女性 賃貸。 【ホームズ】「女性限定(専用)の物件」を賃貸で探す

女性専用の賃貸の物件情報【アパマンショップ】

女性 賃貸

Lesson 1 「女性専用物件」ってどんな物件?女性ならではの設備で安心・充実の一人暮らし 女性ひとりでも 安心して暮らせる• 賃貸情報誌やサイトを見ると、「女性専用物件」がよく特集されています。 女性専用物件とは文字通り、女性にしか借りることができない物件です。 特徴としては、オートロックや防犯窓といったセキュリティ設備の充実、意匠にこだわったデザイナーズ物件などが挙げられるでしょう。 また、女性専用ではないにしても、「女性向け」を謳った物件は2階以上のお部屋であったり、シャンプードレッサーのような女性ならではの設備があったりします。 大家さんが近くに住んでいたり、もしくは管理人が常駐していたりといったように、管理体制もさまざま。 中には、男性の入館を禁止しているような物件もあります。 女性ひとりでも安心して暮らせる賃貸物件に住みたい?? 女性専用物件はそうしたニーズに応えたものと言えるでしょう。 女性専用物件は設備の関係上、一般の物件よりも若干家賃が高めですが、それでも非常に人気が高いそうです。 貸す側にも大きな メリット?• 女性に至れり尽くせりの女性専用物件ですが、実は物件を借りる側だけでなく、貸す側にもメリットがあるのです。 大家さんが、女性専用にしたがる理由はいくつかあります。 まず、女性のほうが室内を汚さず、きれいに使ってくれそうなこと。 一般論ですが、男性よりも女性のほうがきれい好きと言えそうなので、こまめに掃除をしそうだし、部屋を大切に使ってくれそうです。 また、女性だと仲間を集めて夜中に酒を飲んだり、麻雀に興じて騒いだりするなど、近所迷惑な行為をせずに、おとなしく暮らしてくれそうという期待もあります。 もっとも、男性の多くは部屋をむやみに汚したりしないでしょうし、近所迷惑な行為もしないでしょう。 女性だって夜中に騒いだりする人もいるはず。 先入観とも言えなくはありませんが、あくまでも貸す側のイメージの問題です。 ただ、貸す側からすると、「女性専用」にすることにメリットを感じていることがうかがえます。 Lesson 2 「女性専用物件」のメリットとデメリット 良し悪しは表裏一体 最大のメリットは セキュリティ• 女性専用物件のメリットといえば、何といってもセキュリティ設備の充実です。 オートロックやモニター付きインターフォンの設置は言うまでもなく、建物の廊下や階段などの共用部などで、人とすれ違うときの不安を取り除くため、エントランスホールにあらかじめ共用部や廊下の様子を確認することができるモニターを設置されているような物件もあります。 また、室内には非常ボタンの他、不在や帰宅のタイミングを外部から気づかれないようにする留守番タイマー照明、人が近づくと点灯する人感センサーをベランダに設置するといったセキュリティ設備を採用している物件も。 さらに警備会社と提携して、独自の防犯システムを構築しているケースもあります。 女性の一人暮らしにとって、一番重要なのが防犯です。 セキュリティに不安があると、せっかくの楽しい一人暮らしも台なしです。 安心できる暮らしという意味では、女性専用物件は何よりも頼りになる存在です。 プライバシーは制限?• もちろん、女性専用物件にもデメリットがあります。 メリットとデメリットは表裏一体のようなものですから、人によってメリットと感じられるものが、デメリットと感じられることだってあります。 まず、何よりも同じような築年数・間取り・形態の物件に比べて、女性専用物件は一般的に家賃が高めであるということ。 前述したように、女性専用物件はセキュリティ設備が充実している分だけ、コストがかかっています。 そうしたコストを回収するために、家賃は高めにならざるを得ません。 