ラムのみ 育成論。 【剣盾対応版】ゼラオラの育成論・考察。性格による違いなど。このイケメンを使いたいよね。【ポケモン剣盾・USUM】

【剣盾対応版】ゼラオラの育成論・考察。性格による違いなど。このイケメンを使いたいよね。【ポケモン剣盾・USUM】

ラムのみ 育成論

ドリュウズの基本データ HP 110 タイプ じめん こうげき 135 はがね ぼうぎょ 60 特性 すなかき とくこう 50 すなのちから とくぼう 65 夢特性 かたやぶり すばやさ 88 ドリュウズの特徴 特性「すなかき」で先制 「すなかき」は天候がすなあらし状態の時、自身のすばやさを2倍にする特性です。 効果が発動すれば、 本来ドリュウズのすばやさの種族値で先制することができないウインディやドラパルト、スカーフロトムなどを抜くことができます。 すなあらし状態にするには、 特性「すなおこし」のポケモンをドリュウズと共に採用するか、ダイマックスわざ 「ダイロック」の追加効果ですなあらしを発生させるかの2つがメインの手段です。 特性「すなおこし」を持つポケモン… バンギラス 、 カバルドン 、 ギガイアス 特性「かたやぶり」で相手の特性を無視できる ドリュウズの夢特性である「かたやぶり」は、相手の特性を無効化して攻撃することができます。 通常の特性のドリュウズでは相性が良くないロトム系統 の「ふゆう」や、トリックルームを展開されてしまうと厄介なミミッキュ の「ばけのかわ」を無視して攻撃することができるため、非常に強力です。 タイプ一致のダイマックス技が強力 ドリュウズのタイプであるじめんとはがねはダイマックスするとそれぞれ 「ダイアース」「ダイスチル」となり、自身を含めた味方の耐久を上げることができます。 ドリュウズの比較的早いすばやさから繰り出されるダイアース、ダイスチルはドリュウズの突破をより困難にします。 耐久が上がっているドリュウズに対して中途半端な火力の弱点技を打たれると じゃくてんほけんを発動させることができるので、じゃくてんほけんと相性が良いです。 ドリュウズの技 有用な攻撃技 じしん タイプ一致技。 味方を巻き込むので注意。 10まんばりき タイプ一致技。 単体技なので使いやすいが命中率が95と不安。 アイアンヘッド タイプ一致技。 扱いやすく、怯みも強力。 いわなだれ 怯みが強力。 ダイロックのベースとしても。 ロックブラスト きあいのタスキを所持するバタフリーに対して有効。 かわらわり リフレクター、ひかりのかべ対策に。 ダイナックルのベースとしても。 つのドリル 一撃必殺技。 アーマーガアを狙う時はこちら。 じわれ 一撃必殺技。 サマヨールを狙いたい場合はこちら。 有用な補助技 つるぎのまい こうげきランクを上昇させ、全抜きも狙える。 まもる 大事に扱いたい場合に。 みがわり 「いかく」を無効化できる。 トゲキッスが このゆびとまれや あくびでサポートをして、ドリュウズが つるぎのまいや ダイマックス技で攻める組み合わせとなっています。 特性「すなおこし」を持つポケモン 「すなおこし」ですなあらし状態にすることで、ドリュウズの特性 「すなかき」を活かすことができます。 しかし、ドリュウズの特性が「かたやぶり」であるケースもあり、様々な型を警戒する必要があります。 ドラパルト シーズン1では ドラパルトが使用率1位、ドリュウズが使用率2位であり、汎用性が高い組み合わせです。 トゲキッスとも組み合わせることで、 トゲキッス+ドリュウズ 、 トゲキッス+ドラパル ト という強力な並びを2パターン作ることができます。 ドリュウズの対策 ウインディ 特性「いかく」によるこうげきダウンと おにび、 ほのお技の攻撃が有効です。 ドリュウズよりもすばやさが早いので、上からおにびを狙うことが可能です。 ただし、特性「すなかき」には逆にドリュウズが先制するので注意しましょう。 カットロトム ドリュウズの特性が「かたやぶり」であってもじめん技を等倍で受けることができ、 おにびで弱体化を狙えます。 アーマーガア アーマーガアは ドリュウズのタイプ一致技であるじめん・はがねタイプを半減以下で受けることができます。 てっぺきでより安定して受けることも可能で、 ボディプレスというドリュウズに対する優秀な打点をもっています。 ドリュウズと一緒に採用がみられるバンギラスにも強いこともメリットです。 ドサイドン トリックルーム下でドサイドンの「じゃくてんほけん」を発動させて ダイアースで一撃で倒すことを狙います。 また、ダイマックスや特性「ハードロック」により、ドリュウズからのダイアースを受けきることもできます。 ギャラドス みず・ひこうタイプであるギャラドスはアーマーガアと同様にドリュウズのメインウェポンを半減以下で受けることが可能です。 また、特性 「いかく」でドリュウズの火力を下げることもできます。 さいごに ダブルバトルにおけるドリュウズの育成論と対策について紹介しました! みなさんのパーティ考察や育成の参考になれば幸いです。 記事内容は追加され次第更新していく予定です。 運営代表であり病弱でもある。 体力づくりのためにランニングをしているが、実はそれが原因で体調を崩していることに気付いていない。 すきなパーティはレヒレグロス。 <主な実績> ゲーム部門WCS2018、WCS2019 Day1出場 関連する記事• 2020. 07 レンタルチームID:0000 0008 KLC6 VC 今回は2018年に世界大会でT […][…]• 2020. 27 目次 1. ガオガエンの基本データ2. ガオガエンの特徴2. 特性「いかく」と技「ねこだまし」に […][…]• 2020. 04 レンタルチームID:0000 0006 H6D5 DX 目次 1. はじめに2. 構築経緯3. 構成 […][…]• 2020. 01 目次 1. はじめに2. ダブルバトル シーズン6上位30人3. 情報ソース3. 1位 キヌガワ […][…]• 2020. 31 目次 1. はじめに2. ダブルバトルの使用率2. トップ303. ピックアップ3. ギャラ […][…].

