自分に合った仕事。 自分に合った仕事とは?正しい仕事の選び方を解説【転職の実体験】

「自分に合った仕事」を見つけよう!天職・適職に出会うための方法

自分に合った仕事

自分に合う仕事「天職」とは? そもそも自分に合う仕事とはどんなものなのでしょうか。 まず仕事があなたに合っている時に感じられる4つの実感をご紹介します。 この中のどれか1つでも当てはまる場合、その仕事はあなたに合っていると言えるでしょう。 実感1:強いやりがいを感じている 仕事は忙しいし、体力的にもしんどい…けど一方で強いやりがいを感じている。 この場合、その仕事はあなたに合っています。 仕事が合っていなければ、辛い面ばかりに目がいってしまいます。 辛さだけが心と身体に蓄積していき、ひどい場合には鬱になってしまうことも。 しかし苦労を抱えつつもやりがいを感じることができるのは、あなたがその仕事に合っているからです。 やりがいは、仕事から満足感を得るために最も大切なものです。 仕事にやりがいを感じることができているなら、既に天職に出会っているとも言っても過言ではありません。 無意識のうちに仕事をしているような状態だ。 そしてそれが苦じゃないんだ。 実感2:「仕事が楽しい」と感じている 仕事をしていて楽しいと感じているなら、それは自分に合った仕事を既に見るけることができている証拠です。 この仕事が自分の将来にどう役に立つのか、スキルは得られるのか、夢につながるのか…など、仕事が楽しいだけでいいのか?と不安になることもあるかもしれません。 しかし仕事が楽しいということは、仕事を続けていく上でかなり重要な要素なのです。 スキルや資格のことを考えて選んだ仕事でも楽しさを感じられず、結局欲しかったスキルや資格が手に入らないまま仕事を辞めることになってしまう事態はよくあります。 ですので、多少の不安や悩みがあっても仕事を楽しいと感じることができているのなら、よく考えず簡単に他の仕事に変えてしまうと後悔してしまうかもしれません。 友人などに「いまの仕事楽しいよ」って言える状態だな。 実感3:大変なこともあるが充実している 仕事に対してやりがいを持てているのかどうかわからない…と「やりがい」という言葉がしっくりこないかもしれません。 では充実感の視点から考えてみましょう。 仕事は大変でも、そのおかげで毎日が充実していると感じることができていますか? 誰に言われるわけではなく、勤務時間外にも仕事にプラスになるような勉強をしたり資格を取ろうとしたり…仕事が充実している証拠です。 逆に「仕事のせいで他のことに時間がとれない」「仕事のせいでプライベートが充実してない」とイライラしたり焦りを感じてしまう場合はその仕事はあなたに合っていません。 実感4:成果を出している 今の仕事を好きで選んだわけではないかもしれません。 やりたいとも思っていなかった仕事かもしれませんし、次の転職のステップアップのための腰掛け程度に考えていることもあるでしょう。 しかしもし その仕事で自分がきちんと成果を出している、と実感できているのならその仕事はあなたに合っています。 仕事が合っているかどうかの判断で大きなポイントとなるのは、「好きかどうか」という気持ちの面と「得意としているか」というスキルの面です。 たとえ今の仕事を好きだと感じていなくても成果を出せているのなら、適切な努力ができていて仕事に見合ったスキルを持っているということです。 これからも成果を出し続けたい、今以上に成績を伸ばしていきたいという前向きな気持ちが少しでも自分の中にあるのなら、将来的にその仕事で更に能力が開花する可能性も十分考えられます。 秘書ひとみ 今の仕事が自分に合っているのか迷っているときは 今までの自分を振り返り、自己分析もしてみたけどやっぱり今の仕事が自分に合っていると確信できない…そんな時は、自分自身に2つの質問をしてみましょう。 