ゴースト フェイス。 ゴーストフェイス (アイデンティティー)

DbD|新キラーゴーストフェイスの対策とその特性とか

ゴースト フェイス

本名:ジェド・オルセン/ダニー・ジョンソン 性別:男 武器:タクティカルナイフ 特殊能力:闇の包容 『DbD』ではいままで、ホラー映画をフィーチャーした新チャプターでは映画のキャラクターがそのまま登場していました。 ですが今回実装された殺人鬼ゴーストフェイスは初の試みとして、半分が映画からの設定、もう半分が開発チームによる創作のキャラクターとなっています。 今回の新殺人鬼がどの映画を元にしているかは特に明言されていませんが、ゴーストフェイスと聞けばホラー映画ファンならばすぐに思い浮かぶ作品があることでしょう。 今回は『スクリーム』シリーズを中心に、ゴーストフェイスの元ネタを紹介していきましょう。 90年代ホラーの金字塔『スクリーム』 『スクリーム』シリーズは『サランドラ』(1977年公開)や『エルム街の悪夢』(1984年公開)などで知られるウェス・クレイヴン監督による、ブラックなコメディ要素あふれるホラー作品です。 これまでに4作が劇場公開され、2015年からはテレビシリーズも制作されています。 簡単にいうと、死亡フラグを立てた人物がどれだけそれを回収するか(もしくはうまく回避するか)、ということです。 例えばヒロインのシドニーが、ホラー映画のヒロインについて「なんで家で襲われても外に逃げないで二階に逃げるの?」と言っていた次のシーンで、ゴーストフェイスに襲われたシドニー自らが二階に逃げる、といった具合です。 そこで、1~3作でランディが披露したそれらの法則を紹介してみましょう。 血糊の量も増やす。 普通の武器では殺せない ルール2:主人公でも死ぬ場合がある ルール3:思いがけない過去の事実が判明し、現在における復讐劇の動機となる ……どうです? どれもこれもホラー映画ファンなら思い当たることばかりなのではないでしょうか。 ちなみに1作目でホラー映画の法則をランディが披露したのはホラー映画鑑賞会(作品は『ハロウィン』(1978年公開)でした)でのことでした。 みんな酒やタバコを手にし、上階ではシドニーがボーイフレンドとエッチなことをしている真っ最中。 シドニーの親友テイタムは「すぐ戻る」と追加のビールを取りに行っていました。 ゴーストフェイスの襲撃を辛くも生き延びたランディの 「童貞でよかった!」というセリフは、ホラー映画史に残るものなのではないでしょうか……(笑)。 また「(『エルム街の悪夢』は)1作目以外は最低」とか「まるでリンダ・ハミルトンみたいだ」、「警察官はブルース・ウィリス以外やられ役」など、本シリーズは実在の映画や俳優に言及してネタにするシーンも数多くあります。 さらに、『エクソシスト』(1973年公開)のヒロイン・リーガンを演じたリンダ・ブレアがTVリポーター役で出ていたり、あのレイア姫役のキャリー・フィッシャーが出演しているなど、大物女優のチョイ役も見逃せません。 キャリー・フィッシャーの登場シーンなど、「あれ? もしかして……」「違うわよ」「でもそっくり」「しょっちゅう言われるけどレイアじゃないわよ」と、メタにもほどがある会話が繰り広げられます。 この後に続くやりとりはここに書けないほどのブラックジョーク加減なので、ぜひ作品を観て自分で確かめてください。 Torber氏が考案したゴーストフェイスのマスク。 映画『スクリーム』は、それを劇中で使用しています。 今回『DbD』でも、このマスクとのコラボという形になっています。 市販品ゆえに誰もが入手可能であり、そのせいで誰が本物の殺人鬼かわからない。 殺人鬼だと思ったら恋人のイタズラだったり、逆に友人だと思ったら本物の殺人鬼だったり……。 誰もが怪しく見え、本当の殺人鬼が誰なのかわからない。 毎作ごとに意外すぎる人物が犯人なので、4作すべてを当てられた人は相当洞察力が高いといえるでしょう。 またゴーストフェイスはなぜか電話好きで、付け狙う相手にやたらと電話を掛けてきます。 1作目でドリュー・バリモア演じるケイシーに間違い電話のふりをして電話を掛け、徐々にその本性を現していく冒頭のシーンは、ホラー映画でも特に名高いオープニングとして知られています。 ホラー映画にも一家言あるようで、「『13日の金曜日』の殺人鬼は誰か?」などのクイズを毎回仕掛けてきます。 ジェイソン本人が登場するのは2作目からですね。 このときの 「一番好きなホラー映画は?」はゴーストフェイス定番の決めゼリフとなっています。 初期に公開されていた映像では、デジカメではなくガラケーで撮影していました。 本作に登場するゴーストフェイスことジェド・オルセンは記者ということで、デジカメに変更されたようです。 そんなゴーストフェイスですが、ジェイソンやフレディ、マイケルなどの超人的な殺人鬼と違って中身はごく普通の一般人なので、それほどタフではありません。 犠牲者を襲うシーンでも、毎回何かをぶつけられたり(女の子に)殴られたりして、1度は昏倒してしまうくらいです。 むしろシリーズを重ねるごとに修羅場をくぐり抜けてきたシドニーのほうが、どんどんフィジカルが強化されていっているような……? このように、ちょっと抜けているところもゴーストフェイスがホラー映画ファンに愛されている理由の1つです。 『DbD』のゴーストフェイスも、物陰から顔だけ出してこっそり凝視するなど、他の殺人鬼と違ってなんだかコミカルなアクションが多いのもうなずけますね。 『DbD』に登場する殺人鬼が武器の血をぬぐうモーションは、そのシーンのオマージュなのかもしれませんね。 また前述のとおり、ゴーストフェイスのマスクは市販品ということで、じつはこのマスクを被った殺人鬼(?)が登場する映画やドラマは、多数存在しています。 『スクリーム』のパロディ映画『最終絶叫計画』(2000年公開)やさらにそのパロディ映画である『SHRIEK 最低絶叫計画!? 』(2000年公開)、日本でも人気のアニメ『The Simpsons』(2005年)や、変わったところではボードゲーム『Trivial Pursuit "90's Edition』(2004年)のCMなどに登場しています。 いかがでしたか? で予想したゴーストフェイスがついに霧の森に現れました。 ホラー映画ファンなら目が離せない『DbD』。 All rights reserved. All other trademarks are properties of their respective owners. All rights reserved. の登録商標です。 その他のすべての商標は、それぞれの所有者の所有物です。 Published and distributed by 3goo K. データ Dead by Daylight• メーカー: 3goo• 対応機種: PS4• ジャンル: アクション• 発売日: 2018年11月29日• メーカー: 3goo• 対応機種: PS4• ジャンル: アクション• 発売日: 2019年6月20日• メーカー: Behaviour Digital Inc. 対応機種: PC• ジャンル: アクション• 発売日: 2016年6月14日• 価格:1,980円 税込 Dead by Daylight• メーカー: 3goo• 対応機種: Switch• ジャンル: アクション• 発売日: 2019年9月26日• メーカー:Behaviour Interactive• 対応端末:iOS• ジャンル:アクション• 配信日:2019年• 価格:未定 Dead by Daylight(デッドバイデイライト)• メーカー:Behaviour Interactive• 対応端末:Android• ジャンル:アクション• 配信日:2019年• 価格:未定.