次の

【ポケモン剣盾】みがわり+わるだくみサザンドラ 育成論【サイクル破壊】

ラムのみ 育成論

ギャラドス 種族値 HP 95 攻撃 125 防御 79 特攻 60 特防 100 素早 81 みず ひこう 合計種族値 540 特性 いかく バトルに登場したとき、相手の攻撃を1段階減少させる 隠れ特性 じしんかじょう 自身の攻撃で相手を倒すと、自分の攻撃を1段階上昇させる ギャラドスの特徴 ギャラドスの長所 無駄の少ない種族値 ギャラドスの種族値は、AとD種族値が特に高く、Cが低いです。 物理攻撃を多様するので、Cが低くAが高いのは、種族値配分の無駄が少なく優秀なステータスです。 特性が使い分けられる 「いかく」と「じしんかじょう」の両方とも使いやすい特性で、効果も優秀です。 特性によって運用方法が異なるので、相手がこちらのギャラドスの動きを読みにくいといった利点もあります。 攻撃と特防が高水準 A種族値125、D種族値100ととても高いです。 耐久力を確保しながらも高い攻撃力を叩き出すことができます。 ギャラドスの短所 でんきタイプに弱い ギャラドスのタイプが、みず・ひこうタイプなので、でんきタイプが4倍弱点で相性が悪いです。 でんきタイプの攻撃を使用する相手との戦闘は必ず避けたいです。 素早さが少し遅い S種族値が81と低いので、ウォッシュロトム S86族 などに先手を取られてしまいます。 「まひ」を受けてしまうと致命的に素早さが遅いので、アイテムや技で補強する必要があります。 状態異常で止まりがち ギャラドスが状態異常を受けると、本来発揮するはずの攻撃力を発揮できません。 「やけど」を受けてしまうと、ギャラドスは中途半端な威力しか発揮しないため、少しでも耐久力のあるポケモンが相手だと厳しい戦いを強いられます。 ギャラドスの育成論一覧 じしんかじょうダイマックス型 技 攻撃対象 割合 回数 ダイジェット ウォッシュロトム 性格補正なし・H極振り 29.