以下の2つの質問のどちらかに「はい」と答えられるのなら、今の仕事はあなたの天職となる可能性を秘めています。 質問1:「今の仕事に自分は夢中になれているのか?」 今の仕事が好きだと感じたり、やりがいを感じたりすることはあまりないかもしれません。 しかし仕事に夢中になってしまっている自分はいませんか? 仕事を始めるといつの間にか時間があっという間に過ぎていたり、もっと時間があればいいのに、と思ってしまうことがあればあなたは仕事に夢中になっている証拠です。 仕事が合っていなければ、勤務時間が苦痛に感じ、退社時間を待つだけの毎日となってしまいます。 仕事に夢中で時間の経過が早く感じるのは、自分に合った仕事ができているからです。 もちろん毎日ということではなく、夢中になれるときがどのくらいあるのかを考えてみよう。 質問2:「今の仕事に自分は使命感を感じているか?」 少し視点を変え、責任感という面から考えてみましょう。 今の仕事に対して、「自分がやらないと」「他の誰にも任せられない」という使命感を感じていますか? 会社とは本来、一人が抜けてもその穴を補いながらビジネスを回し続ける組織です。 極論、あなたが抜けても会社はどうにかなるのです。 にも関わらず、自分の仕事に対して強い使命感を持っているのは、あなた自身が心の中で「自分がこの仕事をやりたい」と思っているからではないのでしょうか。 この仕事を通じて世の中を良くしていきたい、私の人生を充実させたいとおもっているのであれば大丈夫です。 今は大変かもしれませんが、いずれその仕事が天職と思える時がくる可能性はかなり高いです。 すぐに転職活動に移るよりも、「天職となるかも」という視点を持ちながら仕事をしてみることをおすすめします。 一度冷静になって静かな場所で考えを整理してみよう。 ステップ1:これまでの経験を振り返る まずはこれまでの自分の経験を振り返ってみましょう。 どんな子供で、どんな家庭環境で育ち、何に興味を持っていたか…という根本的なところから考えてみてください。 学時代何を専攻したのか、なぜ今の仕事を選んだのか、など一つ一つ振り返ることで、 今まで気がつかなかった自分の人生の共通点や軸を発見することができるかもしれません。 また今まで忘れていた過去の夢や目標を思い出すこともあるでしょう。 それらを全てしっかりとノートやメモに書き留め、自分に合った仕事を探すヒントにしてください。 ステップ2:好きなこと、得意なことを自己分析 学生時代に就職活動の際に多くの人が経験する自己分析。 社会人になった今、もう一度同じことをやってみましょう。 学生時代に考えた好きなこと、得意なことと実際に仕事をしてから知った好きなこと、得意なことには多少なりとも違いがあるはずです。 たとえば「人と話すのが好き」だと学生時代は自己分析していたけれども、実際仕事をしてみると客先に営業に行くよりもデスクの上で企画書を書いている方が何倍も楽しかった、ということは多々あります。 本来自分が好きだと思っていたことと、実際に仕事として好きなことは何なのか、その2つの共通点を探ってみましょう。 また好きだとまでは思わなくても自分が得意なことは必ずあるはずです。 今の仕事で自分が得意だと思うことを項目として書き出してみてください。 そしてその具体的な作業をもう一つ大きな枠でくくってみましょう。 例えば、得意なことが「事務処理」だとしたら、「スケジュール通りに作業を進める進行能力」を持っているからだ、と自分の武器となっている能力が見えてくるはずです。 そして 好きなことと得意なこと、このどちらかの要素を備えた仕事こそがあなたの天職となるものです。 この2つを軸に仕事を探すと、仕事選びに失敗することはまずありません。 ステップ3:多くの経験を積む そしてもう1つ、大切なステップがあります。 多くの経験を積むということです。 今の仕事が合わない、と思ってもすぐに転職することができる人はほとんどいません。 