ボー ちゃん の 本名。 ボーちゃん名言・名セリフ|クレヨンしんちゃん名言集

【クレヨンしんちゃん】ボーちゃんの本名は井川棒太郎?206話の相撲大会でガンバるゾで判明?

ボー ちゃん の 本名

クレヨンしんちゃんの ボーちゃんといえば、つかみどころのないマイペースな男の子ですね。 そんなボーちゃんには、彼の 親に関する、さまざまな奇妙なうわさが飛び交っています。 というのは、不思議なことに、ボーちゃんの親は全く素性が明らかになっていないためです。 クレヨンしんちゃんの数あるミステリーのなかでも、ボーちゃんの親に関する話は、いま最も注目されている話題でしょう。 ということで、ここでは クレヨンしんちゃんのボーちゃんの親の奇妙な設定と、本名の噂8つについてご紹介していきます。 クレヨンしんちゃんの、ボーちゃんの親の奇妙な設定 クレヨンしんちゃんの数々いるキャラクターのなかでも、ボーちゃんの家族ほど謎に包まれているキャラクターは他にいないでしょう! そんなボーちゃんの親だからこそ、とっても 奇妙な設定がたくさん見つかります。 ぜひ、ボーちゃんの親の奇妙な設定について、ご一緒にいろいろと考えてみてくださいね。 特に 主要なキャラクターである、しんのすけ、ネネちゃん、マサオくん、風間くんの家族は、しょっちゅう登場しますよね。 スポンサーリンク しかし、同じく主要なキャラクターであるはずの ボーちゃんだけは、まったく家族と過ごしているシーンが無いのです! 理由も不明のままなのですが、運動会や、他の園児の保護者がいるイベントなどでも、決してボーちゃんの親の姿はありません。 そうなると、一瞬、ボーちゃんには何らかの理由で両親が いないのかと疑いますよね。 でも、ボーちゃん本人が言うには、しっかり両親はいて、しかも 近所に暮らしているのだとか! そうなると、ますますボーちゃんの家族が人前に姿を現さないのが、奇妙に思えてきます。 しかしやはり、画像を見ていただくと分かるように、 髪型くらいしか詳細がわからない描き方をされていますよね! このシーンのおかげで、ようやくわかったボーちゃんのお母さんの情報は以下の通りです。 ボーちゃんのことは、ボーちゃんと呼ぶ• ボーちゃんからは、ママとよばれている• 黒髪のミディアムヘアーである たったこれだけの 情報ですが、ボーちゃんのお母さん史上、もっとも情報が明らかになったシーンでした。 たしかに、ご近所さんからいじめられていると、なるべく身を隠そうとしてしまうのも分かりますね。 でも、もし本当にそのような理由だとすると、あまりにも ブラックな設定ではないでしょうか? スポンサーリンク とは言え、こども向けアニメに思われているクレヨンしんちゃんですが、過去にも意外とブラックな 人間関係が描かれていたりするので、ご近所いじめもあり得ない設定ではありません。 せっかく明るい雰囲気のあるクレヨンしんちゃんだというのに、この悲しいうわさが、決して 真実では無いことを祈るばかりですね。 一軒家で、しかも幼稚園の近所でボーちゃんの家族が生活していれば、何らかの情報が周囲にもれてるはずでは?と思えますね。 それでもやっぱり、ボーちゃんの家族は、ボーちゃん以外は全員が 正体不明のままです。 もしお母さんだけが正体不明なら、お母さん 個人が恥ずかしがり屋だとか、人に言えない仕事をしているとか、いろいろな可能性を考えられると思います。 ですが、家族ぐるみで気配を消しているとなると、家族全員が スパイや殺し屋などの特殊な家業なのではないか、とさえ思えますね。 