次の

【DbD】ゴーストフェイス(ゴスフェ)の立ち回り解説と固有パーク一覧

ゴースト フェイス

ゴーストフェイスの元ネタ ゴーストフェイスの元ネタについて解説していきます。 ゴーストフェイスの元ネタは映画「スクリーム」 ゴーストフェイスの元ネタは映画「スクリーム」の殺人鬼です。 厳密には、ゴーストフェイスとフェイスのお面を作っている会社とのコラボです。 というのも、もともとお面を作っている会社がハロウィン用にゴーストフェイスのお面を開発し、それに目を付けた映画製作者がお面会社と契約し、映画にゴーストフェイスのお面を登場させたからです。 ややこしいですが、実質的にゴーストフェイスの元ネタは映画「スクリーム」と考えて大丈夫です。 ホラーですが少し笑えるような作品となっています。 ゴーストフェイスのトレイラー動画は以下になります。 ゴーストフェイスの過去 ダニー・ジョンソン、またの名をジェド・オルセンというその男は台所のカウンターから新聞紙をひっつかんだ。 1週間も前の新聞だが、第1面に載っているダニーの顔は画質が粗く、表情は沈み込んでいた。 ありふれたフロリダの蒸し暑い午後だった。 熱気と湿気がキッチン中に広がり、じっと立っている間にも汗が流れ落ちてくる。 ダニーは猫背になって湿った椅子に座り、新聞を読み始めた。 記事の出来は期待できる。 ローズビルでの仕事は素晴らしかった。 1993年6月18日 ゴーストフェイス、跡形もなく姿を消す 一見すると、ジェド・オルセンは多数の小さな新聞社で経験を積んだ、謙虚で熱心なフリーランス記者だった。 ローズビル・ガゼットのスタッフは穏やかで誠実そうなジェドの人柄を評価し、面接開始から5分もしないうちに打ち解けていた。 「ジェドはすぐに部屋にいるチーフエディターを見つけると満面の笑顔で笑いかけ、固い握手を交わし、古き良きアメリカの価値観について語り始めた。 そんな風に奴はここに入ってきた」—ローズビル・ガゼットの元寄稿者 オルセンはユタ州からペンシルバニア州の小さな町をいくつか転々としていた、変わった自分の経歴に関して何の弁明もしなかった。 前職を証明するものが何もなかったからだ。 オルセンのポートフォリオはまともだったし、態度も良好、それにローズビル・ガゼットは寄稿者をすぐにでも必要としていた。 ローズビル連続殺人 オルセンがローズビルの新聞社で働き始めて5か月後、ローズビルで殺人事件が起きる。 若者から老人に至るまで、犠牲者を自宅で刺殺するという連続殺人だった。 報告によると被害者は無作為に選ばれていたようだったが、殺人犯は被害者宅の勝手を把握しており、遺体の複数の刺し傷が個人的な動機を示唆していた。 DNAの痕跡は発見されず、地元警察は困惑した。 犯行は痴情のもつれと同種の、怒りに任せた殺人でありながら、あらかじめ冷徹に計画されたものだった。 殺人犯は標的を執拗につけ狙うことを好んだ。 犠牲者の2人は死の数日前、帰宅途中に黒っぽい人影に後をつけられていたという。 犯人は犠牲者をローズビル北部の小さなバー「ウォールアイ」から尾行し、自宅にいる被害者の写真を撮り、侵入経路を探した。 同じ犠牲者を何週間も監視し、日常習慣や行動パターンを細かく記録していた可能性があった。 殺人衝動が抑えられなくなると、リストの中からもっとも狙いやすい犠牲者のもとを訪れ、静かに家に侵入した。 新聞社では記者全員がローズビル殺人事件の話題を追った。 オルセンはたびたび犠牲者の遺族のところに取材に出向き、警察の公式発表を伝えた。 当時は誰も知らなかったが、オルセンが関与したことで最終的な犠牲者の数は増加した。 ゴーストフェイス 夜にフードをかぶった人影が住宅に侵入する映像をオルセンが制作すると、ローズビルの人々はパニックに陥った。 闇の中で白く不鮮明に映るマスクをつけた顔が、一瞬カメラを見つめ、家の中へと消える。 その時、オルセンは自分の仕事を誇りに感じ、「ゴースト」の話に恐怖する街を見て楽しんでいるようだった。 数週間後、オルセンは仕事場の机の上にメモを残して姿を消した。 「記事は気に入ってくれたかな。 物語を現実のものにするのは楽しかったよ。 残念に思う必要はない。 ダニーは笑うと、新聞紙から記事を破りとった。 捜査機関がダニーを追っていたその時、すでにダニーは荷物をまとめ、迅速にローズビルを後にしていた。 ダニーが起き上がると、ベトベトした椅子に肌が張り付いた。 耐え難いほどの湿気を感じながら寝室へ入っていく。 結露が湿気で曇った小窓へ垂れ落ち、破れた壁紙が剥がれてぶら下がっている。 花柄模様のその壁紙は、不気味な写真や新聞の見出しで覆われている。 ダニーは引き裂かれた頭皮の写真の上に、1週間前の記事を押しピンで留めた。 空腹によるわずかな胃の痛みを感じ、最後に食事を取ったのはいつだったかと考えた。 今朝、ナイフと服を洗っている時? それとも昨晩、街で少女を付け狙った後だったか。 はっきりとは思い出せなかった。 ダニーは1歩下がると、壁に貼った自分の作品に見惚れた。 心を空っぽにして、自分の書いたすべての記事や練り上げた物語、そして実現させた場面の数々を思い浮かべた。 身体に震えが走る。 寝室に吹き込んだ冷たい風が湿気を冷やし、不透明で凍りつくような霧が現れた。 女の金切り声が上がり、ダニーの足元で落ち葉がカサカサと音を立てる。 ダニーは期待に胸をはずませて微笑んだ。 ゴーストフェイスの特殊能力「闇の包容」 能力ゲージが満タンの状態で能力ボタンを押すと、闇の包容が発動する ・闇の包容の発動中は、ゴーストフェイスの脅威範囲がゼロになり、視界を示す赤い光が消滅する。 ・通常攻撃を行うと能力ゲージが完全に空になり、闇の包容が解除される ・ゴーストフェイスの近距離内にいる生存者は、ゴーストフェイスの姿を画面中央に1. 