会社へは前もって通知する必要しなければならず、次の就職先がすぐに決まらないこともあります。 今の仕事をきちんと引き継ぐか、もしくは終わらせなくてはいけません。 その次の仕事に行くまでの期間を無駄にせず過ごすことが今後自分に合った仕事を見つけられうかどうかを大きく左右します。 今の仕事の中で今までやってこなかった業務に積極的にチャレンジしてみるようにしましょう。 急成長のIT業界。 未経験者からでもチャレンジする方法があります。 参考: ステップ4:専門のキャリアアドバイザーへ相談する 今の仕事があっていなく日々辛い思いを長い間しているなら転職することを選択肢として考えましょう。 貴重な人生、合わない仕事に長時間拘束される日々はあまりにもったいないです。 自分に合った仕事につける人生とそうではない人生では幸福度が大きく変わってきます。 自分のこれまでのキャリア・経験・スキルを元に自分に合った仕事を紹介してくれます。 そして今は転職エージェントはたくさんあります。 自分の経歴にあった転職エージェントを選ばなりません。 たとえば同じ20代でも、3,4年ビジネス経験のある20代と、現在フリーターで職歴なしの20代では転職エージェントが異なります。 こちらでタイプ別にキャリアカウンセラーがアドバイスしてくれる転職エージェントをご紹介していますので、「自分に合った仕事探し」にぜひ活用してください。

次の

自分に合った仕事はどう探す?就職/転職成功の為に適職診断を解説!

自分に合った仕事

働くとはどういうことか 就活が本格化し、連日苦戦中、内定獲得済み、内定をとりまくり等々、同世代の中でも悲喜こもごも、様々な境遇に分かれているところだろう。 面接などの際、就活生が語るのに苦労するテーマの一つは志望動機だ。 絶対にやりたいこと、好きなことがあり、それが仕事となっている企業を受けるのであれば話は簡単。 その熱い気持ちを伝えればいい。 しかし、往々にしてそこまでの強い動機はない場合の方が多い。 安定収入だけが魅力、ということだって珍しくない。 そういう場合どう言えばいいのか。 このことを考えていくと、最終的には「仕事とは何か」「働くとはどういうことか」という問題に突き当たる。 ベストセラー『』で知られる養老孟司さんは、同書の続編にあたる著書『』で、若者に向けて、自身の「仕事論」を語っている。 養老さんならではの含蓄に富んだ仕事論を引用してご紹介しよう。 ここで養老さんは、「自分に合った仕事がない」と言ってなかなか働かないニートの人を念頭に、話を進めている(以下、『超バカの壁』より)。 *** ネット書店で購入する• 「自分に合った仕事」なんかない (ニートなど働かない人を)調査をすると、働かないのは「自分に合った仕事を探しているから」という理由を挙げる人が一番多いという。 これがおかしい。 20歳やそこらで自分なんかわかるはずがありません。 中身は、空っぽなのです。 仕事というのは、社会に空いた穴です。 道に穴が空いていた。 そのまま放っておくとみんなが転んで困るから、そこを埋めてみる。 ともかく目の前の穴を埋める。 それが仕事というものであって、自分に合った穴が空いているはずだなんて、ふざけたことを考えるんじゃない、と言いたくなります。 仕事は自分に合っていなくて当たり前です。 私は長年解剖をやっていました。 その頃の仕事には、死体を引き取り、研究室で解剖し、それをお骨にして遺族に返すまで全部含まれています。 それのどこが私に合った仕事なのでしょうか。 そんなことに合っている人間、生まれ付き解剖向きの人間なんているはずがありません。 そうではなくて、解剖という仕事が社会に必要である。 ともかくそういう穴がある。 だからそれを埋めたということです。 何でこんなしんどい、辛気(しんき)臭いことをやらなきゃいけないのかと思うこともあるけれど、それをやっていれば給料がもらえた。 それは社会が大学を通して給料を私にくれたわけです。 