考えてみれば、公式で発表されているボーちゃんの 特技のひとつに、気配を消すというものや、鼻水を自由自在に武器にできるということが挙げられます! もしや、これらの特技は、ボーちゃんが暗殺者や忍者の類だということを示しているのかも知れません。 ネネちゃんたちが、そう思ってしまうのも無理はありませんよね! ボーちゃんは、他の園児たちが絶対にできないような 妙技も、ササッとこなせてしまうからです。 なぜかタップダンスを一瞬で習得できたり、手裏剣を使いこなせたり、そして鼻水を自由自在に操ることができちゃうような児童です! そのうえ、本名や家族についてなんにもわかっていないとなると、もう 宇宙人としか思えなくなっても仕方ないでしょう。 もしも、仮にボーちゃんが宇宙人なのだとすれば、家族があまり人前にでたがらないのも、 フルネームを明かさないのもわかります。 スポンサーリンク ボーちゃんが、地球にはないようなものすごい 言語のフルネームを持っているかも、と思うと、ますます気になりますね。 クレヨンしんちゃんの、ボーちゃんの親の本名の噂 他のキャラクターは、ほとんどが細かく フルネームを設定されているというのに、ボーちゃんだけは今も昔も「ボーちゃん」で通称されていますね。 加えて、先ほどからご紹介していますように、ボーちゃんの 家族も全く登場することがないため、未だにボーちゃんのフルネームは明かされていません。 そこで最も可能性が考えられているのが、ボーちゃんの家族は、本名と顔がバレるとまずい仕事をしているのではないかということです。 たとえば、どんな職業が該当すると思いますでしょうか? おそらく普通の職業ではなくて、スパイ、探偵などの スゴイ職業の可能性もあるかもしれません。 ボーちゃんが、手裏剣を自在に操っていたシーンもありましたから、もしかして忍者なのかもしれませんね! クレヨンしんちゃんが日本で愛され続けて、かれこれ数十年が経ちますが、いまだにボーちゃんの本名の手がかりはありません。 つまり、ボーちゃんは外国籍の男の子で、彼の家族も中国や韓国の人かもしれないと言われているのです。 たしかに、思いがけない発想ではありますが、ボーチャンという響きは 外国語にも聞こえますね。 もちろん、この噂の正しさについての根拠はまったくありませんが、ファンの間でもけっこう支持されている、有力なうわさになっています。 そもそも、他の園児たちがどうして「ボーちゃん」と呼んでいるのかも あやふやにされているんですよね。 はたして、ぼーっとしているからなのか、「ぼぉ」という声をあげるからなのか、理由はいろいろ推測できますが明らかにはされていません。 とある相撲大会のエピソードにて、トーナメント表に、 井川棒太郎という名前が記載されていました。 これまでクレヨンしんちゃんの作中に、井川棒太郎というキャラクターは登場しておらず、しかも 棒という漢字の響きがぴったりあうのはボーちゃんくらいではないでしょうか? こういった理由から、ボーちゃんの名前が井川棒太郎であるという可能性は、かなりあると考えられています! そしてもしも、この説が正解だとするなら、ボーちゃんの両親の名前は 井川ということになりますね。 ただ、いまのところ、このうわさにも何個か 反論が存在しているため、確定とは言えません。 ちなみに、この井川棒太郎という名前が登場したのは、1993年の8月23日に放送された 『相撲大会ガンバるゾ』というエピソードになっています。 なぜかボーちゃんの親は影しか描かれなかったり、 中国人かもしれないと言われていたり、ますます謎が深まるばかりでしたね! 気になるところではありますが、でもなにかとミステリアスな方が、むしろボーちゃんの 魅力が際立つのかもしれません。