5秒捉え続けることでゴーストフェイスを発見することができる。 これを行うと能力ゲージが完全に空になり、闇の包容が解除され、ゴーストフェイスには発見者の位置が短時間通知される。 闇の包容発動中に能力ボタンを長押しすると、見つめた獲物をつけ回し、標的のゲージを貯める。 遮蔽物の後ろで能力ボタンを長押しすると身を乗り出して覗き込み、速度が上昇したつけ回しを行う。 ・標的のゲージが完全に貯まり切ると標的にマークをつけ、を付与する。 無防備状態で45秒が経過するかもしくは無防備状態の標的に攻撃を当てるとマークは消え、対象のゲージは0に戻る。 アビリティ発動のボタンを押すとしゃがむ。 再度ボタンを押すと立ち上がる。 ・しゃがみ中はゴーストフェイスの移動速度が少し遅くなるが、露出面積が減り発見されづらくなる。 ゴーストフェイスのメメント・モリ ゴーストフェイスのメメント・モリについては以下の動画をご覧ください。 他キラーについての記事はコチラ.

次の

ゴーストフェイス戦での立ち回り

ゴースト フェイス

声 詳細情報 別名 死の父 ハロウィンの象徴 場所 カリフォルニア州ウッズボロー オハイオ州ウィンザー大学 カリフォルニア州ハリウッド ジョージア州アトランタ ゴーストフェイス( Ghost Face)は、 スクリーム( )シリーズの一部の登場人物が採用した架空の。 この存在は直に話すことは殆どないが、電話で話す場合はマスクを着けているのが誰かにかかわらず吹き替えている。 ゴーストフェイスは『』(1996年)に初めて登場し、同作では架空の町ウッズボローでの連続殺人中に10代のビリー・ルーミス()とスチュアート()が変装として使用した。 ゴーストフェイスはとケビン・ウィリアムソンによって製作された。 マスクはの『』の絵にインスパイアされ 、ハロウィンのコスチュームとしてコスチューム企業「Fun World」の従業員Brigitte Sleiertinがデザイン・制作を行い、その後映画用にとクレイヴンが発見した。 このアイデンティティーは、主に各映画の敵が正体を隠しつつ連続殺人を行うための変装として用いられており、したがって複数の俳優によって演じられている。 『スクリーム』では、殺人者達のターゲットであるシドニー・プレスコット()が彼らに対抗するために一時的にそのアイデンティティを利用する。 同シリーズの世界において、このコスチュームは珍しいものではなく簡単に入手できるため、他人が同様の衣装を着ることができる。 また、ゴーストフェイスは正体を隠すためにをよく使い、ターゲットに電話で挑発や脅迫を行う。 『』では、ローマン・ブリッジャー ( )がターゲットを操るために声を他の複数の人物のように聞こえさせるより高度なデバイスを使用している。 ゴーストフェイスに扮する者たちの動機は、復讐、名声の追求、「同調圧力」に至るまで幅広く、ゴーストフェイスに明確な動機がないことを意味する一方、シドニーの母親モーリーン・プレスコット (リン・マクリー)によって間接的に引き起こされた一連の出来事を背景に、彼らの目的はシドニーを殺すという点で一致している。 当初、 シドニーの母親がビリー・ルーミスの父親と関係を持っていたことを理由としてシドニーを殺すために、ビリー・ルーミス ()がスチュアート()とそのアイデンティティを作り上げた。 スクリームシリーズ全体を通して、ゴーストフェイスは、黒いフードとマントにギザギザの下衣、叫びの表情をしたゴーストに似た白いゴム製のマスクを身にまとった人物として描写される。 どの作品においてもゴーストフェイスの正体は生身の人間であるが、しばしば身体的損傷に対する非常に高い耐久力、高レベルの体力、及び一見不可能な状況で現れたり消えたりすることができるほぼ超自然的なステルス能力を有していることを示す。 このキャラクターは、登場以来映画やテレビで参照されたり、一連のアクションフィギュアや商品が作り出されたりするなど大衆文化にしばしば登場している。 アンソロジーテレビシリーズ『Scream』では、登場人物の2人がゴーストフェイスに似ており、一人は最初の2シーズンのシリーズに登場した Lakewood Slasherで、もう一人はシーズン2のハロウィーンスペシャルエピソードに登場した Shallow Grove Slasherであり、二人はマイク・ヴォーン(Mike Vaughn)が吹き替えている。 2017年9月18日、ゴーストフェイスがシーズン3に登場することが発表された。 2017年10月10日、 はインタビューで、オリジナルの映画シリーズでゴーストフェイスの声を当てたロジャー・L・ジャクソンがヴォーンの後任としてシーズン3に復帰することを認めた。 シーズン3は2019年7月8日から放映が開始された。 外観 [ ] 映画 [ ] ゴーストフェイスは『スクリーム』 (1996)のオープニングシーンに初めて登場する。 が吹き替えたこのキャラクターは、10代のケーシー・ベッカー ()に電話をかけホラーのと雑学の質問で挑発し、彼女の前でボーイフレンドのスティーヴ・オース (ケヴィン・パトリック・ウォールズ)を殺害してから彼女も殺害する。 そのアイデンティティは映画の大詰めで明らかになる前にシリーズ各作品の主な敵が彼らの素性を隠すために採用している。 画像外部リンク 映画第1作では、アイデンティティはカリフォルニア州の架空の町ウッズボローをうろつく殺人者に用いられている。 連続殺人が始まった後、シドニー・プレスコット()は、映画の出来事の一年前に起き、コットン・ウェアリー(リーヴ・シュレイバー)の犯行とされたシドニーの母親モーリーン・プレスコット(リン・マクリー)殺害事件についての知識を主張するゴーストフェイスからの挑発と脅迫の電話を受け始める。 