生きている患者さんを診なくていいというのも、解剖に向かった大きな理由です。 一番助かったのは、もうこれ以上患者が死なないということ。 その点だけは絶対安心でした。 人殺しをする心配がないからです。 しかし患者さんを診るという行為から逃げ出しても、遺族の面倒だとか何とかもっと大変なことがありました。 社会、仕事というのはこういうものです。 いいところもあれば、悪いところもある。 患者の面倒の代わりに遺族の面倒を見る。 全部合わせてゼロになればよしとする。 あとは目の前の穴を埋めていれば給料をくれる。 仕事とはそもそもそういうものだと思っていれば、「自分に合った仕事」などという馬鹿な考え方をする必要もないはずです。 NHKの「プロジェクトX」に登場するサラリーマンも、入社当初から大志を抱いていた人ばかりではないでしょう。 半端仕事はいけないよ 合うとか合わないとかいうよりも大切なのは、いったん引き受けたら半端仕事をしてはいけないということです。 一から十までやらなくてはいけない。 それをやっていくうちに自分の考えが変わっていく。 自分自身が育っていく。 そういうふうに仕事をやりなさいよということが結論です。 最近は、穴を埋めるのではなく、地面の上に余計な山を作ることが仕事だと思っている人が多い。 社会が必要としているかどうかという視点がないからです。 余計な橋や建物を作るのはまさにそういう余計な山を作るような仕事です。 もしかすると、本人は穴を埋めているつもりでも実は山を作っているだけのことも多いのかもしれません。 しかし実は穴を埋めたほうが、山を作るより楽です。 労力がかかりません。 普通の人はそう思っていたほうがいいのではないかと思います。 俺が埋めた分だけは、世の中が平らになったと。 平らになったということは、要するに、歩きやすいということです。 山というのはしばしば邪魔になります。 見通しが悪くなる。 別の言い方をすれば仕事はおまえのためにあるわけじゃなくて、社会の側にあるんだろうということです。 虫取りが仕事だったら 若い人が「仕事がつまらない」「会社が面白くない」というのはなぜか。 それは要するに、自分のやることを人が与えてくれると思っているからです。 でも会社が自分にあった仕事をくれるわけではありません。 会社は全体として社会の中の穴を埋めているのです。 その中で本気で働けば目の前に自分が埋めるべき穴は見つかるのです。 社会のために働けというと封建的だと批判されるかもしれません。 「自分が輝ける職場を見つけよう」というフレーズのほうが通じやすいのかもしれません。 しかしこれは嘘です。 まず自分があるのではなく、先にあるのはあくまでも穴の方なのです。 向き不向きだけでいえば、私は仕事に向いていないとずっと思ってきました。 仕事よりも虫取りに向いていると今でも思っています。 虫取りをしている間、自分で全然違和感がない。 ただ、そればかりやっていても食っていけないということはわかっています。 向いている虫取りをするためには、どうすべきかと考える。 すると、財産も何もないし、とりあえず働くしかない。 だから仕事には向いていないと思うけど、やめろと言われるまではやっていいのではないかと思っているのです。 本気で自分の仕事は天職だと思っている人はめったにいません。 仮に虫取りが向いていても、それが仕事になっていいかというと、そうでもないでしょう。 もしも虫取りが仕事になるとしてそれが嬉しいかといえばうっかりすると重荷になってしまうかもしれない。 楽しんでいられることというのは、ある程度無責任だからこそなのです。 *** 昨年養老さんは80歳になった。 いまでも働いている。 それは虫取りのためでもあるだろうが、きっと目の前にまだ穴がたくさんあるからなのである。 デイリー新潮編集部• あわせて読みたい関連本•

次の

自分に合う仕事がわからない時の選び方5選!決め方の基準・ポイントは?