次の

【ダブル】ドリュウズの育成論と対策【ポケモン剣盾】

ラムのみ 育成論

要はポケモンっぽくないと感じていた。 そんな感じで、「好きな人は好きだろうけど、私は別にこんなポケモン好きじゃないし?」なんて態度をとっていたのだが、実は私は自分の中でこのポケモンのかっこよさに少しキュンと来ている自分に向き合えないでいた。 で、いざ映画を見ると。 私はこう思った。 「ヤダ、ゼラオラくんってカッコイイじゃん……?」 アクションも華麗だし、その容姿はヒーロー然としていて、特撮ファンにも心響かせるポケモンだった。 声が山寺宏一ボイスで、見かけによらずダンディなのもいい。 でもゼラオラこんなカッコいいのに、通常レート戦で使えないのは非常に残念だ。 このメガルカリオをも凌ぐイケメンを、通常の対戦で使ってみたかった。 使えないからこそのプレミアムさが幻のポケモンの魅力でもあるのだが。 だが、ゲーフリもそんなプレイヤー心理を理解しないわけではなかった。 スペシャルレート・シーズン11ではゼラオラも含め幻のポケモンが使用可能だった。 今回はそのスペシャルレートにおけるゼラオラの運用法を考察した記録と、今後使えるかもしれない、剣盾スペシャルルール大会用に、改めて考察する。 ゼラオラの考察・評価 タイプ: でんき 特性:ちくでん 種族値: H88-A112-B75-C102-D80-S143 専用技「プラズマフィスト」 威力100 命中100 でんき物理 効果:そのターンの間、すべてのノーマルタイプの技がでんきタイプになる。 ゼラオラの種族値・特徴 素早さ 特徴的なのは Sの速さ。 最速の実数値は 214。 準速でも 最速125族抜きの195。 S142族のドラパルトより1だけ速い。 登場した時はS143という半端な数字の意味が分からなかったが、今思えば後に登場させる予定だったドラパルト抜きに設定されていたのだろう。 攻撃性能・火力 そして貴重な電気タイプの物理アタッカーとなりうる、 専用技や Aの高さ。 が、単タイプゆえ攻撃範囲が狭く、両刀にしないと呼ぶ地面タイプへの打点がない。 火力は悪くはないが少し足りない。 無補正A252振り「プラズマフィスト」が 火力指数24,600。 特化で27,000。 これはガブリアスの「じしん」の0. 9倍くらいだ。 耐久性能 耐久もそんなに高くない。 無振りの 物理耐久指数15,485はエースバーンよりはちょっとだけ高い程度。 耐性の少なさも相まって、繰り出し性能は低い。 特性ちくでんだから「ボルトチェンジ」読みで繰り出すことはできるが、もし読み違えたら、同特性のランターンと違い致命傷を負う。 特性ちくでんでカプ・コケコには有利のような気もするが、こちらからも打点がない。 ゼラオラの技 前述したゼラオラのメインウェポン「プラズマフィスト」は「ワイルドボルト」や「かみなりパンチ」の完全上位互換で、強い。 威力が高く外しや反動というリスクが一切ない。 ゼラオラはサブウェポンは、物理では「インファイト」や「ほのおのパンチ」「じゃれつく」など。 いい技はあるが、あまりメインの電気技とは相性補完が良くない。 物理の場合、本当に欲しい氷、草技はない。 ただダイマックス前提の場合、「アイアンテール」、「とびはねる」といった能力アップ技が揃っており、ダイマックス戦になれば悪くない。 ゼラオラは、積み技「つるぎのまい」は覚えない。 「ビルドアップ」、「ふるいたてる」は覚えるが。 せっかくのSの高さだが、ただ何も火力増強せず物理オンリーで殴るのは難しい。 地面タイプを出された場合ただ引くだけしかできないのでは、他のポケモンでいい。 一方で、特殊技に目を移せば、「ボルトチェンジ」「くさむすび」など電気タイプにとって重要な技が揃う。 Sも速いことだし、両刀も選択肢に入る。 またダブルバトルに目を向けると、高いSから「バークアウト」などが撃てるため、サポート要員としても中々優秀だ。 ゼラオラの性格おすすめ 物理オンリーなら「ようき」で確定。 「いじっぱり」ではドラパルトに抜かれるのが気になる。 両刀にするならば、「ようき」か「せっかち」(B下降)か「むじゃき」(D下降)からのチョイスになりそうだ。 「ようき」ならば C無振りで122がC下降無振りで109にダウン。 「せっかち」ならば B無振りで95がB下降無振りで85にダウン。 「むじゃき」ならば D無振りで100がD下降無振りで90にダウン。 両刀で「ようき」だと実数値で考えると少し損。 「せっかち」か「むじゃき」かはほとんど差がないが、PGLのデータによれば、「むじゃき」の方が少し優勢になった。 参照: なお、どれを選ぶにしても、 「めざめるパワー氷」は必須だ。 (剣盾では廃止) ゼラオラの評価• Sの速さは素晴らしい• 火力もまあまあだが、やや足りない感じ• 両刀にしないと地面に弱点を突けない• 単タイプで攻撃範囲が狭い• 積み技に乏しい• ダイマックスとの相性は良い。 