ゴーストフェイスの変装により、シドニーのボーイフレンドであるビリー・ルーミス ()、彼女の父親ニール・プレスコット (ローレンス・ヘクト)、彼女の友人であるランディ・ミークス ()、および彼女の学友であるスチュアート ( )などの多くの人々に疑惑が降りかかった。 ゴーストフェイスは終盤でビリーとスチュアートの両者だと明らかにされ、彼らはシドニーの母親を殺し、コットンに濡れ衣を着せたと明らかにした。 ビリーは、動機としてモーリーンと彼の父親が不倫関係にあり、結果として自分が母親()に捨てられたと述べ、スチュアートは「同調圧力」を挙げた。 シドニーは一時的にゴーストフェイスの扮装をして、ビリーとスチュアートに対して優位に立ち、スチュアートを殺害した。 ゲイル・ウェザーズ ()はシドニーを殺そうとするビリーを撃って阻止し、そしてシドニーがありふれたホラーのクリシェであり今や彼女のキャッチフレーズ「奴らはいつも立ち上がる(They ALWAYS get back up)」という事実を引用しビリーの頭に弾丸を撃ち込み殺害した。 これは恐らくホラーに熱中しているランディ・ミークスが彼女に教えた多くの言葉の綾のうちの1つであり、映画前半のパーティー中にこれらのクリシェを公然と並べていた。 映画第2作『』(1997)においても、ゴーストフェイスは主要な敵役の変装という形で再び登場した。 劇中、シドニーが通うウィンザー大学で一連の殺人が発生し、最初の犠牲者は『スクリーム』でのビリーとステュワートの犠牲者と名前が同じであった。 殺人者は再びシドニーを挑発して彼女を殺そうとし、後にランディを殺害する。 ゴーストフェイスの変装により、再びコットンやシドニーのボーイフレンドであるデレク ()などの一部の人物に疑惑が降りかかってしまう。 しかし、デレクの友人ミッキー ()は、自分が多作な功績での名声を求める殺人者だと明らかにする。 ミッキーの共犯者は、デビー・ソルトという別名で息子ビリーの死のためにシドニーに対する復讐を求めている母親のルーミス夫人であることが明らかになる。 ルーミス夫人はミッキーを撃ち、復讐の実現において彼の助けを借りるためだけに彼の名声への欲望にふけさせたと主張し、シドニーを殺そうとした。 無実のコットンの助けを借りて、シドニーは生き残りルーミス夫人は殺された。 数秒後、ミッキーは叫びながら跳ね起きるが、ゲイルとシドニーによってすぐに射殺される。 物語は『』(2000年)に続き、殺人者はゴーストフェイスのアイデンティティを使用し、現在身を潜めているシドニーの居場所を見つけ出すために、コットンと彼のガールフレンドのクリスティンを殺害した。 殺人者は犯罪現場にモーリーンの写真を残し、シドニーを隠遁生活から誘き出しつつ、シドニーと彼女のゴーストフェイスの経験を原作とした『スタブ3』のキャストを殺害する。 ゴーストフェイスは、母親モーリーンがリナ・レイノルズという名前で女優になるためにハリウッドに移住していた2年の間に彼女に生まれたシドニーの異父兄弟、ローマン・ブリッジャー( )だと明らかになる。 パーティーで輪姦され妊娠させられた後生まれたローマンを彼女は養子に出した。 数年後にローマンが彼女を探したが、ただ拒絶されるだけで彼女がかつてリナであったことも否定した。 ローマンはモーリーンにつきまとい始め、ハンク・ルーミスを含む他の男との関係を撮影した。 彼はこの映像を使用してビリーに彼の母親がなぜ彼を「見捨てた」のかを明らかにして、モーリーンを殺すように説得し『スクリーム』と『スクリーム2』の一連の出来事を引き起こした。 シドニーの助けを借りて、彼女の友人デューイ・ライリー ()はローマンを何とか殺し、モーリーンに対する彼の復讐に基づく一連の殺人を終わらせた。 『』 (2011)では、ビリーとステュワートが行った虐殺から15年が経過したウッズボローに、別のゴーストフェイスの殺人者が現れる。 新たな殺人者は事件の出来事を再現する一方、の制作のために殺人の様子も撮影していた。 ゴーストフェイスが数人の10代の若者と警察官を殺害した後、その正体がシドニーの従妹ジル・ロバーツ ()と、彼女の友人でシドニーを殺害しジルの元彼のトレヴァー・シェルトン (ニコ・トルトレラ)に濡れ衣を着せて虐殺の「生存者」としての名声を伴った現代の「シドニー」と「ランディ・ミークス」になることを画策していたチャーリー・ウォーカー ()であると明らかになる。 ジルはチャーリーを裏切って彼の胸を刺して殺害しシドニーも殺したように思われた。 その後、自分を刺して怪我を負いゴーストフェイスの犠牲者に見せかけた。 病院に運ばれた後、デューイはシドニーが生き残ったことを彼女に知らせた。 ジルは彼女を始末しようとするがデューイ、ゲイルとジュディ・ヒックス(マーリー・シェルトン)らに阻止され、その間にシドニーが彼女の胸を撃ち抜き殺害する。 テレビシリーズ [ ] ゴーストフェイスは、アンソロジーテレビスラッシャーシリーズ『Scream』のシーズン3に登場した。 「 Scream:Resurrection」というタイトルのシーズンは、2019年7月8日にで初放映された。 このシーズンでは、殺人犯達はエピソード「Endgame」でベス(ジョルジアウィガム)とジャマル・「ジェイ」・エリオット()だと明らかにされる。 コンピュータゲーム [ ] ゴーストフェイスは、非対称型マルチプレイヤーサバイバルホラーゲーム『』において、『』の、『』の、『』の、『』の、『』のアマンダなどの他のホラー映画の象徴的キャラクターと共にDLCキャラクターとして登場する。 