自分に合った仕事

自分に合った仕事の見つけ方とは? 仕事を選ぶ基準にはいくつかポイントがありますが、その中でも特に重要なのは 「その仕事が自分に合っているかどうか」です。 いくら給料が良くても自分に合った仕事でなければ続けるのは難しいですし、何より本人にとってその仕事が自分に合っていないと分かっていながら続けることは苦痛を伴います。 入社してから 「こんなはずじゃなかった」と後悔しないように、自分に合った仕事を選びたいものですよね。 では、自分に合った仕事の見つけるにはどうすればよいのでしょうか。 自分に合った仕事を「ミイダス」のスカウトオファーの中から探してみよう 「ミイダス」は、大手転職エージェント「doda」の系列サービスで、自己診断&転職支援のできるアプリです。 ミイダスでは、 転職市場における自分の価値が、「転職後の想定年収」という形で算出され、さらに 自分の市場価値を認めてくれた企業から、転職のオファーが届くという仕組みになっています。 業種・業界が自分に合っている 仕事には様々な業種・業界があります。 例えば、人と話すことが好きな方や初めて会う人にも物怖じしないタイプの方であれば、飲食業・サービス業などの人と接する仕事に携わる業界が適しているといったように、自分の性格に合うということも仕事選びの基準になります。 また、 自分のスキルや経験に合っているかどうかで選ぶのも大切です。 もし、モノづくりに携わる製造業やプログラミングをするIT業界などの経験があり、その仕事が自分に合っていると感じているのなら、キャリアを重ねていくのも良いですね。 たとえ経験がなかったとしても、 インターンシップを導入している企業や 未経験者歓迎の企業もありますので、諦めずに条件に合った求人を探してみましょう。 職種が自分に合っている 業界は事業の種類ですが、 職種は仕事の種類です。 例えば、『小売業』と一口に言っても職種には販売職や営業職、仕入れを担当するバイヤーなどもあるように、業界が同じでも職種には様々なものがあります。 業界の雰囲気が自分に合っていると感じても、職種が自分に合っていなければ「自分に合っている仕事」とは言えません。 自分はこの業界で何をしたいのかを洗い出し、その中で自分の希望に合った職種を選びましょう。 働き方が自分に合っている 労働基準法では給料を得る人は全て『労働者』となりますが、働き方にはそれぞれ 処遇や待遇が異なります。 たとえ業種や職種が自分に合っていると感じる仕事でも、働き方が合わなければ仕事を続けることは困難です。 また、雇用形態によっては働く期間が定められているものや企業ごとにルールが定められている場合があるので気を付けましょう。 まずは、どんな働き方があるのかを理解した上で、その処遇や待遇が 自分に合った働き方かどうかを見極めましょう。 社風が自分に合っている 社風は一言でいうと 『会社の雰囲気』です。 意外にも「会社の雰囲気に馴染めない」という理由で退職される方も多いため、仕事を選ぶ上での大事なポイントになります。 社員の個性や価値観などが合わさって会社の雰囲気を作りますが、社長自身の理念が社風となって表れている企業もあります。 また、仕事の進め方も社風によって異なります。 同じ業界や職種であっても、個人の裁量が大きい企業もあれば、チームの和を重んじる企業もあります。 社風は入社してみないと分からない部分もありますが、 企業HPや求人の口コミサイトから社員の雰囲気を感じ取ることが出来ます。 場合によっては職場見学が可能な企業もあるので、そういった機会があれば積極的に参加しましょう。 自分に似た仲間が集っている 職場での人間関係の構築は、円滑に業務を進めるためにも大切です。 自分の 考え方や価値観が似ている人が多い職場であれば、働くことも楽しく「自分に合っている」仕事だと実感できます。 ですが、逆に合わない人たちが多い職場では、仕事の進め方が違ったりコミュニケーションがうまくいかなかったりして、ストレスを感じる要因となります。 また、仕事の進め方や価値観に留まらず、単に 「気が合う」仲間との仕事は楽しいものです。 