また、人によっては不要な設備もあるでしょうから、そうした場合には割高な気持ちになってしまうのも事実です。 そして、いつも見張られているような感覚になってしまう、ということもあるでしょう。 大家さんが近所に住んでいたり、管理人が常駐していたりすると、いつも防犯に目を配っているだけに、住人としては何だかいつも監視されているような気分です。 また、防犯カメラの設置もいつも誰かに見られていてプライバシーがないような感じがして、少々居心地が悪い気持ちになってしまいます。 さらに、プライバシーの面でいえば、ボーイフレンドや恋人との付き合いにも若干の支障が出る可能性もあります。 女性専用物件には男性の入館不可といったような物件もありますので、ボーイフレンドを部屋に呼んだりすることができなかったりして不自由な思いをすることもあるかもしれません。 仮に男性の入館が不可でないにしても、基本的には女性しか住んでいない物件ですので、男性を招くとなると周囲に気を遣いながら、ということになってしまいます。 自由に暮らしたい向きには不便な面もあるかもしれませんが、これも安全と安心を手に入れるためだと割り切ることが必要です。 Lesson 3 部屋選びのポイント 設備と周辺環境で部屋を探す 女性にうれしい 設備が満載• 女性専用物件にはセキュリティ以外にも、女性にとってうれしい設備が満載。 いくつか紹介しますので、お部屋選びの参考にしてください。 独立洗面台+シャンプードレッサー…今や「バス・トイレ別」は当たり前ですが、多くの場合、浴室は「2点ユニットバス(浴槽と洗面が一緒)」が多いのが、実際のところです。 しかし、浴室内に洗面台があると足が濡れてしまったりと、何かと不便。 また、女性は化粧品なども洗面台に置いたりすることもあるでしょうから、独立洗面台は欠かせません。 洗面、洗髪、化粧などができるシャンプードレッサーが付いていれば言うことなしです。 浴室乾燥機…ワンルームのバスは、カビやすいのが欠点。 でも、浴室乾燥機が浴室に付いていれば、入浴後に浴室内を乾かすことができるので、カビ防止になります。 また、洗濯物を浴室で干せば雨の日でも洗濯物が乾きますし、何よりも人目につくベランダに下着などを干さなくても済むので、女性にとってはひと安心です。 オール電化・システムキッチン…オール電化でない場合、ガスと電気それぞれ契約が必要になり、基本料金がかかってしまいます。 オール電化だと、電気で全てまとまっているので、光熱費を節約することができます。 一般的に女性は自炊や入浴などで、男性よりもガスを多く使うことが多いので、オール電化のほうが効率的でしょう。 また、自炊の際には、システムキッチンのほうが圧倒的に料理がしやすいですし、料理がしやすいと外食が減り経済的です。 コンロは2口あるとうれしいですね。 部屋だけでなく 周辺環境も大事• セキュリティ、管理体制、女性にうれしい設備の充実など、女性専用物件はまさにその名の通り、女性のための物件と言えるでしょう。 ただし、物件選びの際には、そうした物件自体の内容もさることながら、周辺環境にも注意することが必要です。 まず、物件が立地する環境。 最寄り駅から自宅へのルートは安全かどうか。 人通りのない道だったり、街灯がなかったりしないか確認すべき。 また、可能であれば、変な人が住んでいないか、過去に痴漢や事件などがなかったかなど、近所の人や交番に聞いてみましょう。 もちろん、物件のある街が治安のいい土地柄であることは大前提です。 外から部屋の中の様子がわからないということも大事です。 日中は何ともなくても、夜になると、部屋の明かりで室内の様子がわかってしまう物件も少なくありません。 部屋の中だけでなく、外から対象物件がどのように見えるのか確認しましょう。 女性専用物件だからといって、すぐに安心してしまうのは禁物です。