同作でのゴーストフェイスの正体はジェド・オルセン( Jed Olsen)という別名で知られるダニー・ジョンソン( Danny Johnson)であり、彼はフロリダにある架空の町Rosevilleのフリーランスの新聞記者で日中はゴーストフェイスの殺人を報道し、夜にはゴーストフェイスとして殺人を行っていた。 このバージョンのゴーストフェイスは厳密にいえばスクリームの映画とは関連がない(映画は既存のマスクを使用しているため、マスクと映画は著作権が完全に分離されていることが理由)代わりに、単にゴーストフェイスの服装を着用しているオリジナルキャラクターであり、ゲーム独自の殺人者となっている。 コンセプトと制作 [ ] ゴーストフェイスのコスチュームはスクリームシリーズの主な敵が着用する衣装であり、目、鼻、口が黒のゴム製白色マスクと、黒色の布のような素材のフード付きローブで、腕からは合成のぼろ布が垂れ下がっており、衣装の下部にはスパイクトリムがある。 作中において、このコスチュームは一般的にで入手しやすいことから購入者が特定しにくく、誰でも殺人犯になる可能性を生み出している。 ゴーストフェイスマスクは、Fun Worldの従業員Brigitte Sleiertinによって「Fantastic Faces」シリーズの一環として1991年から1992年のシーズン中のノベルティストア向けに最初に開発され、マスク自体は「ピーナッツ目の幽霊」(The Peanut-Eyed Ghost)として知られていた。 最終デザインは、Fun Worldのアランゲラー副社長によって承認された。 クレイヴンは最初にマスクを見つけたと主張したが 、後に彼はこの出来事の思い違いをしており、発見したのはプロデューサーのであると明らかにした。 彼女は映画のロケハン中に家の中にいる間にそれを見つけ、それがクレイヴンの関心を引き、彼はそれを使用する権利の取得を試みた。 Fun WorldのライセンスディレクターR. Torbertは1996年にFun Worldに入社し、映画の公開前にマスクの名前を付けるという仕事を与えられ、Fun Worldのオーナーであるスタンリーとアランゲラーの賛同を得て「ゴーストフェイス」に決定した。 Torbertは、それが「苦しむ幽霊」のように見え、ユニークなデザインであると考えていた。 ゴーストフェイスのデザインと名前はFun Worldが所有している。 マスクのデザインは、の絵画『』、 のアルバム「」 のカバーキャラクターの一人、1930年代のの漫画に登場した幽霊のようなキャラクターを参照している。 マスクは真っ白で、叫ぶと同時に泣く誰かのを描写している。 デザイナーのSleiertinは、マスクはさまざまな感情「恐ろしい顔つき、哀れな顔つき、狂気じみた顔つき」をあらわしていると述べた。 『スクリーム』にゴーストフェイスが登場して以来、このコスチュームは、米国で最も着用され販売されているハロウィンのコスチュームになった。 最初の脚本は、主な敵対者を「マスクの殺人者」と呼び、外見を特に指定せずクレイヴンとそのスタッフに、撮影時にゴーストフェイスが最終的に着用する衣装を作らせた。 クレイヴンは、デザイン会社KNB EffectsのGreg NicoteroとHoward Bergerに、Fun Worldデザインに基づいた映画専用のマスクを作成するよう依頼したが、最終結果を気に入ることはなかった。 Fun WorldとDimension Filmsがゴーストフェイスマスクの使用に関する合意を完了した後、クレイヴンは希望どおりに元のデザインを使用することができた。 KNB Effectsが制作した特注のマスクは、Fun WorldとDimension Filmsとの合意が完了する前にケーシー・ベッカーとプリンシパル・ヒムブリーの殺人を含むシーンの撮影が完了していたためこれらのシーンでは引き続き登場する。 我々はゴーストフェイスに見えるマスクの品ぞろえを用意した。 品ぞろえ全体の中でその顔は最有力だった。 このデザインは間違いなく他のよりも際立ったものがあった。 — ゴーストフェイスになったものの最終デザインを選定する際のBrigitte Sleiertin スクリームで使用されているマスクの1991〜92年の「Fantastic Faces」版は、目、鼻、口が黒くなった薄い白いゴムでできている。 ウールリッチとリラードによって演じられているにも関わらず、この衣装は殆どのDane Farwellが着用しており、彼は殺害後のナイフの刃の儀式的な清掃など、キャラクターに多くの独特の癖を与えた。 最初の映画では、キャラクターが電話で攻撃されるオープニングの殺害シーン中にクレイヴンはコスチュームを着て、ウールリッチはランディ殺害の準備をする最後のシーンで一度だけ着用した。 ステュワートは映画で衣装を着ていたにもかかわらず、俳優のリラードは実際に衣装を着ることはなかった。 『スクリーム2』は、「Fearsome Faces」ラインのマスクをわずかに再設計したバージョンで、わずかに変化した目と凹んだ顎を備えている。 『スクリーム2』に続いて、ゴーストフェイスマスクは「Ghostface」ラインの一部になり、暗闇で光るモデルを含むデザインのバリエーションがいくつか登場した。 Ghostfaceラインマスクの無地の白いバージョンは、『スクリーム3』でローマンが使用している。 『』でゴーストフェイスが使用する「デラックス版マスク」と呼ばれる別版のマスクが開発された。 これも元のゴーストフェイスのデザインに似ているが、 仕上げのより厚いゴムで構成されている。 ウィリアムソンの「ゴーストマスク」の脚本の描写に沿って、クレイヴンとデザイナーはもともと、殺人者の衣装用に白いマントとフードを作成して、白いモチーフを使用するつもりだった。 