらについてまずは見ていきましょう。 ソイプロテインとは何? ソイプロテインとは、その名の通り、 大豆(ソイ)を原料としたプロテインです。 大豆は畑のお肉と言われるくらい栄養価が豊富なことで有名ですが、 タンパク質も豊富に含んでおります。 大豆由来のタンパク質なので、 植物性タンパク質になっております。 ソイプロテインにはアミノ酸が複数個結合した大豆ペプチドが入っているのですが、 この大豆ペプチドはダイエットや 減量を促進したり、 筋力維持をする作用があります。 また、ソイプロテインは 腹持ちがよく吸収が遅いため、寝る前に飲んだり、 トレーニングオフ日などに飲まれることが多いです。 ホエイプロテインとは何? ホエイプロテインは、 牛乳を原料としているプロテインです。 ホエイプロテインはソイプロテインとは逆に、 吸収が早いのが特徴になっております。 牛乳と聞くと、お腹が痛くなる心配をされる方も多いですが、 最近のホエイプロテインは乳糖をカットしている商品も増えているので安心です。 このホエイプロテインは吸収が早いので、 運動をした直後に飲まれることが多いです。 また、食後の胃腸が活発なときに飲むのも効果的だと言われています。 筋肉を修復したり増強する作用があるので筋トレをする人にも向いています。 ソイプロテインとホエイプロテインの比較! ソイプロテインとホエイプロテイン、それぞれどんな人が飲むべきなのでしょうか? ソイとホエイで太りやすいのはどちら? ソイプロテインとホエイプロテイン、太りたいと思っている方はどちらを飲むと良いのかというと、 ホエイプロテインの方が太りたい人におすすめだと言えます。 動物性タンパク質が豊富ですし、ホエイプロテインは 糖質も豊富に含まれている商品が多いです。 糖質は体内でエネルギーとして使われ、余った分が脂肪へ変換されます。 そのため、より多くの糖質を摂ることが太る近道です。 糖質が豊富に含まれているホエイプロテインは太りやすいと言えます。 ソイとホエイでダイエット向きなのは? 先にも触れたように、 ソイプロテインはダイエット向きの植物性タンパク質です。 ホエイプロテインは体を大きくするために飲み、 ソイプロテインは 締まった体にするために飲まれることが多いです。 ソイプロテインには 代謝を上げる作用があります。 また、売られているソイプロテインには痩せるために効果があると言われる、 食物繊維が豊富に含まれている商品が多いです。 このことから、 ソイプロテインは痩せたい人が飲むものだと言えます。 とはいえ、ソイプロテインもタンパク質なので、 多く飲むことで筋肉を大きくすることは不可能ではありません。 筋肉を付けたいならホエイ?ソイプロテインじゃだめなの? 脂肪ではなく筋肉を付けたい人も多いと思いますが、ソイとホエイどちらが向いているのでしょうか? 筋肉を大きくしたいならホエイプロテイン ホエイプロテインに含まれる動物性タンパク質は、 傷ついた 筋肉を修復して回復させ、 大きくする作用があります。 筋肉はトレーニングで損傷し、回復する際に大きくなります。 回復するときにタンパク質が使われるのですが、 植物性に比べて動物性タンパク質の方が早く回復させます。 そのため、 ホエイプロテインを飲むことで筋肉が大きくなっていきます。 引き締まった体を作るならソイプロテイン 一般的に言われる「引き締まった体」を作るにはソイプロテインが向いています。 ホエイプロテインの筋肉を大きくする作用とは逆に、 ソイプロテインは 筋肉を維持したり、 脂肪を落とす方向の作用があります。 体を引き締めたいのであればホエイは避けてソイを飲むべきとされています。 このサイトをご覧になっている方は太りたい人や、筋肉を付けて増量したい人がほとんどでしょうから、 そういった方はホエイプロテインを飲むようにしたいところです。 おすすめのプロテインはどれ? ソイプロテインとホエイプロテインの違いはわかっていただけたでしょうか? 最後に、ソイプロテインとホエイプロテインのおすすめを紹介していきます。 ソイプロテインならボディウイングがコスパ最強 ボディウイングという会社のソイプロテインがコスパが良く人気になっております。 チョコレート味とストロベリー味もありますが、どちらも風味がするだけで美味しくはありません。 それなら無添加の方が牛乳などと飲むときに邪魔をしないのでおすすめです。 とはいえ無添加もあまり美味しいとは言えず飲みにくいです。 ザバスから出ているソイプロテインなど飲みやすいものもありますが、 コスパを追求するならこのボディウィングでしょうか。 ホエイプロテインならフトレマックスがおすすめ! ホエイプロテインでおすすめなのはでも書いているのですが、 フトレマックスというものがおすすめです。 この フトレマックスは太りたい人専用に作られたプロテイン(サプリ兼用)で、 低分子の 吸収率が高いプロテインや満腹感に影響を及ぼさない 果糖が入っています。 タンパク質や糖質が豊富で太りたい人にピッタリになっています。 そして、GABAやポリフェノールといった 精神安定成分も入っているので、 神経が繊細で食べられない人が多い痩せ型の人にも向いています。 このサイトからも 非常に売れており人気の商品になっており、非常におすすめなので、 是非詳細の記事をお読み頂けたらと思います。