ゼラオラの型考察 珠物理メイン両刀型 性格:ようきorせっかちorむじゃき 努力値:ASベース 持ち物:いのちのたま 確定技:プラズマフィスト 優先技:ボルトチェンジ、くさむすび 選択技:インファイト、とびはねる、ほのおのパンチ、じゃれつく、じごくづき、ねこだまし、ふるいたてる、ビルドアップなど ゼラオラの最大の武器は「プラズマフィスト」だが、物理オンリー型では地面タイプが出てきただけで途端に困ってしまう。 一貫しやすいサブウェポンの「インファイト」などで削りながらサイクルを回し、ある程度削って「くさむすび」の射程圏に入れてしまうのが狙いだ。 ダメージ計算 C4振り下降補正「くさむすび」で H252カバルドンが、66. 5%~78. 6%で確2 H252ヌオーが、100. 確実に地面タイプを呼ぶが、呼ぶ地面タイプは「ダイナックル」で火力を上げて強引に突破しようという型だ。 弱点保険型なら「ダイスチル」で耐久を上げながら地面技を撃ってもらおうという動きもできる。 ちょうはつビルド型 性格:ようき 努力値:ASベース、HSベース 持ち物:ラムのみ、オボンのみ、たべのこし 確定技:ビルドアップ、ちょうはつ 優先技:プラズマフィスト、ドレインパンチ 選択技:みがわり、じゃれつく、じごくづき 低火力耐久ポケモンを起点に、火力と耐久を上げて詰ませようという型。 サポート型・ダブルバトル 性格:おくびょう 努力値:HSベース、CSベース 持ち物:オボンのみ、ウイのみ、シュカのみ、きあいのタスキ(特にCSベースの場合) 優先技:バークアウト、コーチング 選択技:ちょうはつ、でんじは、ねこだまし、プラズマフィスト、10まんボルトなど 素早さが高いので、「バークアウト」や「でんじは」、「ねこだまし」「ちょうはつ」「コーチング」「エレキネット」などでサポートに徹する型。 「ぶんまわす」でドラパルトの弱点保険を発動させる動きもできる。 「ほうでん」でラプラスやリザードンの弱点保険を発動させることもできるが、マヒらせたら怖いのでリスクはある。 また「プラズマフィスト」で、本来電気技を覚えない仲間のポケモンのノーマル技を電気技にして奇襲する作戦もある。 ハチマキ型 性格:ようきorいじっぱり 努力値:ASベース 確定技:プラズマフィスト、インファイト 崩し性能、非ダイマックスでの抜き性能重視。 ドラパルトを超えるspeedを武器に、「プラズマフィスト」を通して、火力を押し付けていきたい型。 スカーフガブリアスより火力があるぞ。 確実に地面タイプを呼ぶが、地面に強い選出でカバーすれば良い。 雨パに組み込むとかね。 ダメージ計算 A特化インファイト HB輝石ポリゴン2を確定2発。 A252インファイト HB輝石ポリゴン2を96. マンムーやナットレイにも有効だ。 USUM用 デンキZ型 性格:ようきorいじっぱり 努力値:ASベース 確定技:プラズマフィスト 優先技:インファイト、ボルトチェンジ、めざめるパワー氷 A252「プラズマフィストZ」で無振りマーシャドーが93. 準速でも最速マーシャドーを抜いているので、A特化なら確定1発。 とはいえ、マーシャドーは7割以上がタスキ持ちで先制技もあるので、まずは「ボルトチェンジ」でタスキを破壊する動きが必要だ。 高いSからの純粋な高火力を押し付ける型。 相手の選出の地面タイプさえ突破してしまえば、かなり動きやすくなる。 ドラゴンZ型 性格:ようきorいじっぱり 努力値:ASベース 持ち物:ドラゴンZ 確定技:げきりん 優先技:プラズマフィスト、ねこだまし 呼ぶジガルデを狩るためのドラゴンZ。 A特化「げきりんZ」で無振りジガルデが81. どうもレベル100戦は、受ける側のポケモンの方が少しだけ有利なようだ。 一応、「ねこだまし」のダメージが入れば、確定圏にも。 しかし、先ほど述べたようにジガルデはほとんどが耐久に振っており、削れた状態か「ビルドアップ」を積んでいなければ倒すことは難しい。 他にもメガリザードンXも吹っ飛ばせる一撃となる。 ふうせん型 性格:おくびょう、ひかえめ、おっとり、うっかりやなど 努力値:CSベース 確定技:めざめるパワー氷 優先技:10まんボルト ごまかしではあるが地面の一貫を切り、繰り出し性能を高めている型。 地面タイプに繰り出すのや対面で戦うことを意識しているので、特殊メインで、いくらなんでも霊獣ランドロスが確2圏内には入れたい。 無補正C72振り「めざめるパワー氷」でやっと無振り霊獣ランドロスが高乱数確2圏内。 C特化でHAチョッキランドロスまでを確2圏内。 HD振りは厳しい。 何?ジガルデの「サウザンアロー」で落とされるって? そりゃそうだ、これで強かったら誰でも使う。 ちなみに「サウザンアロー」とは空中にいる相手にも地面技が当たるというジガルデ専用のチート技である。 他にもスカーフランドロスの「とんぼがえり」などで割られたりする。

次の