マイ ナンバーカード 写真。 スマホで「マイナンバーカード」を申請してみた

顔写真のチェックポイント

マイ ナンバーカード 写真

「スマホで撮影してもOK」と言っても、背景がある顔写真は個人番号カードの申請には利用できない、 個人番号カードの交付申請をする方法は、郵便、パソコン、スマホ、まちなかの証明用写真機と4パターンがあるが、いずれの場合も申請者の顔写真が必要だ。 郵便で申請する場合、写真の規格は縦4. 5cmで、個人番号カード交付時には縦2. 20cmに縮小される。 スピード写真や写真店で撮影してもらう写真のほか、自分でスマホやデジカメで撮影した写真を使うことが可能だ。 ただし、パスポートや運転免許の写真と同様に、正面、無帽、無背景などいくつかチェック項目があり、不適切な写真は弾かれてしまう。 パソコンやスマホからオンライン申請する場合の画像の規定は、以下のとおり。 6ヵ月以内に撮影した写真(正面、無帽、無背景)• 明るく鮮明な写真• ファイル形式:jpeg• ファイルサイズ:20KB~7MB• ピクセルサイズ:幅480~6000ピクセル、高さ480~6000ピクセル なお、画像編集ソフトで加工した画像などは、受け付けてもらえない場合があるので、注意が必要だ。 顔写真を撮影するときのチェックポイントはに案内があるので、撮影前に確認しよう。 1(Internet Explorer 11)、Mac OS X 10. 10(Safari 7. スマホの場合は、Android 2. 0 (デフォルトブラウザ )、Android 4. 1(Chrome 41)、iOS 8. 2(Safari 8. 1)となっている。 パソコンやスマホから申請する場合、メールアドレスの登録が必要になるが、 の直前が「.」や「.」が2つ以上連続するメールアドレスはオンライン申請には利用できない。 スマホでキレイな顔写真が撮れるアプリ 交付申請用の写真を自分で撮影すれば、何度も撮り直しが可能で、気に入った写真を使える点が、自分で撮影するメリット。 デジカメでもOKだけど、証明写真用に特化したスマホアプリなら、顔の傾きや画面に対する顔の位置などがわかる。 そこで、個人番号カード用の写真撮影にも利用できる、スマホ・iPhone向けの証明写真アプリを紹介する。 パスポート写真.