次の

【ホームズ】「女性限定(専用)の物件」を賃貸で探す

女性 賃貸

部屋探しの話• 先日お客様に「女性限定の賃貸物件とは何ですか?」とLINEで質問をうけました。 賃貸物件関連の仕事をしていると当たり前だと思っていましたが意外と知らない人が多いんですね。 女性限定賃貸物件は女性の安心・安全に重きを置いた「セキュリティ」の充実した物件で、その名の通り入居者はすべて女性の方になりますので、親御さんやご家族も安心できる物件といえます。 何か素朴な疑問だったり些細なことでも、ではLINEで気軽にやりとりや相談をすることができます。 ぜひ活用してくださいね。 今回は、女性限定賃貸物件についてくわしく解説していきます。 この疑問の目次• 女性限定の賃貸物件とは? 女性しか契約ができない物件 そもそも「女性限定賃貸物件」とはなんでしょうか?いちばんの目的は女性の安心・安全に重きを置いた「セキュリティ」の充実にあります。 その名の通り入居者はすべて女性の方になりますので、親御さんやご家族も安心できる物件といえます。 女性しか入れない物件 物件ごとに細かいルールは異なっていますが、賃貸契約書には「男性は立ち入り禁止」の文言が入ります。 もちろん同棲もダメで、なかには身内であっても男性は部屋に入れてはダメという徹底している物件もあります。 事前連絡をすれば許可している物件もあるのでこの辺りは、不動産管理会社に事前にしっかり確認しておきたいポイントです。 うっかり招き入れて契約違反にならないように気をつけましょう。 女性限定の賃貸物件の特徴 住んでいるのが女性だけなので安心 女性限定賃貸物件として入居するわけですから、まずそれだけでも安心感を得られます。 例えば、外出時やごみ捨ての際に共用部分で他の入居者の方とすれ違ったり挨拶したりのケースはそれなりにあるはずですが、やはり男性とばったりと出くわすことがないことがわかっているだけでも安心ですね。 可愛い外観・内観の部屋が多い 物件の外観や内観のデザインも気になるところですが、デザイン性を重視した物件も多くなってきています。 オシャレな洋風建築も検索してみるとたくさん出てきます。 予算的な問題もありますが、多少築年数が古くても完全にリフォームしている物件もたくさんあります。 じっくり検討したいところですね。 女性限定の賃貸物件のメリット 住人が女性しかいない 同じ建物内の入居者とはいえ、見ず知らずの男性がとなりの部屋だったりすれ違ったりすれば、多少は警戒してしまうものです。 住人が女性だけだとそういった部分でもかなりリラックスできるではないでしょうか。 セキュリティがしっかりしている物件が多い セキュリティは、女性限定物件でいちばん気になるところで大事なところですよね。 オートロックや防犯カメラ、ディンプルキーといわれる鍵屋さんでも合鍵を作るのが難しい特殊な鍵を採用している物件も多いです。 1Fでも防犯窓を設置、玄関のドアは二重施錠など、セキュリティが整っているため安心できるでしょう。 管理人が常駐していることが多い エントランスに管理人が常駐している物件はさらに安心できますね。 なかには24時間管理人が常駐している物件もあります。 管理人はエントランスの受付業務や、建物の巡回などにより空き巣やストーカーに対して侵入が難しく、警戒感を与えることができます。 おしゃれな外観や内装が多いので部屋を可愛くする手間がはぶける 女性限定の物件ということもあり、女性好みを意識したおしゃれできれいな外観や内装にしている物件も多いです。 内装でも開放感を持たせるために天井が高めになっていたり、フローリングの色、照明の配置や色、壁紙など、女性向けにデザインに力を入れている大家さんも多くなっていますね。 さらに、音大生向けや防音もしっかりした物件もあります。 毎日生活する部屋になりますから、内装も大切な判断基準になります。 設備が女性仕様になっていることが多い 設備は、女性の生活を考慮した環境を整えている物件が多いです。 まずは収納ですが、クローゼットを大きくして服をたくさん収納できるようにあらかじめ設計されている物件が多いです。 トイレとお風呂は別になっているのはもちろん、コンロも2口で料理好きな女性の方には嬉しい設備ですよね。 他にも独立洗面台や、室内洗濯機置場など、女性が快適に暮らすために考えられた仕様になっている物件もあります。 女性限定の賃貸物件のデメリット 家賃が比較的高い場合がある 気になる家賃ですが、どうしても高くなりがちです。 セキュリティの強化による維持費や人件費に加えて、女性が暮らしやすい設計やデザインを強化した建築を行なっているため、大家さんもかなりお金をかけて設備投資をしています。 そのため、相場よりも高めの家賃になってしまうのは仕方がないかもしれません。 そもそも物件が少ない 女性限定の賃貸物件も一般的になったとはいえ、まだまだ少ないのも事実です。 条件に合う物件がなかなか空かないケースもあるでしょう。 女性限定の賃貸物件はある検索結果を見るとそれなりに数多くありますが、なかにはオートロックもなく管理人もいない、セキュリティが手薄な物件もあります。 ただ空き物件は毎日更新されますので、じっくりと検討してみてはいかがでしょうか? 親族でさえ男性が呼べないという物件も 男性の入室については、大家さんや各不動産管理会社のルールに少しばらつきがあります。 男性であれば身内であろうと厳格に禁止している物件もあれば、事前に不動産管理会社へ連絡を入れればOKという物件もあります。 女性限定物件ですから、どこまでがOKでどこまでがNGなのか、契約時にしっかり確認しておかないとクレームのもとですし、契約違反にならないように気をつけましょう。 女性限定の賃貸物件でも周辺環境にも気を配ろう 夜道の暗さ、人通り 女性限定の賃貸物件は家に帰れば安心ですが、周辺環境はどうなのかについても考慮しておきたいところです。 近年、防犯カメラも街中に多く設置されるようにはなってきてはいますが、人目につく通りが多いかなど、事前にチェックしておきたいところです。 また、警視庁や県警で犯罪別認知件数を公表しています。 町名別にあらかじめ確認しておくのもいいでしょう。 周辺にコンビニや交番があるか もし何かあったときに駆けこめるようなコンビニや交番があるかどうか、事前に把握しておきましょう。 また、スマートフォンでも単純な操作で、すぐに警察へ通報できるようになっています。 警察からGPSで所在確認もできますので、万が一に備えてそういった手順も確認しておいたほうがいいでしょう。 建物自体がよじ登って入れる造りになっていないか セキュリティの高さに油断して、部屋の窓やドアなどを常時開けっぱなしにするのも危険です。 空き巣などはよじ登って侵入してくるケースもあるからです。 外出する際や夜間は窓やドアはしっかり閉めておくことも大事ですね。 女性限定賃貸物件にもは対応しています! いかがでしたでしょうか?女性限定の賃貸物件の概要からメリット・デメリットをお伝えしてきました。 家賃は相場よりも割高になってしまいますが、特にセキュリティを求める女性の方には安心の環境です。 物件数もある程度限られていますので、タイミングと決断が重要かもしれません。 では、こういった女性限定の賃貸物件にも対応しています。 お役に立てるようお手伝いいたしますので、お気軽にLINEなどでご相談ください。

