バンタム四天王。 本日のRIZIN情報・・・【DEEP】メイン26秒決着 大塚RIZIN四天王を挑発「全員ブッ倒してやるよ」…全試合結果(スポーツ報知)を含む4記事他を紹介!|“Show”大谷泰顕(『熱血道』絶賛配信中!)|note

本日のRIZIN情報・・・【DEEP】メイン26秒決着 大塚RIZIN四天王を挑発「全員ブッ倒してやるよ」…全試合結果(スポーツ報知)を含む4記事他を紹介!|“Show”大谷泰顕(『熱血道』絶賛配信中!)|note

バンタム四天王

昔々、あるところに、堀口恭司という絶対王者がおりました。 堀口恭司 史上最強のMade In JAPANと呼ばれる、最強戦士です。 米国で最も大きい総合格闘技団体である UFCで活躍した後、 RIZINに舞台を移し、 連戦連勝 その後、日本の RIZINと Bellatorという米国で二番目に大きい総合格闘技団体のタイトルの 史上初の二冠王となりました。 堀口恭司への挑戦をかけ、バンタム級四天王 は熾烈な争いを始めました。 そんな中、堀口選手には一歩及ばずとも、圧倒的な実力を見せる4人の日本人選手は バンタム級四天王と呼ばれました。 彼らは時に堀口選手に挑戦するも破れながらも、 堀口選手への 再 挑戦権をかけ、熾烈な争いを始めます。 4名の簡単な紹介は以下!急いでいる人は読み飛ばしてOK• 佐々木憂流迦 うるか : 人呼んで寝技天狗。 堀口同様、UFCでも活躍の逆輸入ファイター。 寝技に定評がある• 石渡伸太郎: 打撃・寝技両方出来るオールラウンダー。 RIZINのバンタム級トーナメントでは決勝で堀口恭司に破れ、準優勝• 元谷友貴: 元DEEPの寝業師。 RIZIN 17で堀口恭司と戦い、判定までもつれるも敗れた• 扇久保博正: 強力なグラップリングを武器にする。 実はバックボーンは極真空手。 RIZIN 11では堀口恭司に判定負け そこに、新進気鋭の 朝倉海 が現れました。 堀口選手は強すぎ、かつ強豪であるバンタム級四天王は四天王内での戦いの最中なので、これといった対戦相手が見つからず、募集をかけることにしました。 怪我と欠場を謝罪する堀口恭司選手 申し訳ございません。 膝をケガしてしまい、手術をしました。 大晦日のRIZIN. 20には出られません。 中略 対戦相手の朝倉海選手に対しても、申し訳ない…。 「本当に申し訳ない…」 堀口恭司選手のコメントより RIZIN「朝倉海とマネル・ケイプで勝ったほうがチャンピオンね」 最高の盛り上がりを見せていたバンタム級戦線ですが、堀口選手は長期欠場のため、自身からタイトルの返上し、チャンピオンがいなくなってしまいました。 そして、空いたバンタム級チャンピオンの決定戦として 朝倉海 VS マネル・ケイプ が決定しました。 マネル・ケイプは強豪ではありますが、過去には朝倉海に一度破れているばかりか、堀口恭司や佐々木憂流迦にも破れており、 バンタム級4天王よりも1ランク下の選手でした。 誰もが、 朝倉海がチャンピオンになり、怪我から回復した堀口恭司を迎え撃つというストーリーを想像しました。 ところが、勝ったのはマネル・ケイプ!!新チャンピオンの誕生 これは私の母のためであり、私は父のようなチャンピオンになると約束しています。 今、彼女は安心して休むことができ、彼女の息子は世界チャンピオンであり、誰もがそれを知っています。 こうなってくると、 バンタム級は混沌としてきます。 マネルケイプを倒した佐々木憂流迦、を倒した朝倉海、を倒したマネルケイプ、を倒した堀口恭司、を倒した朝倉海、を倒したマネルケイプ、を倒した・・・・ 一方、バンタム級四天王の堀口争奪戦で勝ち上がったの扇久保 一方、バンタム級四天王は熾烈な生き残り競争を続けていました。 そして今に続く 打倒: 堀口恭司を胸に仕舞い、王座に挑む バンタム級四天王最強の男「扇久保博正」 朝倉海を葬った 新王者「マネル・ケイプ」が迎え撃つ まさかの 敗戦から復活をかける朝倉海 怪我からの 復帰を目指す堀口恭司。 ブランク・KO負けの影響は如何に? 次回 RI Z IN. 22 4. 19 YOKOHAMA ARENA コロナ影響により、中止になってしまいました。。。 RIZINの榊原CEOはその代わりに夏のビッグイベントという大きい仕掛けを考えているようです! それを楽しみに待ちましょう!! 中止になってしまった幻のRIZIN 22のポスター.