その楽しさから仕事が自分に合っていると感じることが出来るでしょう。 自分に合う会社に転職できる?20代なら「JAIC」に相談してみよう 今の仕事は天職ではないと思うなら、もっと自分に合う仕事を探してみましょう。 しかし下手に転職すと、年収が下がったり、ブラック企業を引いてしまうこともあります。 もしあなたがまだ20代ならチャンス。 早めに JAIC(ジェイック)に相談してみましょう。 JAICは、 社会人経験の少ない20代向けの就職支援サービスです。 正社員として通用するよう、しっかりとビジネス研修を行ったうえで、 若さに可能性を感じてくれるホワイト企業との出会いを提供してくれます。 自己分析をする まずは、 自分を知ることから始めましょう。 学生の方はこれまで頑張ってきたことや困難だったことなどのエピソードを書き出します。 そして、そのエピソードを更に 深掘りしていくことで自分の考え方を客観視することが出来ます。 例えば、部活やアルバイトで「頑張った」「やり切った」と感じたことがあれば『なぜ頑張れたのか・どのように頑張ったのか』など、自分に問いかけて掘り下げていきます。 就業経験がある方は、これまでの会社での 成功体験や失敗体験を通して「何が成功だったのか」「どんなところが失敗だと感じのか、それをどのようにして乗り越えたのか」を考えてみましょう。 キャリアプランを立てる 自己分析を通してなりたい自分や目指す方向性が見えてきたところで、次はそのキャリアを実現するために必要な道のりを逆算しましょう。 例えば、「未経験だけどシステムエンジニアになりたい」という人は、そのスキルをどのように積んでいくのかを考えていきます。 そうすることで、未経験歓迎の企業で経験を積んだり、学校に通ったりする等の選択肢が見えてきますね。 また、 キャリアの棚卸しも大切です。 ここでしっかり自分の職歴を整理しておくことで、次のキャリアへの足掛かりとなるポイントが見つかります。 これまで自分が培ってきた経験をふまえ、これからやっていきたい仕事へ繋げていきましょう。 世の中にはどんな会社があるのかを知る 総務省統計局のデータによると 事業所数は約578万件あります。 この数字から、世の中にはいろんな企業があることが分かりますね。 そして、企業の数がこれだけあるように、職業も様々です。 テレビや本などで知った職業以外にも「こんな仕事があるのか」といった珍しい仕事もあります。 世の中にどんな会社があるのかを調べるのにとっておきの方法は 『業種別タウンページ』です。 今はインターネットでも閲覧が可能になっており、地域と業種をクロスさせて検索することが出来ます。 今まで知らなかった、 自分に合いそうな仕事を知るきっかけになるのでおすすめです。 参考: 自分に合った仕事の見つけ方 仕事を見つける準備が整ったら、いよいよ仕事を探してみましょう。 求人サイトには企業の情報はもちろん、募集要項から採用条件が自分に合っているかを簡単に調べることが出来ます。 なるべく多くの 求人サイトを見比べるようにしましょう。 また、実際に企業で働いた社員の声を反映した 口コミサイトや、 転職エージェントに直接アドバイスを求めるのも良いですね。 求人サイトによってはWEBで 適職診断を行なっているところもありますので、大いに活用しましょう。 多くの求人情報を見て比較してみる 求人サイトにはそれぞれ 強みがあります。 新卒採用に強いサイトや転職者向けに力を入れているサイト、社員の声である口コミをメインにしているサイトなどがあります。 まずは、自分の状況に合ったサイトを選びましょう。 「そういえばこのキーワードを入れてよく検索しているな…」と感じたら、それは自分の中で 優先順位の高い項目です。 求人サイトによって条件を選択する項目が変わる個所があるので、なるべく多くの求人サイトを見比べてみましょう。 気になる仕事や会社があったら口コミを見てみる どんな会社なのかは実際に働いてみないと分からないですが、働く前に知ることが出来るのが 口コミサイトの存在です。 口コミサイトには会社の評判が分かるものや、実際に働いている・働いていた方の声が載っているものなどがあります。 