次の

【クレヨンしんちゃん】ボーちゃんの親の奇妙な設定と、本名の噂8つ

ボー ちゃん の 本名

この記事に書いてあること• ボーちゃんの本名、お母さんとの関係「ボー・チャン」「井川棒太郎」 野原しんのすけ、桜田ねね、風間とおる、佐藤まさる…4人の本名はアニメの中で明らかにされていますが、 ボーちゃんの本名だけは公開されていません。 ボーちゃんだけは、最初からずっと「ボーちゃん」なんですよね。 これについて、ファンの中では様々な予想が飛んでいます。 ボーちゃん実は中国人「ボー・チャン」説 「ボーちゃん」というのはニックネームだと思っていたけど、 実は「ボー・チャン」が本名なのではないか、っていう説です。 ふざけているような感じがするのですが、ファンの中では意外と有力説のようです。 ボーちゃんは 日本語がカタコトですし、 様々な特技をもっているのも器用な中国人を連想させます。 中国人だとすれば、ご近所さんと文化の違いからコミュニケーションがうまく取れずに孤立しているという設定で、家族が表に出てこないのにも筋が通ります。 中国版のクレヨンしんちゃんの公式HPには「阿呆」と書かれてます。 これだと悪口のような気がしますが、「阿」というのは「ちゃん」の意味ですので「呆(ぼう)ちゃん」ということです。 このことからは、「ボー・チャン」が本名というわけではなさそうです。 「石橋ボー」説 隊員では唯一本名不明だが、 「石橋ボー」と呼ばれた回が一回だけある。 家族構成についてもほとんで不明で、両親ともにまったく素姓が明かされていない (母親たちの井戸端会議にも彼の母親だけは出席したことがないが、『嵐を呼ぶジャングル』によるとボーちゃんの母親とは顔見知りである模様)。

次の

ボーちゃんの謎…本名は?お母さんは1度だけ登場している?

ボー ちゃん の 本名

アニメクレヨンしんちゃんには、 たくさんの都市伝説が存在します。 有名なモノで言えば、 恐ろしい初期設定に関する都市伝説。 そういった怖い都市伝説も多いクレヨンしんちゃんですが、 一風変わった都市伝説があります。 それが、クレヨンしんちゃんの友達、 「 ボーちゃん」に関する都市伝説。 クレヨンしんちゃんで、 しんちゃんの友達として登場する人物は、 風間くん、まさおくん、ネネちゃん、ボーちゃんの4人です。 他に、その都度登場するキャラもいますが、 メインとなる友達のキャラはこの4人。 しかし、この4人の中で、 ボーちゃんだけ異質なのです。 何が異質なのかというと、 その素性が全く明かされていないのです。 私自身、クレヨンしんちゃんが大好きで、 クレヨンしんちゃんの本を集めていたので良く知っているんですが、 素性どころか、 本名すら一切出てきていません。 こういった背景から、 ネット上では色々な憶測が飛び、 ボーちゃんの名前は、 「ボー・チャン」という中国人なのではないか? といった、荒唐無稽なものまで飛び出す始末。 しかし、 このボーちゃんの名前に関する都市伝説に関して、 ある有力な説があります。 それが、「 井川棒太郎」という名前。 これが、 ボーちゃんの本名ではないか? と言われているのです。 なぜこの名前が有力視されているのかというと、 しんちゃんが通う幼稚園で、すもう大会が行われた時のこと。 そこのトーナメント表の中に、 「井川棒太郎」という名前があったというのだ。 この名前が、 実際にボーちゃんかどうかは定かではないですが、 今最も有力な説と言われているそうです。 それにしてもこのボーちゃん。 本当に謎が多くて、 誰が呼ぶ時でも「ボーちゃん」と呼び、 皆が本名を記したロッカーですら、 ボーちゃんは「ボーちゃん」と書いています。 そして、ボーちゃんに関する都市伝説はもう一つあり、それが。 ボーちゃんは 障害者をモチーフに、 描かれているのではないか、というもの。 これに関しては、 多少、悪意のある都市伝説のようにも感じますが、 そういった意見が多いのも事実なようです。 ただ、ボーちゃん。 話し方が特徴的でのろまなイメージを持たれがちですが、 時に 周りが思いもよらないような機転を利かせたりすることがあります。 そういった、時に見せる天才的な一面も、 ボーちゃんを特殊な人間に見せているのかもしれません。 それにしても、ここまで謎に包まれた主要人物も珍しいですよね。 他にもまだまだ都市伝説がありそうです。 ボーちゃんが障害者ってもガセね悪いけど恐怖感なんて全然感じないわむしろ見ている子供が可哀想にはなるけどね。 カテゴリー• 147• 133• 128•

次の