次の

髙田延彦が「RIZIN.18」を振り返る。大金星の朝倉海と陣営を絶賛【髙田横粂の世相談義】

バンタム四天王

2019年8月18日 日 ドルフィンズアリーナ 愛知県体育館 で開催された『RIZIN. 18』のメインイベントは、朝倉海(トライフォース赤坂)がRIZIN&Bellator世界バンタム級王者・堀口恭司(アメリカン・トップ・チーム)を1R1分08秒でKOするという衝撃的結末に沸いた。 大会終了後、榊原信行RIZIN CEOは「いろいろな格闘技のイベントを主催し、見てきましたけれど、本当に歴史が動く瞬間がこの『RIZIN. 18』名古屋の地で起きたんだなと。 続けて「何を置いても朝倉海選手と堀口選手。 これから2人のドラマも始まっていくと思いますし、ある意味、RIZINの新章、ニューチャプターがスタートする」と、RIZINに新たな時代が訪れたとする。 さらに、今回の試合を堀口陣営が一度オファーを断った、という話も。 「堀口選手と契約して向き合って、これまで断ってきたことはないですが、今回の朝倉海(戦)は断ってきました。 『やる意味がない』と。 本当にそうだと思うんですよね。 とはいえ、やる意味がない、自分のなかで朝倉海と戦う意味を見つけられないという中で、『でも恭司、考えてみて。 じゃあ、いま契約的に問題のない、僕らが連れてこられる選手で、やる意味のある選手って誰かいる?』と。 それで(朝倉海の地元の)名古屋で(大会が)あって、朝倉海以上に日本の格闘技を盛り上げるというテーマの中で今の恭司の前に立つふさわしい選手っていなくないか? というところで、30分後に『やっぱり受けます』と言ってきました。 榊原CEOは「まず堀口はほぼ記憶が飛んでいる。 さっき会見後にここでも会ったんですけれど、みなさんの前で喋ったこともウロ覚えでした。 完全KOではないけれど、かなりの衝撃をもらっているので、少し休ませる必要がある。 本人の気持ちはそう(すぐにリマッチ)でしょうけれど、プロモーターとしても早ければ10月、12月に組みたい。 海とも終わった後に話しましたが、今回はこの試合を受けた堀口恭司の男気に、彼もリング上で感謝していましたが、プロモーターとしても感謝していますし、必ず、堀口が求めるリマッチには応じるというのが朝倉海の立ち位置だと思います。 しっかりドクターチェックして、堀口の身体の部分のオーバーホール、ダメージが残っていないか、その期間が取れれば、それこそ10月か12月に。 リマッチ(の時期)は早いと思います」と、堀口のダメージを考慮したうえで年内に再戦を組みたいとした。 「いろんな格闘技のイベントを主催し、見てきましたけど、ほんとうに歴史が動く瞬間が、この『RIZIN. 18』名古屋の地でおきたんだなと。 追いかける朝倉海、失うものがないと言われながらも、緻密に、綿密に堀口恭司を丸裸にして作戦を立てて、この1戦に臨んだ。 ガムシャラに自分の思いだけをぶつけにきたわけではなくて、冷静に勝つためのタクティクスを持って臨んだ試合だったなと思います。 追われる者というのは常に研究されて、チャンピオンも更なる進化を遂げなくてはいけないんだなと。 儚くて切ない、タイトロープを歩く勝負の世界の厳しさと面白さを見せてもらった素晴らしい試合だと思います。 何を置いても朝倉海選手と堀口選手。 これから2人のドラマも始まっていくと思いますし、ある意味、RIZINの新章、ニューチャプターがスタートする。 『バンタム級四天王』と言っている場合じゃない、でしょうね。 いろんな意味で10月のマッチメークを考えていたんですけど、もう一度、フラットにして考え直すぐらい衝撃的な格闘技のダイミミズムが詰まった試合だった。 大晦日などにタイトルを賭けてリマッチの可能性は? 「まず堀口はほぼ記憶が飛んでいる。 さっき会見後にここでも会ったんですけど、みなさんの前で喋ったこともウロ覚えでした。 海とも終わった後に話しましたけど、今回はこの試合を受けた堀口恭司の男気に、彼もリング上で感謝していましたが、プロモーターとしても感謝していますし、必ず、堀口が求めるリマッチには応じるというのが朝倉海の立ち位置だと思います。 『やる意味がない』と。 本当にそうだと思うんですよね。 とはいえ、やる意味がない、自分のなかで朝倉海と戦う意味を見つけられないという中で、『でも恭司、考えてみてと。 じゃあいま契約的に問題のない、僕らが連れてこれる選手で、やる意味のある選手って誰かいる?』と。 それで(朝倉海の地元の)名古屋で(大会が)あって、朝倉海以上に日本の格闘技を盛り上げるというテーマのなかで、いまの恭司の前に立つふさわしい選手っていなくないか? というところで、30分後に『やっぱり受けます』と言ってきました。 本人のなかでは気持ちを作る時間、たぶんBellatorのケージに入ることで、いったんホッとしたと思うんです。 だから、6月の試合で2冠を巻いて、そこからこの2カ月弱の間に、対戦相手を受け容れて、闘うハングリーさや貪欲さ、いろんなものをもう一度自分のなかに纏うということができる選手が、朝倉海ではなかったんだと思います。 じゃあ朝倉海以外にいるのかと。 でもチャンピオンとはそういう立ち位置だと思う。 逆に堀口はもっと強くなると思います。 確実に借りを返さないといけない相手も出来たし、負けることで強くなる。 予定調和がみんな一番面白くない。 サプライズがあって、ジャイアントキリングがあって、そこから次のドラマが始まる部分もある。 ほんとうに王座にいられる期間というのは限られるのかなと。 それをほんとうにどのタイトルを持っている世界王者も防衛し続けるのは大変なんだなと。 どの世界でも、あの堀口でもこういう目に遭う。 僕のなかでは、征矢選手がこのRIZINに出て、一皮むけた。 非常に注目していました。 征矢選手のこれまでのキャリアとは違う、潜在的に持っている能力がRIZINに出たことで開花しているなと。 あとは、浜崎選手の強さ。 アムもいい選手でしたし、その選手にノンタイトル戦に臨むタイトルホルダーはほんとうにやりにくいのだと思います。 モチベーションを作ることが大変だと思います。 そのなかでアムに勝つことができた。 チャピオンとしての凄さを見せた。 凄みを感じました」 <関連記事>.