だが、マッダレーナはマントが黒いほうがより恐ろしくなると提案したことから、マントの色は黒に変更された。 Fun Worldマスクは単品の商品としてのみ販売されていたため、『スクリームで』殺人者のものとして明らかになる「死の父」の服装は実際には存在しなかったため、マント自体は映画用に特注する必要があった。 マントは、 『スクリーム』の公開後にのみ小売市場で販売された。 各マントは、裁縫師が手作業で制作し、僅かな輝きがある反射性の糸が全体に織り込まれた重く厚くて黒い素材から出来ていることから700ドルかかると推定されている。 観客が衣服や体型によってどの人物が関与しているかを推測できると考えられていたことから、体の殆どをマントで覆うことで殺人者の正体をわかりにくくした。 映画でゴーストフェイスが使用しているナイフはBuckが生産を終了しているをベースにした特注のナイフである。 ナイフの刃は、必要なシナリオに応じてゴム製の柄が付いたアルミニウムまたはクロム塗装のプラスチックでできている。 柄は黒で、先端には銀の金属の外観がある。 Buck 120ナイフは、刃渡りが長いことからゴーストフェイスの武器のモデルとして選択されたが、Buck 120自体は動物の内臓を抜くには(刃渡りが)「長すぎる」との顧客の不満により生産中止になった [ ]。 特徴づけ [ ] ゴーストフェイスは、マスクを着けた人物の身元を隠しやすくするために、画面上に現れている間は話す描写をされることはめったにない。 例外は、負傷したときのうなり声とうめき声で、 段階でジャクソンによってられる。 ゴーストフェイスは、シリーズの2つの場面で画面上で話すだけである。 これらの2つの機会では、彼の真の正体が明らかになる直前である。 ジャクソンが吹き替えるゴーストフェイスの音声は、電話で他の人物と話すとき、または殺人者が正体を明らかにした時のボイスチェンジャーの使用を示すときに用いられる。 各映画の様々なキャラクターに演じられているにもかかわらず、ゴーストフェイスは、誰が衣装を着ているか誰がターゲットに話しかけているかにかかわらず、犠牲者を電話で挑発、殺害後のナイフの儀式的な清掃、犠牲者の喉を切り裂いてからの刺殺、ほぼ超人的な体力と耐久力、負傷した時の唸り声やうめき声などの類似した性格と身体的特徴を示す。 ゴーストフェイスは、オリジナルのスクリームでは単に「 The Killer」か「 Father Death」(死の父)と呼ばれ、『スクリーム4』までその名前を呼ばれることはないが、クレジットでは「 The Voice」と称されている。 その名前は最初の映画でが演じるテイタム・ライリーが死の前に変装したステュワートを「Mr. ゴーストフェイス」と皮肉っぽい態度で呼んだことに由来している。 ゴーストフェイス無しのスクリームは考えられない... ロジャー・ジャクソンの声はとても優れ、邪悪に洗練されている — 『スクリーム4』に戻る際のウェス・クレイヴン ゴーストフェイスはしばしばターゲットを挑発する傾向にあり、最初は話すときに自分自身を魅力的で軽薄なものであるとさえ表現する。 彼の会話は、他の人物についての自身の知識を用いたり、ターゲットの前に直接現れる前に意図をグラフィカルに説明したりして、挑戦的で威圧的になる。 クレイヴンはジャクソンの声の演技を「邪悪な洗練」を持つゴーストフェイスと見なしていた。 意図した犠牲者との対決の際、ゴーストフェイスはさまざまな方法で描写される。 時には素早く効率的で、時には不器用、落下したり、または追跡を妨げる物体と衝突したりするが、これは衣装を着ている人によって異なる特徴である。 ゴーストフェイスの変装を使用するすべての人物は、犠牲者をあざけり、有利に見えたときに殺害を長引かせるという特徴を共有している。 これは、機械式ガレージのドアで殺されたテイタム・ライリー ()には行われなかった ミッキーとルーミス夫人によってつくられた2番目のゴーストフェイスは犠牲者を刺殺するだけだが、しばしば公共の場や目撃者がいる場で犯行を行う。 ローマンが作り上げた3番目のゴーストフェイスは、演劇と映画の小道具を使用した犯行を行い、ボイスチェンジャーを使用して自身の声を他の多くの人々のように聞こえさせ、他の人物に疑念を投げかけた。 さらに、彼は特にシドニーを挑発するためにモーリーンの写真と合成音声を使用し、血まみれの犯罪現場のカバーに身を包み、モーリーンの殺人を暗示して、彼女が正気を失ったと信じるように欺いた。 ジルとチャーリーによって作り出された4番目のゴーストフェイスは、周囲に隠されたWebカメラとマスクのスパイカメラで各殺人を撮影した。 彼らは主に犠牲者を刺殺するが、もし望むならさらに彼らのはらわたを抜き取ることも行う。 彼らはまた、世界のマスコミの注目を集めるために一部の殺人を公開している。 ゴーストフェイスの殺害の動機は映画ごとに異なり、コスチュームを着ているそれぞれの殺人者においても異なっている。 ビリーは母親に見捨てられたことで狂気に追い込まれたと主張し、モーリーンのせいだとする彼が彼女への復讐を果たした後、殺人を続けることを選び、娘のシドニーへとターゲットが移っていった。 一方、ステュワートは同調圧力を動機として挙げた。 スクリーム2では、ルーミス夫人は、彼女の動機を息子の死の犯人に対する単純な復讐として引用し、ミッキーは、自身が逮捕された時に一連の殺人での彼の関与が集まるという名声を望んでいる。 スクリーム3の敵であるローマンは、彼の母親モーリーンが自分を拒絶し見捨てた事に対する復讐で彼女の死を計画し、彼が拒絶された家族生活を持っていると見なした異母兄弟のシドニーを殺そうとした。 スクリーム4では、シドニーを妬むジルが新たな虐殺の唯一の生存者と同様の名声を得たいと望む一方で、チャーリーはそれらの理由とジルへの愛のために彼女を助けた。 