気になった企業があれば、企業ホームページや求人サイトに掲載されている情報を確認した上で口コミサイトをチェックしてみましょう。 社員の本音を知ることが出来るとともに、会社の雰囲気を感じることが出来ます。 特に元社員の方の声は、退職に至った理由も含めて忖度のない意見を知ることが出来ます。 とはいえ、口コミを気にし過ぎて 意見に流されないように気を付けましょう。 転職エージェントに尋ねてみる 転職を希望されている方は『転職エージェント』を利用してみましょう。 転職活動をしている方の多くは就業しながら一人で求職活動をしているため、情報を集めるたり応募したりするのも一苦労です。 ですが、人材サービスのプロである転職エージェントのサポートを受けることで、 二人三脚で転職活動を進めることが出来ます。 また、自分が知らなかった強みに気付くことができたり、これまで検索では出てこなかった新たな企業と繋げてくれたりと、色々メリットがあるのでおすすめです。 WEBで適職診断をしてみる 求人サイトの多くはWEB上で 適職診断のコーナーを設置しています。 適職診断とは、いくつかの質問に答えるだけで自分に合った職業を知ることが出来るコンテンツです。 自分の「やりたい仕事」はすぐ分かりますが、自分に「合っている仕事」見つけるのは容易ではありません。 また、 自分自身を客観的に見るのはなかなか難しいものです。 仕事探しをする上で、自分の性格や仕事での特徴などを様々な角度から知ることは、求職活動の大きなヒントとなります。 ぜひ積極的に活用しましょう。 適職診断をしてみたほうがよい理由 自分の強みがわかる 自分が得意としていることは自分が一番良く分かっている…と思いがちですが、意外と自分の知らない強みがあるものです。 とはいえ、自分を客観的に見るのは難しいですよね。 強みが増えると自分に自信がつくだけでなく、仕事選びの選択肢も広がります。 これまでチェックしていなかった業種や職種を見ることで、より自分に合う仕事が見つけやすくなるでしょう。 自分の 新たな可能性が、適職診断で見つかります。 自分の弱みがわかる 強みと同様に、自分の弱みについても適職診断で客観的に知ることが出来ます。 短所は長所になり得る可能性を秘めています。 例えば、短気な人は『スピーディーに物事を進めることが出来る人』と捉えることが出来ますし、頑固な人は『意思が強い人』ともいえます。 ここで大切なのは、単に言葉を裏返すのではなく、 弱みを強みへと昇華するところにあります。 適職診断で気付いた弱みを強みへと変えていくことで、求職活動を有利に進めることが出来ます。 「自分は強みと言えるものがないし…」と思っている方は、ぜひ弱みを強みに変えていきましょう。 知らなかった仕事に出会える 求職活動をしている方の多くは、自分の興味のある仕事やこれまでの経験を活かした仕事などに絞って探している方が多いかと思いますが、自分が知っている職業は 意外と少ないものです。 ですが、適職診断ではこれまで知らなかった仕事に出会えることが出来ます。 また、もし知っている仕事であったとしても、それが自分に合っているかどうかは自分だけでは分かりません。 そして「なんとなく合っている気がする」という感覚とは違い、適職診断の結果には 根拠があります。 この根拠を元に仕事を探すことで、より自分に合った仕事を見つけやすくなるでしょう。 志望動機を書くのに役に立つ 適職診断の結果には自分の性格や行動などを客観的に知ることが出来ます。 そして、その結果は志望動機を書く際に役立ちます。 例えば、営業職を目指している方であれば「自分の強みである粘り強さで目標達成に執着し、どんな困難な状況にあっても必ず達成してきました」という風に、具体的なエピソードを交えた上でその人の人間性も分かるような志望動機を書くことが出来ます。 就活へのモチベーションが上がる 求職活動を続ける中で モチベーションを維持・向上させることは大切です。 求人検索や履歴書作成、面接などを続けていくと、知らず知らずのうちにモチベーションが低下してしまいます。 