次の

【エイブル】東京都の女性向け・女性専用賃貸物件(マンション・アパート)・部屋探し|防犯対策やセキュリティ充実で安心安全。女性専用の賃貸アパート・マンションなど女性の一人暮らし向け賃貸物件、不動産物件を検索!

女性 賃貸

部屋探しの話• 先日お客様に「女性限定の賃貸物件とは何ですか?」とLINEで質問をうけました。 賃貸物件関連の仕事をしていると当たり前だと思っていましたが意外と知らない人が多いんですね。 女性限定賃貸物件は女性の安心・安全に重きを置いた「セキュリティ」の充実した物件で、その名の通り入居者はすべて女性の方になりますので、親御さんやご家族も安心できる物件といえます。 何か素朴な疑問だったり些細なことでも、ではLINEで気軽にやりとりや相談をすることができます。 ぜひ活用してくださいね。 今回は、女性限定賃貸物件についてくわしく解説していきます。 この疑問の目次• 女性限定の賃貸物件とは? 女性しか契約ができない物件 そもそも「女性限定賃貸物件」とはなんでしょうか?いちばんの目的は女性の安心・安全に重きを置いた「セキュリティ」の充実にあります。 その名の通り入居者はすべて女性の方になりますので、親御さんやご家族も安心できる物件といえます。 女性しか入れない物件 物件ごとに細かいルールは異なっていますが、賃貸契約書には「男性は立ち入り禁止」の文言が入ります。 もちろん同棲もダメで、なかには身内であっても男性は部屋に入れてはダメという徹底している物件もあります。 事前連絡をすれば許可している物件もあるのでこの辺りは、不動産管理会社に事前にしっかり確認しておきたいポイントです。 うっかり招き入れて契約違反にならないように気をつけましょう。 女性限定の賃貸物件の特徴 住んでいるのが女性だけなので安心 女性限定賃貸物件として入居するわけですから、まずそれだけでも安心感を得られます。 例えば、外出時やごみ捨ての際に共用部分で他の入居者の方とすれ違ったり挨拶したりのケースはそれなりにあるはずですが、やはり男性とばったりと出くわすことがないことがわかっているだけでも安心ですね。 可愛い外観・内観の部屋が多い 物件の外観や内観のデザインも気になるところですが、デザイン性を重視した物件も多くなってきています。 オシャレな洋風建築も検索してみるとたくさん出てきます。 予算的な問題もありますが、多少築年数が古くても完全にリフォームしている物件もたくさんあります。 じっくり検討したいところですね。 女性限定の賃貸物件のメリット 住人が女性しかいない 同じ建物内の入居者とはいえ、見ず知らずの男性がとなりの部屋だったりすれ違ったりすれば、多少は警戒してしまうものです。 住人が女性だけだとそういった部分でもかなりリラックスできるではないでしょうか。 セキュリティがしっかりしている物件が多い セキュリティは、女性限定物件でいちばん気になるところで大事なところですよね。 オートロックや防犯カメラ、ディンプルキーといわれる鍵屋さんでも合鍵を作るのが難しい特殊な鍵を採用している物件も多いです。 1Fでも防犯窓を設置、玄関のドアは二重施錠など、セキュリティが整っているため安心できるでしょう。 管理人が常駐していることが多い エントランスに管理人が常駐している物件はさらに安心できますね。 なかには24時間管理人が常駐している物件もあります。 管理人はエントランスの受付業務や、建物の巡回などにより空き巣やストーカーに対して侵入が難しく、警戒感を与えることができます。 おしゃれな外観や内装が多いので部屋を可愛くする手間がはぶける 女性限定の物件ということもあり、女性好みを意識したおしゃれできれいな外観や内装にしている物件も多いです。 