コスチュームでは、ゴーストフェイスは、親指と人差し指でナイフの刃をつかみ、殺人後の手からナイフの先端に手を引くことで血を拭き取る儀式的なマナーを共有している。 一連のの動作は、『スクリーム』における多くのシーンでのゴーストフェイスのスタントマンを務めていたDane Farwellによって特徴づけられた。 それぞれの殺人者は、ほぼ完璧なステルス、見つからずに徘徊し、静かに移動し、ターゲットの防御から効率的に消えるなど、効果的な身体を有していると描写されている。 さらに、殺人者は『スクリーム2』で二人の訓練された刑事を自力で倒したように、犠牲者を圧倒するのに十分な力を発揮する傾向がある。 ゴーストフェイスは深刻な身体の負傷を耐えるばかりか無視でき、、、を生き延びられることが示されている。 ビリー、ミッキー、ローマン、ジルは、全員以前に重傷を負っていたにもかかわらず、殺すために頭を撃つか胸を銃で何発も撃たれなければ死ななかった。 文化的影響 [ ] McFarlane Toysは、1999年にホラーとSFにインスパイアされたキャラクターモデルの「Movie Maniacs II」シリーズ用にゴーストフェイスの6インチのフィギュアを製作した。 NECAは、標準的なマスクと黒のずきんに加えて、朽ちたマスクの外観を持つ「ゾンビ・ゴーストフェイス」や、茶色の黄麻布の素材をマスクと衣服に用いた 「スケアクロウ・ゴーストフェイス」などのバリエーションを特徴とするフィギュアシリーズをスクリーム4用に制作した。 ゴーストフェイスはスクリームシリーズに登場した後、メディアで何度もパロディ化され、言及されている。 中でもパロディ映画『』(2000年)がよく知られており、同作ではゴーストフェイスに扮した殺人者による連続殺人が行われ、後にそれが『スクリーム』と同様に複数犯であったことが明らかになる。 このゴーストフェイスのパロディ版は、コミック・ストリップ" Erma"2016年6月1日掲載分の「Prank Call」に登場する。 この漫画では、キャラクターは、シリーズのキャラクターと共に『スクリーム』を引用しながらいたずら電話をしている。 パロディ映画『 Shriek If You Know I I What What You Di I Last Last 13th』(2000年)では、風のホッケーマスクを着けた殺人者が火を放たれ、マスクが熱で溶けてゴーストフェイスのようになるという場面が存在する。 映画『』(2001年)ではシリーズに出演したとクレイヴンがカメオ出演しており、彼らは当時存在しなかった『スクリーム4』を制作するが、ゴーストフェイスがのスーザンによって演じられると知ったドハーティーは反対する。 映画のように、ゴーストフェイスはさまざまなテレビ番組やコマーシャルで繰り返し取り上げられている。 『スクリーム3』が公開された年に、『』およびのシリーズ『Cousin Skeeter』にマスクが登場した。 また、『スクリーム』の脚本家ウィリアムソンが制作に参加した 『』では、ゴーストフェイスのマスクが主人公・ドーソンの寝室の装飾品として登場している。 このキャラクターは、1999年の『Celebrity Deathmatch』のエピソード「The Unknown Murderer」に登場し、毎回を殺すと脅し、バリーモア、 、 殺し、濡れ衣を着せるためにに彼の携帯電話を取り付けキャンベルとに戦わせた。 マスクは後に『』のエピソード「Fortunate Son」(2001)で使用され、登場人物の一人であるクリストファーが強盗をする際に着用した。 衣装は、テレビシリーズ『Boomtown』のエピソード「All Hallow's Eve」 2002年 で参照され、警察官が他の子供たちを怯えさせている苛めっ子を怖がらせるためにその衣装を用いた。 日本の『』のエピソード「マルラバ」(2000年)では、主人公のナオ太が家族と共に辛口のカレーを食べているシーンでナオ太の顔が頻繁にゴーストフェイスに似たものへと変わる。 キャラクターは、『 Tripping the Rift』のエピソード「The Devil and a Guy Named Webster」(2004年)でチョーデが魂を悪魔に売って彼を訴える方法を見つけた際の裁判官としてカメオ出演している。 彼はまた、「 :90's edition」の 2004年の広告にも出演しており、と1997年の映画『』の登場人物のローズと共に1990年代の象徴的なキャラクターとして表現されている。 ゴーストフェイスのパロディは、テレビシリーズ『』のエピソード「Interview with a Campfire」(2004年)に登場する。 そのエピソードでは、Lil DeVilleが電話で挑発され、マスクを着用した人物にストーキングされる。 このキャラクターは『の』エピソード「Homer Away from Homer」(2005年)で一時的に登場しており、は彼の娘マギー・シンプソンのとして彼を提案している。 『 』のエピソード「That Hurts Me」(2005年)においてロジャー・L・ジャクソンがゴーストフェイスを吹き替えている。 『Scream XXX: A porn parody』で新たなゴーストフェイス(Father Deathマスクのピエロ版を着けている)は、Stab シリーズのポルノパロディを製作中のクルーとキャストを殺害し始める。 アダム・ロックオフは、著書 『 Going to Pieces:The Rise and Fall of the Slasher Film 』で、ゴーストフェイスのマスクは「印象的でシュールな実に恐ろしい存在」であると述べた。 