また、就職活動が初めての方にとっては慣れないことの連続で不安になってしまい、なかなかやる気が出ない方もいらっしゃるのではないでしょうか。 適職診断を受けることで 今の自分の状況や状態を整理し、向かうべき方向が明確になります。 目標が明確になることで意欲が高まり、モチベーションを向上することが出来ます。 企業への就職だけでない可能性も見つかる 適職診断から見えてくる仕事は、企業への就職とは限りません。 人によっては自分が 起業して会社を立ち上げ、運営側にまわって自分が求める仕事を作り上げる道もあります。 また、適職診断で自分が就きたい職業が見つかったものの「経験が足りないまま就職するのは不安…」と感じる方は、 インターンとして働いて経験を積み、自信をつけてから就職するのも良いでしょう。 自分のペースで自由に働きたい方は、 フリーランスという選択肢もあります。 適職診断の結果は、企業への就職だけではない 新たな可能性が見えてくるのです。 自分に合った仕事がわかる適職診断サービス 求人サイトはそれぞれの対象者に向けた内容になっています。 サイトによって掲載されている求人が異なりますので、自分の状況に合ったタイプのものから始めてみましょう。 というのも、適職診断で導き出された結果に合った仕事をそのサイト内で紹介してくれるからです。 新卒・二次新卒の方向けの求人や 中途採用の方向けの求人など、企業が求める人材にあった求人が多いサイトのほうが見つかる仕事も多くなりますので、自分にとってどのサイトが合っているのかを 見比べてみましょう。 リクナビ リクナビは『株式会社リクルートホールディングス』のグループが提供しているポータルサイトです。 学生のためのインターンシップ・就職準備情報が掲載されている【 リクナビ】や、社会人向けの転職サイト【 リクナビNEXT】などがあります。 また、派遣を希望する方に向けた【 リクナビ派遣】も人気です。 就職のプロと仕事を探せるエージェントサービスもありますので、一人での仕事探しが不安な方は活用してみるのもいいですね。 登録企業数が多いこともリクナビの特徴です。 そのため求人数が多く、様々な業種や職種から選べるので選択肢の幅も広がるでしょう。 マイナビ マイナビは『株式会社マイナビ』が運営しているポータルサイトです。 学生の方向けの 【マイナビ】や転職を希望する方向けの 【マイナビ転職】などがあります。 特に学生向けの就職情報が充実しており、会員登録すると自分の求職者の学校で人気の企業をチェックできるサービスもあります。 そして、社会人向けの就職サイトでは看護師や保育士・介護職に特化したサイトで求人を探すことも出来ます。 雇用形態にこだわらず、 ライフスタイルに合った仕事を探せるサイトが多いこともマイナビの特徴です。 キャリアインデックス キャリアインデックスは『株式会社キャリアインデックス』が運営しているポータルサイトです。 このサイト最大の特徴は他の転職サイトに掲載されている求人を まとめてチェックできるという点にあります。 転職活動ではいろんな転職サイトに登録して仕事を探す方が多いですが、サイトへの登録が面倒だったりそれぞれのサイトをチェックしたりするのも大変ですよね。 キャリアインデックスは 40以上の転職サイトと提携し、共通したフォーマットを使って登録するため、主要転職サイトに 一括で登録することが可能です。 転職サイトに合わせて履歴書や職務経歴書を作成する手間も無くなりますので、よりスムーズに転職活動を進めることが出来ます。 情報をうまく活用して自分に合った仕事を見つけよう 就職ポータルサイトの充実により求職活動を始めやすくなった半面、情報量の多さから『今の自分に必要な情報』を見極めることが求められます。 自分に合った仕事を見つけるためにもまずは 適職診断で自分を知ることから始めましょう。 そして、自分の傾向に合った業界や職種を知り、 求職者別の求人サイトを選んで仕事を探しましょう。 就職ポータルサイトでの情報をうまく活用していくことが、自分に合った仕事を見つける最大の近道になります。 少し先の未来の自分を想像しながら、天職といえる仕事を探していきましょう。 関連記事.

次の