次の

どう使い分ける?ホエイプロテインとソイプロテインの違いを比較してみた|筋トレブログ.com

プロテイン ホエイ ソイ

「ソイ」とつくものは大豆が原料のプロテイン• 「ホエイ」や「カゼイン」とつくものは牛乳が原料のプロテイン ひとくちにプロテインといっても原材料の違いで3種類あることがわかりました。 原料が違えば口にした時に得られる効果や吸収の速度が違います。 ここから3種類のプロテインの違いを解説していきます。 ご自分にあったプロテインを探してくださいね。 ソイプロテインの効果と特徴 ソイプロテインは「ソイ」と名のつく通り、大豆が原料のプロテインです。 ソイプロテインは消化吸収が緩やかに行われるため、 満腹感が持続しやすい(腹持ちがいい)という特徴があります。 そのため一般的にはダイエットに向いているプロテインとして認識されています。 大豆由来ということでイソフラボンを多量に含んでいるのも特徴のひとつです。 イソフラボンはエストロゲンという 女性ホルモンを同じような働きをするため、女性の美容や健康にも効果があるといわれています。 他にも骨を強くしたり、育毛効果もあるといわれていますよ。 しかしデメリットもあります。 元々が大豆ということで、どうしても 水に溶けにい、 独特の味があります。 専用のプロテインシェイカーを使ってシェイクしてもダマになってしまうことも結構な頻度であります。 こんな方におすすめ• プロテインでダイエットしたい• 健康、美肌になりたい• とにかく安いプロテインがいい• プロテインの味は気にしない ホエイプロテインの効果と特徴 ホエイプロテインは牛乳を原料としたプロテインです。 ヨーグルトを数日間冷蔵庫で放置しておくとヨーグルトの上に水分が出てきますよね?その液体のことをホエイといいます。 そのホエイの中に含まれるタンパク質を抽出したものがホエイプロテインになります。 他にもホエイにはビタミンやミネラルが含まれます。 もともとが液体のため、 身体への吸収もスムーズに行われます。 そのため 胃もたれや腹痛が起こりにくいと言われています。 「トレーニングをしたらすぐにプロテインでタンパク質を補給する」という情報は筋トレをする皆さんなら既に知っていることかと思いますが、ホエイプロテインは吸収が早いため 筋トレ直後に飲むのがおすすめです。 タンパク質を短時間で補給しつつ筋肉の回復効果も見込めるため、愛用者がおおいことも有名ですね。 他にもホエイにはアミノ酸が含まれています。 アミノ酸には筋トレで傷ついた筋肉を修復する効果が期待できるため筋トレにはもってこいです。 筋肉痛をすばやく回復してくれるため筋トレによって筋肉を大きくしたい人におすすめですよ。 こんな方におすすめ• 筋肉を増やしたい、ムキムキになりたい• コンタクトスポーツをプレイしている• プロテインで胃もたれを気にしたくない• 運動直後にプロテインをのみたい カゼインプロテインの効果と特徴 カゼインプロテインは牛乳を原料としたプロテインです。 同じ牛乳が原料のホエイプロテインとの違いは、カゼインプロテインは 水に溶けにくいという性質を持っているところです。 身近なところでいうと、カゼインはヨーグルトやチーズを固める働きをする成分です。 カゼインプロテインは飲んだ後に 身体に吸収されるスピードが緩やかなことが特徴です。 筋トレ後はすぐにタンパク質を補給できるホエイプロテインがいいのですが、カゼインプロテインは 運動をしない日に飲むことがよいと言われています。 タンパク質が緩やかに吸収されることで、長時間にわたって身体にタンパク質を補給できます。 さらに腹持ちがいいことでも知られています。 ついつい食べ過ぎてしまう人はカゼインプロテインで腹持ちをよくしましょう。 そう言った理由から 就寝前に飲むプロテインとしても人気のようです。 こんな方におすすめ• 運動しない日に飲むプロテインがほしい• 食べ過ぎを防止したい• 「ほうがいい」とぼかしているのには理由があります。 混ぜて飲んでも問題はありません。 しかし既に本記事で説明したとおり、「ソイ」「ホエイ」「カゼイン」のそれぞれのプロテインは違う役割を持っていますよね?ソイとホエイを混ぜることは「ダイエットをしたいのにムキムキになりたい」という逆のことを同時に実現しようとしています。 各プロテインには特性にあった飲み方があり、一緒に飲むことでその効力が弱まってしまいます。 筋トレをしてムキムキになりたい人が、ソイとホエイを10gずつ飲むよりも、ホエイを20g飲んだ方が効率がいいということを覚えておきましょう。 ソイを飲んでも無駄にはなりませんが、ムキムキを目指すのならホエイだけを飲んでいる方が良い結果に繋がります。 どうしても両方飲みたいという人は日をわけることをおすすめします。 筋トレをした日はホエイプロテイン• 筋トレをしない日はソイプロテイン を飲むのがおすすめの飲み方です。 おすすめのプロテイン ソイプロテインのおすすめ カゼインプロテインのおすすめは、バルクスポーツのビッグカゼインです。 カゼインプロテインはホエイプロテインと混ぜてあるものが多いのですが、このビッグカゼインは カゼインのみのプロテインです。 他にも必須アミノ酸やBCAAが含まれているのでトレーニングに最適です。 ビッグカゼインの最大の魅力は国内工場で製造されている安心感!プロテインは外国産が多いのでどうしても品質に目がいってしまいがちです。 国内工場で徹底した品質管理のもとで製造されているため安心して飲むことができます! まとめ:自分にあったプロテインを! 今回はプロテインの種類についてお伝えしました。 既に皆さんにはわかっていただいているとおり、自分にあったプロテインを見つけるのが一番大事です。 自分の目的にあったプロテインを選んで理想の体を手に入れましょう。