マスクをエドヴァルド・ムンクの『叫び』の「大げさな表現」と呼んだロックオフは、その顔が「犠牲者の顔の恐怖と驚きの表情を反映しているかのように、大げさに歪められ、殆ど嘲るようににやついている」と記述した。 トニー・マジストラーレはまた、彼の著書『 Abject Terrors:Surveying the Modern and Postmodern Horror Film』で、ゴーストフェイスのマスクと『叫び』の間の類似性について論じ、絵画の他の人々からの一定の疎外感の適切な表現は殺人者の殺人のアジェンダを吹き込んだと述べた。 脚注 [ ]• Behind The Voice Actors. 2018年8月8日閲覧。 Ghostface. 2012年8月1日閲覧。 Scream DVD. United States: Dimension Films. Scream 2 DVD. United States: Dimension Films. Scream 3 DVD. United States: Dimension Films. The Atlanta Journal-Constitution. 2017年9月18日閲覧。 Squires 2016年12月21日. 2018年10月17日閲覧。 Kennedy 2017年9月18日. Screenrant. 2017年9月18日閲覧。 2017年10月14日. 2017年11月4日閲覧。 We Got This Covered. 2019年6月25日閲覧。 Goldberg, Lesley 2019年6月24日. The Hollywood Reporter. 2016年6月26日閲覧。 Scream 4. United States: Dimension Films. Fangoria Starlog Group Inc. 189 : 29. Scream — Commentary by Wes Craven and Kevin Williamson DVD. United States: Dimension Films. Wes Craven Director 1997年12月12日. United States: Dimension Films. dreadcentral. com 2010年10月8日. 2011年3月6日閲覧。 Hello Sidney. 2011年3月6日閲覧。 Fangoria Starlog Group Inc. 189 : 28—29. Ghostface. 2011年3月6日閲覧。 Palmer, Randy November 1997. Fangoria Starlog Group Inc. 168 : 14—18, 82. Empire Magazine Bauer Consumer Media 262 : 106. Garcia, Chris January 1997. Fangoria Starlog Group Inc. 159 : 25. Casey: Who's there?. Ghostface: Never say who's there? Don't you watch scary movies? It's a death wish. You might as well come out to investigate a strange noise or something. Wes Craven Director 1996年. Scream. Dimension Films. Sidney Prescott: But this is NOT a movie. Billy: Yes it is, Sidney. It's all one big movie. Wes Craven Director 1996年. Scream. Dimension Films. Spawn. com 1999年. 2011年7月16日時点のよりアーカイブ。 2011年3月6日閲覧。 horrorbid. com 2011年. 2011年3月8日時点のよりアーカイブ。 2011年3月6日閲覧。 Scary Movie DVD. United States: Dimension Films. John Blanchard Director 2000年. Shriek If You Know What I Did Last Friday the Thirteenth DVD. United States: Lions Gate Films. Kevin Smith Director 2001年. Jay and Silent Bob Strike Back DVD. United States: Dimension Films, Buena Vista International. "Decisions". The Devil and a Guy Named Webster. 2005年5月15日放送. 20回,シーズン16. 2005年7月10日放送. 19回,シーズン1. , ,. 2009年2月22日放送. 19回,シーズン1. Geekscape. 2012年3月14日閲覧。 Rockoff, Adam 2002. Going to Pieces: The Rise and Fall of the Slasher Film. McFarland. 181. 2005. Abject Terrors: Surveying the Modern and Postmodern Horror Film. University of Michigan: Peter Lang. 186. 外部リンク [ ]•

次の