次の

【みんなの反応】「堀口恭司と戦えずに死んだら嫌ですよね」バンタム四天王が心のうちを明かすRIZINCONFESSIONS#41が熱い!熱すぎる!

バンタム四天王

1R開始すぐ、白川が右のストレートで突っ込むと、大塚は金網際でスリップしたが、すぐタックルで組み付いて倒す。 すぐ背後に回ろうとすると、白川が苦痛の表情を浮かべ、異変に気付いた和田良覚レフェリーが右肩の脱臼を察知しストップした。 大塚は「納得行っていないです。 僕との衝突で(肩が)外れたかもしれないですけど、白川選手ともう一度やりたいですね。 白川選手、いい選手と思ったので、いい試合なると思うので、やりたいです」と決着戦を希望した。 さらに「あと、RIZINは『バンタム級四天王』とか勝手つけてるけど、俺、忘れてんじゃねえぞ。 全員ぶっ倒してやる」と話し、石渡・扇久保博正・佐々木憂流迦・元谷友貴のRIZINバンタム級四天王に宣戦布告した。 1R、横山が中盤からタックルでテイクダウンを繰り返し、しばらくトップをキープする。 牛久もタックルを突き放してからサッカーボールキックを2度出すが、当たりは浅い。 記者採点は主導権を維持した横山。 2Rも横山が押し込んで倒そうとするが、牛久は耐えブレイク。 スタンドの打撃戦で、お互いパンチを当て、どちらも慎重だが、やや牛久のヒットが多いか。 記者採点は牛久。 3R、横山が度々押し込むが、牛久は金網を背にしながらアームロックを仕掛けてテイクダウンをしのぎ続ける。 アームロック自体の極まりは浅い状態が続くが、最後に牛久がテイクダウンを奪って好印象を残す。 記者採点は牛久。 合計28-29で牛久。 僅差のラウンド続きの接戦だったが、牛久がジャッジ3者から支持され判定勝ちした。 1R、安西が押し込むと、佐藤がアームロックで迎撃するが、安西は足を掛けて倒しながら外し上になる。 安西がパウンドを落とすと、佐藤は下から足関を狙うが、安西は防御し、トップをキープする。 だが膠着しブレイクがかかりスタンドに戻る。 記者採点はサブミッションで2度チャンスを作った佐藤。 2Rも安西がタックルを仕掛け、佐藤がギロチンで迎撃を狙うが、安西は防御し、金網際で上になる。 すると安西は後頭部を切り出血しドクターチェックを受け、ストップがかかる。 佐藤は肘打ちによる有効打をアピールしたが、審判団はアクシデントの可能性があるとして判断を保留し、ここまでの内容で裁定するテクニカル判定に。 記者採点は2Rがイーブンで合計20-19で佐藤。 ジャッジ2者が支持した安西の勝利となった。 DEEP競技運営機構は後日映像をチェックし、佐藤の有効打と判明した場合、佐藤のTKO勝ちとなる。 素早くマウント、バックと動き、オンブの状態で裸絞めを極めてタップを奪った。

次の