次の

プロテインにはどんな種類がある?種類によって異なる目的と飲み方を徹底解説

プロテイン ホエイ ソイ

見出し• ホエイプロテインとは? ホエイプロテインとは乳清プロテインとも呼ばれ、牛乳の中に含まれるホエイタンパク(乳清タンパク)という成分を抽出して作られているプロテインの事です。 牛乳に含まれるタンパク質の約二割程度がこの「ホエイプロテイン」です。 実はこのホエイプロテインは、非常に身近なところにもあるんですよ。 ヨーグルトの上に溜ってしまう、透明な液体がありますよね?あれは実はホエイタンパクの宝庫なんですよ! それではホエイプロテインの特徴やその効果を一緒に見ていきましょう。 摂取してから1~2時間で、血中にアミノ酸として取り込まれるので、運動や筋トレをする方がその直前直後に糖質と一緒に摂取する事で、その効果を各段に高める事が出来ます。 ボディビルダーのように身体を大きくしたり、短期間で筋肉をつけたいと言う方にオススメなプロテインだと言われています。 それを補うには、消化にある程度時間がかかる飲みものや食べ物(タンパク質など)と一緒に摂取すると良いでしょう。 ホエイプロテインの特徴と効果は以上です。 即効性があると言うのが一番の特徴のようですね! ソイプロテインとは? ソイプロテインとは「大豆」から抽出したプロテインの事です。 モデルや芸能人にも愛用者が多く「歩く補正下着」と言われているんです。 そんなソイプロテインの特徴と効果は以下の通りです。 そのため、美容・ダイエット目的として筋肉量をキープしたい方にオススメです。 なぜかと言えば基礎代謝が上がると脂肪が燃焼されやすく、蓄えにくくなるからです。 これによって、肌のターンオーバーが正常になり美肌効果が得られたり、結果的にアンチエジング効果も得る事が出来ると言われています。 しかし消化に時間がかかるので、身体の中に留まる時間も長く、イコール効果が長続きするとも言えます。 ソイプロテインに関しては、下記の記事の中でさらに詳しく説明させていただいているので、ぜひ合わせてご覧になってみてくださいね。 関連記事: それではダイエットにより有効なのは?ホエイプロテイン?それともソイプロテイン? どちらのプロテインも「筋肉量を増やす」事で「基礎代謝がアップ」すると言う点では同じ効果があります。 なので、どちらのプロテインもダイエットの大きな味方になってくれるのは間違いありません。 しかし、各プロテインの特質を比べると、ダイエットにより効果的なのは「ソイプロテイン」と言えますね。 ソイプロテインの摂取で期待できる筋肉は、脂肪になりにくい事、効果が長続きする事、そしてダイエット以外にも美肌・アンチエイジング効果などの女性に嬉しい効能があると言う事から判断しても、これからダイエットをしたいと言う方には「ソイプロテイン」をオススメします。 逆に、身体を大きくしたい、例えばボディビルダーやアスリート体型を目指す方には「ホエイプロテイン」がオススメです。 いかがでしたか?一口にプロテインと言っても、その効能は原材料によって違ってくるんですね。 目的に応じて摂取するプロテインの種類を変えればプロテインの効果をより実感する事が出来るのでないでしょうか。 関連記事: スポンサーリンク.

次の