西野 七瀬 写真 集。 乃木坂46西野七瀬の写真集が▼▼▼な売り上げ!? 中1で彼氏持ち!?

乃木坂46西野七瀬の写真集「風を着替えて」の売上好調!川島小鳥がカメラに収めた彼女の魅力とは【画像・動画】

西野 七瀬 写真 集

現在、アイドルシーンの中心となっている乃木坂46・人気メンバー・西野七瀬がマルタ共和国とイタリアへ旅立った。 女性ファッション誌『non-no』の専属モデルでもある彼女が、ピースフルでみずみずしい表情を見せる。 カメラマンは『未来ちゃん』で講談社出版文化賞写真賞を受賞するなど、若者に多くのファンを持つ川島小鳥。 デザインはブックデザイン界の巨匠、祖父江 慎。 まさに時代の才能が集まった作品となっています。 巻末には本人語りおろしで綴るピースな旅行記も収録。 まるで一緒に旅をしたような、あたたかな気持ちになれる写真集がここに完成しました。 【著者略歴】 西野七瀬 にしのななせ 1994年5月25日生まれ。 大阪府出身。 人気アイドルグループ乃木坂46の人気NO. 1メンバー。 『non-no』の専属モデルもつとめる。 川島小鳥 かわしまことり 『未来ちゃん』 講談社出版文化賞写真賞 、『明星』 第40回木村伊兵衛写真賞受賞 など、今、多くの若者に支持される新進気鋭の写真家。 西野さんのファンです。 何度も読み返していますが、やっぱりいい写真集です。。 後にでたフォトブック「わたしのこと」もいいですが、そちらの西野さんはもう完成されすぎていて、写真も鮮明なデジタル。 それはそれで良さがありますが綺麗すぎるんです。 「風を着替えて」の西野さんは可愛さの中にも脆さが隠れていて触れただけで落ちてしまう花弁のようなんですよね。 そんな儚げな西野さんの表情や動き、マルタの街並みや衣装の色鮮やかさがとてもマッチしていて、見てるだけでとても心地よいです。 一枚一枚がまるで絵画のようです。 「わたしのこと」は絵画を見るというよりは、西野さんの人となりやファッション・メイクを知れる、西野さんに憧れる女子のための参考書、として読んでいます私は。

次の

blog.yhathq.com: 西野七瀬写真集 風を着替えて: 川島 小鳥, 西野 七瀬: 本

西野 七瀬 写真 集

現在、アイドルシーンの中心となっている乃木坂46・人気メンバー・西野七瀬がマルタ共和国とイタリアへ旅立った。 女性ファッション誌『non-no』の専属モデルでもある彼女が、ピースフルでみずみずしい表情を見せる。 カメラマンは『未来ちゃん』で講談社出版文化賞写真賞を受賞するなど、若者に多くのファンを持つ川島小鳥。 デザインはブックデザイン界の巨匠、祖父江 慎。 まさに時代の才能が集まった作品となっています。 巻末には本人語りおろしで綴るピースな旅行記も収録。 まるで一緒に旅をしたような、あたたかな気持ちになれる写真集がここに完成しました。 【著者略歴】 西野七瀬 にしのななせ 1994年5月25日生まれ。 大阪府出身。 人気アイドルグループ乃木坂46の人気NO. 1メンバー。 『non-no』の専属モデルもつとめる。 川島小鳥 かわしまことり 『未来ちゃん』 講談社出版文化賞写真賞 、『明星』 第40回木村伊兵衛写真賞受賞 など、今、多くの若者に支持される新進気鋭の写真家。 西野さんのファンです。 何度も読み返していますが、やっぱりいい写真集です。。 後にでたフォトブック「わたしのこと」もいいですが、そちらの西野さんはもう完成されすぎていて、写真も鮮明なデジタル。 それはそれで良さがありますが綺麗すぎるんです。 「風を着替えて」の西野さんは可愛さの中にも脆さが隠れていて触れただけで落ちてしまう花弁のようなんですよね。 そんな儚げな西野さんの表情や動き、マルタの街並みや衣装の色鮮やかさがとてもマッチしていて、見てるだけでとても心地よいです。 一枚一枚がまるで絵画のようです。 「わたしのこと」は絵画を見るというよりは、西野さんの人となりやファッション・メイクを知れる、西野さんに憧れる女子のための参考書、として読んでいます私は。

次の

乃木坂46西野七瀬の写真集「風を着替えて」の売上好調!川島小鳥がカメラに収めた彼女の魅力とは【画像・動画】

西野 七瀬 写真 集

西野七瀬の写真集がヤバイ 乃木坂46のメンバーの 写真集が発売ラッシュを迎えています。 しかもその売り上げがハンパないです。 西野七瀬さんのセカンド写真集「 風を着替えて」が何と12万部超え! AKB48の 前田敦子さん、 小嶋陽菜さんの記録を軽く抜き去りました。 グラビア写真集は5000部、10000部売れれば大ヒットいわれる中、この数字は驚異的です。 出典:写真集「風を着替えて」 撮影についても、七瀬さんにとってずいぶんと満足だったようです。 こんなにたくさんの方に見ていただけたこと、とてもうれしいです。 撮影は本当に楽しくて、撮影中は難しいことは考えずに、旅行を楽しんでいるみたいな感覚でした。 恥ずかしかったです。 (水着は)着たくないです 水着姿になるのにはすごく抵抗があったファースト写真集の頃と比べたら、ずいぶんと心境が変化していますね。 それだけ腹をくくって撮影に望んだということでしょう。 この中で、完全に否定することもできないのが「けんし」との仲です。 中1(中学一年生)の頃のクラスメイトとされる人からの情報です。 dclog. dclog. 彼氏の名前も明らかにはなっていませんが、符合する点も多いだけに、否定することのできない情報と捉えられています。

次の