次の

マイナンバー(個人番号)カード用の写真を撮影したい。

マイ ナンバーカード 写真

7月から申請開始となる「マイナポイント」や確定申告での優遇など、保有することでさまざまなメリットが享受できるマイナンバーカード。 10万円の特別給付金申請を機に作成した方がいる一方で、「気になっているけど、まだ申請ができてない」という方も少なくないだろう。 そこで本記事では、マイナンバーカードの4つの申請方法と申請にまつわる疑問とその回答を紹介したい。 これから申請を行う方は、ぜひ参考にしてほしい。 マイナンバーカードの4つの申請方法と必要書類 マイナンバーカードの申請するには、「オンライン」「郵送」「窓口」「証明写真機」の4つの方法がある。 いずれの方法でも、実際にカードが発行されるまでには1か月ほどの時間を要するため、早めに申請を行っておこう。 マイナンバーカードの申請には、期限は設けられていない。 マイナポイントや確定申告での利用、身分証明書としての利用する可能性がなければ、慌てて申請をする必要はないだろう。 オンライン(スマホ/PC) 自宅から一番簡単に申請できるのが、オンラインでの手続き。 マイナンバー通知カードと一緒に送付された「個人番号カード交付申請書」に記載されている申請書ID(23桁)を使って、パソコンやスマホから申請ができる。 詳細は以下の記事も参考にしてほしい。 【参考】 2. 郵送 郵送で手続きを行う場合は、個人番号カード交付申請書に必要事項を記入し、顔写真(縦4. 5cm)を貼り付け返信用封筒に入れて投函する。 郵送途中で写真が剥がれ申請のやり直しにならないよう、写真の裏側に氏名と生年月日を記載しておこう。 もし、個人番号カード交付申請書が手元にない場合は、マイナンバーカード 総合サイト内のからプリントアウトする。 窓口 マイナンバーカードは、お住まいの市区町村の窓口からでも申請可能だ。 窓口での申請時に必要となる書類等は、以下の通り。 ・マイナンバー通知カード ・印鑑 ・本人確認書類 ・証明用顔写真1枚(直近6か月以内に撮影した、正面、無帽、無背景のもの。 証明写真機 あまり知られていないのが、街中にある「証明写真機」からの申請だ。 実は、証明写真機の中には、「個人番号カード申請」のメニューが用意されているものがある。 交付申請書のQRコードをバーコードリーダーにかざし、そのまま写真撮影を行う。 画面の指示に従い、必要事項を入力していけば、それで申請が完了してしまう。 「カード読み取りに対応したスマホ、パソコンのカードリーダーライタがない方」「平日に市区町村の窓口に行けない方」は、証明写真機からの申請を検討しよう。 カードの受け取りは市区町村の窓口へ 申請には4つの方法があるが、交付されたカードは市区町村の窓口でのみ受け取れる。 その際、マイナンバーカードの「暗証番号(4桁)」、「署名用電子証明書の暗証番号(英数字6文字以上16 文字以下)」を決める必要があるため、事前に考えておくとスムーズだ。 申請後、カードが出来上がると市区町村から「交付通知書」というハガキが届く。 それを持って、市区町村の窓口に行き、受け取りの手続きを行おう。 市区町村の窓口に行く際は、以下のものを準備する。 マイナンバーカードの申請に関する疑問 最後に、マイナンバーカードの申請に関する疑問とその回答を紹介する。 特に、子供の分もマイナンバーカードを作るべきか、写真はどのようなものを用意すればいいか迷っている方は参考にしてほしい。 子供でもマイナンバーカードは作れる?必要性は? 年齢を問わずマイナンバーカードは作成可能だ。 ただし、15歳未満の子供の場合、申請は法定代理人となる親権者が行う。 申請時には、子供本人も市区町村の窓口に行くことが必要だ。 中には、「子供の分もマイナンバーカードを作成する必要性があるのか?」と疑問に感じている方もいるだろう。 たしかに、大人に比べると必要性は薄いかもしれないが、運転免許証を取得できない年齢の場合、公的な身分証明書として使用できる点はメリットと言える。 子供がアルバイトをする際にも、勤務先にマイナンバーを伝える必要があるため、その都度住民票などの書類を取得せずに済むのも利点だ。 写真はどんなものを用意すればいい? マイナンバーカードは明分証明書にもなる以上、「写真にはこだわりたい」という方も少なくないだろう。 しかし、写真をアプリで加工すると受け付けられないケースもあるため、無地背景・無加工の写真を使うようにしよう。 また、写真は「6か月以内に撮影されたもの」「正面・無帽・無背景」という条件がある。 オンラインからの申請時には、「jpeg」「ファイルサイズ20KB~7MB」「幅480~6000ピクセル、高さ480~6000ピクセル」のものを用意しよう。 顔写真の例は、マイナンバー総合サイトの「」からも確認できる。 写真なしで申請できる? マイナンバーカードの申請には、顔写真は必須だ。 顔写真入りのものを避けたいのであれば、マイナンバー通知カードを使い続けるか、マイナンバーが記載された住民票などを番号証明のために利用するしかない。 申請書IDがわからない、無くしてしまった時は? 申請書ID(交付申請書)が手元にない場合、お住まいの市区町村に問い合わせ交付申請を行う必要がある。 「マイナンバーはわかる」という場合なら、から「手書用の交付申請書」をダウンロードし、申請することも可能だ。 文/oki.