内装でも開放感を持たせるために天井が高めになっていたり、フローリングの色、照明の配置や色、壁紙など、女性向けにデザインに力を入れている大家さんも多くなっていますね。 さらに、音大生向けや防音もしっかりした物件もあります。 毎日生活する部屋になりますから、内装も大切な判断基準になります。 設備が女性仕様になっていることが多い 設備は、女性の生活を考慮した環境を整えている物件が多いです。 まずは収納ですが、クローゼットを大きくして服をたくさん収納できるようにあらかじめ設計されている物件が多いです。 トイレとお風呂は別になっているのはもちろん、コンロも2口で料理好きな女性の方には嬉しい設備ですよね。 他にも独立洗面台や、室内洗濯機置場など、女性が快適に暮らすために考えられた仕様になっている物件もあります。 女性限定の賃貸物件のデメリット 家賃が比較的高い場合がある 気になる家賃ですが、どうしても高くなりがちです。 セキュリティの強化による維持費や人件費に加えて、女性が暮らしやすい設計やデザインを強化した建築を行なっているため、大家さんもかなりお金をかけて設備投資をしています。 そのため、相場よりも高めの家賃になってしまうのは仕方がないかもしれません。 そもそも物件が少ない 女性限定の賃貸物件も一般的になったとはいえ、まだまだ少ないのも事実です。 条件に合う物件がなかなか空かないケースもあるでしょう。 女性限定の賃貸物件はある検索結果を見るとそれなりに数多くありますが、なかにはオートロックもなく管理人もいない、セキュリティが手薄な物件もあります。 ただ空き物件は毎日更新されますので、じっくりと検討してみてはいかがでしょうか? 親族でさえ男性が呼べないという物件も 男性の入室については、大家さんや各不動産管理会社のルールに少しばらつきがあります。 男性であれば身内であろうと厳格に禁止している物件もあれば、事前に不動産管理会社へ連絡を入れればOKという物件もあります。 女性限定物件ですから、どこまでがOKでどこまでがNGなのか、契約時にしっかり確認しておかないとクレームのもとですし、契約違反にならないように気をつけましょう。 女性限定の賃貸物件でも周辺環境にも気を配ろう 夜道の暗さ、人通り 女性限定の賃貸物件は家に帰れば安心ですが、周辺環境はどうなのかについても考慮しておきたいところです。 近年、防犯カメラも街中に多く設置されるようにはなってきてはいますが、人目につく通りが多いかなど、事前にチェックしておきたいところです。 また、警視庁や県警で犯罪別認知件数を公表しています。 町名別にあらかじめ確認しておくのもいいでしょう。 周辺にコンビニや交番があるか もし何かあったときに駆けこめるようなコンビニや交番があるかどうか、事前に把握しておきましょう。 また、スマートフォンでも単純な操作で、すぐに警察へ通報できるようになっています。 警察からGPSで所在確認もできますので、万が一に備えてそういった手順も確認しておいたほうがいいでしょう。 建物自体がよじ登って入れる造りになっていないか セキュリティの高さに油断して、部屋の窓やドアなどを常時開けっぱなしにするのも危険です。 空き巣などはよじ登って侵入してくるケースもあるからです。 外出する際や夜間は窓やドアはしっかり閉めておくことも大事ですね。 女性限定賃貸物件にもは対応しています! いかがでしたでしょうか?女性限定の賃貸物件の概要からメリット・デメリットをお伝えしてきました。 家賃は相場よりも割高になってしまいますが、特にセキュリティを求める女性の方には安心の環境です。 物件数もある程度限られていますので、タイミングと決断が重要かもしれません。 では、こういった女性限定の賃貸物件にも対応しています。 お役に立てるようお手伝いいたしますので、お気軽にLINEなどでご相談ください。

次の