次の

マイナンバー「個人番号カード」の写真をスマホで撮影して申請する方法

マイ ナンバーカード 写真

2020. 09 2020. 11 仕事・お金 kiki マイナンバーカードの写真はアプリでの加工や変更もできる?服装の決まりは? 2016年から始まったマイナンバーカード。 個人の情報を一括管理することで、行政のサービスを受けやすくするうえ、個人が受ける様々な手続きの手間を軽減することができます。 とはいえ、マイナンバーカードを持っているという人は、まだまだ少ないかもしれません。 身分証明になるマイナンバーカード。 紙のマイナンバー通知カードを郵送したり、スマートフォンやパソコンなどから申請することで、マイナンバーカードを受け取ることができます。 そんな申請の際に必要となる顔写真。 どんな決まりがあるのでしょうか。 スポンサーリンク 目次• マイナンバーカードの写真はアプリでの加工してもよい? 最近では手軽にスマートフォンのアプリで写真を加工することができます。 流れ作業のように写真を撮られてしまう運転免許証の写真は、変えたくても変えることができません。 マイナンバーカードの写真は、自分で写真を申請するだけに、出来るだけうつりの良い写真にしたいと思うのは当然かもしれません。 そんなマイナンバーカードの写真、アプリなどで加工しても良いのでしょうか。 マイナンバーカードの写真は、顔認証の際に使われることになります。 なので顔の輪郭を変えたり、まぶたを二重にしたりするなど、目や鼻・口などの顔のパーツを加工すると、顔を認証することができなくなる恐れがあります。 とはいえ、写真が暗かったりするのもよくないそう。 多少、画像を明るくする程度ならば問題ない場合もあるかもしれません。 マイナンバーカードの写真は変更もできる? マイナンバーカードの写真、一度申請してカードが手元に届いたとしても変更することはできるのでしょうか。 マイナンバーカードは原則、10年ごとの更新となっています。 写真の変更は、更新のたびに行うこととなります。 10年間、使い続けるマイナンバーカードなので、自分の納得した写真で作るといいですね。 マイナンバーカードの写真の服装の決まりは? マイナンバーカードの写真を撮る際、服装の決まりはあるのでしょうか。 マイナンバーカードの顔写真のポイントとしては、着ている服装よりも、顔がはっきりと識別できるかどうかにポイントが置かれているようです。 顔の向きについて マイナンバーカードの顔写真は正面を向いている写真であることが必要です。 また規定写真サイズの中心に顔が映っていること。 顔が左右上下によって写っていたり、顔を傾けていたり、横を向いていたりするのはだめ。 帽子、ヘアバンド、メガネ、サングラス、マスク、眼帯について 帽子やサングラスはしないこと。 また、ヘアバンドなどで頭が隠れてしまっていたり、大きな髪飾りなどで、頭や顔の輪郭が隠れてしまうのはダメ。 また、髪型については、前髪が長くて目元が見えにくかったり、髪のボリュームが大きく顔が小さく見えてしまうような場合も良くないそう。 メガネをかけているのは良いとしても、メガネに反射して、顔が分かりにくくなっていたり、メガネのフレームが大きかったり太かったりして、顔や目を隠してしまったりするのはダメ。 それから、マスクや眼帯などで、顔のパーツが隠れてしまうのもダメ。 スポンサーリンク 背景について マイナンバーカードの写真を撮る際の背景にも気を使う必要があります。 例えば、背景に柄があったり、影がはっきりと映っていたり。 椅子に座って取る場合には、背もたれが写真に写り込まないようにすることも必要です。 顔の後ろは、背景が何もない状態であることが望ましいです。 表情について マイナンバーカードの写真は、大笑いしていたり、変顔しているのはダメのようです。 通常の顔で撮影することが望ましいとされています。 またフラッシュをたいた時に目が赤くなってしまうことがありますが、それもダメだそう。 写真の画質について 自宅で写真を印刷する場合には、プリンターの状態により、画質が悪くなることもあるかもしれません。 マイナンバーカードの写真では、そんな画質の乱れもダメ。 また写真を取り込む際に、たてよこ比が変更されてしまうなんてこともあるかもしれません。 マイナンバーカードの顔写真は、そんな縦横比の変形もよくありません。 また顔写真にフレームを付けるなどの装飾もよくないです。 まとめ 『マイナンバーカードの写真はアプリでの加工や変更もできる?服装の決まりは?』としてまとめてきました。 免許証や保険証などと同様、身分証明の役割も果たすマイナンバーカード。 顔写真は、個人を特定する上でとても重要となります。 アプリなどで、目を大きく加工したり、二重にしたり、輪郭をかえたりするのは個人の特定ができない可能性が有ります。 顔認証ではじかれないためにも、写真を加工したり、装飾などはしない方が良さそうです。 最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございました。

次の